FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

●介護事件事故虐待●

もてぎの森 うごうだ城 損保ジャパン日本興亜 介護事件事故虐待 澤田雄二弁護士 新田裕子弁護士 anigif被害者母 片岡孝医師anigif anigif澤田&損保 栃木県 市貝町 茂木町anigif 宇都宮中央警察署盗撮スライド

●youtube動画再生リスト●

■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■ ■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■
介護事件事故虐待の加害者側「老健」の代理人弁護士
介護被害者家族に「頭の悪そうな人ですね」威嚇暴言侮辱発言
「介護弱者への人権問題」等にて
「栃木県弁護士会懲戒処分」
懲戒委員会(懲戒処分)2015年6月23日付け
澤田雄二弁護士(登録番号24846)宇都宮中央法律事務所
懲戒処分 戒告(弁護士会元副会長)
栃木県弁護士会元副会長
冤罪事件である「足利事件の栃木県側担当弁護士」
「損保ジャパン日本興亜」栃木県宇都宮支社の顧問弁護士
代理人弁護士
「新田裕子弁護士」 ●「海老原 輝弁護士」● 「大内一宏弁護士」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■介護口コミサイト「みんなの介護」■
■「老健 もてぎの森 うごうだ城」募集案内中止■

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■介護サイト「介護DB」 「老健 もてぎの森 うごうだ城」■       ■募集案内中止・「リンク先全削除」■
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■介護サイト「HOME'S介護」「老健 もてぎの森 うごうだ城」■       ■募集案内中止・「リンク先全削除」■
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■情報サイト「Mapion」「老健 もてぎの森 うごうだ城」■ ■「HOME'S介護」情報共有の為 募集案内中止・「削除」■
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設 「もてぎの森 うごうだ城」○理事長(精神科医) 松田 源一 医師
 
  介護事件事故虐待 加害者側 医療法人社団 介護老人保健施設(老健)
その他 関係「社会福祉法人」
医療法人社団「松徳会」
介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」
● 理事長(精神科医)「松田 源一 医師」
● 施設長
「片岡 孝 内科医」高根沢中央病院(理事長)
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

● 松徳会 運営本部長「木村勝則 本部長」
● 総務課長「川勾直之(カワワ)課長」

社会福祉法人「松徳会」介護グループ
■youtube動画一覧(リンクはこちらから!!)■

●「限定的に証拠・評判・告発など」に関してコメント受付公開●

栃木県介護被害者会ブログ、「限定的に証拠・評判・告発など」に関してコメント受付公開
会代表のコメント

2015年2月からブログ発信しておりますが、少しずつですが着実に興味を持って頂いている方が、会ブログの趣旨、会代表の思いなどを、ご理解頂ける方も増えて来ております。

そこで・・・。

●「限定的に介護施設、損保、弁護士、行政、警察その他などの証拠・評判・告発など」に関してのコメントのみ、受付公開させて頂きます。

●もし、相変わらず嫌がらせが多いようでしたら、コメントの受付は終了させて頂きます。

無関係なコメントは徹底的に削除・公開は致しません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0812

「受刑者の20%は知的障害者」 日本では刑務所が福祉施設化&「障害者の為に実刑判決を下す裁判官」というリアル、そして「刑務所以下の介護施設」  

「受刑者の20%は知的障害者」 日本では刑務所が福祉施設化というリアル

会代表のコメント

「受刑者の20%は知的障害者」 日本では刑務所が福祉施設化というリアル

興味深い記事があったので、会代表の意見とともに、記事にさせて頂きます。

「刑務所における高齢者、障害者問題」・・・。


会代表は、以前から、逆に日本で膨れ上がる受刑者を利用しての「介護」を述べてきました。

勿論、殺人罪や性虐待などの受刑者は、除いての軽微な罪状や、出所が近い模範囚などを活用しての話です。


>>ある福祉系の大学に講師として招かれ、2コマの講義を・・・。
当然ながら講義では、刑務所における障害者の問題を丁寧に説明していったのだが、1時間目が終わって休み時間になると、教授が耳元で囁いた。
「『すいません、学生には福祉に対して夢も希望もあります。刑務所にいる障害者の話なんか、もうやめてもらえれば……』と批判的な言葉を向けてこられたんですね。専門家として長い間、福祉に関わってきた人として、後ろめたさもあったんじゃないでしょうか。ならばと2時間目は、予定を変更して、売春組織やAV業界、暴力団などにおける知的障害者の状況を詳細に説明したんです。そうすると、みるみるうちに学生の目が真剣になっていくんですね。私の講義に食いついてくれたんです」

上記の部分が分かりやすいかと思いますが、上記の内容が、日本の福祉系大学の社会福祉教育のレベルという事です。

という事は、日本の社会福祉士や社会福祉主事などの有資格者のレベルも分かりますよね・・・・・。


社会福祉に希望だけ見せて、社会福祉利権で儲けているところは、どこなのでしょうか???

良く介護事故などが起きると、福祉系大学の教授が分かったような事を述べていますよね。


>>逆に刑務所より対応が遅れている福祉

当会ブログで、介護施設での刑務所以下の入浴回数問題を、指摘していますが・・・・。

国や行政、介護業界は、社会福祉と刑務所を類似されたくない事が見え見えで

「刑務所以下の介護施設」という事を比較されることを嫌います。

>>障害者のために実刑判決を下す裁判官
もしかしたら裁判官は、「彼らのため」と思って実刑判決を出している面もあるのかもしれない。執行猶予がついて社会の中に戻ると、きっとまたいじめられたり、ホームレス状態になったりする。だから、緊急避難の意味合いで、実刑にするのかもしれない。でも、そんな理由で刑務所に入れられているというのは、おかしな社会なんじゃないだろうか》

という事はどういうことか?日本の司法では、人権問題を語り、人権、人権などと語るが・・・・。

累計犯罪者になった障害者に、一般受刑者と同じ刑務所としての居場所しか、判決により作れないということかと・・・。


日本の刑務所は、「矯正収容」では無く、「強制収容」だから再犯が減らないなどと言われていますが

既に日本の刑務所では、「衛生班」と言われる、特に介助の必要な高齢者や障害者の受刑者の世話をする

受刑者の班があり、ホリエモンさんが収容されていた時に、そうだったことを述べています。

この受刑者による衛生班の社会的活用が出来ればと、会代表は考えているのですが・・・。


>>「知って、見ること」の重要性
累犯障害者が「社会の中で虐待されるより、刑務所の中が暮らしやすい」と本音を吐露する姿を間近で目撃している。
「彼らは満期が近づくと、『シャバに戻るのが怖い』と自傷行為を始めたりするんです。見かねた私が『社会は怖いと言うけど、社会には自由がありますよ』と励ますと、『刑務所に自由はないけど、不自由もない』と返されたことがあります。

『刑務所に自由はないけど、不自由もない』という言葉が深いというか・・・・。

法務省は、進んで改革などしないでしょうし、人権団体である日弁連は、「死刑廃止」を唱えているだけ・・・・。

政治家は、選挙の時だけの社会福祉介護で、全く分かっていない・・・・。

「受刑者の20%は知的障害者」 日本では刑務所が福祉施設化&「障害者の為に実刑判決を下す裁判官」というリアル、そして「刑務所以下の介護施設」
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/12 Sun. 19:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

0811

<仕業とパチ屋>公安委員会&警察・弁護士・行政書士 ・パチンコ店 ・パチスロ店・介護とIR法案  

行政書士 パチンコ パチスロ

会代表のコメント

公安委員会・仕業・行政書士 ・パチンコ店 ・パチスロ店・介護

仕業関係者の動画を見てたら「へ~」と思い・・・・。

パチ屋と仕業との繋がりが、「営業許可」以外にあるのだと・・・・。

勿論、警察&公安委員会とパチ屋の繋がりは、誰でも知るところかと思いますが・・・・。

警察の天下りも含めて(呆れ)

まあ、栃木県では栃木県公安委員会に、栃木県弁護士会の元会長を委員にするぐらいですので

行政・警察・公安委員会・弁護士会などの繋がりは・・・・。

最近は、IR法案にて、カジノが運営開設されることにより「依存症」の事ばかり

政治家&メディアは取り上げていますが、警察利権、司法利権、行政利権はどのようになるのか???

会代表も「公安委員会認可」の許可申請をしたことがあるのですが、申請の時に、

自身で申請して、公安委員会手数料が「2万円・・・・。」

「高い!!」


つくづく、行政の許認可事業は美味しい利権(天下りを含めて)なのかと・・・。

パチ屋で、パチンコ・パチスロ1台ごと、「変更承認申請」で5200円も徴収出来たら

パチ屋も減らない筈です・・・。


最近、パチ屋が減っているなどの情報も流れていますが、

韓国で廃止の「パチ屋」が日本ではのうのうと営業・・・・。

パチンコ依存症、パチ屋駐車場の幼児死亡事件が起きても無くならないのはなぜ?

パチ屋が、介護業界にも幅を利かせて、介護施設にパチンコ・パチスロなどと都合の良いことを述べているようですが

今度は、パチ屋と介護業界、警察などの利権を膨らませる計画なのでしょうか・・・・。

<仕業とパチ屋>公安委員会&警察・弁護士・行政書士 ・パチンコ店 ・パチスロ店とIR法案
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/11 Sat. 20:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

0807

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「第一回口頭弁論調書に、結審ありきの河本晶子裁判長の発言記録無し、更に記録を残さなかった「大東文尚書記官」が、8月に異動」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「河本晶子裁判長の捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」発言は問題ではないのか(呆れ)」  

河本晶子裁判官
宇都宮地方裁判所 第一民事部 河本晶子 茂木典子 柿部泰宏

会s代表のコメント

先日、宇都宮地裁に出向き、第一回口頭弁論調書を、閲覧謄写する為に出向いて来ました。

「河本晶子判事」(かわもとあきこ)
「茂木典子判事」
「柿部泰宏判事補」


河本晶子裁判官が、過去にも、「早々に原告の口を封ずるように結審してしまった事実」があったことは前記事で記事にした通り・・・・。

河本晶子裁判長からは、捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」発言され

更に、被告日弁連の代理人に回答を求める話をしたら

河本晶子裁判長、被告日弁連の代理人は「回答しないと思いますよ」発言までされましたので

もしや?と思い、第一回口頭弁論調書を、宇都宮地裁で、閲覧したら・・・・。

やはり・・・・。

河本晶子裁判長からは、捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」発言及び

被告日弁連の代理人との法廷での、やり取りが、一切弁論調書には記載されておらず・・・・。

あらら、やらかしたのかな・・・・。


●民事訴訟法(口頭弁論調書)
第百六十条 裁判所書記官は、口頭弁論について、期日ごとに調書を作成しなければならない。
2 調書の記載について当事者その他の関係人が異議を述べたときは、調書にその旨を記載しなければならない。


この段階で、本件での裁判体では、中立・公平での裁判は無理と考え・・・・。

担当の第一民事部へ出向いたら、何と、8月から調書に記載しなかった担当書記官の

「大東文尚書記官」が、異動したとの事・・・・。

8月に異動???と思いながら、代わりの担当書記官に事情を話し

なぜ、弁論調書に、河本晶子裁判官の捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」

被告日弁連の代理人は「回答しないと思いますよ」などの発言は、弁論調書に記載されていないのか?

尋ねると、分かりやすい重要な事だけ記載との回答だったので

書記官に、原告からすれば、第一口頭弁論が最初から「本日、結審するつもりでいました」という事になれば

重要な事なのですが、裁判所では、第一口頭弁論が開く前から、「結審」するような事が

決められているのかと、尋ねたら、書記官がダンマリ・・・・・。

当たり前です、第一口頭弁論を開いて、原告、被告の双方に言い分を聞き、証拠調べにおいて今後証拠の提出を

するかしないかも確認しないで、裁判長の結審ありきで・・・・。

「本日、結審するつもりでいました」などと河本晶子裁判長に言われ

それが、弁論調書に記載されていないという事は、どういうことなのか???

原告は、訴訟費用を支払って、訴訟に至っている訳であり、中立・公平の裁判をして貰う権利があり

被告日弁連擁護のような裁判を、第一口頭弁論から裁判官にされたのでは話になりません。

書記官に、本件、原告は別訴(被告松徳会事件)と併合して貰っても良いと考えていたが

ある程度訴訟が進んでいたので、併合希望とは訴状に記載しなかったが

訴状には関連訴訟として、事件番号も記載しており

中立・公平を保てない、第一民事部合議裁判体なら「忌避」の申立も考えるが

現在係争中の第二民事部合議での審議が可能か?書記官に、尋ねたら

「上申書」を上げて貰えれば検討可能とのことで・・・・。

原告としては、調べたら河本晶子裁判長の「忌避、特別抗告の過去」を確認済みですので

ある手続き後、裁判体が対応して頂けなければ、「忌避」の申立をするか?

上申書を、先に手続きして第一民事部から第二民事部に変えるか、どちらがいいのかと

書記官に尋ねても答えられるはずも無く・・・・。

裁判体に上げて頂くようにお願いして来ました。

書記官には、本件既にネットに公開されている事件であり、司法関係者にも興味を持たれている事件であり

その辺も、まさか?日弁連相手だから、このような対応していると大変なことになりますよと

お伝えしてきました。


河本晶子裁判長には、次回が期日が「結審」と言われてしまいましたので

このまま、結審ありきの対応は、原告はさせる気がさらさら無く・・・・。

裁判体の出方により対応させて頂きます。

今回、分かったのは、いくら法廷で答弁しても弁論調書に記載されていなければ記録には残されず・・・・。

書面主義で、こんなことまでと思われても、準備書面に記載しなければ

控訴・上告しても記録は残されないということです・・・。

分かりやすいのが地裁に出向いて、指摘してきたら当会のブログのアクセス数がUPしているということは

どういうことなのか・・・・。

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「第一回口頭弁論調書に、結審ありきの河本晶子裁判長の発言記録無し、更に記録を残さなかった「大東文尚書記官」が、8月に異動」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「河本晶子裁判長の捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」発言は問題ではないのか(呆れ)」
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/07 Tue. 19:19 [edit]

CM: 0
TB: 0

0804

<被告日弁連 菊地裕太郎会長・訴訟委任状>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連は、弁護士の「頭の悪そうな人ですね」発言及び高齢障害者虐待行為を擁護  

被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 被告澤田雄二 被告新田裕子 1
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会7
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会1

日弁連 菊地裕太郎 1
日本弁護士連合会 日弁連 澤田雄二 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )2
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会5
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士・懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会4
被告日本弁護士連合会(被告日弁連)懲戒取り消し事件 - 栃木県介護被害者会
澤田雄二弁護士 新田裕子弁護士 宇都宮中央法律事務所 海老原輝
新田裕子弁護士 宇都宮中央法律事務所 澤田雄二 海老原輝 レディオベリー 高齢者虐待

会代表のコメント

プラス法律事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-5 第2SKビル10階

中村美智子 弁護士(なかむら みちこ)

善悪判断の精神年齢は幼児並との指摘も?「強姦嫌疑」大塚和成弁護士、
日本弁護士連合会への異議申し立て審の第1回口頭弁論が東京高等裁判所で開催


中村美智子 弁護士は以前から、別の弁護士の懲戒事件でも、被告日弁連の代理人だったようで・・・・。

あれと思ったのは、懲戒処分の当事者、澤田雄二弁護士と同じ、東北大学法学部・・・。

2001年 東北大学法学部卒業

澤田雄二先輩の為に、頑張らないというところでしょうか???



和田金法律事務所
〒104-0045 東京都中央区築地1-10-11 ラティオ702

鈴木敦悠 弁護士(すずき のぶひさ)



昨日、宇都宮地裁に出向き、第一回口頭弁論調書を、閲覧謄写する為に出向き

ついでに、被告日弁連の訴訟委任状を、コピーして来ました。

第一回口頭弁論調書は、後ほど公開するとして・・・・・。

これが、「答弁書以外の事は答えない」との訴訟代理人の訴訟委任状です。

まあ、「答弁書以外の事は答えない」のでは無く

「答弁書以外の事を答えると墓穴を掘るので、答えられない」というのが分かりやすいところかと・・・・。


日弁連、菊地裕太郎会長が、代理人を選任したのか分かりませんが

30歳前後の弁護士を代理人にするとは、可哀そうに不憫な役目を命じられたのか???

どう考えても、本件代理人になれば、被告澤田雄二弁護士&被告新田裕子弁護士同様に

ネットに問題及び情報が公開されることぐらい、当会のブログを確認すれば分かる事であり

分かって、訴訟代理人は受けたのですから、第一回口頭弁論の代理人の答弁態度も含め

容赦なく、闘わせて頂きます!!


中村美智子弁護士と鈴木敦悠 弁護士ですが、会代表である原告席からも

表情の変化が分かりやすく・・・・。

まだまだベテランの弁護士の太々しさは、表情に表れていないようですね。


このまま、次回結審などとする、結審ありきの河本昌子裁判長と被告日弁連代理人の戦略のまま進むか

ご期待ください!!

<被告日弁連 菊地裕太郎会長・訴訟委任状>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連は、弁護士の「頭の悪そうな人ですね」発言及び高齢障害者虐待行為を擁護
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/04 Sat. 22:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

0803

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「河本晶子裁判長に、原告口封じの為の結審で、特別抗告の過去」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「民事訴訟法(特別抗告)第三百三十六条」  

河本晶子裁判官  廣瀬裕亮裁判官 特別抗告
河本晶子裁判官  廣瀬裕亮裁判官 忌避
「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」
宇都宮地方裁判所 第一民事部 河本晶子 茂木典子 柿部泰宏

会代表のコメント

民事訴訟法(特別抗告)
第三百三十六条 
地方裁判所及び簡易裁判所の決定及び命令で不服を申し立てることができないもの並びに高等裁判所の決定及び命令に対しては、その裁判に憲法の解釈の誤りがあることその他憲法の違反があることを理由とするときに、最高裁判所に特に抗告をすることができる。
2 前項の抗告は、裁判の告知を受けた日から五日の不変期間内にしなければならない。
3 第一項の抗告及びこれに関する訴訟手続には、その性質に反しない限り、第三百二十七条第一項の上告及びその上告審の訴訟手続に関する規定並びに第三百三十四条第二項の規定を準用する。

河本晶子裁判長への(特別抗告の申立)

第1. 抗 告 理 由
原決定は次の枠内に表示したとおり私の忌避申立を棄却した。不服は多々あるも、憲法違反ない
し憲法解釈に誤りが存在する点を掻い摘んで特別抗告理由として陳述いたします。
1 抗告の趣旨・及び理由
抗告人は, 釧路地方裁判所平成2 4 年(モ)第1031号裁判官忌避申立事件に
ついて,平成平2 4 年1 0 月22日に同裁判所がした決定に対し,本件抗告を申
し立てた。抗告の趣旨及び理由は,,別紙「即時抗告状」(写し)及び「即時抗告
理由書」(写し)に各記載のとおりである。
2 当裁判所の判断
当裁判所も,本件忌避申立ていずれも却下すべきものと判断する。その理由
は,原決定書「理由」欄の2に説示のとおりであるから,これを引用する。抗告
人か即時抗告理由書でるる主張する点も,上記判断を左右しない。
よって,本件抗告はいずれも理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり決定する。
1.私は即時抗告理由書において次の枠内ように実質論を述べました。そうであるにもかかわらず、
原決定は「前決定と全く同じ裁判(判断と理由)を行った」と解されます。つまり形式的には正当な裁判を装いながら、その実質において「河本晶子,廣瀬裕亮の犯人隠避罪・北海道指定訴訟代理人(警察官10名)の非弁行為罪・齊藤隆広弁護士の非弁提携罪を庇護隠蔽した」と理解せざるを得ません。これは明らかな憲法第32条(裁判を受ける権利)の侵害です。

「河本晶子裁判長に、原告口封じの為の結審で、忌避申立」その後、忌避が棄却され、特別抗告に至った内容です。

被告が行政(北海道)という事もあり、河本晶子裁判長が何を行ったのか?

分かりやすい裁判官のようですね(呆れ)

「河本晶子判事」(かわもとあきこ)
「茂木典子判事」
「柿部泰宏判事補」

本件は被告日弁連、相手ですから裁判体が判断したくないのか?もしくは被告日弁連に不利な判断をしたくないのか分かりませんが・・・・。

国民の皆様、きちんと審議判決を、ご覧になっておいて下さい!!


<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「河本晶子裁判長に、原告口封じの為の結審で、特別抗告の過去」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「民事訴訟法(特別抗告)第三百三十六条」

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「東京高裁へ移送&第一回口頭弁論で結審?」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「河本晶子裁判長、捨て台詞のように「本日、結審するつもりでいました」発言(呆れ)」(リンク)

"<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「河本晶子裁判長に、原告口封じの為の結審で、忌避申立ての過去」>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「結審ありきの河本晶子判事、原告の証拠は、訴状提出時から「全部の証拠を提出して貰わないと困ると言われ、はあ!?」聞いていませんが(呆れ)(リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/03 Fri. 02:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top