栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0531

相談案件・「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者との会話音源公開、遺族に対し不愉快発言!!」「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」特養「高砂荘」(宇都宮市)「飯田福祉会 浜野 修理事長」「原告側 木村謙弁護士 盗撮弁護士 梅津真道容疑者と別事件」「被告側 澤田利夫弁護士/澤田雄二懲戒処分弁護士/増田智義弁護士/溝邉岳秋弁護士/新田裕子弁護士/海老原輝弁護士」「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」続き28  

特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所


 
■動画は↑↑↑

梅津真道弁護士容疑者逮捕

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

木村謙法律事務所1

飯田福祉会 特養 高砂荘(宇都宮市)澤田利夫、澤田雄二 澤田総合法律事務所 損保ジャパン

飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘2

飯田福祉会 高砂荘

飯田福祉会 高砂荘1


飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長2jpg


飯田福祉会 高砂荘 浜野 修 理事長 介護事件事故虐待-horz

飯田福祉会 高砂荘 宇都宮市

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修2

飯田福祉会 高砂荘 浜野修3

飯田福祉会 高砂荘 浜野修4


特養 高砂荘8

下野新聞記事1特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

審査請求書面2

相談障害手帳 特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修 澤田雄二 澤田利夫 梅津真道

相談、口頭弁論調書

損保ジャパン弁護士法違反1

SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png

澤田雄二・新田裕子 損保ジャパン 宇都宮中央法律事務所

sawada.png

溝邉岳秋
2015年 度栃木県弁護士会 副会長(澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士)

溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士 (登録番号, 35733) 
大銀杏法律事務所(おおいちょう)

2015年度栃木県弁護士会 副会長
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り。)
相談案件・「損保ジャパン日本興亜」 澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市



●特別養護老人ホーム「高砂荘」社会福祉法人「飯田福祉会」宇都宮市(リンクはこちらから!!)


特別養護老人ホーム「高砂荘」  社会福祉法人「飯田福祉会」 宇都宮市

全国で検索すると「高砂荘」という介護施設が検索されますが、宇都宮市「飯田福祉会」の特養「高砂荘」での「介護事件事故虐待」です。


社会福祉法人飯田福祉会 「浜野 修 理事長」 特別養護老人ホーム「高砂荘」
●栃木県地域包括・在宅介護支援センター協議会  会長 浜野 修
●栃木県社会福祉協議会 評議委員  (社会福祉法人理事長 浜野 修)


記事1

地元「下野新聞」が、何の絡みなのか?「施設名非公開での記事」しか載せなかった介護事件事故虐待です。

<記事抜粋>
「若い男に殴られた。警察を・・・。」宇都宮市の女性(60)は、

施設に入所していた母親(87)の繰り返した言葉が耳を離れない。

病院の集中治療室で、母親は職員の虐待を示唆するようなことを何度もつぶやいた。


この状況で、原告被告側 両弁護士が何を企み?依願退官前の裁判官は機能していたのか?

「宇都宮市」及び「宇都宮東警察署」は門前払い・・・・。


介護事件事故虐待 公開告発サイトへ相談案件登録済み

<介護事件事故虐待・公開告発地点>こちらか・・・。

飯田福祉会「高砂荘」のマーカー(地点)をクリックすると開きます。


飯田福祉会「高砂荘」のHPから浜野修理事長の画像を含め、施設関係者の画像が削除されました!!

画像削除の前に、ご遺族への謝罪が先なのでは(呆れ)

またサービス担当者会議及び施設サービス計画書を確認すると・・・・。

入所受入れ段階で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれているのが分かります。

介護計画で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれていて、「注意管理義務違反」も問えない弁護士、裁判所は何をしているのでしょうね・・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご遺族には依頼した弁護士がことごとく着手金貰って結果も出さずに弁護士辞任したのですが、何をしていたのかこの弁護士達は・・・・。

その辞任した、刑事告訴もできない横田康行弁護士、その後の梅津真道弁護士も刑事告訴も控訴もできないと辞任・・・・。

弁護士でも無い素人の会代表が、直告や刑事告訴もできているのに、「とんずらするだけの弁護士では話にならず」、これが弁護士の良く述べる依頼者の利益になっているのだろうか(呆れ)


今回の宇都宮市の福祉課での事故報告書の事故現場の図面になります。

さらに高砂荘の介護事件事故虐待から1ヵ月半後の半身不随にされた被害者の画像です。既に高砂荘からは離れています。

半身麻痺は左半身麻痺、右手は上げていますが、不自然に左肩から腕が力なく下がっていると思うのは会代表だけでしょうか・・・。

今回の記事のポイントは、事故現場の図面です、導線など分かりやすく引かせて頂きました。

ご覧頂いている皆さん何か疑問は感じませんか???

ご老人の行動などに介護経験がある方なら「うん!?」可笑しいな・・・・・。

会代表もご遺族からの説明を聞く前に「あれ?」

現場の高砂荘の施設はユニット(個室)利用です。


宇都宮市の事故報告書では、「事故発生時間 午前0時20分頃(深夜)」たぶんこの時間ですと、一眠りしてからの用足しの為の起き上がり行動か?それとも寝つきが悪く起きていたのか?

さらにこの時間だと、施設内の明かりも消灯時間で、真っ暗にはしませんが、少し明かりを落としている可能性があります。

「居室横のトイレ」と「事故現場近くの居室から離れたトイレ」・・・・。

ご覧頂いている皆さん、午前0時20分頃(深夜)に用足しに起きて、居室横にトイレがあるのに・・・・。

わざわざ居室から離れたトイレに出向きますか???

たぶん個室ユニットですので、日中フロアーに生活していたとしても、それまで独歩で歩けていたとすれば、人間というものは使い慣れていると思われる居室横のトイレに出向く感覚が有ります。

それも認知症を発症していれば、不穏行動になることは確かに有るのですが、「用を足すなど生理現象に感してはパターン化する」ことも有ります。

パターン化するので、オムツ、尿パッド交換などの時間間隔など考えて介護計画するのが介護。

その辺の介護知識が全く無い弁護士が疑問も感じずに・・・・。

「消防隊からも警察に調べて貰った方がと助言が有ったにもかかわらず」、刑事告訴せず。


それも横田康行弁護士と梅津真道弁護士が、澤田雄二弁護士の弁護のやり方、診断書などのやり口で不利に持って行かれた節が有るのですが、それであれば刑事告訴して、当事者の取調べなどをすれば、流れは変わっていたかと会代表は確実に思います。

現在、ご遺族に介護事件事故虐待に関係した病院・医師及び診断書の変更具合に疑問を持ち、まとめては頂いているのですが、事故発生直後の診断書であれば、被害者の「若い男に殴られた警察を・・・。」の発言があれば、その時に宇都宮東警察署が被害届にせずとも、刑事告訴して捜査する方向に持って行けた筈、弁護士であれば・・・・。

それをかかわった原告側弁護士が全く行っておらず、何の為に着手金を貰って依頼を受けているのか(呆れ)

ご遺族の力になれないなら弁護を受けるなよ。


数日前に、ご遺族と3度目になりますがお会いして来ました。

証拠関係の整理聞き取りと、後は今後ご遺族としてどこまで闘いたいか?どこまでの事を当会に求めたいか?などお話して来ました。

ご遺族から最初に、澤田雄二弁護士の懲戒処分を知られて当会に問い合わせ、初対面した昨年8月頃のご遺族の思い、会代表への印象と現在の半年以上経っての3度目の、ご遺族の思い、会代表への印象が変わって来ている事を、会代表は理解しております。

たぶん最初はご遺族としては澤田雄二弁護士を懲戒処分にした方なら、高砂荘の事件を公開してくれるだろうとの思い・・・。

それが、この半年に当会が実際行って来た、「懲戒請求、直告、刑事告訴、裁判所、弁護士対応などの動きを見れば」たまたま澤田雄二弁護士の懲戒処分が取れた会代表が人物なのか?

少しずつですが、ご遺族も、ご覧頂いている方も、この人物「何者!?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

まあそれを一番感じているのが、「澤田雄二懲戒処分弁護士、新田裕子弁護士」と「栃木県弁護士会」ですが(笑)


会代表の仕事のやり方として「大風呂敷広げて何が出来ます!!」などとは言うつもりは全く御座いません。

なぜ会代表がこのブログで、他の方から見ればこんな情報まで公開と思われている方も実際におられるのですが、会代表としては実際に「介護被害者家族として、被害者の母の代わりとして闘う為」に行って来たことを公開した方が、弁護士バッチ付けてはったり噛ましている弁護士より、現実味があると思いますので公開しております。

「はったりの何が出来ますでは無く、何をして来ました。」

それの方が相談者も理解しやすい筈です。


ただ、結構ギリギリのところで問題定義もしておりますので「根拠無く」同じような公開手法をすると大変な事になりますのでご注意されて下さい。「確実に知らない弁護士に相談すればそんな事は行ってはいけないという範疇ですので・・・(笑)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




数日前に、ご遺族と4度目になりますがお会いして来ました。

お話していく中で、また疑問点が発覚・・・・・。

以前に、記事にUPした、宇都宮市作成の「事故現場の図面」に疑問点。

ご遺族と話している中で、事故現場でのフロアーのベランダの話が出て、会代表としては「ベランダ!?」

どこにベランダ(バルコニー)が有ったのか、ご遺族に確かめると「えっ!!」

何故、宇都宮市の作成図面には画像2番目のようにベランダ(バルコニー)などは、一切記載されていません。

ご遺族に聞くと、澤田雄二弁護士側からの事故現場の図面にも、ベランダ(バルコニー)の記載は無かったとのこと・・・・。

さらにご遺族からベランダ(バルコニー)の位置、スライドドアの位置をお伺いすると、ご遺族から実は宇都宮市作成図面のカウンターの位置が違っていた事も発覚。

後日、画像3目以降のカウンター位置の図面と高砂荘の建物の構造図面を入手。

裁判所にも高砂荘の建物の構造図面が提出されてはいたようですが、画像4枚目の構造図面には、ベランダ(バルコニー)が切れた図面で、今回ご遺族から提出頂く時に、切れた所にバルコニーを記載して頂いている状況で、最後の全体の構造図面でははっきりとバルコニーが図面に確認できます。


たぶん、介護施設や認知症入所者の行動が分からない、弁護士や裁判所、行政では分からないので、宇都宮市の事故現場の図面のようにベランダ(バルコニー)を削除したのか?削除した意図はあるのか?

なぜ、会代表がご遺族からベランダ(バルコニー)の存在を聞いて、「えっ!?」と思ったのか?

それは事故現場とされているトイレ近くに、ベランダ(バルコニー)が有ったとすると「行動経路の理由に疑問」が出て来るからです。

ご遺族からの話だと、バルコニーへの出入りは自由、ドアの鍵も閉まっていないとの事・・・・。

会代表としては、何か解せない思いが・・・。

本当に、本人居室のほぼ隣にあるトイレを利用せず、深夜0時過ぎに、居室からわざわざ離れたトイレに向かい転倒ですか???

被害者が、バルコニーに出入りする事や、帰宅願望が表れていた事は高砂荘への入所前から兆候が見られ、高砂荘への入所時の申し送りでも伝えられていたとの事・・・・。

また、カウンター位置が違って来るとなると、判決に記載されている内容と事故現場の作成図面との内容に違いがでて来るのですが・・・・・。

「一人でトイレに行き 同日午前0時20分ころ、居室に戻ろうとした際、転倒し、トイと居室との間にあったカウンターテーブルに前頭部を打った。(判決文記載)


宇都宮市の事故現場図面だと、わざわざカウンターテーブルを、「事故現場に近づけた事」になってしまうのですがね・・・・・。

それでなければ、「カウンターテーブルに前頭部を打った」ということにならない・・・・。

そろそろ皆さんもお気付きでしょうか?

会代表として、現場にいたのでは無いので「断言」は控えますが・・・・・・。


たぶん、これからまだ、疑問点は続きます、この後に出てくる疑問点を知れば、「あれれ・・・。」


原告側被告側共に、なぜ警察に入って貰わなかったのか?

弁護士は何をしていたのでしょう?

そう言えば、梅津真道弁護士は、栃木小1女児殺害の被告弁護団の弁護士なのだから、刑事案件としても疑問を持たなかったのだろうか?

さらにマスコミは取材までして施設名非公開の記事とは・・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の相談案件に絡んだ「病院&医師」辺りから、弁護士だけでは無く、医師のしがらみも絡んで来ます。

画像2番目に、ご遺族からご提出頂いた関係した「病院&医師」の流れ。


会代表も最初、何度かお話を伺う中で、余りにも関係した「病院&医師」が多いのでご遺族に資料にして頂いたのですが、もしマスコミが一度取材したぐらいでは、複雑な部分の把握は無理かと思います。

まず、前回記事でのバルコニーの問題を、頭に入れつつ。

今回、関係した「病院&医師」の流れだけの記事ですが、これに今後「複数の診断書」が絡んできます。

この診断書の診断が、「全部同じ診断なら」こんなに病院&医師が絡み、「医師の意見書取り合い」になることは・・・。

そして原告側(被害者側)の「横田康行弁護士」が、意見書の取り合いの段階で、ご遺族に弁護を降りたいと「弁護を投げ出し」
その後に、弁護を引き受けた「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も最終的にご遺族が、当初拒む「高額な医学意見書」を取らなければ「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も降りると言い出し、結局、当初ご遺族が拒む「高額な医学意見書」を取る羽目に・・・・・・。

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」がご遺族に「高額な医学意見書」を取らせたのはいいが、梅津真道弁護士がひっくり返す事ができず、1審で棄却。


今度は「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」が、控訴するなら弁護を降りると言い出し、控訴の手続き方法も教えず、梅津真道弁護士から控訴するならこの日までと言われた日の残り、「平日4日間しか無い状況で、弁護投げ出し・・・・・。」

ご年配者のご遺族に、「控訴状の記載方法」を教えることも無く、「平日4日間」で、複雑案件それも相手側弁護士が、澤田雄二弁護士で受けてくれる弁護士が探せるはずがなかろうに・・・・・。

会代表でも残り4日間で弁護士を探せと言われても「無理」

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」の確信的行為・・・。

まんまと原告被告側両弁護士により、介護被害者家族が泣き寝入りせざるを得ない状況に送り込み成功(呆れ)

現在、診断書をまとめていますが、今回の画像2番目の関係した「病院&医師」の流れだけ見ても疑問に気付く方がいれば「あれ?」と思うかもしれません。

ポイントは、⑥(B)澤田雄二弁護士が提出した医学意見書に対する、「別医師からの裁判所への上申書」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

●「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」 「あけぼの法律事務所」「弁護士会へ懲戒請求」「特養で半身不随を長時間放置」特養「高砂荘」飯田福祉会 原告側(元) 木村謙法律事務所勤務「梅津真道容疑者」(リンクはこちらから)

相談案件の「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」ですが、ご存知の通り逮捕。

今回、梅津弁護士との会話音声動画を、マスコミにも流したのですが、盗撮弁護士事件は一段落のようで・・・。

当会はまだまだ、これからです。


日刊ゲンダイさんにも取材して相談案件を記事にして頂きました。

マスコミは相当、オブラートに包んで報道していたようですが、ネットの情報の拡散のほうが速いようです。

ご遺族にも動画音声を確認し頂いてからの動画UPです。

ご遺族としては「梅津弁護士は何をデタラメ言っているのか」との思いのようです(怒り)

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/31 Tue. 19:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0531

睡眠薬を飲む中高年にリスクが… 骨折しても「記憶がない」 安易な処方に警鐘も・「レンドルミン」のジェネリックが「ソレントミン」介護事件事故虐待で障害者にされた母が、何と15時に服用させられていた向精神薬(睡眠薬)  

ソレントミン 介護事故 もてぎの森うごうだ城 片岡孝 松田源一1

ソレントミン 介護事故 もてぎの森うごうだ城 片岡孝 松田源一2

ソレントミン 介護事故 もてぎの森うごうだ城 片岡孝 松田源一

老健服用薬 もてぎの森うごうだ城 片岡孝 松田源一

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1


会代表のコメント

産経新聞2016年05月31日 10:29
睡眠薬を飲む中高年にリスクが… 骨折しても「記憶がない」 安易な処方に警鐘も

上記の記事を見て「あれ?」

ベンゾジアゼピン系(BZ系)と呼ばれる睡眠薬の表の中に、「レンドルミン」!?

皆さん、表の中の「ハルシオン」は良く聞かれる即効性の高い睡眠薬かと思います。

「レンドルミン」に聞き覚えが有ったので調べたら、ビンゴ!!

「レンドルミン」のジェネリックが「ソレントミン」

はいそうです、介護事件事故虐待で障害者にされた母が、何と15時に服用させられていた向精神薬(睡眠薬)

母の服用薬一覧も画像UP


>>BZ系の薬は、脳の神経伝達物質の働きを抑えることで、眠りをもたらしたり、不安を抑えたりすることができ、即効性も高い。一方で眠気が残る、ふらつくなどの副作用のほか、適正に使用しなかった場合などに依存性が高まることも報告されている。

 男性は数年前、数種類のBZ系睡眠薬を飲んで目覚めた朝、自宅で転倒し、肋骨(ろっこつ)を骨折した。「家族の話では、転んだときにすごく大きな音がしたらしいのですが、記憶がない。夜になってから、初めて猛烈な痛みを感じた」



>>日本睡眠学会などが平成25年に公表した「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン」では、不眠症が高齢者に多く、睡眠薬に治療効果がある一方、転倒や骨折が増加するという報告があると指摘。こうしたリスクを高めるとして、BZ系睡眠薬を推奨しないことを明記した。

 また、日本老年医学会も昨年、10年ぶりに「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」を改定。75歳以上の人に「特に慎重な投与を要する薬」として、一部の向精神薬などとともに、BZ系睡眠薬などを挙げ、安易な処方に警鐘を鳴らした。


記事をご覧になり、母の服用薬一覧、介護事件事故虐待の繋がりを考えて頂ければ、会代表が何を申したいのかお分かり頂けるかと思います。

これから片岡孝医師に、確認する部分になりますので、詳細は控えますが、栃木県高齢対策課、市貝町も含め、服用問題での虐待では無いなどと判断しましたが・・・・。

もてぎの森うごうだ城 施設長 自治医科大学卒、片岡孝医師に、奥さんも看護師らしいのですが、15時にソレントミンを服用して、何時間起きていられるか試してもらいましょう(怒り)

一木明弁護士がこんな問題すら指摘せず、投げ出しですから弁護士にも困ったものです。

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/31 Tue. 15:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

0529

介護施設経営「松徳会」羽振りが良いですねジャガーを持ちつつ、今度は白のBMW「木村勝則本部長」「松田源一理事長所有の車を、木村勝則本部長が乗り回し?」「BICYCLE K.BROS」「もてぎの森 うごうだ城」「松徳会」行政に介護被害者家族 を侮辱人格否定・さらに「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と行政には「偽善者発言」  

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 BMW888
SnapCrab_NoName_2016-5-14_11-17-1_No-00.png


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 ジャガー1

真岡市議 中村かずひこ 中村和彦 木村勝則 もてぎの森うごうだ城 BICYCLE K BROS 松田源一
真岡市議 中村かずひこ 中村和彦 木村勝則 もてぎの森うごうだ城 BICYCLE K BROS 松田源一2
真岡市議 中村かずひこ 中村和彦 木村勝則 もてぎの森うごうだ城 BICYCLE K BROS 松田源一1


木村勝則 BICYCLE K.BROS 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 JPGBICYCLE K-BROS (ケーブロス)

木村勝則 BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

BICYCLE K.BROS 木村勝則部長発言 もてぎの森うごうだ城「十字架を背負いながら」松田源一

松田源一 木村勝則本部長 BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 BICYCLE K BROS真岡市熊倉町

BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)木村勝則 松徳会 もてぎの森うごうだ城1
BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)木村勝則 松徳会 もてぎの森うごうだ城

kbrosf1①BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)木村勝則 松徳会 もてぎの森うごうだ城
kbrosf1 BICYCLE K.BROS BICYCLE K-BROS (ケーブロス)木村勝則 松徳会 もてぎの森うごうだ城

BICYCLE K.BROS 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」4

s-もてぎの森うごうだ城8
遺骨3 松田源一 木村勝則 BICYCLE K.BROS

もてぎの森うごうだ城、介護被害者 松田源一 木村勝則 BBICYCLE K.BROS ICYCLE K-BROS (ケーブロス)澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン




「木村勝則本部長」「もてぎの森 うごうだ城」「松徳会」の介護事件事故虐待日の「わずか数週間後」、行政への介護被害者家族 侮辱人格否定・偽善発言

「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」
「他に「介護被害者家族」の言動に耐えながら、母親の面倒を見られる施設は無いと思う。」

「彼(介護被害者家族)は理想が高く、完ぺき主義。要求がかなえられないとストレスになり、社会への不信感に繋がっている」

介護被害者家族も、栃木県への個人情報開示請求で、この公開資料を見た時には、「はあ!?」

偽善者ぶり木村勝則本部長が、行政福祉課には「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」

挙句に、「彼(介護被害者家族)は理想が高く、完ぺき主義。要求がかなえられないとストレスになり、社会への不信感に繋がっている」介護被害者家族への 「侮辱・人格否定」

介護事件事故虐待日は、平成22年4月27日ですよ、ご覧の通りこの県公文書の日付は平成22年5月19日・・・・。

僅か3週間程度で、母はまだ病院で手術を受けて入院中、顔面にはまだアザだらけで腫れている状況下で、介護被害者家族への 「侮辱・人格否定」に始まり、介護被害者家族も耳にしていない。

管理監督機関の行政福祉課には「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と偽善者発言・・・・。

公文書では黒塗りにされていますが、行政側から「木村勝則本部長の発言」というのは確認済み。


これがメディアでは取り上げられない、介護業界の「似非介護福祉人の偽善者発言です」(怒り)

さんざん、澤田雄二弁護士の懲戒処分でも弁明の為に、木村勝則本部長が陳述書をあげ、介護被害者家族が暴言を吐いたような悪者に仕立てられているようですが、この公文書も澤田雄二懲戒処分弁護士の日弁連への異議申出の証拠資料として提出しております。

介護被害者家族が暴言を吐いたらな「はっきりとした暴言の言葉を提示してみろと言いたい」(怒り)

あいにく、澤田雄二弁護士のように人に「頭の悪そうな人ですね」などという暴言を、母の首根っこを介護施設に掴まれていて介護被害者家族が、暴言を吐く様な愚か者では御座いません。

木村勝則本部長の「松田源一理事長のジャガーを駐車しているお店&自宅」から母を火葬した火葬場がどれほど近いか分かる資料をUPしております。

ちょうど火葬場から真岡市市内に戻り通り沿いです。

木村勝則本部長のお店 本業(副業!?)&自宅(お店の隣画)に関しては、松田源一理事長のジャガーがわざわざ駐車されているぐらいですので、どの程度まで関連があるのか?

「政治家の立て看板」まで置いているお店ですので、きっちり繋がりを暴いてあげます。

片手間に介護をやっているから介護事件事故虐待を起こすのです!!

BICYCLE K.BROS
住 所〒321-4362  栃木県真岡市熊倉町4817-3
TEL 0285-82-9291
FAX 0285-82-9291


■BICYCLE K-BROS (ケーブロス)■リンクはここ!!

木村勝則本部長が、加害者でありながら、介護被害者家族を「ストカー呼ばわり」していますが、ストーカー規制法に引っ掛かるか警察にでも御相談されたら如何でしょう!!

会代表が加害者側関係者の居場所確認しているのは、「抗議活動する場の確認の為に調査」しているだけですので、いくらでも警察に説明を申し上げますよ(笑)

介護事件事故虐待の加害者側が被害者ぶって多い罵詈しているなと言うことです(怒り)

木村勝則本部長の詳細は、これから情報も入って来ているので、随時公開して行きます!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と行政には「偽善者発言」しておきながら利用者の「母」を障害者にさせておいて介護施設を、「脅し追い出しておいて」開き直り(怒り)

母が亡くなる前日、木村勝則本部長のお店に寄った時、木村勝則本部長に、お店は本業なのか?副業なのか?の問いに、別の仕事の件も、惚けて「白を切り」・・・・。

「へえ~」会代表からお店のHPまで有るじゃないですかと言われたら「木村勝則本部長」ダンマリ・・・・・。


さらに、この「木村勝則本部長」は「kborosf1」というブログIDと同じ「ヤフーオークションID」でも商売!!

ご覧の通り、「kborosf1」で、会代表が確認した時で、ヤフオークション評価346件オーバー!!

医療福祉法人・社会福祉法人「松徳会」の本部長としての肩書きと、「BICYCLE K.BROS」の代表としての肩書き

松田源一理事長のジャガーを乗り回し、介護現場の事など無知な「木村勝則本部長」がなぜ?この介護施設に中途採用でいきなり「松徳会」の本部長???


「kborosf1」というブログIDと同じ「ヤフーオークションID」でも商売!!ヤフオークション評価346件オーバー!!

上記のように商売しているなら「もてぎの森うごうだ城」安い給料で働かされている介護職員に「副業」で、指南してあげたら介護虐待も安月給の問題だけでは虐待が減らせるかも知れませんが・・・・。

「十字架を背負いながら、面倒を見させていただく。」と行政には「偽善者発言」しておきながら利用者の「母」を障害者にさせておいて介護施設を、「脅し追い出しておいて」開き直り(怒り)

こんな上記な「偽善者ぶりの介護関係者では無理か・・・。」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

介護事件事故虐待 松徳会「木村勝則本部長」のお店「BICYCLE K.BROS」が
真岡市議の「連絡所」になっている繋がり関係性は!?

松田源一理事長のジャガーも駐車され 松徳会「木村勝則本部長」のお店「BICYCLE K.BROS」の看板横に、真岡市議のポスターでは無く、連絡所の立て看板・・・・・。

●真岡市議 中村かずひこ

昭和48年4月8日生まれ
真岡西小学校・真岡中学校(バスケットボール部)、真岡高校(落語同好会)、明治大学卒

「木村勝則本部長」のお店「BICYCLE K.BROS」がある熊倉町在住との事。

「木村勝則本部長」とは年齢も大学も違い、真岡市議が介護に関係する事も・・・・・。

では、この介護虐待の「木村勝則本部長」との繋がりは!?


介護施設がある町と政治家の繋がりが深いことは、れっきとした事実。

お店「BICYCLE K.BROS」の隣の区画には「木村勝則本部長」があります。


という事で、この真岡市議と、真岡市議会の繋がりを調べたところ「あれれ!?」

「木村という同姓の・・・・・・。」


今回は前振りです。

まだ、裏取りができていないのですが、情報は公開して行きます。


松徳会「木村勝則本部長」  店「BICYCLE K.BROS」と

「木村という同姓の・・・・・・。」の繋がりを知る方は情報をお願いします!!


既に、住所その他の情報は確認済み、松徳会「木村勝則本部長」との繋がりのみまだ裏取りできず。

まだ、調停にしろ裁判になるにしろ、まだまだ時間はあるので、それまでに確認が取れなければ、「直接」介護被害者家族として確認するつもりでいます。

どうせ裁判所が真岡簡易裁判所なので、ついでで真岡市議会事務局に出向けば、真岡市ぐるみで今回の介護事件事故虐待を考えて貰いましょう!!

たぶんこの繋がりが分かれば 松徳会「木村勝則本部長」が、介護など携わった事もない「介護素人」がいきなり「本部長」の椅子に座る事になったか分かると思います!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

羽振りが良いですね、ジャガーを持ちつつ、今度は白のBMWの5シリーズかなあ?

ナンバーも分かりやすい、ナンバー888とは・・・・・。

松田源一理事長所有の車を、木村勝則本部長が乗り回しているのか???

BMWの助手席に乗っているのは、木村勝則本部長の娘!!

まあ、顔がそっくり・・・・・。

「今回初回は!!」、一様モザイクをかけておきましたが、これからモザイクが薄くなるか?無くなるか?さて・・・・。

まあ、必死になって、木村勝則本部長が、ヤフオクID削除、娘のブログ閉鎖など、今頃になって頑張っていますが、その頑張りを介護事件事故虐待を起こさない施設にして貰いたいものです。

まあ、今頃になって会代表の母を障害者にして施設追い出し脅し掛けておいて、木村勝則本部長の娘、奥さんは関係がないなどとそんなアホな事は言わないと思いますが、何せ偽善ぶって、「十字架を背負って、障害者を施設から追い出す介護施設関係者」ですので・・・・。


加害者が被害者ぶらないように!!

皆さん、介護が儲からないなどと、ミスリードされていますが、きちんと利権構造になっていることに気付きましょう!!

ジャガー、BMW、施設長のワーゲン

老健「もてぎのうごうだ城」が外車の展示場になりますね、澤田雄二懲戒処分弁護士のベンツも並べて(笑)

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/29 Sun. 23:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

0528

<舌先三寸の栃木県弁護士会>「25日女性の権利110番」27日にやっと室井敦男会長、24日付けで会長談話を弁護士会HPにUP「栃木県弁護士会が女性の人権???? 障害者にされた母も女性ですが、弁護士会は人権問題にしておらず・・・・・。」  

栃木県弁護士会 室井会長 梅津弁護士
栃木県弁護士会1

栃木県弁護士会1

会代表のコメント

当会会員の逮捕に関する会長談話

 本日、当会会員が、県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたとの情報に接しました。
 被疑事実の真偽については、今後の捜査及び裁判の進捗を待つことになりますが、もしこの被疑事実が真実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態であると厳粛に受け止めております。
 当会は、会員の弁護士としての責任感と倫理意識を一層高めるための更なる努力を重ねるとともに、綱紀を保持し、弁護士の社会的信用を損なうことのないよう努めてまいります。
2016(平成28)年5月24日
栃木県弁護士会
会 長  室 井 淳 男



やっと栃木県弁護士会として会長が談話をだしました。27日に弁護士会UPなのに、談話は5月24日、逮捕日、後付けの談話ということが分かりやすい談話ですね(呆れ)

25日には、女性の権利110番

●【無料電話相談】6月25日女性の権利110番を実施します。

一番人権を理解していない栃木県弁護士会が、女性の人権????

障害者にされた母も女性ですが、弁護士会は人権問題にしておらず・・・・・。

●「舌先三寸」の栃木県弁護士会

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/28 Sat. 14:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

0527

<mixi>裁判所書記官・裁判所事務官 トピックでのやりとり「仮にも選ばれた人間の神聖なサイト!?」やはりというか勘違い「裁判所書記官・裁判所事務官」なのか?  

裁判所書記官・裁判所事務官 トピック



裁判所書記官・裁判所事務官 トピック1
裁判所書記官・裁判所事務官 トピック3
裁判所書記官・裁判所事務官 トピック2



●mixi裁判所書記官・裁判所事務官 トピック(リンクはこちらから)

会代表のコメント

kenは会代表のネームです。

mixi裁判所書記官・裁判所事務官 トピックでのやりとりです。

裁判所書記官・裁判所事務官なのか?

裁判所書記官・裁判所事務官を目指しているものなのか?


>>ここは仮にも選ばれた人間の神聖なサイトですよね?書き込みの要旨は、単なる行政機関の対応に対して、くだらん苦情なんで、それに対応する機関に任せても…(^_^)
まあ、そういうこと理解できないでしょうね?(^_^)


(kenこと会代表) >>ここは仮にも選ばれた人間の神聖なサイトですよね?

     なに裁判所の書記官など、勘違い国家公務員が多いが、上記のコメントには呆れ。



>>やっぱり、日本語のわからん民族ですか…(^_^)
うーん…残念でした。



●やはりというか勘違い「裁判所書記官・裁判所事務官」なのか? 全文はリンクからどうぞ・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/27 Fri. 01:35 [edit]

CM: 0
TB: 0

0527

介護事件虐待「殺人未遂」「片岡 孝」施設長(自治医科大学卒 内科医)老健「もてぎの森 うごうだ城」 高根沢中央病院(理事長)「理事長 松田 源一 精神科医」 「木村勝則 本部長」「大腿骨骨折している介護被害者を、16時間後に病院搬送すればなどと救急車も呼ばず電話で指示、就寝前に服用の睡眠薬を何と15時に処方、その後障害者にされた介護被害者を介護施設から脅し追い出した医師施設長」「片岡 孝 施設長内科医」の奥さんは「看護師」!?それも介護施設経営法人を持つ、長期療養病棟併設病院の「看護師」!?  

片岡孝内科医 自治医科大学卒 宇都宮市西原2丁目5番30号 高根沢中央病院 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則4-3jpg

片岡孝 宇都宮市西原2丁目5番30号

片岡孝内科医 自治医科大学卒 宇都宮市西原2丁目5番30号高根沢中央病院 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則7-1pg

片岡孝内科医 自治医科大学卒 高根沢中央病院 宇都宮市西原2丁目5番30号 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則7pg

片岡孝内科医 自治医科大学卒 宇都宮市西原2丁目5番30号 高根沢中央病院 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則2

片岡孝内科医 自治医科大学卒 宇都宮市西原2丁目5番30号 高根沢中央病院 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則11jpg

s-松徳会 うごうだ城 片岡 孝 宇都宮市西原2丁目5番30号
s-もてぎの森うごうだ城10
s-もてぎの森うごうだ城8
s-高根沢中央病院 理事長 片岡孝内科医 うごうだ城施設長 宇都宮市西原2丁目5番30号




もてぎの森 うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」



医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長 松田 源一 精神科医
施設長「片岡 孝 内科医」●高根沢中央病院(理事長)
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

木村勝則 本部長

老健「もてぎの森 うごうだ城」の施設長、介護事件事故当日は、高根沢中央病院でアルバイト中で、介護施設に不在(呆れ)

介護事件事故後、電話連絡にて大腿骨骨折している介護被害者を、16時間後に病院搬送すればなどと救急車も呼ばず電話で指示した医師。

自治医科大学卒、内科医の片岡孝施設長・・・・・。

「もてぎの森メディカル・プラザ」(松田源一医院長)の内科医としても勤務
●高根沢中央病院(理事長)(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

理事長「松田源一」は 医療法人社団「松徳会」と社会福祉法人「松徳会」の両理事長として、「もてぎの森メディカル・プラザ」は内科のみ片岡孝医師に任せ、海外で悠々自適の生活を送り、呑気に俳句に勤しんでいるようです(怒り)

●介護事件事故虐待「殺人未遂」老健「もてぎの森 うごうだ城」医療法人社団 「松徳会」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」「宇都宮中央法律事務所 澤田雄二懲戒処分弁護士」「介護弱者への人権問題」(24)

■医療法人社団「松徳会」
■介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■
● 理事長(精神科医)●「松田 源一 医師」
● 施設長「片岡 孝 内科医」●高根沢中央病院(理事長)
(現在も高根沢中央病院への勤務日有り)

● 松徳会 運営本部長●「木村勝則 本部長」
● 総務課長●「川勾直之(カワワ)課長」

■社会福祉法人「松徳会」介護グループ■
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮
●小規模多機能型居宅介護事業所 多機能ホームましこの里 星の宮

介護被害者家族を、加害者側施設、老健「もてぎの森 うごうだ城」木村勝則部長が「ストーカー呼ばわり!!」

更に、介護被害者家族に、「裁判するならしろ、それの方がはっきりするなどとふざけた発言」をして、挙句の果てに「介護虐待をしているのは介護被害者家族だろう!!」と発言・・・・。


木村本部長の発言ですので、片岡孝施設長も同意見ということでしょう。

母の大腿骨頚部骨折の術後、リハビリを継続するはずが、数年後には片岡孝施設長が介護事件事故を忘れたのか、母が加齢で歩けなくなったとふざけた事を言い出し、介護職員に確認したら、介護事件事故後に約束した、日常のリハビリを行っておらず。

加齢で、歩けなくなった事にしようとした片岡孝施設長(怒り)

その後も退所してからリハビリを続け母は手招きで歩けていました。

単に加齢という理由で、リハビリをさせていなかっただけで、介護事件事故も数年経てば介護被害者も厄介者という事です。

この片岡孝施設長は、母が床ずれになった時に、介護被害者家族に「床ずれぐらい」と驚きの発言をした医師です。

更に足の爪の白癬菌で、外用薬を処方していた医師、爪白癬は内服薬で治そうとCMが流れていたぐらいなのに・・・・。

つくづく老健の医師と言っても、取りあえず医師資格さえあれば、老健経営ができることがメインで、介護施設に向いているか向いていないかなど全く関係ありません。

退所させられる時には、服用一覧を見ると介護家族が全く聞かされていない時間帯の向精神薬の処方・・・・。

就寝前に服用させる睡眠薬を、何と15時に服用させるとは(怒り)

片岡孝内科医が、自分で15時に睡眠薬を飲んで、その後どうなるか?試してみろと言いたい(怒り)

退所後直ぐに向精神薬の服用止めて、亡くなるまで数年間、全く服用せず介護生活が出来ていました。

さて、ではなぜ服用させていたのか?(怒り)

既に製薬会社からは回答頂いているので、今後、既に懲戒処分になっている澤田雄二弁護士の介護弱者への人権無視行為、ドラックロック(薬での拘束)の問題で、刑事告訴します。


さて画像1枚目のように分かりやすい片岡孝医師のワーゲンのナンバーなので直ぐ分かりました!!

よっぽど家族でワーゲンが好きなのか?

既に、この片岡孝施設長の自宅&車の情報で、情報も入って来ております。

まあ、「宇都宮市内」に住んでいるとは・・・・。

公益性・公共性の観点からも、こんな医師は許せませんので、どんどん公開して行きます!!

高根沢中央病院としては、高根沢中央病院の理事長及び内科医として、高根沢中央病院に影響が出た時は「切ります」と事務長だったかがはっきり申しておりました。

医療業界も問題になれば「トカゲの尻尾切り」のようです。

栃木県医師会は、問題医師は刑事告訴するならされて下さいとの事。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
施設長「片岡 孝 内科医」 老健「もてぎの森 うごうだ城」 自治医科大学卒 高根沢中央病院(理事長)

早速、施設長「片岡 孝 内科医」の情報が入りました!!


まだ、裏取りが出来ていないので、詳細は控えますが・・・・・。

施設長「片岡 孝 内科医」の奥さんは「看護師」との事、それも介護施設経営法人を持つ、病院の「看護師」・・・・・。

実際、施設長「片岡 孝 内科医」の奥さんと思われる方が、勤める病院の詳細を調べると、長期療養病棟も有り・・・・。

長期療養病棟のある病院の看護師なら、睡眠薬としての向精神薬を、15時に服用させればどうなるか?

確実に知識のある「看護師」のはず・・・・。

是非、施設長「片岡 孝 内科医」の奥さんにも尋ねてみたいものです。

施設長「片岡 孝 内科医」の奥さんがお勤めの病院の医師にでも、「睡眠薬としての向精神薬を、15時に処方」していることに関して意見書を求めても拒否かな(笑)


施設長「片岡 孝 内科医」 老健「もてぎの森 うごうだ城」 自治医科大学卒 が、理事長&アルバイト勤務の高根沢中央病院(理事長)にも長期療養病棟有り。

介護施設や長期療養病棟で、睡眠薬としての向精神薬を、同じように15時に服用させられていればどうなるか・・・。

まあ栃木県高齢対策課(福田富一知事)まで、施設長「片岡 孝 内科医」の片棒を担いでしまっているので、困ったものです。

まあ、松田源一理事長、片岡孝施設長。木村勝則本部長なども「やましい事をしていなければ、探られても問題は無いはず」

裁判になったら裁判の一時間前に「睡眠薬としての向精神薬」を片岡孝医師に飲んでもらって、検証を求めたいものです。

必ず秘密は守りますので、どしどし情報をお待ちしております!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

施設長「片岡 孝 内科医」の住所

(宇都宮市西原2丁目5番30号)の地図をUPしておきます。

再度、医師に同じような介護虐待をさせない為に!!

一生懸命、今頃になって木村勝則本部長を始め、証拠及び個人情報を必死に削除揉み消ししているようですが、介護虐待、人権無視した老健「もてぎの森うごうだ城」関係者に遠慮するつもりは有りませんので・・・・・。

損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士の懲戒処分弁護士にでも泣きついたら如何でしょう。

会代表はきちんと澤田雄二懲戒処分弁護士に数度、情報公開することはきちんと伝えておりますので。


裁判するならしろと、それの方がはっきりすると、木村勝則本部長が発言したのですから、長期戦になれば情報公開量も増えることさえ想定できないようで(呆れ)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/27 Fri. 00:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

<懲戒請求中「一木明弁護士」別動画公開>(一木明法律事務所)栃木小1女児殺害事件(今市事件)被疑者弁護団「澤田雄二弁護士の懲戒処分も噂でしか知らない弁護士が特別代理人!?」「澤田雄二弁護士の懲戒処分と損害賠償は関係ない発言・擁護?」■栃木県介護被害者会では「弁護士とのやり取りの録音を推奨!!」「録画までは難しくても、録音は必ず相談者依頼者は行いましょう!!」  




●2016年5月10日 「刑事訴訟法等の改悪を許さない緊急集会」

一木明弁護士 一木明法律事務所 栃木小1女児殺害事件 澤田雄二弁護士

懲戒請求書 一木明弁護士 知野明判事 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン

懲戒請求書 一木明弁護士 知野明判事 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1

一木明弁護士 一木明法律事務所1澤田雄二

一木明弁護士 一木明法律事務所 澤田雄二 損保ジャパン もてぎの森うごうだ城

一木明弁護士 知野明判事 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン

特別代理人「一木明弁護士」知野明裁判官 澤田雄二弁護士栃木県弁護士会 宇都宮地裁

特別代理人「一木明弁護士」知野明裁判官 澤田雄二弁護士栃木県弁護士会 宇都宮地裁1


特別代理人「一木明弁護士」2

もてぎの森うごうだ城

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者 松田源一 木村勝則 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 宇都宮中央法律事務所1

遺骨3

一木明弁護士

一木明弁護士 一木明法律事務所

一木明弁護士

栃木県弁護士会1

宇都宮地方裁判 真岡支部




●まず、特別代理人「一木明弁護士」への疑問

3月28日に亡くなって直ぐに、特別代理人「一木明弁護士」へ連絡、この1ヶ月、栃木小1女児殺人事件で、介護被害者の母の証拠集めも全く出来ておらず・・・・。

高齢者の1ヶ月間がどんな意味を持つか知らない無知な弁護士を特別代理人に裁判所・弁護士会が選んだということです。

もしかすると、母が亡くなった段階で、特別代理人「一木明弁護士」は裁判所から解任させるかもとの事・・・。

結局、2015年12月初旬に、特別代理人に弁護士会副会長「一木明弁護士」が選任され、2016年3月28日に母が亡くなるまでの約4ヶ月間の間、一度も母の特別代理人と言いながら、代理人でありながら介護被害者の母に会うことも無く・・・・。

昨日29日、「市貝町福祉課、地域包括担当者様2名の方もご足労頂き、母の火葬の際に参列、ご焼香頂いて頂いている」のに、母の代理人である特別代理人「一木明弁護士」の姿も無し・・・・。

未だに、母への線香の1本も、介護家族への連絡も有りません(怒り)

良くも、「一木明弁護士」が私は母の代理人だと言っていましたが、この特別代理人「一木明弁護士」は何をしたのでしょうか???

所詮、弁護士などというのはこのようなものかと、つくづく感じておりますが、それであれば「母への線香の1本も、ご焼香もしない弁護士」など、今後気兼ねなく、この選任されてから4ヶ月、何も結果すら残していない弁護士など、徹底的に弁護士会、裁判所の推薦決定での特別代理人「一木明弁護士」ですので、叩かせて頂きます。

これで金になる弁護士ですから、弁護士というのは美味しいお仕事ですね・・・・。

もう「弁護士が人権などと語らないで頂きたい!!」


28日母の死亡の連絡の時に、特別代理人「一木明弁護士」が何もやらないで、ただ「特代」(特別代理人)は初めてなのでと連呼しているので役にも立たず・・・・。

介護被害者家族が直接、真岡裁判所、沓水書記官の所へ、昨日火葬後に「母の死亡届のコピー」を届け・・・。

沓水書記官の方でも特別代理人「一木明弁護士」は。一度もお母さん(母に)会われていないのですねと、なんとも言えない反応・・・・。



今後、調停取り下げなのか?継続なのかも、特別代理人「一木明弁護士」は動いていないので、会代表から澤田雄二懲戒処分弁護士のところに母が亡くなったことを連絡も出来ますが、揉めますよと書記官に伝え、知野明裁判官、書記官から特別代理人「一木明弁護士」に指示を出すか、裁判所の方で動くか、どうにかしないと介護家族は動きが取れない事を伝えて、連絡待ちにして来ております。

結局、調停になる以前、もしくは途中には、母が亡くなる可能性に関しても、裁判所には介護家族から伝えていたのですが、この始末です・・・・。


裁判所に、求釈明書の資料などはどうなるのか?このまま何も結果も残さなかった特別代理人「一木明弁護士」は解任ではい終了なのか、はっきりして頂きたいものです。

回答が出た段階で、介護被害者家族として、今回の特別代理人「一木明弁護士」選任、裁判所、弁護士会の問題へと切り替えさせて頂きます。


未だに、母への線香の1本も、介護家族への連絡もできない、弁護士に関しては容赦なく、全て特別代理人「一木明弁護士」の問題対応は証拠に残しておりますのでご指摘させて頂きます、今後同じような弁護士が出ないためにも・・・・。


未だに、特別代理人「一木明弁護士」からも連絡が入らず・・・・。

栃木小1女児殺害の国選弁護士に推薦選任したのはどこなのか?、弁護士会、裁判所?

栃木県弁護士会へ、現在懲戒請求している件ともかかわるので、母が亡くなった事を連絡、その時に栃木小1女児殺害の国選弁護士に「一木明弁護士」を推薦したのは栃木県弁護士会なのかと尋ねたら違う、裁判所との事・・・・。

その後に、宇都宮地裁へ問い合わせ、

栃木小1女児殺害の国選弁護士に「一木明弁護士」がなられていますが、私の母の介護事件事故虐待の母の特別代理人「一木明弁護士」なのだが、栃木小1女児殺害の国選弁護士に選ばれてから、何の調査手続きも行っておらず1審が栃木小1女児殺害の国選弁護が済むまで何も出来ないとの事で、弁護を放置・・・・。

その放置している間に、3月28日に母が亡くなってしまい、未だに連絡も無く、裁判所からは母の死亡届などは、特別代理人が提出すべきと回答されているが、何もしないので介護家族が裁判所に提出。

今回、栃木小1女児殺害の国選弁護士に「一木明弁護士」を選任したのは裁判所で宜しいのか?弁護士会では推薦などもしていないと回答されていますが・・・・・。

宇都宮地裁としては答えられない・・・・。


栃木小1女児殺害の裁判官は、松原里美裁判長で、澤田雄二弁護士の懲戒委員会で、証拠を隠蔽した裁判官なのですが、答えられないなら、松原里美裁判長判断とするが宜しいのか?

国選弁護士に「一木明弁護士」を別事件と兼務出来ない弁護士を選任しておいて、別事件の被害者が死亡して「一木明弁護士」が栃木小1女児殺害の国選弁護士だったから何も出来なかったなどというふざけた話も無く。

選任者とすれば関係する事ぐらい分かりますよね?

裁判所バタバタ・・・・・。

松原里美裁判長が、澤田雄二弁護士の懲戒委員会で、証拠を隠蔽した裁判官でもあり、栃木小1女児殺害の国選弁護士の選任者であるならば、松原里美裁判長を問題視するが宜しいのか?

新田裕子弁護士の懲戒委員会の有識者としてもかかわる、松原里美裁判長なのではっきりされたし。

今後、「一木明弁護士」への懲戒請求、松原里美裁判長への裁判官訴追委員会への申立も検討に入れる旨を裁判官にお伝え下さい。

今回、「一木明弁護士」が亡くなった母の特別代理人である事を知らないはずは無く、どのような経緯で選任されたのか???

簡単に申し上げると

「栃木小1女児殺害事件の裏で、後回しにされた介護問題、介護被害者死亡・・・・。」

兼務出来ないなら弁護受けるなよ(怒り)



その後に、確認した・・・。

「栃木小1女児殺害の判決延期 来月8日に、宇都宮地裁 」

という事は4月8日以降にしか、特別代理人として動けないということです(呆れ)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


特別代理人「一木明弁護士」から3月28日に母がなくなった連絡、回答を得てから、本日4月4日、初七日・・・・。

一切連絡報告も無く・・・・。

介護被害者家族の方から特別代理人「一木明弁護士」へ連絡。

知野明判事も異動で、年度初めは何も出来ない・・・・。と一木明弁護士

澤田雄二弁護士とは、特別代理人として母が亡くなってから連絡を取ったのか?

「取っていない・・・・。」一木明弁護士は解任されるだけなので・・・・。

まだ裁判所からの解任はされていないが、何もしないのか?

求釈明書には目を通している????

IPアドレスは???解任されるだけので・・・・。

でしたら求釈明書の資料を家族に回すべき。

澤田雄二弁護士と連絡を取るつもりは無いのか???

一木明弁護士、明日連絡を取ってみる・・・・。


所詮、今回の特別代理人をボランティアと発言した「一木明弁護士」ですので、栃木小1女児殺害事件の弁護で頭が一杯なのでしょう・・・・。

とても今回の介護事件事故虐待と兼務できる弁護士ではない事は会代表としては、分かっていたので一木明弁護士に兼務出来ないなら特別代理人を降りてとまで伝えていたのに、案の定この始末・・・・。

もう介護事件事故虐待の特別代理人に関しては「解任」の頭しか有りませんので、特別代理人「一木明弁護士」としては裁判所からの解任待ちで何もしないでしょう(呆れ)


まあそれならそれで、栃木小1女児殺害事件の弁護団の一木明弁護士としてTVにも出演して目だっておりますので、もう解任待ちで何もしないのなら・・・。

特別代理人「一木明弁護士」への「懲戒請求手続き」へ進ませて頂きます。

さらにこの特別代理人を推薦決定したのは、栃木県弁護士会及び宇都宮地裁ですので、同時に問題視させて頂きます。



まあ、栃木小1女児殺害事件の弁護団の「一木明弁護士」としても画像検索でも引っ掛かるようになり、有名になられたようで・・・。

「一木明弁護士」が兼務が出来ないのに、介護家族からも特別代理人を降りるように進められたのに、結局何の結果も出せずに特別代理人に関しては、3月中は放置していた事は明らか、知野明判事の後任の裁判官にも裁判所が無理やり特別代理人にしたのですからきっちりとした回答を裁判所、弁護士会へ求めるつもりです。

結局、高齢者介護被害者の「1ヶ月間というものを甘く見ている弁護士」が介護問題の特別代理人に選任されたということかと(呆れ)

まあ、これで予納金からいくらの報酬が得られるのか?もし裁判所がこんな介護問題を放置した弁護料を介護家族に求めたら徹底的に闘わせて頂きます。


介護被害者側からすれば、「一銭の価値も無し」(呆れ)


現在、懲戒請求手続きの書面を作成中!!

まあ元弁護士会副会長の一木明弁護士で、特別代理人に推薦したのも栃木県弁護士会ですので、相当ハードルは高いかと思いますが、「全て今までの証拠は残しています。」

介護家族への求釈明書の資料の渡しを渋ったらどうなるか?弁護士なら分かるでしょう。

たぶん地元メディアも、澤田雄二懲戒処分弁護士同様、叩く事は無い弁護士です、特別代理人の推薦者の弁護士会役員の一人が今期の栃木県弁護士会会長の室井淳男弁護士です。

梅津弁護士や一木明弁護士の栃木小1女児殺害事件の弁護団の素顔を取り上げたいマスコミはメールにて!!

どっちにしても、後々「弁護士の発言」は公開させて頂きます。

老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件事故虐待

特別代理人「一木明弁護士」が己の問題対応が理解できず「裁判所批判」!!

裁判所から「特別代理人解任通知」が無くとも、もう仕事はしない!!

「特別代理人解任通知」を直ぐに出さない「裁判所が可笑しい」と批判!!

これでも栃木県弁護士会元副会長 の特別代理人「一木明弁護士」、一木明法律事務所

特別代理人「一木明弁護士」としては介護被害者の人権を無視して
仕事を請けていながら特別代理人業務を投げ出し(呆れ)・・・・・。

母が亡くなったのだから「その時点で解任と同様」と特別代理人「一木明弁護士」が勝手に判断(呆れ)

澤田雄二懲戒処分弁護士からの求釈明書は、家族の求めは無視、介護家族に渡さず、裁判所に提出すると発言・・・・。

特別代理人「一木明弁護士」へ貴方、裁判所に選任されて、まだ裁判所から解任通知が出されていないのだから、栃木小1女児殺害事件で投げ出していた、仕事を解任通知出されるまで行うべきではとの会代表の問いに・・・・。

特別代理人「一木明弁護士」は拒否(怒り)

懲戒請求するならしろという事らしいです・・・・・。



もう話しにならないので、特別代理人「一木明弁護士」に介護被害者家族から、貴方は今の4月13日の段階で裁判所から特別代理人の解任通知が出されていないということは、「その先の予想が出来ない弁護士なのか?」

その程度だから兼務出来ないのに弁護を掛け持ちして、介護問題放置!?

会代表から「一木明弁護士」に貴方が、裁判所批判するのは勝手だが、少し裁判所の動きを予想されてみたら如何ですか???

4月13日の段階で裁判所から特別代理人の解任通知が出されていないということは、母が亡くなっても「2回目の調停日」は受継(調停を継続する事)であれば4月後半、後2週間足らずしか期間が残されておらず・・・・・。

真岡簡易裁判所としては、4月から知野判事から田中判事に代わっているのですから、予想が出来る弁護士なら、裁判所が調停日まで「一木明弁護士」の特別代理人の解任を先延ばしするとは考えられない弁護士なのか???


一木明弁護士、それであっても「もう解任されたと同様と勝手に判断」もう動かないと活動拒否・・・。


では3月頭から1ヶ月間全く、母の件では動けない忙しいと栃木小1殺害事件に掛かりっきりだったのですから、「2回目の調停日」は受継(調停を継続する事)であれば4月後半、約二ヶ月介護問題を特別代理人が放置という事で宜しいのか!?

一木明弁護士「そう言うことでは無い・・・・・・。」



もうここまで来ると、駄目だこの弁護士と思い一度電話を切ることに・・・・・・。


その数時間後に「一木明弁護士」から連絡が入りました。

真岡簡易裁判所の、新しい田中判事と話したとの事。

案の定、田中判事から言われたのは次回調停まで、「解任はしない」次回調停には「一木明弁護士」も出席するように指示を受けたとの事。

会代表としては「やっぱり!!」


しかし、調停日までの残りの期間は、一木明弁護士がやりたい事をするので、介護家族からお願いされていたIPアドレスの件も含めてやらないと一木明弁護士「拒否」


もう駄目だこれはと介護家族も「頭が痛くなって来た」ので・・・・・。

ではもう良いです、しかし介護家族が必ず次回調停に参加するとは書記官と話しておらず、澤田雄二弁護士及び老健「もてぎの森うごうだ城」の動き次第では、次回調停参加拒否する事は、前もって沓水暁子書記官とは介護家族は確認済み。

一木明弁護士が、驚いた様子だったので、「大丈夫か!?この弁護士と思いつつ」


裁判所に連絡して、田中判事と話しているなら聞いていないのか?

一木明弁護士「聞いていない」 あらら・・・・・。


介護家族は、1回目の調停は無理くり「当日に参考人として調停参加」であり、これから母の死亡届け、戸籍変更、親族の遺産放棄の手続きはこれからなのに何を勝手に、「一木明弁護士」が、息子である私が調停参加確定などと思っていたのか(呆れ)

求釈明書も介護家族に渡さない、介護家族からのお願いは聞かないで、2回目の調停日に出向くというので、それでは勝手にどうぞ!!

もう一木明弁護士と、話す必要も無いですし「懲戒請求だけでは無く」、「特別代理人業務」を放棄していたのは明らかなので、これから訴えられる可能性もあることぐらい分かりますよね!?とお伝えし。

あとはご自由にどうぞとの思いで、一木明弁護士との電話を切りました・・・・・。

所詮、栃木県弁護士会、裁判所繋がりで選ばれた弁護士ですので、もう話しになりません。

この時点で本当は、一木明弁護士への懲戒請求は、調停が済んでからと思っていたのですが、あまりにデタラメ過ぎ問題が多すぎるので「懲戒請求を2回に分けることにします。」

既に、9割5分懲戒請求書面は作成済み。調停前に今週中に1回目「一木明弁護士」への懲戒請求を掛けさせて頂きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4月13日に、一木明弁護士と話した録音音声を聞き直して、つくづくデタラメな弁護士かと再度確認しました。

嘘を付きたいならどうぞ「一木明弁護士」!!「すべて貴方との会話は証拠に残しておりますので!!」

弁護士会推薦、裁判所決定権者の特別代理人の「嘘」ということを理解されていないようですが・・・・。

名誉毀損で訴えられるものなら弁護士生命を掛けて訴えたら如何でしょう!!裁判所、弁護士会絡みになりますが・・・・。

●こちらは公益性・公共性に則り、事実のみしか公開しておりません!!

今更になって、調停1回目の段階で、介護被害者家族である会代表にも3月中は栃木小1女児殺害事件で、動けない事は伝えていたと「嘘」を付き始めました。さらに裁判所にも伝えてあると言い出し!?「はあ!?」

そんな事は調停に参考人で出席していた会代表は聞かされていません・・・・。


なんで3月中に動けない事を調停の段階で、介護被害者家族が聞かされていれば、その時点で「母の体調がおもわしくなかったので」調停期日を先にするよりも、特別代理人「一木明弁護士」の解任を、その場で裁判所に求めていました(怒り)

さらに、3月中は何も出来ないと3月に入ってから「一木明弁護士」が言い出しておいて、今になって栃木小1女児殺害事件で介護問題を放置していて母が亡くなってしまって追求されているので言い出したのが・・・・。

3月中は一木明法律事務所の「事務局」に調査させていたとの事。

「へえ~」個人事務所で全て一木明弁護士がやっている弁護士事務所で、いつから「事務局」なんてものができたのか???

だったらIPアドレスの件も、睡眠薬の問題の件も、「一木明弁護士」が栃木小1殺害事件で手が一杯の時は、事務局が介護問題を調査していたとの事で、何の調べが付いていたのか尋ね、書面で回答を求めても「一木明弁護士」が「拒否」

そりゃ事務局とは、「一木明弁護士」の奥さん一人を「事務局」と言っているのか?

●今更、何を誤魔化す為に寝言を言っているのか(呆れ)

画像一番目のように一木明法律事務所は、「住宅街の自宅の部屋を事務所にしている個人事務所です。」

コピーやお茶などは、奥さんがご用意されていましたが、「事務局と呼べるような人材も場所もございません。」

次から次へと言い逃れの弁明で、これで飯が食えるのですから「弁護士」は美味しいお仕事ですね。


最近弁護士が増えすぎて食えないなどと弁護士のブログで目にしますが、よっぽど営業力もなければ仕事も出来ないのでしょう。

客単と経費を考えても、どうやったら弁護士で食えないのか?、商品の在庫を抱えて商売している者には分かりません。

また、今回の加害者側の松徳会の理事長、松田源一の名前も依頼を受けて4ヶ月も経って「覚えていない」事が分かり、今更、木村勝則は代表者なのか!?と言い出す始末で、「一木明弁護士」がどれほど資料にも目を通さず、適当に介護問題を特別代理人として受けていたのかがはっきりしました。

これでも栃木県弁護士会元副会長の「一木明弁護士」・・・・。


次回調停日が4月26日なのですが、書記官と話したところ、介護被害者家族はもう参考人でも無いようで、現在親族の方には遺産相続放棄の書類は送って有りますが、調停日に介護被害者家族が遺産相続の権利者でなければ、ただ立ち会うだけのようで・・・・。

だったら、特別代理人「一木明弁護士」の解任の為だけに時間経費掛けて裁判所に出向くのも無駄なので、裁判所には今回の特別代理人「一木明弁護士」の問題を解任する前に、きっちりするつもりが無ければ「調停不参加」するかもという事は伝えております。

さらに、もし次回調停に会代表が「不参加」で、特別代理人「一木明弁護士」の問題追及を、その次の特別代理人「一木明弁護士」が解任され参加していない調停で問題追及となれば・・・・。

特別代理人の決定権者は裁判所、特別代理人「一木明弁護士」を維持する為に「代理人許可申請」を不許可にしたのは、調停委員&裁判所となりますので、問題追及されますが大丈夫ですか?と沓水暁子書記官に確認・・・・・。

会代表からは今回の代理人は、裁判所が選んだ「特別代理人」ということをお忘れなく!!

真岡簡易裁判所には、もうボールは投げておりますので、返球があるのか無いのか?

返球が無ければ、調停の受継(調停を継続する事)がされても、「不調」という事で調停不成立になるというところまでは書記官に話して有ります。

まあ、裁判所が選んだ特別代理人でもっとややこしい介護問題にされたのですから、裁判になれば「裁判所の問題」も明らかにされるのは目に見えていること・・・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

栃木県弁護士会 推薦権者、真岡簡易裁判所(知野明判事)決定権者である、特別代理人「一木明弁護士」

栃木小1女児殺害事件被疑者弁護団の弁護士として有名になられ、その栃木小1女児殺害事件の弁護の裏で放置された介護問題・・・・。

特別代理人「一木明弁護士」への1回目の懲戒請求書面です。

調停終了後にまとめて懲戒請求するつもりでしたが、「余りにも適当な寝言」を、特別代理人「一木明弁護士」が言い出し、次回調停日には裁判所から解任されるのでその前に1回目の懲戒請求手続き・・・・。

「1回目」と言うことは、「2回目が後に控えている」という事です。

まあ、この「一木明弁護士」も元弁護士会副会長、64歳の弁護士となれば、栃木県弁護士会の中ではどのような立場の弁護士かという事は予想が付くと思います。

懲戒書面を後から見たら誤字脱字が有りましたが、ご容赦くださいませ。

何分会代表は、病病介護で「両目白内障の手術」を、「もてぎの森うごうだ城」から母が追い出された介護中に行っており、老眼と花粉症で・・・・。

案の定、特別代理人「一木明弁護士」の「適当な特別代理人業務」で、得したのは澤田雄二懲戒処分弁護士・・・・・。


この点は裁判所・調停員にははっきりさせて頂くつもりです、特別代理人と代理人許可申請で、会代表外しを行おうとした方々ですので・・・・。

結局、栃木県弁護士会、裁判所の弁護士推薦など、当てにならない事がはっきりしました!!


成年後見人の弁護士の横領事件が頻発しているのが良く分かりました(呆れ)

次回調停で、その選任した知野明判事の後任の田中判事がどのような言動、対応をするか見ものです。

ですがまだ、会代表の立場が、ややこしい相続関係が有り、完了していないので「次回調停に出席するかもまだ未定」なのですが・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


懲戒請求事件の調査開始書面・・・・。

栃木県弁護士会 綱紀委員会委員及び綱紀委員会委員長「太田うるおう弁護士」の判断は如何に!!


栃木県弁護士会の役員が推薦、裁判所が特別代理人に決定した弁護士の懲戒請求です。

懲戒処分になるような事になれば、栃木県弁護士会と裁判所の面子が丸潰れです、そう簡単に懲戒処分にはさせないと思いますが、県民国民の皆さん注目されていて下さい。


議決書は全て公開する予定です!!

ちなみに弁護士会会長の「室井敦男弁護士」が、副会長の時に推薦にかかわり、現在、「室井敦男弁護士」も懲戒請求中。

一木明弁護士が、懲戒請求されても、懲戒処分されなければ公開されないなどと発言しておりましたが・・・・・。


あいにく、澤田雄二弁護士を、グーグルで検索して見れば分かりますが、懲戒処分されなければ公開されないなどと「一木明弁護士」が呑気な事を言っていられるか・・・・。

まあ、弁護士会&裁判所絡みの特別代理人とし、見事に「澤田雄二懲戒処分弁護士」擁護をされたものです(呆れ)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年5月10日 「刑事訴訟法等の改悪を許さない緊急集会」
栃木小1女児殺害事件(今市事件)被疑者弁護団
「一木明弁護士」講演(一木明法律事務所)



一木明弁護士の別動画をUPしようと思ったら、2016年5月10日 「刑事訴訟法等の改悪を許さない緊急集会」で、偉そうに講演しているのを発見!!

別動画をUPする前に、この講演の動画をUPしなければと慌てて動画製作アップロードしました。

●「刑事訴訟法等の改悪を許さない緊急集会」 栃木小1女児殺害事件(今市事件)被疑者弁護団 「一木明弁護士」講演(リンクはこちらから)

警察の取調べの可視化問題ですので、今後、一木明弁護士の発言が公開されることも知らずに呑気な事です。

まあ、可視化を進める弁護士ですので、弁護士とのやり取りの可視化に異議をを申すはずも無く。

当会では、「弁護士とのやり取りの録音を推奨!!」録画までは難しくても、録音は必ず相談者依頼者は行いましょう!!

今回の一木明弁護士の講演で、この後に公開する当会「関係動画」が伝わりやすくなりました。

なにか講演で、2審も今市事件にかかわるとのことで、懲戒請求もされている事ですし、これから問題指摘させて頂きます。

これで特別代理人を、裁判所に上申書まで上げて、さっさと降りたい意味が分かました。

一木明弁護士が、今市事件の1審が終われば、特別代理人としての仕事の時間が作れると発言した事がまたもや「嘘」

有名弁護士のお仲間に入ったようですし当会としては指摘し易くなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前記事での「一木明弁護士」の講演の会話の雰囲気と、これから公開する「一木明弁護士」の会話との比較

そして会話内容が、私の母の特別代理人でありながら、澤田雄二懲戒処分弁護士擁護ですか?

「澤田雄二弁護士の懲戒処分と損害賠償は関係ない」とは、法科大学院の弁護士の講師でもそんな事は言っていませんがね(呆れ)

今回公開する、動画での会話が、初めて「一木明弁護士」と話した時の会話です。

まあ、特別代理人の決定は、27年12月初旬ですが、その後、数週間も会代表である介護被害者家族には連絡が入らず、会代表から最初は留守でしたが折り返しが入り・・・。

●一木明弁護士/一木明法律事務所/宇都宮地裁 真岡簡裁/知野明判事/田中正哉判事/特別代理人選任&解任/栃木小1女児殺害事件の裏で、後回しにされた介護問題「介護被害者死亡」澤田雄二弁護士擁護32.1/2(リンクはこちらから)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

さて、梅津弁護士の問題は、ちょっと一休み。

前回の一木明弁護士との別会話になります。

●一木明弁護士/一木明法律事務所/宇都宮地裁 真岡簡裁/知野明判事/田中正哉判事/特別代理人選任&解任/栃木小1女児殺害事件の裏で、後回しにされた介護問題「介護被害者死亡」澤田雄二弁護士擁護32.2/2(リンクはこちらから)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/25 Wed. 18:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

<日刊ゲンダイ>「栃木女児殺害を担当…東大卒“盗撮犯”弁護士の素性と評判」「梅津真道容疑者」「栃木県介護被害者会へ取材して頂いた相談案件の内容を載せて頂きました!!」  

梅津真道弁護士容疑者逮捕





梅津真道弁護士 下野新聞 あけぼの法律事務所1

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所3
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所2
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所1
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所4

今市事件弁護士

一木明弁護士

今市事件弁護士1


■ 2016年5月24日。読売新聞■

■「40代弁護士 盗撮疑い」「栃木県警、逮捕へ 栃木女児殺害 弁護人」■

栃木県今市市(現、日光市)の小学1年女児が殺害された事件の裁判員裁判で、

勝又拓哉被告(34)の弁護人を務めた宇都宮市の40代の男性弁護士が、

4月末に女性のスカート内を盗撮したとして、県警が県迷惑防止条例違反容疑で

24日にも逮捕する方針を固めたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。

捜査関係者によると、男性弁護士は4月30日午後10時半頃、

同県小山市のJR小山駅構内のエスカレーターで、女性会社員(31)の

スカート内を小型カメラで盗撮した疑いがもたれている。

女性が気づき、弁護士はその場から立ち去ったが、5月上旬、

巡回連絡の警察官が自宅を訪れた翌日に、知り合いの弁護士に付き添われて

小山署に出頭した。

弁護士は「以前から盗撮をしていた。カメラは壊して捨てた」と話し、

画像や動画を保存したという複数のハードディスクを提出した。

県警が解析を進めている。

弁護士は2003年10月に弁護士登録され、

15年3月に宇都宮市で個人事務所を開業。

県弁護士会の役員を歴任し、現在は法科大学院の非常勤講師を務めている。

勝又被告の裁判では、14年2月以降に弁護団に加わった。

宇都宮地裁は今年4月8日、勝又被告に無期懲役の判決を言い渡し、被告側が控訴している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

早朝から弁護士情報を頂き、調べていたらネットニュースにも上がりました。

最初は読売新聞紙面記事での報道のようです。


まだ、弁護士名は公開されていません

当会の記事を見られている方は直ぐにお分かりの「あの弁護士」!!

早朝から当会へのブログアクセス数が急上昇!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弁護士名がマスコミで公開されました!!

東大法学部卒 法科大学院講師「梅津真道弁護士」「あけぼの法律事務所」

「栃木県弁護士会元副会長」


●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あるマスコミから取材が入りました。

ニュース動画公開致します!!

●梅津真道弁護士<盗撮弁護士逮捕> 東大法学部卒 法科大学院講師 「あけぼの法律事務所」 「栃木県弁護士会元副会長」 栃木小1女児殺害事件を担当(ニュース動画リンクはこちらから)

栃木県弁護士会がどのような処分を下すか、県民の方は注目しましょう!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっと地元、下野新聞が25日は朝刊から取り扱いのようです。

●記録媒体には、15年12月の被害に遭った女性の動画や静止画の他、梅津容疑者が盗撮したとみられる映像が見つかったという。調べに対し、「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」などと供述

スマフォレベルの盗撮では無いようです。

「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」

5月4日に警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた翌日、複数の記録媒体を持ち、同署に「私が盗撮しました」などと自首

それも「警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた」・・・・。

栃木県警さんいきなり弁護士を任意で引っ張ると後でややこしいと思ったので、自宅巡回!?

何か自首を促した感じがしないでもないですが栃木県警が・・・。


2016年5月25日、読売新聞

梅津真道容疑者の自首に付き添った一木弁護士は、

『残念極まりない。勝又被告を無罪にするために応援してくれた全国の方に申し訳ない』

と話し、この日、自身の名前を書いた梅津容疑者の弁護人選任届を小山署に提出した



何と付き添った弁護士が気になっていましたが、当会と辛みが深い「一木明弁護士」が付き添いとは(呆れ)


マスコミが中々発信を渋っているので、当会から発信!!

東大法学部卒であるのも当会が、いち早く発信しておりますが・・・・・。

梅津弁護士の高校は栃木県でトップの「宇都宮高等学校卒」 通称「宇高」

そうそう「あの別の弁護士会元副会長の懲戒処分弁護士」も「宇都宮高等学校卒」

下野新聞は懲戒処分も記事にしませんでしたが・・・・・。


本日、ある夕刊紙に当会の相談案件のコメントが数行載ることになっています。
別の事件で記事が飛ばされなければですが・・・。

きちんと載ったらご案内致します!!


さらに当会では、相談案件での「梅津真道弁護士」と会代表との会話音声データを持っております!!

こんなことになるとは思っていないのでまだ編集をしておらず・・・・・。

きちんと「当会の趣旨を理解していただける」メディアがあれば情報提供もしくはリンクなど対応可能です。

「当会の趣旨とは介護問題です。」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梅津真道容疑者は2003年に弁護士登録し、県弁護士会の副会長などを歴任していた。

現在は白鷗大法科大学院の非常勤講師を務めている。

今市事件の裁判員裁判では弁護人として、主に被告人質問を担当した。

逮捕を受けて、同会の室井淳男(むろい、あつお)会長は、「真偽は今後の捜査と裁判の進捗(しんちょく)を待つが、

真実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態と厳粛に受け止めている」

などとする談話を出した。


室井淳男弁護士 栃木県弁護士会



梅津容疑者を知る県内のベテラン弁護士は、「県内の弁護士が刑事事件で逮捕されるなんて、初めて聞いた。
信じられない」と絶句。

 「冤罪(えんざい)を訴えた今市事件の弁護士が逮捕されたとなれば、

今市事件自体も色めがねで見られてしまう」と失望感をにじませた。

「室井淳男会長」 談話じゃなく、弁護士会として「会長声明」を直ぐに出すべきでは!?


●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

●「梅津真道弁護士」「特殊撮影機器盗撮弁護士逮捕・・余罪有り」「宇都宮高校卒・東大法学部卒・法科大学院講師」「あけぼの法律事務所」「栃木県弁護士会元副会長」(ニュース動画リンク)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当会を取材して頂いた内容を載せて頂きました。

私が添削した記事と微妙な違いはあるものの大体OKかと。

後の相談案件の詳細は、次のリンク先よりご確認ください!!

●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

記事にもある梅津真道弁護士をかわいがっていた、地元の有名弁護士が顔を揃えて、悪だくみしていますので・・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/25 Wed. 16:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

<盗撮弁護士逮捕・栃木県弁護士会 「室井淳男会長」 会長声明では無く「談話発表」>「梅津真道弁護士」「宇都宮高校卒・東大法学部卒・法科大学院講師」「あけぼの法律事務所」「栃木県弁護士会元副会長」 「栃木小1女児殺害事件を担当」「付き添い弁護人 一木明弁護士」「弁護士会会長談話 ・真実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態と厳粛に受け止めている」ニュース動画2本目公開  


栃木県弁護士会1





梅津真道弁護士 下野新聞 あけぼの法律事務所1

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所3
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所2
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所1
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所4

今市事件弁護士

一木明弁護士

今市事件弁護士1


■ 2016年5月24日。読売新聞■

■「40代弁護士 盗撮疑い」「栃木県警、逮捕へ 栃木女児殺害 弁護人」■

栃木県今市市(現、日光市)の小学1年女児が殺害された事件の裁判員裁判で、

勝又拓哉被告(34)の弁護人を務めた宇都宮市の40代の男性弁護士が、

4月末に女性のスカート内を盗撮したとして、県警が県迷惑防止条例違反容疑で

24日にも逮捕する方針を固めたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。

捜査関係者によると、男性弁護士は4月30日午後10時半頃、

同県小山市のJR小山駅構内のエスカレーターで、女性会社員(31)の

スカート内を小型カメラで盗撮した疑いがもたれている。

女性が気づき、弁護士はその場から立ち去ったが、5月上旬、

巡回連絡の警察官が自宅を訪れた翌日に、知り合いの弁護士に付き添われて

小山署に出頭した。

弁護士は「以前から盗撮をしていた。カメラは壊して捨てた」と話し、

画像や動画を保存したという複数のハードディスクを提出した。

県警が解析を進めている。

弁護士は2003年10月に弁護士登録され、

15年3月に宇都宮市で個人事務所を開業。

県弁護士会の役員を歴任し、現在は法科大学院の非常勤講師を務めている。

勝又被告の裁判では、14年2月以降に弁護団に加わった。

宇都宮地裁は今年4月8日、勝又被告に無期懲役の判決を言い渡し、被告側が控訴している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

早朝から弁護士情報を頂き、調べていたらネットニュースにも上がりました。

最初は読売新聞紙面記事での報道のようです。


まだ、弁護士名は公開されていません

当会の記事を見られている方は直ぐにお分かりの「あの弁護士」!!

早朝から当会へのブログアクセス数が急上昇!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弁護士名がマスコミで公開されました!!

東大法学部卒 法科大学院講師「梅津真道弁護士」「あけぼの法律事務所」

「栃木県弁護士会元副会長」


●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あるマスコミから取材が入りました。

ニュース動画公開致します!!

●梅津真道弁護士<盗撮弁護士逮捕> 東大法学部卒 法科大学院講師 「あけぼの法律事務所」 「栃木県弁護士会元副会長」 栃木小1女児殺害事件を担当(ニュース動画リンクはこちらから)

栃木県弁護士会がどのような処分を下すか、県民の方は注目しましょう!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっと地元、下野新聞が25日は朝刊から取り扱いのようです。

●記録媒体には、15年12月の被害に遭った女性の動画や静止画の他、梅津容疑者が盗撮したとみられる映像が見つかったという。調べに対し、「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」などと供述

スマフォレベルの盗撮では無いようです。

「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」

5月4日に警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた翌日、複数の記録媒体を持ち、同署に「私が盗撮しました」などと自首

それも「警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた」・・・・。

栃木県警さんいきなり弁護士を任意で引っ張ると後でややこしいと思ったので、自宅巡回!?

何か自首を促した感じがしないでもないですが栃木県警が・・・。


2016年5月25日、読売新聞

梅津真道容疑者の自首に付き添った一木弁護士は、

『残念極まりない。勝又被告を無罪にするために応援してくれた全国の方に申し訳ない』

と話し、この日、自身の名前を書いた梅津容疑者の弁護人選任届を小山署に提出した



何と付き添った弁護士が気になっていましたが、当会と辛みが深い「一木明弁護士」が付き添いとは(呆れ)


マスコミが中々発信を渋っているので、当会から発信!!

東大法学部卒であるのも当会が、いち早く発信しておりますが・・・・・。

梅津弁護士の高校は栃木県でトップの「宇都宮高等学校卒」 通称「宇高」

そうそう「あの別の弁護士会元副会長の懲戒処分弁護士」も「宇都宮高等学校卒」

下野新聞は懲戒処分も記事にしませんでしたが・・・・・。


本日、ある夕刊紙に当会の相談案件のコメントが数行載ることになっています。
別の事件で記事が飛ばされなければですが・・・。

きちんと載ったらご案内致します!!


さらに当会では、相談案件での「梅津真道弁護士」と会代表との会話音声データを持っております!!

こんなことになるとは思っていないのでまだ編集をしておらず・・・・・。

きちんと「当会の趣旨を理解していただける」メディアがあれば情報提供もしくはリンクなど対応可能です。

「当会の趣旨とは介護問題です。」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梅津真道容疑者は2003年に弁護士登録し、県弁護士会の副会長などを歴任していた。

現在は白鷗大法科大学院の非常勤講師を務めている。

今市事件の裁判員裁判では弁護人として、主に被告人質問を担当した。

逮捕を受けて、同会の室井淳男(むろい、あつお)会長は、「真偽は今後の捜査と裁判の進捗(しんちょく)を待つが、

真実であるとすれば、弁護士に対する信頼を著しく損なうものであり、由々しき事態と厳粛に受け止めている」

などとする談話を出した。


室井淳男弁護士 栃木県弁護士会



梅津容疑者を知る県内のベテラン弁護士は、「県内の弁護士が刑事事件で逮捕されるなんて、初めて聞いた。
信じられない」と絶句。

 「冤罪(えんざい)を訴えた今市事件の弁護士が逮捕されたとなれば、

今市事件自体も色めがねで見られてしまう」と失望感をにじませた。

「室井淳男会長」 談話じゃなく、弁護士会として「会長声明」を直ぐに出すべきでは!?


●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

●「梅津真道弁護士」「特殊撮影機器盗撮弁護士逮捕・・余罪有り」「宇都宮高校卒・東大法学部卒・法科大学院講師」「あけぼの法律事務所」「栃木県弁護士会元副会長」(ニュース動画リンク)

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/25 Wed. 12:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0525

<盗撮弁護士逮捕・特殊撮影機器盗撮・余罪有り>「梅津真道弁護士」「宇都宮高校卒・東大法学部卒・法科大学院講師」「あけぼの法律事務所」「栃木県弁護士会元副会長」 「栃木小1女児殺害事件を担当」何と付き添った弁護士が「一木明弁護士」!?(呆れ)  

梅津真道弁護士 下野新聞 あけぼの法律事務所

梅津真道弁護士 下野新聞 あけぼの法律事務所1




梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所3
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所2
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所1
梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所4

今市事件弁護士

一木明弁護士

今市事件弁護士1


■ 2016年5月24日。読売新聞■

■「40代弁護士 盗撮疑い」「栃木県警、逮捕へ 栃木女児殺害 弁護人」■

栃木県今市市(現、日光市)の小学1年女児が殺害された事件の裁判員裁判で、

勝又拓哉被告(34)の弁護人を務めた宇都宮市の40代の男性弁護士が、

4月末に女性のスカート内を盗撮したとして、県警が県迷惑防止条例違反容疑で

24日にも逮捕する方針を固めたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。

捜査関係者によると、男性弁護士は4月30日午後10時半頃、

同県小山市のJR小山駅構内のエスカレーターで、女性会社員(31)の

スカート内を小型カメラで盗撮した疑いがもたれている。

女性が気づき、弁護士はその場から立ち去ったが、5月上旬、

巡回連絡の警察官が自宅を訪れた翌日に、知り合いの弁護士に付き添われて

小山署に出頭した。

弁護士は「以前から盗撮をしていた。カメラは壊して捨てた」と話し、

画像や動画を保存したという複数のハードディスクを提出した。

県警が解析を進めている。

弁護士は2003年10月に弁護士登録され、

15年3月に宇都宮市で個人事務所を開業。

県弁護士会の役員を歴任し、現在は法科大学院の非常勤講師を務めている。

勝又被告の裁判では、14年2月以降に弁護団に加わった。

宇都宮地裁は今年4月8日、勝又被告に無期懲役の判決を言い渡し、被告側が控訴している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

早朝から弁護士情報を頂き、調べていたらネットニュースにも上がりました。

最初は読売新聞紙面記事での報道のようです。


まだ、弁護士名は公開されていません

当会の記事を見られている方は直ぐにお分かりの「あの弁護士」!!

早朝から当会へのブログアクセス数が急上昇!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弁護士名がマスコミで公開されました!!

東大法学部卒 法科大学院講師「梅津真道弁護士」「あけぼの法律事務所」

「栃木県弁護士会元副会長」


●相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市「(宇都宮市「原告側 梅津真道弁護士絡み」(リンクはこちらから)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あるマスコミから取材が入りました。

ニュース動画公開致します!!

●梅津真道弁護士<盗撮弁護士逮捕> 東大法学部卒 法科大学院講師 「あけぼの法律事務所」 「栃木県弁護士会元副会長」 栃木小1女児殺害事件を担当(ニュース動画リンクはこちらから)

栃木県弁護士会がどのような処分を下すか、県民の方は注目しましょう!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やっと地元、下野新聞が25日は朝刊から取り扱いのようです。

●記録媒体には、15年12月の被害に遭った女性の動画や静止画の他、梅津容疑者が盗撮したとみられる映像が見つかったという。調べに対し、「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」などと供述

スマフォレベルの盗撮では無いようです。

「複数の特殊な撮影機器で、(15年12月)以前も盗撮していた」

5月4日に警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた翌日、複数の記録媒体を持ち、同署に「私が盗撮しました」などと自首

それも「警察官が梅津容疑者の自宅を巡回連絡に訪ねた」・・・・。

栃木県警さんいきなり弁護士を任意で引っ張ると後でややこしいと思ったので、自宅巡回!?

何か自首を促した感じがしないでもないですが栃木県警が・・・。


2016年5月25日、読売新聞

梅津真道容疑者の自首に付き添った一木弁護士は、

『残念極まりない。勝又被告を無罪にするために応援してくれた全国の方に申し訳ない』

と話し、この日、自身の名前を書いた梅津容疑者の弁護人選任届を小山署に提出した



何と付き添った弁護士が気になっていましたが、当会と辛みが深い「一木明弁護士」が付き添いとは(呆れ)


マスコミが中々発信を渋っているので、当会から発信!!

東大法学部卒であるのも当会が、いち早く発信しておりますが・・・・・。

梅津弁護士の高校は栃木県でトップの「宇都宮高等学校卒」 通称「宇高」

そうそう「あの別の弁護士会元副会長の懲戒処分弁護士」も「宇都宮高等学校卒」

下野新聞は懲戒処分も記事にしませんでしたが・・・・・。


本日、ある夕刊紙に当会の相談案件のコメントが数行載ることになっています。
別の事件で記事が飛ばされなければですが・・・。

きちんと載ったらご案内致します!!


さらに当会では、相談案件での「梅津真道弁護士」と会代表との会話音声データを持っております!!

こんなことになるとは思っていないのでまだ編集をしておらず・・・・・。

きちんと「当会の趣旨を理解していただける」メディアがあれば情報提供もしくはリンクなど対応可能です。

「当会の趣旨とは介護問題です。」

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/05/25 Wed. 11:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top