栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0927

修習生の給費制維持は司法制度改革に逆行!?「受益者負担の原則」司法修習制度改革、裁判官及び検察官に、決められた年数を勤めるなら 一部給費制も有り!?  

修習生の給費制維持は司法制度改革に逆行(理事長所感)-vert

会代表のコメント

法科大学院協会理事長 青山善充(あおやま よしみつ)

法科大学院協会理事長さんが、まともな意見を述べているなと思ったら

論文に物申すという弁護士の意見が検索されました・・・・。

受益者負担の原則
原則として市場経済において、市場の失敗が生じない限り、利益を受けるもの(受益者)が市場で決まる価格を支払い(負担し)、その経費及び生産者への利益へ回す仕組みが最適となることを述べたものである。

司法修習生は、「自身の利益になる為の経費」を、制度改革など求めず、貸し付けも反対・・・・。

税金である金をくれと、生活保護者と同様レベルの話をしているが・・・・。


弁護士の横領件数、懲戒処分数も減らすことが出来ない司法家が何を言っているのか(呆れ)

現在、少ないと言われている裁判官及び検察官に、決められた年数を勤めるなら

一部給費制も有りだが、単に弁護士になりたいだけなら自身で負担してください!!


それが嫌なら、司法修習生の制度改革をして、修習生でもインターン化するか

バイトできるように制度化改革すれば、税金での給費は必要なし・・・。

偏差値が高い弁護士ならそのくらい考えられないのだろうか・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/27 Wed. 22:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0905

<脅し名目の弁護士の連名捺印排除>日弁連&栃木県弁護士会へ確認「対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。」  

警告書2 澤田雄二 新田裕子 海老原輝、宇都宮中央法律事務所 滝田三良法律事務所 大内一宏 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則

飯田福祉会 高砂荘 浜野修 澤田雄二 澤田利夫 梅津真道

会代表のコメント

日弁連
●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。


日弁連から上記のような通知が出たとか・・・・。

会代表からすれば、今頃(呆れ)

今、栃木県弁護士会から書面が届いているのですが、影響があったのかな???

被告 澤田雄二などの連名捺印の件も含まれていたので・・・・。

まあ弁護士はお仲間の馴れ合いで、指摘されなければ一般社会常識も分からず

関係のない、内容も知らない弁護士を連名捺印してくるので(呆れ)

指摘されると、今回の会代表が原告の訴訟4件全部、被告は連名捺印無し・・・・・。

できるなら、最初から脅し名目の弁護士の連名捺印など止めてください!!

ーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

日弁連
●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。


日弁連に連絡を入れ確認を取りました!!

日弁連としては、全国の弁護士会に通達しており

同、弁護士の連名捺印の件は、今回だけでは無く、定期的に通達しているとの事!!

ということで、次は栃木県弁護士会へ・・・・。

栃木県弁護士会では、調べて貰ったところ

平成29年7月に日弁連から届いているとの事でした。



困るのが栃木県弁護士会の綱紀委員会「太田うるおう」委員長・・・・。

以前の懲戒請求で・・・・。

●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。

上記の内容を無視した判断を下していました(怒り)

栃木県弁護士会の受付の方に、綱紀委員会「太田うるおう」委員長に

現在提出している懲戒請求にもかかわるので伝えて貰うように受付に伝えておきました!!

今更、被告澤田雄二(弁護士)が、被告 新田裕子、被告 海老原輝, 被告 大内一宏の

共同受任逃れを言い出しているようで(呆れ)


ご覧いただいている方で、弁護士が連名捺印をして来たら、

責任問題も指摘してあげましょう!!

日弁連
●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。


上記の日弁連の記事をUPされていた弁護士さん有難う御座います!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/05 Tue. 17:03 [edit]

CM: 0
TB: 0

0905

日弁連(会長中本和洋) の死刑制度廃止は、2020年の国際連合犯罪防止刑事司法会議(コングレス)の為!?  

国際連合犯罪防止刑事司法会議(コングレス)-vert

会代表のコメント

日弁連(会長中本和洋) の死刑制度廃止は、2020年の国際連合犯罪防止刑事司法会議(コングレス)の為!?

日本弁護士連合会      
 会長 中本 和洋 

犯罪により命が奪われた場合、失われた命は二度と戻ってこない。このような犯罪は決して許されるものではなく、犯罪により身内の方を亡くされた遺族の方が厳罰を望むことは、ごく自然なことであり、その心情は十分に理解できる。一方で、生まれながらの犯罪者はおらず、犯罪者となってしまった人の多くは、家庭、経済、教育、地域等における様々な環境や差別が一因となって犯罪に至っている。刑罰制度は、犯罪への応報であることにとどまらず、社会復帰の達成に資するものでなければならず、このような考え方は、再犯の防止に役立ち、社会全体の安全に資するものである。

当連合会は、今回の死刑執行に対し強く抗議するとともに、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求めるものである。

死刑執行に強く抗議し、改めて死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきであることを求める会長声明

第14回国際連合犯罪防止刑事司法会議(コングレス)


2020年の国際連合犯罪防止刑事司法会議(コングレス)の開催が日本での開催の為に

2020年までの死刑制度廃止を、日弁連(会長中本和洋)が言い出したとか・・・・。

事件事故の被害者・被害者家族でも無い、司法家に何が分かるのか?

冤罪を作り出しているのも、警察&司法家なのに(呆れ)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/05 Tue. 15:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

0831

<日弁連>成年後見制度利用促進基本計画に関する連続学習会(第2回)医療等の意思決定が困難な人に対する支援と成年後見人の役割  

日弁連成年後見

会代表のコメント

成年後見制度利用促進基本計画に関する連続学習会(第2回)医療等の意思決定が困難な人に対する支援と成年後見人の役割

日弁連では、成年後見制度の改善・改革に向けて、専門家等を講師として連続学習会を開催することを企画し、本年7月5日に第1回学習会を開催しました。

第2回となる今回の学習会では、「医療等の意思決定が困難な人に対する支援と成年後見人の役割」をテーマに取り上げます。

成年後見制度利用促進基本計画では、成年後見人を意思決定支援の担い手であると位置付けています。医療等の意思決定が困難な人に対する医療行為の決定はどうあるべきか、成年後見人の役割を考えたいと思います。

弁護士である会員だけでなく、司法書士や社会福祉士等の専門職、福祉関係者等をはじめ、市民の皆様にも広く参加いただき、一緒に議論したいと思います。ぜひ、ご参加ください。


まあ、日弁連が成年後見制度利用促進基本計画の学習会を開くのは良いが

まずは、弁護士及び司法関係者の成年後見人の横領を無くすことも、同時に学習会を開かないと日弁連・・・・・。

高齢者・障害者の人権を軽んじているのが、弁護士なのですから(呆れ)

取り合えず、ご興味がある方はどうぞ!!

会代表は、9月6日は法廷日です(笑)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/08/31 Thu. 01:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

0830

<脅し名目の弁護士の連名捺印排除>日弁連今頃!?「対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。」  

警告書2 澤田雄二 新田裕子 海老原輝、宇都宮中央法律事務所 滝田三良法律事務所 大内一宏 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則

飯田福祉会 高砂荘 浜野修 澤田雄二 澤田利夫 梅津真道

会代表のコメント

日弁連
●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。


日弁連から上記のような通知が出たとか・・・・。

会代表からすれば、今頃(呆れ)

今、栃木県弁護士会から書面が届いているのですが、影響があったのかな???

被告 澤田雄二などの連名捺印の件も含まれていたので・・・・。

まあ弁護士はお仲間の馴れ合いで、指摘されなければ一般社会常識も分からず

関係のない、内容も知らない弁護士を連名捺印してくるので(呆れ)

指摘されると、今回の会代表が原告の訴訟4件全部、被告は連名捺印無し・・・・・。

できるなら、最初から脅し名目の弁護士の連名捺印など止めてください!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/08/30 Wed. 01:17 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top