栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0716

加害者側「老健」の代理人(澤田雄二弁護士・宇都宮中央法律事務所)(栃木県弁護士会 弁明書開示) 続き14  

15弁明6

栃木県弁護士会に懲戒処分(戒告)された「澤田雄二弁護士」が、栃木県弁護士会元副会長、「損保ジャパン日本興亜」支店の顧問弁護士として「弁明書」の内容です。

介護事件事故の被害者介護家族に「頭の悪そうな人ですね」と威嚇暴言侮辱発言をして、介護事件事故で障害者にされた母を老健から移転先の施設も決まっていない状況で追い出し、成年後見人でも無い、弁護士も立てていない介護被害者家族(会代表)に、介護事件事故の被害解決すらせずに、老健を追い出し在宅介護を押し付け、在宅介護せざるを得ない状況にさせた上、介護事件事故の慰謝料は一銭も払わず、逆に慰謝料から相殺のはずの数年分の施設利用料を、利用者の母では無く、成年後見人でも無い、さらに連帯保証人でも無い、支払い義務の無い介護被害者家族に「数百万円の支払い請求」し支払わなければ法的手段を取ると脅した懲戒処分(戒告)された「澤田雄二弁護士」

その後、澤田雄二弁護士の栃木県弁護士会への回答が、「特に非難される覚えは無い」・・・・。
●栃木県弁護士会 「 懲戒処分」澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所(弁護士会元副会長)介護事件事故⑰

宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士 他3名の「代理人弁護士」も、介護事件事故の被害者側へ上記行為を遂行する為の警告書に連名捺印の為、今後懲戒請求の可能性有り。

「澤田雄二弁護士」が懲戒処分(戒告)されて、初めての弁明書開示(続き14)ですので、見方も変わるかもしれません。
既に、懲戒処分された「澤田雄二弁護士」の弁明という事です。


>>過失相殺をしない提示は、本件事故のようにそもそも責任原因がはっきりせず

責任原因が「はっきりしていない、はっきりさせない」やり口を取っているのは、加害者側「老健」の方ではありませんか?
はっきりさせられては困る加害者側「老健」がいるのですよね?

そこで、介護事件事故現場も見ていない、被害者側にも会っていない、威嚇暴言侮辱発言する懲戒処分された「澤田雄二弁護士」に物申されても話しになりません。


>>出会い頭の交通事故のように、双方のに過失があることが明白であり

ですから、威嚇暴言侮辱発言する前に、介護事件事故現場を見て、障害者にされた被害者側にも会ってから、「出会い頭の交通事故のように、双方のに過失があることが明白」と同じ事を、被害者の目の前で言えるかどうか、試してから物申したら如何でしょう。


>>示談の成立に至らなかった場合に、過失相殺の主張が制限されるものではない

そうですか、今では「澤田雄二弁護士」の懲戒処分も弁護士会に認められ、その後に「介護虐待の可能性」や、まだ公開していない問題指摘が沢山有りますので、既に最初の示談提示のタイミングで示談にならずに、「損保ジャパン日本興亜」と弁護士が介護被害者側家族に「弁護し立てろ」と発言した状況とは全く違いますよ・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/16 Thu. 21:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0702

加害者側「老健」の代理人弁護士 (栃木県弁護士会 弁明書開示) 続き13  

14弁明5

老健の介護事件事故の加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」で、全国的にも大きな事件の担当弁護士として名が知れた加害者側「老健の代理人」である弁護士の発言。

>>賠償責任が認められる可能性がある場合に

可能性も何も、どこからそんな弁明ができるのか? そりゃ介護事件事故の現場も被害者も確認していないで威嚇暴言侮辱発言するような対象弁護士ですから、そんな事が言えるのでしょう。

>>本件施設も損害賠償金を保険金で支払うことで構わないという意向

さて、加害者側老健も、どの立場から「支払うことで構わない」などと言っているのでしょうね???

>>一定の損害賠償額を提示

何が一定の損害賠償額などと言っているのか? 損保査定での「一方的」な賠償額の提示で有り、その損保査定で事を収めさせる為に、損保ジャパン日本興亜の支店の顧問弁護士が出てきたという事です

>>示談成立に至った場合、示談書記載の内容に拘束される事は当然

示談書記載の内容にどんな拘束されるような事を記載するつもりだったのかな?
施設名は公開しないなどと記載するつもりだったのでしょうか?

それは介護事件事故後に医療法人の老健が、同じ理事長名で社会福祉法人を作り、特養2件、小規模多機能1件をのうのうと介護事件事故当時にいた介護職員を振り分け経営しているのですから、利用者にも知られたくないですよね。利用者には知る権利が有るはずですが・・・。

>>提示の際には、「現時点での円満な解決を前提とした数字であり、訴訟等になった場合白紙撤回することがあり、当方を拘束するものではないことを申し添えます。

一方的な提示で円満解決? 「訴訟になったら白紙撤回」押したり引いたり大変ですね・・・。

>>決して、本件施設の、損害賠償責任を明白に認めているものではない。

認めていないなら損害賠償金の提示などしなければ良いのに、なぜ円満解決などと言って賠償金を提示しておいて、「本件施設の、損害賠償責任を明白に認めているものではない。」と言われても意味が分かりません。

老健側に、管理監督機関の栃木県高齢対策課が事実確認に入った時に、老健側が何と回答したのか?この対象弁護士は知らずに弁明しているようである。


にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/02 Thu. 19:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

0701

加害者側「老健」の代理人弁護士 (栃木県弁護士会 弁明書開示) 続き12  

13弁明5


老健の介護事件事故の加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」で、全国的にも大きな事件の担当弁護士として名が知れた加害者側「老健の代理人」である弁護士の発言。

前回の記事にて、介護事件事故の状況をおさらいしておきます。

>>まあ、3階のフロアーにいた母が、血だらけで1階に倒れていて、何時いなくなったのも分からない、介護家族が老健で事件事故後の母を見たとたんに、「え!!」これで救急車も呼んでいない、夕方に事故が起きて翌日の15時間以上経って病院に連れて行く、大腿骨部分を見たら、大人のこぶし大の血種、一般人の人間でも大腿骨を折った可能性を疑う事が出来たレベルで、10数名の看護師から相談員、介護スタッフがいながら、誰一人も救急車を呼ぼうともせずに、家族の判断待ちしている時点で、介護だけでなくても緊急対応ミス・・・。


>>職員が事故発生当時に一般的に、必要十分な注意を払っていたこと (加害者側老健の代理人である、対象弁護士の意見)

注意を払っていたら介護事件事故は起きません、開錠していた犯人が分からないなんてこともありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>>綱紀委員会では、本件施設に全面的に損害賠償義務があることを前提として判断しているものと思われ、前提事実を誤った判断をしているとしか言いようがない。

栃木県弁護士会、綱紀委員会の弁護士及び有識者の判断、前提事実が間違いというなら、加害者側老健の代理人弁護士は、栃木県弁護士会元副会長なのですから、そんな前提事実を間違った判断をする「栃木県弁護士会の元副会長という肩書き」を、いつまでもわざわざ加害者側老健の代理人弁護士の、弁護士事務所のHPの自身の経歴に、20○○年 栃木県弁護士会副会長などと記載され無い方が宜しいのでは?

>>示談金の提示は~、本件施設の賠償責任を明白に認めたものではない~過失相殺の主張をしないことを約束したものではない。

一般的に賠償責任がなければ、「示談金の提示さえする必要が無い」のでは? それとも対象弁護士が、賠償責任など無いと判断し、示談金提示はイソ弁が行っていた事と法廷で発言するのでしょうか? 賠償責任が無いから、被害者側介護家族にボス弁の対象弁護士が「頭の悪そうなひとですね」と威嚇暴言侮辱発言をしたということでしょうかね・・・。

>>本件施設の損害賠償が認められる可能性があることを否定できないという判断の下

ここでは、「損害賠償が認められる可能性があることを否定できないという判断の下」と答えているのでは?

>>損害保険会社で保険金として支払うことが可能な金額が検討され、被害者側に提示する金額を協議。

それは損保査定で、損保査定に被害者介護家族が理解しないからと言って、加害者側施設関係者共々、栃木県の公文書にまで被害者介護家族が示談金に「納得しない」などと回答し勘違いにも程がある。

示談交渉というのは、一方的なそれも「加害者側の意見のみ」で示談交渉にはなりません、交渉の意味を理解されたし。

弁明書には何度も、対象弁護士が「円満な示談による解決」と述べているが、加害者側が被害者介護家族を、泣き寝入りさせるべく「威嚇暴言侮辱発言して脅すような手法の解決」は、「円満な示談による解決」とは言いません。

それとも栃木県弁護士会元副会長の弁護士の考えとしては、「威嚇暴言侮辱発言して脅すような手法の解決」であっても「円満な示談による解決」と考えるのでしょうか。


にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/01 Wed. 14:41 [edit]

CM: 0
TB: 0

0624

加害者側「老健」の代理人弁護士 (栃木県弁護士会 弁明書開示) 続き11  

12弁明4

老健の介護事件事故の加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」で、全国的にも大きな事件の担当弁護士として名が知れた加害者側「老健の代理人」である弁護士の発言。

>>施設の構造に危険がないこと、自動電子ロック等の物的設備を整えていたこと等、施設が適切な物的措置を講じていたこと、職員の管理・教育をきちんと行っていたこと、

まあ、この対象弁護士が会代表に威嚇暴言侮辱発言した段階では、イソ弁の女性弁護士でさえ介護事件事故現場にも行っておらず、会代表からまずは被害者の現状と介護事件事故現場を確認してからの交渉をすべきではと指摘されていたにもかかわらず、この程度の介護事件事故など、加害者側老健が行政に上げた資料などを読んで対応すれば、被害者家族など電話で対応できるなどと思っていたのでしょう・・・。

対象弁護士の弁護士が弁明されている、「物的設備、適切な物的措置、職員の管理・教育をきちんと行っていた」としたら、介護事件事故のはっきりした発生時刻、誰が暗証番号を液晶にて打ち込む自動電子ロック解除を事件事故直前にしていた介護職員も分からないなんてことはありえないのですが・・・。

職員の管理・教育がされていたら、なぜ家族が施設に出向いた段階で、救急車を呼んで、家族の到着待ち、その後救急車に家族と介護職員同乗にて、救急病院へ緊急搬送にならなかったのでしょうか?

この呆れた弁明をしている加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」様に、介護施設での緊急搬送の意味手順を教えて上げたいですね。

こんなデタラメな弁明を法廷でもするのでしょうかね?介護施設には、緊急時の対応がチャート表になっているのも確認せずにこんな弁明をしているのか???

まあ、3階のフロアーにいた母が、血だらけで1階に倒れていて、何時いなくなったのも分からない、介護家族が老健で事件事故後の母を見たとたんに、「え!!」これで救急車も呼んでいない、夕方に事故が起きて翌日の15時間以上経って病院に連れて行く、大腿骨部分を見たら、大人のこぶし大の血種、一般人の人間でも大腿骨を折った可能性を疑う事が出来たレベルで、10数名の看護師から相談員、介護スタッフがいながら、誰一人も救急車を呼ぼうともせずに、家族の判断待ちしている時点で、介護だけでなくても緊急対応ミス・・・。


>>職員が事故発生当時に一般的に、必要十分な注意を払っていたこと

注意を払っていたら介護事件事故は起きません、開錠していた犯人が分からないなんてこともありません。


>>施錠されていなかったことの予見ができなかったこと(電子ロック装置の異常などが想起できる)

介護事件事故を介護家族からも指摘しましたが、介護関係者は人を預かる場にいて、ドアを閉めたら、再度ガチャガチャと戸締りを確認されないのですか?

車のオートロックでも、普段からキーで電子ロックして、実際に車のドアを確認されないのですかと指摘申し上げたぐらいです。

そんな事も予見できないのであれば、人と相対する職に付くべきでは無いと思いますがね、会代表としては・・・。
まあ、対象弁護士さんも、堂々と法廷で、又はマスコミにも介護事件事故は予見できませんでしたと説明されて下さいね。


>>注意義務違反がないことを反証する

既に、県の高齢対策課にも注意義務違反が有ったことを老健が認め、事故報告書が上がっているのですが・・・。


>>議決書では「自室から室外に出た母が階段から転落して・・・。(議決書3項)

議決書の綱紀委員会も、どこから「自室から室外に」何て事を持ち出してきたのか、老健では日中はほぼフロアーで、生活していてそのフロアーで介護職員が目配せしていなくてはいけないのにしていなくて、いなくなった時間もはっきりしないで介護事件事故。

さらに対象弁護士さん、議決書確認したら、(議決書3項)じゃ有りませんでしたよ・・・。


>>「確認ミス」が施設の過失、(注意義務違反)を意味するのであれば、そのように決め付けること自体、強引すぎる認定であり不当

決め付けているのでは無く、既に老健から老健の管理監督機関である県の高齢対策課に事故報告書が上がって、老健の介護職員も介護事件事故後何十回もの職員のカンファレンスが行われているにもかかわらず、対象弁護士さんは、「確認ミス」が施設の過失、(注意義務違反)を意味すること自体が不当ですか・・・。

いい加減、認めるところと否定するところの線引きぐらいされて下さい。



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/06/24 Wed. 18:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

0619

加害者側「老健」の代理人弁護士 (栃木県弁護士会 弁明書開示) 続き10  

11弁明4

老健の介護事件事故の加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」で、全国的にも大きな事件の担当弁護士として名が知れた加害者側「老健の代理人」である弁護士の発言。

まず、カテゴリーの介護被害者会/発足の経緯の方に介護事件事故の詳細は明記しておりますので、そちらから介護事件事故部分を抜粋します。

●栃木県介護被害者会 発足の経緯の介護事件事故
>>会代表の認知症の母の老人保健施設での介護事件事故についての詳細、 3階フロアーにて、介護スタッフだけが出入りする非常階段の液晶のダイヤルロック付きのドアが開錠されており、私の母が出入りしてしまい、暗がりの非常階段(通常室内の避難通路なので電気は消され真っ暗)を転げ落ち、事件事故が起きてどのくらい時間が経ったのかは分かりませんがスタッフが母がいないことに気づき、探し回ったところ避難通路の3階壁に血痕と上履きが見つかり、下の階に下ると血痕が続き 1階で発見され、救急車も呼んで貰えず、施設の車で搬送、車内病院到着後嘔吐。

>>結局顔面挫傷で眉毛上数針縫合、大腿骨頸部骨折手術しましたが手術し後遺症が残り、障害認定。


上記の介護事件事故の内容を読んで頂いてからの方が、今回と次回予定の弁明書に関しては理解できるかと思います。
また、会代表である介護被害者家族が、なぜ「介護事故」と言わず、「介護事件事故」と言っているのかもお考え頂けたら幸いです。

>>議決書では、本件施設に法的な賠償責任が明確にあることを前提に判断しているように読めるが、これは誤り

結局、介護事件事故現場も見ず、被害者や被害者家族とも会わずに、威嚇暴言侮辱発言してくるような栃木県弁護士会元副会長の弁明には理解に苦しみますね・・・。
「法的な賠償責任が明確にあることを前提」にしていたからこそ、示談交渉していたのではないでしょうか?加害者側老健の弁護士は「示談金の提示」までしておいて、綱紀委員会の議決で、「弁護士法違反相当」となったら「法的な賠償責任が明確にあることを前提」については「誤り」否定ですか・・・・。 


>>事故発生状況の詳細は不明

その介護事件事故の詳細を不明にしたのは、加害者側老健なのですがね、非常階段の液晶のダイヤルロック付きのドアが開錠されていて、誰が出入りしたのかわざと特定しなかったのは、加害者側老健の戦略のようです。

既に介護事件事故直後に非常階段を出入りした3名の介護職員の名は上がったのですが、有耶無耶に・・・。

それと同時に管轄の茂木警察署が、介護家族は介護事件事故の「数日後に警察へ通報」しているのに、警察へ情報開示請求したらなんとその時の通報記録が公文書として残されていない・・・。
初めて通報記録として茂木警察署に残っているのが数週間後の記録のみ?結局、介護事件事故後茂木警察署が、現場検証をしたのが何と「2週間後、それも事情聴取もその時に行わず、また後日という事で」帰られたそうです。

皆さん良く考えてみて下さい、交通事故が起きて2週間後に現場検証し、事情聴取はまた後日なんて対応していたら「証拠隠滅や口裏合わせ」をされる機会を加害者側に与えているようなものです・・・。

さすがに介護利権に絡むような地元の名士である医師が、町から小学校跡地を提供されて老健を経営しているだけ有って、地元警察すらまともに捜査しないとは・・・・。

認知症の母が「液晶のダイヤルロック付きのドア」の暗証番号など知るはずも無いのに、なぜドアが開錠されていたのか?

暗証番号は介護職員しか知りません、ではもしや介護虐待も疑われる「老健」ですので、被害者の母がフロアーを歩き回ること対する嫌がらせでドアが開錠されていたのでは?などということが絡み警察もいちよう事件事故の両方で捜査するとの事でしたので介護事故では無く、「介護事件事故」と言っています。


>>賠償責任の有無は争う余地が十分にある

どうぞ、責任原因から争ってあげますよ、「事故原因などの詳細を不明」にしたのは誰がしたのでしょうね?

加害者側老健としては、「犯人を特定しない方がメリットがある」から、「事故原因などの詳細を不明」ということなのではという事が、数年に渡り全国の介護関係者とSNSでやり取りして分かりました。

法律関係者なら判ると思います。

>>何らかの原因により、施錠されていなかった

その何らかの原因について問題視しているのだろうかこの加害者側弁護士は・・・。
文章の続きに「事故発生の一因になっている可能性がある」? 可能性どころの話では無く、「根本の原因」ですが・・・。



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/06/19 Fri. 07:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top