栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0929

<損保が「債務不存在確認訴訟」乱用連発!?>「債務不存在確認の訴えと債務の履行を求める反訴提起 債務不存在確認」医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 損保ジャパン日本興亜「損害賠償債務が存在しないことを確認する」  

債務不存在確認訴訟 口頭弁論 もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟1もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟2もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟3もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟4もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟5もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

調停申立書
調停申立書1
調停申立書2
調停申立書3


受継申立書 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

調停取り下げ 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 澤田雄二弁護士 介護虐待施設

損保ジャパン日本興亜 介護被害1

s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg

澤田雄二・新田裕子

松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

求釈明書

調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設1
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設2
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝1
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝2
調停 市貝町 入野正明町長

■受継調停分、相手方、松徳会 もてぎの森うごうだ城
松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

真岡簡易裁判所

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士、

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士3

宇都宮地方裁判 真岡支部

松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・もてぎの森うごうだ城8


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 ジャガー1

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 BMW888

もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」 

SnapCrab_NoName_2016-5-14_11-17-1_No-00.png


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

もてぎの森 うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長 松田 源一 精神科医
木村勝則 本部長


医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待嫌がらせ事件の調停の受継申立書(調停継続)

特別代理人「一木明弁護士」が、嫌がらせで被害者家族に渡すことを拒否した「求釈明書」が先週、届きました。

本日7月12日調停日なので、数日で「求釈明書」の量を見れば確認は無理。

明日は調停4回目加害者側が受継申立した件と、先日会代表が真岡簡裁に4件の調停申し立てを行った件で裁判所に出向きます。

今までの調停3回と大きく違うのは、会代表の相続が確定、参考人では無く、当事者として出席できると言うことです。

さらにこちらから調停申し立てしたぶんの調停の併合も確定。

親族の相続放棄の協力により、息子である会代表が相続人に確定、これからが「やっと本番です」!!

借金と同じで、相続放棄しなければ、損害賠償及び支払いの当事者となります。

簡単に言うと、加害者側が申し立てている数百万円の支払い請求対象者が、会代表になると言うこと。


まあ、介護虐待介護事件事故の加害者「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」と懲戒処分澤田雄二弁護士が、すでに損害賠償請求の調停申立てをしている会代表に支払い請求がどこまで出来るかがこれからが勝負・・・・。

加害者側の支払い請求の問題点は、突っつきどころ満載なので・・・。

調停不成立になって訴訟になっても、「損保ジャパン日本興亜の後遺障害認定」自体、第三者機関に判断せず、持ち出して来た認定なので、確実に「損保ジャパン日本興亜」を法廷に引きずり出して上げます!!

訴訟になれば、「損保査定と裁判査定での今までの矛盾点を徹底的に突かせて頂きます」ので、そうなればどうなるか?

損保査定と裁判査定の差額で儲けている関係者や片棒を担いでいる関係者が山ほどいますので、炙り出して上げます!!


後々「損保査定と裁判査定」のカラクリも記事にさせて頂きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント


医療法人社団 「松徳会」介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

医療法人社団 「松徳会」
松田源一理事長
木村勝則本部長

上記医療法人プラス経営者2名、人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で

加害者側が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

●偽善者ども!!(怒り)

この後12日に調停でその後に、加害者側と警察沙汰・・・。

完璧にこれから分かりますが、真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされました(怒り)

では相手方の特別代理人まで無理くり「一木明弁護士」を立てた加害者側の調停申し立てはどうなったのか?

次回記事にさせて頂きます!!


真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

先日真岡簡裁調停4件分の公開と、既に調停中の受継された調停期日呼出状。


申し立てた4件調停分
医療法人松徳会(法人)
松田源一(理事長)
木村勝則(運営本部長)
市貝町 入野正明町長(介護保険保険者)

予告として、調停後に木村勝則(運営本部長)・片岡孝(施設長)と警察沙汰!!

まあ、裁判所を始め、加害者側施設&弁護士、行政が「なめた事」をしてくれました!!


12日の調停で何が起きたか?

12日の真岡簡裁の調停では、田中正哉判事も同席することなく、調停委員の方2名と受継申立書(調停継続)された分と
会代表が申し立てた4件分の調停を進めるはずだったのですが・・・。

最初に調停委員2名のみの調停室に入り、席に座ったところ、相手方が調停にそぐわないとかで取り下げしたいと言っているとのこと?

受継を申し立てて(調停継続)おいて、今度は取り下げ???


澤田雄二懲戒処分弁護士が来ていたのか、この日は裁判所の駐車場にいつものベンツは無く・・・・。

取り下げて支払い請求をしないと言うことでもなく、「訴訟事件」にしたいと言うことらしい。

やっと相続も関係済んで、当事者になったと思ったら取り下げ、さらに会代表からの加害者側の調停も拒否するとのことで不成立にしたいと言っているとのことで、調停委員には何度か、22日にも宇都宮簡裁で調停があるので、拒否したのですが・・・・・。

調停委員2名からはでは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能、それで相手方が来なければ不成立と言うことにと話しが有り・・・。

22日にの調停分と、12日に不成立に取り消しにされるとその14日間以内に訴訟に以降すれば訴額手数料が無駄にならない件もあるので、もう1回調停日を設けて貰えれば、たぶん22日の調停分も不成立の予想は付いたので、訴状をまとめるにも22日に不成立になって12日分の14日間目が26日。

22日から4日間、その間にどれとどれを訴状にまとめるか?調停不成立の証明書手続きも有り・・・・。

12日分と22日分の調停不成立分を纏めることなく、12日分だけ先に提訴するかなど考えると、どう考えても裁判所としても面倒なはず・・・・。

何がしたいのかなあ? 特別代理人「一木明弁護士」まで付けて中途半端に解任した真岡簡裁は???

澤田雄二懲戒処分弁護士側とすれば、地方自治体の調停2件を除けば8件が医療法人松徳会事件

逆に宇都宮中央法律事務所、委任代理人退職した大内一宏弁護士以外、澤田雄二、新田裕子、海老原輝弁護士3名

もちろん澤田雄二には弁護士事務所代表として退職した大内一宏弁護士の分もきっちり責任を取らせるつもりでしたので・・・・。

これでは受継しても・・・・。

調停委員には、取り下げ不成立と言うことは、相手方「医療法人松徳会」「宇都宮中央法律事務所」としては賠償金慰謝料欲しいなら訴えろと言うことですか?確認して貰えますか?調停委員に頼み一度待合室へ・・・。

再度呼ばれたら、今度は調停室に、田中正哉判事、沓水暁子書記官もいて、席に座ると間髪いれずに

澤田雄二弁護士印の取下書を、目の前に出され、田中正哉判事に取り下げましたから!!

「はあ?」やってくれたなこの裁判官・・・・。


「調停委員2名からは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能」と言われましたが?と判事に尋ねると

取り下げたので調停は行いません、田中正哉判事。

他の会代表が申し立てた調停も全部4件とも不成立・・・・。

そこで22日の宇都宮簡裁での調停の件、訴状は纏めた方が裁判所としても宜しいのでは?提訴するにも22日から4日間では難しいことも全て話したのですが、「田中正哉判事」拒否

これは確信犯だなと思い、「田中正哉判事」にだいぶ、澤田雄二弁護士を擁護されるのですね!!と一言・・・・。

結局、引継ぎもろくに出来ていない裁判官では駄目ということです、取り下げした時も、沓水書記官の方をチラチラ見ながら対応している状況で(呆れ)

もう頭を切り替えるしかないので、分かりました、不成立の証明書の申請をしますので、手続きを進めて下さいと言うことで

真岡簡裁調停終了!!

たぶんですが、調停を纏められて、訴額を考えても、これで提訴の時は、真岡簡裁「田中正哉判事」のところでは無く

宇都宮地裁本庁扱いなので、「田中正哉判事」取下げ不成立の時も、宇都宮簡裁の関係性どうこうより
真岡簡裁としてはこうですからと言う意味の回答をしており。

良く4月ごろ異動で裁判官が引き継いだ事件はひっくり返されることや問題が多いと聞いておりましたが、「やはり」ということかと・・・。

まあ市貝町も調停拒否との事でしたのでこれで新たな訴訟を起こさない限り、真岡簡裁とはかかわらなくて済みます。

後はたぶん22日の調停も全部不成立、訴訟になったら会代表が狙っていることがあるのですが、それはみのった時にでも。

この翌日に宇都宮簡裁に出向き、真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。

宇都宮地裁本庁の受付に、はっきり言われたのは調停分が多いことも伝え、これバラバラに提訴すると、裁判官には複数の裁判官に纏めて事件が渡され振り分けられるので、併合出来る出来ないはありますが、頻繁に裁判所に来ることになりますし、複数の裁判官でバラバラになりますよ!!

さらにバラバラに提訴すると訴額の手数料、郵券の金額も違ってくるので、提訴する側に負担が多いとの事・・・・。

そうですよねと会代表も頷き、その問題を真岡簡裁の判事にも伝えたのですが、真岡は真岡なのでと言われて・・・・。

訴額の手数料、郵券の金額も結構、纏めると纏めないでは調停件数が多いので負担の違いが・・・・。


もうこの辺のことを、宇都宮地裁本庁の受付に聞いたときには「田中正哉判事」の嫌がらせか?と思うほど・・・。

まあ切り替えるしか無いので、宇都宮地裁本庁の受付も複雑案件ということは、調停10件と聞けば直ぐ分かるように

だったらこうしたらというアドバイスを受け現在、資料作り。

たぶんこちらで提訴すれば澤田弁護士側が反訴するつもりなのでしょう!!

まあ、もう澤田雄二弁護士には言っていますが、裁判になったら裁判官の前で、私に言った「頭の悪そうな人ですね」と発言させてあげますので覚えておくように!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


●9月16日、宇都宮地裁から、「債務不存在確認訴訟」の訴状が届きました!!

先日書記官から先に送ることは聞いていたので、驚くことも無く・・・。

口頭弁論までまだ先なのですが、会代表からの提訴分の補正が済まなければ、

「債務不存在確認訴訟」の方も進められないのは裁判所書記官に確認しておりますので、

まだ答弁書に対し慌てることなく、「補正と証拠の準備!!」

「債務不存在確認訴訟」の訴状の公開前に、分かりやすいように、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開を先にさせて頂きます。

澤田雄二側が、取り下げした調停分です。


この調停申立書を、頭に入れて、次回のブログ記事での「債務不存在確認訴訟」の訴状を見ると状況が確認できます。

簡単に申せば加害者側がふざけているのか?

「債務不存在確認訴訟」の訴状では、調停申立て時と違い、

一切介護事件事故虐待の損賠賠償責任は無いという内容でした(怒り)


まあ、そんなことが通るはずも無く、会代表としては慌てていないのですが・・・・。

取りあえず、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開からどうぞ!!

ポイントは「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


「債務不存在確認訴訟」の訴状の公開です!!

調停申立書の内容と何が違っているかご確認ください!!

調停申立書での「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」

上記の内容が、「債務不存在確認訴訟」の訴状では・・・・。

●「損害賠償債務が存在しないことを確認する」

簡単に言えば損害賠償責任は加害者側施設に無いという事です(呆れ)

債務不存在確認訴訟では加害者側が原告です。

会代表が被告として提訴されているという事ですが・・・。

会代表を提訴・被告にした分は、キッチリ倍返し以上してあげます(怒り)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


ジャパンダ顧問弁護士からの「債務不存在確認訴訟」の答弁書を纏めていたら・・・・。

ツイッターの方に、ツイート頂いた方のコメントを見ると・・・・。

損保ジャパン日本興亜から同じように、「債務不存在確認訴訟」を起こされたと怒りのコメントがあり。

損保ジャパン日本興亜が「債務不存在確認訴訟」を連発しているようで(呆れ)


>>‏@hiro1494 9月27日
ホンマに損保ジャパンには潰れて欲しい。債務不存在訴訟を勝手に起こしやがって負けたら被害者側が裁判費用払えじゃこら怒)ホンマに保険の機能を果たしてないクソ会社。金融庁から要注意保険会社のレッテル貼られて、直ぐに糞弁護士に依頼する。こっちも弁護士立てるが負けたら圧力鍋爆弾しかない

>> ‏@asahilawyer 20時間20時間前
「脅し的な訴え」⇒この訴えへの対応策が「反訴あるいは示談」だけしかないのではありません。加害者(損保側)から、裁判にすると「債務不存在確認訴訟」を起こされた場合、被告とされた被害者側で、訴権の濫用や訴えの利益の不存在を理由に「訴え却下」を求めることも方法としてあります。


そこで、「債務不存在確認訴訟」に関して調べてみたら・・・。

●「被告とされた被害者側で、訴権の濫用や訴えの利益の不存在を理由に訴え却下を求める」

●債務不存在確認訴訟の機能と確認の利益に関する若干の考察

●債務不存在確認の訴えと債務の履行を求める反訴提起 債務不存在確認

債務不存在確認訴訟に反訴での判例も色々とあるようで!!

会代表の場合、損害賠償請求で提訴、補正中の、加害者側ジャパンダの債務不存在確認訴訟の提訴なので、

個別に反訴しても良いのですが、裁判所も、会代表からの提訴分と加害者側ジャパンダの債務不存在確認訴訟を

一緒に併合で行うのか?書記官に聞いたらまだはっきりした回答が無く・・・・。

取りあえず、債務不存在確認訴訟の答弁書を提出するときに、確認してみます。

被害者側で被告にされ、損保に債務不存在確認訴訟を起こされている方々、どうせ被害者側で弁護士を

立てても損保は潰しに来ますので、債務不存在確認訴訟なら反訴したとしても

本人訴訟で闘える可能性が高いと思われます!!


当会でも今後、答弁書やその他裁判資料、参考資料をUPして行きます!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/29 Thu. 11:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0928

<昨日、地裁の書記官に栃木県警の不穏な動きに関して説明、たぶん判事まで上がるでしょう!!>「宇都宮中央警察署・盗撮問題」「宇都宮中央警察署内で警察沙汰・刑事告訴人をビデオカメラで盗撮!!検察での告訴受理、保有個人情報開示・証拠隠蔽に関して説明求め」宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」(松沼刑事第一課長)「介護事件事故虐待問題の刑事告訴拒否」捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切捜査記録無し隠蔽!?」  

栃木県警本部長 松岡亮介 宇都宮中央警察署長 斉藤敏市 盗撮 隠し撮り 介護事件2


警察庁 捜査用カメラ

隠しカメラ警察

m宇都宮中央警察署盗撮9

m宇都宮中央警察署盗撮11

警察庁通達文書

警察庁 被害届
宇都宮中央警察署

警察庁 告訴・告発

m宇都宮中央警察署盗撮8 栃木県警 福田富一県知事

m宇都宮中央警察署盗撮9 栃木県警 福田富一県知事

anigif宇都宮中央警察署盗撮スライド■画像スライド■↑↑↑

m宇都宮中央警察署盗撮6 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮5 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮3 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮2 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署5斉藤敏市 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署6斉藤敏市

宇都宮中央警察署2斉藤敏市

宇都宮中央警察署4斉藤敏市

宇都宮中央警察署3斉藤敏市

斉藤敏市 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1


会代表のコメント

2016年6月20日
栃木県警 宇都宮中央警察署へ介護事件事故虐待の刑事告訴に出向きましたが「刑事告訴拒否!!」

刑事課サクマ氏の介護問題の知識不足なのか?宇都宮中央警察署としての介護問題の知識不足なのか?

刑事告訴させる為の聞き取りでは全く無く、介護虐待問題にさせない為の刑事課の聞き取りで有り、流石、冤罪事件の栃木県警!!

以前に栃木県警本部には、介護問題の刑事告訴では所轄の警察では、知識不足で無理なので、栃木県警本部で対応できる担当者をとお願いしましたが無理・・・・。 所轄へ行けの1点張り・・・。

案の定、宇都宮中央警察署へ刑事告訴に出向いてもいきなり来るな!!

茂木警察署へ行け!!宇都宮地検に告訴しろ!!

挙句の果てに、数時間事情を聴かれ説明した後に、いきなり当時電話されて刑事告訴されても難しいので

本日は「刑事告訴の相談を受け付けたということで、刑事告訴は受理せず」

会代表としても「はあ!?」ふざけているのか?、この警察官!?


ミラーガラスのある取調室で、数時間押し問答・・・。

サクマ刑事担当では無く、別担当をと言ったら、刑事課長だったか?松沼刑事課長が参上!!

宇都宮中央警察署では刑事告訴受け付けませんと発言!!



おいおい、先ほどサクマ刑事が、刑事告訴できない訳ではないが、茂木警察署へ行けと言ったのに

宇都宮中央警察署で刑事告訴させないという話にしたいらしい・・・。

松沼刑事課長にフルネームを聞いても拒否

今回の刑事告訴拒否は「栃木県警」として介護問題の刑事告訴拒否と考えて宜しいのですね!?


松沼刑事課長に聞くと、「いえ」宇都宮中央警察署としての判断です・・・・・。

何言ってんのか、単に刑事告訴させたくないだけの話だろうに(怒り)


既に別件で、直告と刑事告訴している会代表ですので、刑事告訴状に関しては、それほど刑事告訴が出来ないレベルの告訴状を提出するはずも無く・・・・。


完璧な介護問題の認識の違い・・・。

ノートパソコン持ち込みで取調室にも出向いているので、刑事告訴状の細かい変更点が有れば、その場で、告訴状の変更が可能と伝えているにもかかわらず、最初は変更点を言って来て、すぐに変更点を付け加えるとサクマ刑事に伝えると、上司のところに何度も出向き、結局、刑事告訴させないということに(怒り)

訴えるなら栃木県警をということのようで、松沼刑事課長がフルネームも述べず栃木県警本部をということのようですので、
あいにく会代表としては、いつでも栃木県警と公安委員会は訴えることができるのですが、「刑事告訴」がまだあるので後回しにしているだけです。

ということで宇都宮地検への直告へ切り替えます。

取調室から宇都宮地検に連絡したところ、以前の担当が見事に異動しているようで、後程記事に・・・。

宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」・・・・。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

昨日、宇都宮地裁に出向いた後に、先日刑事告訴を拒否した、宇都宮中央警察署へ、保有個人情報開示請求手続きの為に出向いて来ました。

その前日には、その刑事告訴対象者の片岡孝施設長の自宅前で警察沙汰(笑)

パトカー3台、おまわりさんだけでも8~9人ほど取り囲まれましたが、どこの警察署か分かっていたのですが一様尋ね、宇都宮中央警察署、地域課とのこと・・・。

先日、刑事告訴拒否されたばかりなのですが、宇都宮中央警察署にはと出向いた警察官に・・・。

それもあり、翌日に宇都宮中央警察署へ、刑事告訴拒否した関係の全資料の開示請求。


担当した刑務課が開示できるものとできないものがとの事だったので、「出ないはずは無いはずですが、こちらは開示請求経験者ですよ!?」とちょっと指摘しておきながら数週間ぐらい、県警本部にも確認するなどと言っていたので時間が掛かるとの事・・・・。

さらに、本日所轄の、茂木警察署の刑事課長に電話を入れ、今年4月から異動して来た課長との事で、ここ数週間の間に、茂木警察署に、刑事告訴関係で、宇都宮中央警察署、そして一昨日の木村勝則(運営本部長)宅での警察沙汰で、真岡警察署からも茂木警察署へ確認が入った可能性が高かったので、これからの別件の刑事告訴の件も含めご挨拶で連絡。

ここでの話で、宇都宮中央警察署の担当した刑事の、でまかせを確認、やはり宇都宮中央警察署でも刑事告訴受理可能だったとの事(怒り)

今回の茂木警察署の刑事課長さん、横柄な態度ということも無く、4月に異動して来たのに状況を把握して頂けていたのですんなりご挨拶と今後の刑事告訴のお話を詰めておきました。

理事長の松田源一宅のことも既にご存知で、もしこの茂木警察署の刑事課長さんの対応が悪ければ数日後に、松田源一理事長宅&もてぎの森うごうだ城へ、慰謝料請求に出向こうかと思っていたのですが・・・・。

刑事告訴も現在、地検へ直告してある告訴分も含め出向けばきちんと対応して頂けるとの事でしたので、今のとこと茂木警察署管内での警察沙汰はちょっとややこしくなるので後回し・・・・。

出向かないのでは無く、タイミングとして後回し(笑い)!!

いちようこれでも会代表、警察沙汰にも優先順位を付けさせて頂いております!!


その後、警察沙汰の真岡警察署へ連絡して、警察沙汰の木村勝則本部長宅前で、道路使用許可証が下りるか?現在確認中。

下りても下りなくても、慰謝料を支払うまで出向かせて頂きますので、逃げるなよ木村勝則!!

次回、出向くときは真岡警察署に出向いて挨拶してから行きますか?真岡警察署署員には話しておきました。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮中央警察署では刑事告訴拒否
サクマ刑事担当(司法警察員警部補)
松沼(刑事第一課長)


刑事告訴を拒否した時の、宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求
26日に警察署に出向いて捜査記録の開示書面をお金支払って開示して来ました、1枚数十円ですがきちんと警察はお金取りますので・・・。

帰宅して、ゆっくり開示書面に目を通したらまた栃木県警はやらかしたかなあ!?

刑事告訴拒否した事実というよりは弁明書面・・・・。


まあここまでは栃木県警では当たり前

しかし、捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切記録無し・・・」

それもサクマ担当の部分は資料で黒塗り・・・。

簡単に言えば、証拠音声を聞かされていて刑事告訴拒否では、宇都宮中央警察署としては不味いということ。

分かりやすい記録ご苦労様という感じです。


たぶん、通常の流れでは公安委員会に不服申し立てできるのですが、栃木県公安委員会は警察とズブズブで役に立ちませんので・・・。

今回の宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求に関しては、勿論通常の情報開示

それともう1点会代表には思惑が有り、ここでは警察もこのブログをチェックしておりますのでコメント控えますが・・・。

広報活動の所管警察署が、宇都宮中央警察署、帰りがけに道路使用許可の部署担当にご挨拶&道路使用許可証の申し込み書を貰ってきました。

警察に会代表が行くと、耳をそばだてている警察官が多いこと(笑)

今回の保有個人情報開示請求も今後の為の布石です。

警察と闘っている方や、警察に誤魔化されないようにするには
「音声録音と保有個人情報開示請求はセットだと思って下さい!!」

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



最初、宇都宮中央警察署へ出向いたときには、いきなり2階の刑事告訴拒否した、刑事課に出向くと

いきなり揉めると思ったので、1階の情報開示請求の受付の総務課に出向き、前回の情報開示書面の

証拠の隠蔽部分があるので説明を求めたら・・・・。

その時の総務課の警察担当が、何か口の中でガムを噛んでいるのか口をモゴモゴしながら、

何だという感じで対応してきたので、カチンと来たのですが、そこは抑え
、1階ロービーで待つように言われ

15分ぐらい待たされたでしょうか?、普通民間なら、待たせるなら待たせるで、現在どうなっているので

少々お待ち下さいと伝えてくるべきであるのに、それも無し、おいおい放置か・・・・。

そこで10メートルぐらい離れた担当を見ると、会代表と目が合うと慌て出して、何かを見出し・・・・。

駄目だこれはと思い、受付に出向きまだですか?

担当、今連絡を取っている、だったら15分ぐらいもう待っているのだから伝えてくるべきではというと

不貞腐れる態度を警察が見せたので、プチ!!、おいおいお前さっき物食いながら対応したよな!!

時計を見て、警察署に出向いたときは午前11時10分頃、昼飯にはまだ時間がありますが

警察署は物食いながら県民に対応するのかなあ?それも刑事告訴拒否したものに・・・・。


勿論1階ロビーの総務課の受付ですので、車庫証明、運転免許更新などの県民が来ている場・・・・。

物食いながら対応した担当が再度、はあ?見たいな態度を取ったので

取りあえず、ワントーン声を上げて指摘!!

そしたら、警察署内ですから何だ、何だと直ぐに警察10人ぐらいに取り囲まれ・・・・・。

またその中には、栃木県庁に母と出向いた時に警察沙汰になった時に、来ていた警官も数人おり

いきなり自分の名前を読んでくるので誰だ!?

それと先日のデモの許可の時の道路管理下の女性警官まで、出向かれて、暑いから近寄るなと言ったのですが

警察お得意の取り囲み&個室誘導・・・・。

個室に誘導されるとどうなるか、会代表は理解しているので、個室は拒否!!

他の県民の見ている所で、栃木県の介護問題ですので聞いて頂きましょうよ!!

こちらの宇都宮中央警察署で、告訴できない、検察へ行け!!と刑事告訴拒否された件が

先週、宇都宮地方検察庁で告訴受理されました!!

さらに情報開示書面には、検察も確認している証拠が記載されておらず隠蔽!!

ここまでロビーにいる県民に話すと、警察も権力で封じ込めに来ます
ので

押し問答になる前に、会代表には触るなよと警察官に!!

お前らこちらが身体を押せば公務執行妨害でパクるつもりな事ぐらい分かっている人物なのだから

暴力行為はしないので自分に触るな!!と言っているのに会代表の腕は引っ張るは・・・・。

そうなれば警察も会代表も、大声で押し問答・・・。

警察10人に体力で勝てるはずも無く、2階で説明するのでと会代表の両腕を掴まれ、強制的に階段へ

ロビーにいた県民も見ていたはず!!

階段途中で、もう腕を放すように命じて、2階へ、2階の個室へと言われたので拒否

2階廊下のベンチで取りあえずということで腰掛、相変わらず10人ぐらいの警官に囲まれ、部屋に入れ部屋に入れと警官

会代表はウン!?何か可笑しいな!?

部屋に入って警官に取り囲まれるのは分かっていましたが、録音録画するつもりで部屋に案内しているのかと思って

周りを見渡すと、その総務課の物食って県民に対応した警官が、

こちらを見るという感じでは無く半身でじっとしているので???

目線を下ろすと、腰元辺りに、光るレンズ!!

直ぐにわかりました「ビデオカメラ!!」

あれ!?警察が何も言わずに盗撮ですか?

先日、九州だったか、警察が選挙中にどこぞの団体を盗撮したとしてニュースになっていましたよね!!


と指摘すると警察が盗撮じゃない、ほら見えているでしょう!!(アホかとの思い!!)

何がほら見えているでしょうじゃ無く、身体半身でわざわざ警官が腰元にビデオ構えて、

目線は向けず、県民に言わず撮っていれば盗撮では無いのかなあ???

あれもしかして、1階ロビーでは他の県民がいて盗撮しているとバレるので、2階に引っ張って来たのかなあ?

では会代表も盗撮の証拠を取らせて頂きますね!!とスマフォで記録しようとすると

警官が、手をかざし妨害!!


警察が庁舎管理規則を持ち出したので、任意ですよね、だったらビデオカメラ止めさせたらと言っても

対応する警察では有りませんので、部屋に強引に連れ込もうと取り囲んでいるので、

刑事告訴拒否した担当は名刺を求めているのに出さない・・・・。

これで部屋に入ったら何をされるか分かりませんので・・・・。

会代表が分かりました、庁舎管理規則に関係しない外に出ましょう!!と立ち上がり

1階にに行くので、本日、そのビデオカメラの記録動画と本日の警察資料の情報開示請求を

本日1階で行っていくので、盗撮していた警官には、ビデオ編集せずきちんと情報公開して下さいね!!

と念押し!!


1階で、情報開示請求の書面を提出して来ました!!

ということは開示されれば再度宇都宮中央警察署に出向くことに(笑)

完璧に会代表の声も潰れてしまい・・・・。


警察署を出てから、別の駐車場から栃木県警本部、県民広報相談課へ電話

実は先ほど宇都宮中央警察署で盗撮されまして・・・。

以前刑事告訴を拒否され、先週宇都宮地検で告訴受理されたもので説明を求めて出向いたのですが・・・。

すると県民広報相談課の警察官がOBなのか分かりませんが・・・・。

え!!宇都宮地検で受理されたのですか!!と驚き気味・・・・・。


たぶん、相談案件のご遺族が県民広報相談課に連絡して、宇都宮東警察署が対応しないなら・・・。と

門前払いした担当なのかと思いつつ・・・・。

警察が刑事告訴できた事件を、拒否していたことは明らか!!

宇都宮地検の告訴受理で、警察問題なのは、県民広報相談課でも分かるはず・・・。

逆に所轄に伝えれば言いだけなのか、それ以外何か・・・・。

会代表から、既に本日の件を、情報開示請求してきているので、きちんとした宇都宮中央警察署からの

説明を求む!!ということで・・・・。


その後、その出先から、とちぎTV、読売新聞、産経新聞など電話しましたが

やはり栃木県警問題も介護問題に関しても対応が渋い・・・。

とちぎ放送に関しては、とちぎ放送のアナウンサーが昨年、栃木県公安委員会委員になっており

取り上げるべきでは伝えているのですが・・・。

まあ、栃木県のマスコミは、警察、行政叩きはしませんので・・・・。

現在、ブログの表示が少し可笑しいようでFC2に問い合わせ中!! 記事は確認できます。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



現在、ツイッターでホローさせて頂いている、「告訴・告発支援センター」を覗いていたところ

警察庁の公文書、通達書面・・・・。

印鑑が押されていないので、実際、警察庁のHPから通達資料を調べたら見付けました!!

都道府県などの警察署への通達書面の公開資料!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

ご覧いただければきちんと警察庁から通達が出ているじゃないですか!!

それも・・・。

「警察署告訴・告発センター」等の設置、警察署に、「警察署告訴・告発センター」等を設置するものとする。

「警察署告訴・告発センター」等の事務
ア 告訴・告発の受理等

「警察署告訴・告発センター」等は、警察署に対し告訴・告発の相談・
申出をする者があったときは、当該告訴・告発の相談・申出に対応し、告
訴権の有無、告訴・告発期間、犯罪構成要件の充足の有無等の要件を確認
するなどした上、受理の可否について判断するものとする。

なお、擬律判断に専門的知識を要し告訴・告発の受理の可否の判断が難
しいものについては、その都度、本部事件担当課を経由して「本部告訴・
告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏ま
えて受理の可否を判断するものとする。



刑事告訴拒否した、宇都宮中央警察署は・・・・。

「本部告訴・告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏まえて受理の可否を判断したのでしょうか???

次回記事では、被害届の資料も公開して行きます!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

これから刑事告訴・告発・被害届される方は、上記のURLの警察庁通達文書をプリントアウトして、

刑事告訴告訴状と共に警察署に持って行き、警察が刑事告訴告発を渋ったら、

警察庁の通達文書を見せて交渉されてください!!

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

警察庁 被害届の通達文書

●迅速・確実な被害の届出の受理について(リンクはこちら)

迅速・確実な被害の届出の受理について
被害の届出の受理については、犯罪捜査規範(昭和32年国家公安委員会規則第
2号)第61条において、被害の届出をする者があったときは、その届出に係る事
件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず、これを受理しなければならないと
規定されている。

しかし、近時、業務の多忙を理由に被害届の受理を先送りしたり、複数の都道
府県警察に関係する事案に係る被害申告への対応が不十分なため重大な結果を招
いた事案が発生するなど、被害の届出の受理をめぐり不適切な対応が見られると
ころである。
各都道府県警察にあっては、これらの事案を重く受け止め、被害者の要望に応
える迅速・確実な被害の届出の受理がなされるよう、下記の事項について徹底を
図られたい。


宇都宮東警察署、介護事件の被害届を被害届扱いもせず放置・・・・。

警察庁からの通達文書は、栃木県警には届いていないのだろうか・・・・。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

警察庁 捜査用カメラの適正な使用の徹底についての通達文書


●捜査用カメラの適正な使用の徹底について

1 任意捜査としての許容性の確認の徹底
捜査用カメラによる被疑者の撮影・録画(以下「撮影等」という。)は、その捜査目
的を達成するため、必要な範囲において、かつ、相当な方法によって行われる場合に
限り任意捜査として許される。

捜査幹部は、捜査用カメラを用いて撮影等しようとするときは、当該場所の性質、
撮影等の具体的目的(現行犯の立証、既に行われた犯罪の犯人の特定等)、撮影等の必
要性(事件の重大性、嫌疑の程度等)及び撮影方法の相当性(第三者が撮影対象に含
まれるか否か等)について、対象事件の具体的状況に即して可能な限り子細に検討し
た上で実施するとともに、撮影等の継続の必要性についても随時検討すること。


本日、情報開示の回答で、宇都宮中央警察署、ビデオカメラを腰元で半身で盗撮していた

AM11時過ぎに物食いながら県民に対応した、総務課 下沢氏!?から連絡があり、盗撮じゃないそうです(呆れ)

県民広報相談課 山崎氏からも、その後回答が無く、こちらも放置???

だいぶ問題を栃木県警が軽く見られているようで・・・・。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

もう栃木県警が刑事告訴拒否問題、盗撮問題、物食いながら県民に対応した問題など

誤魔化しに必死なようです・・・。

昨日、宇都宮地裁に補正の関係で出向いた時に、書記官に、栃木県警が不穏な動きをして盗撮されているので

もし、提訴補正中や裁判中に会代表が拘束されることが有ったらということを、前もって話しておきました。


書記官とも、提訴中の原告、告訴中の告訴人をパクッたら、

どうなるかぐらい警察も分かりますよねという話はして来ました・・・・。

裁判所書記官からは、もし拘束されることになったら、

警察を通してでも裁判所に連絡して下さい!!と言われたので一安心・・・・。


栃木県知事が提訴されている段階で、栃木県警が原告を別件逮捕でもしたら

どうなるかぐらい分かるかなあ?

もう、栃木県警のやり方がアホらしく、わざと夕方5時過ぎに電話して来て、その後は5時過ぎているので対応しないと

電話をガチャ切り・・・・。


昨日も盗撮した宇都宮中央警察署の下沢?とかいう警察が、

弁明もろくにできずに電話ガチャ切り!!

こんなことやっているから冤罪事件を起こすのです・・・・。


まだ、警察の盗撮時の動画もUPしていないので、地裁の補正が済んでからでも

きっちり今回の警察の盗撮問題は、マスコミが取り上げないことも含め指摘させて頂きます!!


にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/28 Wed. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

0927

<加害者側介護施設「債務不存在確認訴訟」の訴状公開>・医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 損保ジャパン日本興亜、「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」改め「損害賠償債務が存在しないことを確認する」  

債務不存在確認訴訟 口頭弁論 もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟1もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟2もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟3もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟4もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

債務不存在確認訴訟5もてぎの森うごうだ城 澤田雄二 松田源一

調停申立書
調停申立書1
調停申立書2
調停申立書3


受継申立書 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

調停取り下げ 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 澤田雄二弁護士 介護虐待施設

損保ジャパン日本興亜 介護被害1

s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg

澤田雄二・新田裕子

松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

求釈明書

調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設1
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設2
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝1
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝2
調停 市貝町 入野正明町長

■受継調停分、相手方、松徳会 もてぎの森うごうだ城
松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

真岡簡易裁判所

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士、

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士3

宇都宮地方裁判 真岡支部

松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・もてぎの森うごうだ城8


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 ジャガー1

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 BMW888

もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」 

SnapCrab_NoName_2016-5-14_11-17-1_No-00.png


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

もてぎの森 うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長 松田 源一 精神科医
木村勝則 本部長


医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待嫌がらせ事件の調停の受継申立書(調停継続)

特別代理人「一木明弁護士」が、嫌がらせで被害者家族に渡すことを拒否した「求釈明書」が先週、届きました。

本日7月12日調停日なので、数日で「求釈明書」の量を見れば確認は無理。

明日は調停4回目加害者側が受継申立した件と、先日会代表が真岡簡裁に4件の調停申し立てを行った件で裁判所に出向きます。

今までの調停3回と大きく違うのは、会代表の相続が確定、参考人では無く、当事者として出席できると言うことです。

さらにこちらから調停申し立てしたぶんの調停の併合も確定。

親族の相続放棄の協力により、息子である会代表が相続人に確定、これからが「やっと本番です」!!

借金と同じで、相続放棄しなければ、損害賠償及び支払いの当事者となります。

簡単に言うと、加害者側が申し立てている数百万円の支払い請求対象者が、会代表になると言うこと。


まあ、介護虐待介護事件事故の加害者「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」と懲戒処分澤田雄二弁護士が、すでに損害賠償請求の調停申立てをしている会代表に支払い請求がどこまで出来るかがこれからが勝負・・・・。

加害者側の支払い請求の問題点は、突っつきどころ満載なので・・・。

調停不成立になって訴訟になっても、「損保ジャパン日本興亜の後遺障害認定」自体、第三者機関に判断せず、持ち出して来た認定なので、確実に「損保ジャパン日本興亜」を法廷に引きずり出して上げます!!

訴訟になれば、「損保査定と裁判査定での今までの矛盾点を徹底的に突かせて頂きます」ので、そうなればどうなるか?

損保査定と裁判査定の差額で儲けている関係者や片棒を担いでいる関係者が山ほどいますので、炙り出して上げます!!


後々「損保査定と裁判査定」のカラクリも記事にさせて頂きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント


医療法人社団 「松徳会」介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

医療法人社団 「松徳会」
松田源一理事長
木村勝則本部長

上記医療法人プラス経営者2名、人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で

加害者側が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

●偽善者ども!!(怒り)

この後12日に調停でその後に、加害者側と警察沙汰・・・。

完璧にこれから分かりますが、真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされました(怒り)

では相手方の特別代理人まで無理くり「一木明弁護士」を立てた加害者側の調停申し立てはどうなったのか?

次回記事にさせて頂きます!!


真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

先日真岡簡裁調停4件分の公開と、既に調停中の受継された調停期日呼出状。


申し立てた4件調停分
医療法人松徳会(法人)
松田源一(理事長)
木村勝則(運営本部長)
市貝町 入野正明町長(介護保険保険者)

予告として、調停後に木村勝則(運営本部長)・片岡孝(施設長)と警察沙汰!!

まあ、裁判所を始め、加害者側施設&弁護士、行政が「なめた事」をしてくれました!!


12日の調停で何が起きたか?

12日の真岡簡裁の調停では、田中正哉判事も同席することなく、調停委員の方2名と受継申立書(調停継続)された分と
会代表が申し立てた4件分の調停を進めるはずだったのですが・・・。

最初に調停委員2名のみの調停室に入り、席に座ったところ、相手方が調停にそぐわないとかで取り下げしたいと言っているとのこと?

受継を申し立てて(調停継続)おいて、今度は取り下げ???


澤田雄二懲戒処分弁護士が来ていたのか、この日は裁判所の駐車場にいつものベンツは無く・・・・。

取り下げて支払い請求をしないと言うことでもなく、「訴訟事件」にしたいと言うことらしい。

やっと相続も関係済んで、当事者になったと思ったら取り下げ、さらに会代表からの加害者側の調停も拒否するとのことで不成立にしたいと言っているとのことで、調停委員には何度か、22日にも宇都宮簡裁で調停があるので、拒否したのですが・・・・・。

調停委員2名からはでは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能、それで相手方が来なければ不成立と言うことにと話しが有り・・・。

22日にの調停分と、12日に不成立に取り消しにされるとその14日間以内に訴訟に以降すれば訴額手数料が無駄にならない件もあるので、もう1回調停日を設けて貰えれば、たぶん22日の調停分も不成立の予想は付いたので、訴状をまとめるにも22日に不成立になって12日分の14日間目が26日。

22日から4日間、その間にどれとどれを訴状にまとめるか?調停不成立の証明書手続きも有り・・・・。

12日分と22日分の調停不成立分を纏めることなく、12日分だけ先に提訴するかなど考えると、どう考えても裁判所としても面倒なはず・・・・。

何がしたいのかなあ? 特別代理人「一木明弁護士」まで付けて中途半端に解任した真岡簡裁は???

澤田雄二懲戒処分弁護士側とすれば、地方自治体の調停2件を除けば8件が医療法人松徳会事件

逆に宇都宮中央法律事務所、委任代理人退職した大内一宏弁護士以外、澤田雄二、新田裕子、海老原輝弁護士3名

もちろん澤田雄二には弁護士事務所代表として退職した大内一宏弁護士の分もきっちり責任を取らせるつもりでしたので・・・・。

これでは受継しても・・・・。

調停委員には、取り下げ不成立と言うことは、相手方「医療法人松徳会」「宇都宮中央法律事務所」としては賠償金慰謝料欲しいなら訴えろと言うことですか?確認して貰えますか?調停委員に頼み一度待合室へ・・・。

再度呼ばれたら、今度は調停室に、田中正哉判事、沓水暁子書記官もいて、席に座ると間髪いれずに

澤田雄二弁護士印の取下書を、目の前に出され、田中正哉判事に取り下げましたから!!

「はあ?」やってくれたなこの裁判官・・・・。


「調停委員2名からは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能」と言われましたが?と判事に尋ねると

取り下げたので調停は行いません、田中正哉判事。

他の会代表が申し立てた調停も全部4件とも不成立・・・・。

そこで22日の宇都宮簡裁での調停の件、訴状は纏めた方が裁判所としても宜しいのでは?提訴するにも22日から4日間では難しいことも全て話したのですが、「田中正哉判事」拒否

これは確信犯だなと思い、「田中正哉判事」にだいぶ、澤田雄二弁護士を擁護されるのですね!!と一言・・・・。

結局、引継ぎもろくに出来ていない裁判官では駄目ということです、取り下げした時も、沓水書記官の方をチラチラ見ながら対応している状況で(呆れ)

もう頭を切り替えるしかないので、分かりました、不成立の証明書の申請をしますので、手続きを進めて下さいと言うことで

真岡簡裁調停終了!!

たぶんですが、調停を纏められて、訴額を考えても、これで提訴の時は、真岡簡裁「田中正哉判事」のところでは無く

宇都宮地裁本庁扱いなので、「田中正哉判事」取下げ不成立の時も、宇都宮簡裁の関係性どうこうより
真岡簡裁としてはこうですからと言う意味の回答をしており。

良く4月ごろ異動で裁判官が引き継いだ事件はひっくり返されることや問題が多いと聞いておりましたが、「やはり」ということかと・・・。

まあ市貝町も調停拒否との事でしたのでこれで新たな訴訟を起こさない限り、真岡簡裁とはかかわらなくて済みます。

後はたぶん22日の調停も全部不成立、訴訟になったら会代表が狙っていることがあるのですが、それはみのった時にでも。

この翌日に宇都宮簡裁に出向き、真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。

宇都宮地裁本庁の受付に、はっきり言われたのは調停分が多いことも伝え、これバラバラに提訴すると、裁判官には複数の裁判官に纏めて事件が渡され振り分けられるので、併合出来る出来ないはありますが、頻繁に裁判所に来ることになりますし、複数の裁判官でバラバラになりますよ!!

さらにバラバラに提訴すると訴額の手数料、郵券の金額も違ってくるので、提訴する側に負担が多いとの事・・・・。

そうですよねと会代表も頷き、その問題を真岡簡裁の判事にも伝えたのですが、真岡は真岡なのでと言われて・・・・。

訴額の手数料、郵券の金額も結構、纏めると纏めないでは調停件数が多いので負担の違いが・・・・。


もうこの辺のことを、宇都宮地裁本庁の受付に聞いたときには「田中正哉判事」の嫌がらせか?と思うほど・・・。

まあ切り替えるしか無いので、宇都宮地裁本庁の受付も複雑案件ということは、調停10件と聞けば直ぐ分かるように

だったらこうしたらというアドバイスを受け現在、資料作り。

たぶんこちらで提訴すれば澤田弁護士側が反訴するつもりなのでしょう!!

まあ、もう澤田雄二弁護士には言っていますが、裁判になったら裁判官の前で、私に言った「頭の悪そうな人ですね」と発言させてあげますので覚えておくように!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


●9月16日、宇都宮地裁から、「債務不存在確認訴訟」の訴状が届きました!!

先日書記官から先に送ることは聞いていたので、驚くことも無く・・・。

口頭弁論までまだ先なのですが、会代表からの提訴分の補正が済まなければ、

「債務不存在確認訴訟」の方も進められないのは裁判所書記官に確認しておりますので、

まだ答弁書に対し慌てることなく、「補正と証拠の準備!!」

「債務不存在確認訴訟」の訴状の公開前に、分かりやすいように、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開を先にさせて頂きます。

澤田雄二側が、取り下げした調停分です。


この調停申立書を、頭に入れて、次回のブログ記事での「債務不存在確認訴訟」の訴状を見ると状況が確認できます。

簡単に申せば加害者側がふざけているのか?

「債務不存在確認訴訟」の訴状では、調停申立て時と違い、

一切介護事件事故虐待の損賠賠償責任は無いという内容でした(怒り)


まあ、そんなことが通るはずも無く、会代表としては慌てていないのですが・・・・。

取りあえず、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開からどうぞ!!

ポイントは「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


「債務不存在確認訴訟」の訴状の公開です!!

調停申立書の内容と何が違っているかご確認ください!!

調停申立書での「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」

上記の内容が、「債務不存在確認訴訟」の訴状では・・・・。

●「損害賠償債務が存在しないことを確認する」

簡単に言えば損害賠償責任は加害者側施設に無いという事です(呆れ)

債務不存在確認訴訟では加害者側が原告です。

会代表が被告として提訴されているという事ですが・・・。

会代表を提訴・被告にした分は、キッチリ倍返し以上してあげます(怒り)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/27 Tue. 15:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0926

<警察庁通達・「捜査用カメラの適正な使用の徹底について」公文書>「宇都宮中央警察署・盗撮問題」「宇都宮中央警察署内で警察沙汰・刑事告訴人をビデオカメラで盗撮!!検察での告訴受理、保有個人情報開示・証拠隠蔽に関して説明求め」宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」(松沼刑事第一課長)「介護事件事故虐待問題の刑事告訴拒否」捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切捜査記録無し隠蔽!?」  

栃木県警本部長 松岡亮介 宇都宮中央警察署長 斉藤敏市 盗撮 隠し撮り 介護事件2


警察庁 捜査用カメラ

隠しカメラ警察

m宇都宮中央警察署盗撮9

m宇都宮中央警察署盗撮11

警察庁通達文書

警察庁 被害届
宇都宮中央警察署

警察庁 告訴・告発

m宇都宮中央警察署盗撮8 栃木県警 福田富一県知事

m宇都宮中央警察署盗撮9 栃木県警 福田富一県知事

anigif宇都宮中央警察署盗撮スライド■画像スライド■↑↑↑

m宇都宮中央警察署盗撮6 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮5 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮3 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮2 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署5斉藤敏市 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署6斉藤敏市

宇都宮中央警察署2斉藤敏市

宇都宮中央警察署4斉藤敏市

宇都宮中央警察署3斉藤敏市

斉藤敏市 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1


会代表のコメント

2016年6月20日
栃木県警 宇都宮中央警察署へ介護事件事故虐待の刑事告訴に出向きましたが「刑事告訴拒否!!」

刑事課サクマ氏の介護問題の知識不足なのか?宇都宮中央警察署としての介護問題の知識不足なのか?

刑事告訴させる為の聞き取りでは全く無く、介護虐待問題にさせない為の刑事課の聞き取りで有り、流石、冤罪事件の栃木県警!!

以前に栃木県警本部には、介護問題の刑事告訴では所轄の警察では、知識不足で無理なので、栃木県警本部で対応できる担当者をとお願いしましたが無理・・・・。 所轄へ行けの1点張り・・・。

案の定、宇都宮中央警察署へ刑事告訴に出向いてもいきなり来るな!!

茂木警察署へ行け!!宇都宮地検に告訴しろ!!

挙句の果てに、数時間事情を聴かれ説明した後に、いきなり当時電話されて刑事告訴されても難しいので

本日は「刑事告訴の相談を受け付けたということで、刑事告訴は受理せず」

会代表としても「はあ!?」ふざけているのか?、この警察官!?


ミラーガラスのある取調室で、数時間押し問答・・・。

サクマ刑事担当では無く、別担当をと言ったら、刑事課長だったか?松沼刑事課長が参上!!

宇都宮中央警察署では刑事告訴受け付けませんと発言!!



おいおい、先ほどサクマ刑事が、刑事告訴できない訳ではないが、茂木警察署へ行けと言ったのに

宇都宮中央警察署で刑事告訴させないという話にしたいらしい・・・。

松沼刑事課長にフルネームを聞いても拒否

今回の刑事告訴拒否は「栃木県警」として介護問題の刑事告訴拒否と考えて宜しいのですね!?


松沼刑事課長に聞くと、「いえ」宇都宮中央警察署としての判断です・・・・・。

何言ってんのか、単に刑事告訴させたくないだけの話だろうに(怒り)


既に別件で、直告と刑事告訴している会代表ですので、刑事告訴状に関しては、それほど刑事告訴が出来ないレベルの告訴状を提出するはずも無く・・・・。


完璧な介護問題の認識の違い・・・。

ノートパソコン持ち込みで取調室にも出向いているので、刑事告訴状の細かい変更点が有れば、その場で、告訴状の変更が可能と伝えているにもかかわらず、最初は変更点を言って来て、すぐに変更点を付け加えるとサクマ刑事に伝えると、上司のところに何度も出向き、結局、刑事告訴させないということに(怒り)

訴えるなら栃木県警をということのようで、松沼刑事課長がフルネームも述べず栃木県警本部をということのようですので、
あいにく会代表としては、いつでも栃木県警と公安委員会は訴えることができるのですが、「刑事告訴」がまだあるので後回しにしているだけです。

ということで宇都宮地検への直告へ切り替えます。

取調室から宇都宮地検に連絡したところ、以前の担当が見事に異動しているようで、後程記事に・・・。

宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」・・・・。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

昨日、宇都宮地裁に出向いた後に、先日刑事告訴を拒否した、宇都宮中央警察署へ、保有個人情報開示請求手続きの為に出向いて来ました。

その前日には、その刑事告訴対象者の片岡孝施設長の自宅前で警察沙汰(笑)

パトカー3台、おまわりさんだけでも8~9人ほど取り囲まれましたが、どこの警察署か分かっていたのですが一様尋ね、宇都宮中央警察署、地域課とのこと・・・。

先日、刑事告訴拒否されたばかりなのですが、宇都宮中央警察署にはと出向いた警察官に・・・。

それもあり、翌日に宇都宮中央警察署へ、刑事告訴拒否した関係の全資料の開示請求。


担当した刑務課が開示できるものとできないものがとの事だったので、「出ないはずは無いはずですが、こちらは開示請求経験者ですよ!?」とちょっと指摘しておきながら数週間ぐらい、県警本部にも確認するなどと言っていたので時間が掛かるとの事・・・・。

さらに、本日所轄の、茂木警察署の刑事課長に電話を入れ、今年4月から異動して来た課長との事で、ここ数週間の間に、茂木警察署に、刑事告訴関係で、宇都宮中央警察署、そして一昨日の木村勝則(運営本部長)宅での警察沙汰で、真岡警察署からも茂木警察署へ確認が入った可能性が高かったので、これからの別件の刑事告訴の件も含めご挨拶で連絡。

ここでの話で、宇都宮中央警察署の担当した刑事の、でまかせを確認、やはり宇都宮中央警察署でも刑事告訴受理可能だったとの事(怒り)

今回の茂木警察署の刑事課長さん、横柄な態度ということも無く、4月に異動して来たのに状況を把握して頂けていたのですんなりご挨拶と今後の刑事告訴のお話を詰めておきました。

理事長の松田源一宅のことも既にご存知で、もしこの茂木警察署の刑事課長さんの対応が悪ければ数日後に、松田源一理事長宅&もてぎの森うごうだ城へ、慰謝料請求に出向こうかと思っていたのですが・・・・。

刑事告訴も現在、地検へ直告してある告訴分も含め出向けばきちんと対応して頂けるとの事でしたので、今のとこと茂木警察署管内での警察沙汰はちょっとややこしくなるので後回し・・・・。

出向かないのでは無く、タイミングとして後回し(笑い)!!

いちようこれでも会代表、警察沙汰にも優先順位を付けさせて頂いております!!


その後、警察沙汰の真岡警察署へ連絡して、警察沙汰の木村勝則本部長宅前で、道路使用許可証が下りるか?現在確認中。

下りても下りなくても、慰謝料を支払うまで出向かせて頂きますので、逃げるなよ木村勝則!!

次回、出向くときは真岡警察署に出向いて挨拶してから行きますか?真岡警察署署員には話しておきました。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮中央警察署では刑事告訴拒否
サクマ刑事担当(司法警察員警部補)
松沼(刑事第一課長)


刑事告訴を拒否した時の、宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求
26日に警察署に出向いて捜査記録の開示書面をお金支払って開示して来ました、1枚数十円ですがきちんと警察はお金取りますので・・・。

帰宅して、ゆっくり開示書面に目を通したらまた栃木県警はやらかしたかなあ!?

刑事告訴拒否した事実というよりは弁明書面・・・・。


まあここまでは栃木県警では当たり前

しかし、捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切記録無し・・・」

それもサクマ担当の部分は資料で黒塗り・・・。

簡単に言えば、証拠音声を聞かされていて刑事告訴拒否では、宇都宮中央警察署としては不味いということ。

分かりやすい記録ご苦労様という感じです。


たぶん、通常の流れでは公安委員会に不服申し立てできるのですが、栃木県公安委員会は警察とズブズブで役に立ちませんので・・・。

今回の宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求に関しては、勿論通常の情報開示

それともう1点会代表には思惑が有り、ここでは警察もこのブログをチェックしておりますのでコメント控えますが・・・。

広報活動の所管警察署が、宇都宮中央警察署、帰りがけに道路使用許可の部署担当にご挨拶&道路使用許可証の申し込み書を貰ってきました。

警察に会代表が行くと、耳をそばだてている警察官が多いこと(笑)

今回の保有個人情報開示請求も今後の為の布石です。

警察と闘っている方や、警察に誤魔化されないようにするには
「音声録音と保有個人情報開示請求はセットだと思って下さい!!」

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



最初、宇都宮中央警察署へ出向いたときには、いきなり2階の刑事告訴拒否した、刑事課に出向くと

いきなり揉めると思ったので、1階の情報開示請求の受付の総務課に出向き、前回の情報開示書面の

証拠の隠蔽部分があるので説明を求めたら・・・・。

その時の総務課の警察担当が、何か口の中でガムを噛んでいるのか口をモゴモゴしながら、

何だという感じで対応してきたので、カチンと来たのですが、そこは抑え
、1階ロービーで待つように言われ

15分ぐらい待たされたでしょうか?、普通民間なら、待たせるなら待たせるで、現在どうなっているので

少々お待ち下さいと伝えてくるべきであるのに、それも無し、おいおい放置か・・・・。

そこで10メートルぐらい離れた担当を見ると、会代表と目が合うと慌て出して、何かを見出し・・・・。

駄目だこれはと思い、受付に出向きまだですか?

担当、今連絡を取っている、だったら15分ぐらいもう待っているのだから伝えてくるべきではというと

不貞腐れる態度を警察が見せたので、プチ!!、おいおいお前さっき物食いながら対応したよな!!

時計を見て、警察署に出向いたときは午前11時10分頃、昼飯にはまだ時間がありますが

警察署は物食いながら県民に対応するのかなあ?それも刑事告訴拒否したものに・・・・。


勿論1階ロビーの総務課の受付ですので、車庫証明、運転免許更新などの県民が来ている場・・・・。

物食いながら対応した担当が再度、はあ?見たいな態度を取ったので

取りあえず、ワントーン声を上げて指摘!!

そしたら、警察署内ですから何だ、何だと直ぐに警察10人ぐらいに取り囲まれ・・・・・。

またその中には、栃木県庁に母と出向いた時に警察沙汰になった時に、来ていた警官も数人おり

いきなり自分の名前を読んでくるので誰だ!?

それと先日のデモの許可の時の道路管理下の女性警官まで、出向かれて、暑いから近寄るなと言ったのですが

警察お得意の取り囲み&個室誘導・・・・。

個室に誘導されるとどうなるか、会代表は理解しているので、個室は拒否!!

他の県民の見ている所で、栃木県の介護問題ですので聞いて頂きましょうよ!!

こちらの宇都宮中央警察署で、告訴できない、検察へ行け!!と刑事告訴拒否された件が

先週、宇都宮地方検察庁で告訴受理されました!!

さらに情報開示書面には、検察も確認している証拠が記載されておらず隠蔽!!

ここまでロビーにいる県民に話すと、警察も権力で封じ込めに来ます
ので

押し問答になる前に、会代表には触るなよと警察官に!!

お前らこちらが身体を押せば公務執行妨害でパクるつもりな事ぐらい分かっている人物なのだから

暴力行為はしないので自分に触るな!!と言っているのに会代表の腕は引っ張るは・・・・。

そうなれば警察も会代表も、大声で押し問答・・・。

警察10人に体力で勝てるはずも無く、2階で説明するのでと会代表の両腕を掴まれ、強制的に階段へ

ロビーにいた県民も見ていたはず!!

階段途中で、もう腕を放すように命じて、2階へ、2階の個室へと言われたので拒否

2階廊下のベンチで取りあえずということで腰掛、相変わらず10人ぐらいの警官に囲まれ、部屋に入れ部屋に入れと警官

会代表はウン!?何か可笑しいな!?

部屋に入って警官に取り囲まれるのは分かっていましたが、録音録画するつもりで部屋に案内しているのかと思って

周りを見渡すと、その総務課の物食って県民に対応した警官が、

こちらを見るという感じでは無く半身でじっとしているので???

目線を下ろすと、腰元辺りに、光るレンズ!!

直ぐにわかりました「ビデオカメラ!!」

あれ!?警察が何も言わずに盗撮ですか?

先日、九州だったか、警察が選挙中にどこぞの団体を盗撮したとしてニュースになっていましたよね!!


と指摘すると警察が盗撮じゃない、ほら見えているでしょう!!(アホかとの思い!!)

何がほら見えているでしょうじゃ無く、身体半身でわざわざ警官が腰元にビデオ構えて、

目線は向けず、県民に言わず撮っていれば盗撮では無いのかなあ???

あれもしかして、1階ロビーでは他の県民がいて盗撮しているとバレるので、2階に引っ張って来たのかなあ?

では会代表も盗撮の証拠を取らせて頂きますね!!とスマフォで記録しようとすると

警官が、手をかざし妨害!!


警察が庁舎管理規則を持ち出したので、任意ですよね、だったらビデオカメラ止めさせたらと言っても

対応する警察では有りませんので、部屋に強引に連れ込もうと取り囲んでいるので、

刑事告訴拒否した担当は名刺を求めているのに出さない・・・・。

これで部屋に入ったら何をされるか分かりませんので・・・・。

会代表が分かりました、庁舎管理規則に関係しない外に出ましょう!!と立ち上がり

1階にに行くので、本日、そのビデオカメラの記録動画と本日の警察資料の情報開示請求を

本日1階で行っていくので、盗撮していた警官には、ビデオ編集せずきちんと情報公開して下さいね!!

と念押し!!


1階で、情報開示請求の書面を提出して来ました!!

ということは開示されれば再度宇都宮中央警察署に出向くことに(笑)

完璧に会代表の声も潰れてしまい・・・・。


警察署を出てから、別の駐車場から栃木県警本部、県民広報相談課へ電話

実は先ほど宇都宮中央警察署で盗撮されまして・・・。

以前刑事告訴を拒否され、先週宇都宮地検で告訴受理されたもので説明を求めて出向いたのですが・・・。

すると県民広報相談課の警察官がOBなのか分かりませんが・・・・。

え!!宇都宮地検で受理されたのですか!!と驚き気味・・・・・。


たぶん、相談案件のご遺族が県民広報相談課に連絡して、宇都宮東警察署が対応しないなら・・・。と

門前払いした担当なのかと思いつつ・・・・。

警察が刑事告訴できた事件を、拒否していたことは明らか!!

宇都宮地検の告訴受理で、警察問題なのは、県民広報相談課でも分かるはず・・・。

逆に所轄に伝えれば言いだけなのか、それ以外何か・・・・。

会代表から、既に本日の件を、情報開示請求してきているので、きちんとした宇都宮中央警察署からの

説明を求む!!ということで・・・・。


その後、その出先から、とちぎTV、読売新聞、産経新聞など電話しましたが

やはり栃木県警問題も介護問題に関しても対応が渋い・・・。

とちぎ放送に関しては、とちぎ放送のアナウンサーが昨年、栃木県公安委員会委員になっており

取り上げるべきでは伝えているのですが・・・。

まあ、栃木県のマスコミは、警察、行政叩きはしませんので・・・・。

現在、ブログの表示が少し可笑しいようでFC2に問い合わせ中!! 記事は確認できます。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



現在、ツイッターでホローさせて頂いている、「告訴・告発支援センター」を覗いていたところ

警察庁の公文書、通達書面・・・・。

印鑑が押されていないので、実際、警察庁のHPから通達資料を調べたら見付けました!!

都道府県などの警察署への通達書面の公開資料!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

ご覧いただければきちんと警察庁から通達が出ているじゃないですか!!

それも・・・。

「警察署告訴・告発センター」等の設置、警察署に、「警察署告訴・告発センター」等を設置するものとする。

「警察署告訴・告発センター」等の事務
ア 告訴・告発の受理等

「警察署告訴・告発センター」等は、警察署に対し告訴・告発の相談・
申出をする者があったときは、当該告訴・告発の相談・申出に対応し、告
訴権の有無、告訴・告発期間、犯罪構成要件の充足の有無等の要件を確認
するなどした上、受理の可否について判断するものとする。

なお、擬律判断に専門的知識を要し告訴・告発の受理の可否の判断が難
しいものについては、その都度、本部事件担当課を経由して「本部告訴・
告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏ま
えて受理の可否を判断するものとする。



刑事告訴拒否した、宇都宮中央警察署は・・・・。

「本部告訴・告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏まえて受理の可否を判断したのでしょうか???

次回記事では、被害届の資料も公開して行きます!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

これから刑事告訴・告発・被害届される方は、上記のURLの警察庁通達文書をプリントアウトして、

刑事告訴告訴状と共に警察署に持って行き、警察が刑事告訴告発を渋ったら、

警察庁の通達文書を見せて交渉されてください!!

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

警察庁 被害届の通達文書

●迅速・確実な被害の届出の受理について(リンクはこちら)

迅速・確実な被害の届出の受理について
被害の届出の受理については、犯罪捜査規範(昭和32年国家公安委員会規則第
2号)第61条において、被害の届出をする者があったときは、その届出に係る事
件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず、これを受理しなければならないと
規定されている。

しかし、近時、業務の多忙を理由に被害届の受理を先送りしたり、複数の都道
府県警察に関係する事案に係る被害申告への対応が不十分なため重大な結果を招
いた事案が発生するなど、被害の届出の受理をめぐり不適切な対応が見られると
ころである。
各都道府県警察にあっては、これらの事案を重く受け止め、被害者の要望に応
える迅速・確実な被害の届出の受理がなされるよう、下記の事項について徹底を
図られたい。


宇都宮東警察署、介護事件の被害届を被害届扱いもせず放置・・・・。

警察庁からの通達文書は、栃木県警には届いていないのだろうか・・・・。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

警察庁 捜査用カメラの適正な使用の徹底についての通達文書


●捜査用カメラの適正な使用の徹底について

1 任意捜査としての許容性の確認の徹底
捜査用カメラによる被疑者の撮影・録画(以下「撮影等」という。)は、その捜査目
的を達成するため、必要な範囲において、かつ、相当な方法によって行われる場合に
限り任意捜査として許される。

捜査幹部は、捜査用カメラを用いて撮影等しようとするときは、当該場所の性質、
撮影等の具体的目的(現行犯の立証、既に行われた犯罪の犯人の特定等)、撮影等の必
要性(事件の重大性、嫌疑の程度等)及び撮影方法の相当性(第三者が撮影対象に含
まれるか否か等)について、対象事件の具体的状況に即して可能な限り子細に検討し
た上で実施するとともに、撮影等の継続の必要性についても随時検討すること。


本日、情報開示の回答で、宇都宮中央警察署、ビデオカメラを腰元で半身で盗撮していた

AM11時過ぎに物食いながら県民に対応した、総務課 下沢氏!?から連絡があり、盗撮じゃないそうです(呆れ)

県民広報相談課 山崎氏からも、その後回答が無く、こちらも放置???

だいぶ問題を栃木県警が軽く見られているようで・・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/26 Mon. 19:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

0924

名刺管理アプリ登録・高齢者虐待 懲戒処分 被告弁護士 頑張って営業活動!?宇都宮中央法律事務所 被告 澤田雄二懲戒処分弁護士、被告 海老原輝弁護士  

澤田雄二弁護士 海老原輝弁護士 新田裕子弁護士 宇都宮中央法律事務所

澤田雄二 宇都宮中央法律事務所


調停申立書
調停申立書1
調停申立書2
調停申立書3


受継申立書 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

調停取り下げ 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 澤田雄二弁護士 介護虐待施設

損保ジャパン日本興亜 介護被害1

s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg

澤田雄二・新田裕子

松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

求釈明書

調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設1
調停 松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 介護虐待施設2
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝1
医療法人松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝2
調停 市貝町 入野正明町長

■受継調停分、相手方、松徳会 もてぎの森うごうだ城
松徳会 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝

真岡簡易裁判所

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士、

田中正哉判事 知野明判事 沓水暁子書記官 澤田雄二弁護士、一木明弁護士3

宇都宮地方裁判 真岡支部

松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・もてぎの森うごうだ城8


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 ジャガー1

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師 BMW888

もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」 

SnapCrab_NoName_2016-5-14_11-17-1_No-00.png


木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

もてぎの森 うごうだ城 松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・みながわ桜園 ましこの里星の宮 「松徳会」

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」
理事長 松田 源一 精神科医
木村勝則 本部長


医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待嫌がらせ事件の調停の受継申立書(調停継続)

特別代理人「一木明弁護士」が、嫌がらせで被害者家族に渡すことを拒否した「求釈明書」が先週、届きました。

本日7月12日調停日なので、数日で「求釈明書」の量を見れば確認は無理。

明日は調停4回目加害者側が受継申立した件と、先日会代表が真岡簡裁に4件の調停申し立てを行った件で裁判所に出向きます。

今までの調停3回と大きく違うのは、会代表の相続が確定、参考人では無く、当事者として出席できると言うことです。

さらにこちらから調停申し立てしたぶんの調停の併合も確定。

親族の相続放棄の協力により、息子である会代表が相続人に確定、これからが「やっと本番です」!!

借金と同じで、相続放棄しなければ、損害賠償及び支払いの当事者となります。

簡単に言うと、加害者側が申し立てている数百万円の支払い請求対象者が、会代表になると言うこと。


まあ、介護虐待介護事件事故の加害者「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」と懲戒処分澤田雄二弁護士が、すでに損害賠償請求の調停申立てをしている会代表に支払い請求がどこまで出来るかがこれからが勝負・・・・。

加害者側の支払い請求の問題点は、突っつきどころ満載なので・・・。

調停不成立になって訴訟になっても、「損保ジャパン日本興亜の後遺障害認定」自体、第三者機関に判断せず、持ち出して来た認定なので、確実に「損保ジャパン日本興亜」を法廷に引きずり出して上げます!!

訴訟になれば、「損保査定と裁判査定での今までの矛盾点を徹底的に突かせて頂きます」ので、そうなればどうなるか?

損保査定と裁判査定の差額で儲けている関係者や片棒を担いでいる関係者が山ほどいますので、炙り出して上げます!!


後々「損保査定と裁判査定」のカラクリも記事にさせて頂きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント


医療法人社団 「松徳会」介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

医療法人社団 「松徳会」
松田源一理事長
木村勝則本部長

上記医療法人プラス経営者2名、人の親(母)を殺しかけ障害者にしておいて、調停申し立ての答弁書で

加害者側が 介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)

殺人未遂犯、弁護士法違反弁護士よ、損保ジャパン日本興亜よ、さっさと慰謝料払えよ!!

●偽善者ども!!(怒り)

この後12日に調停でその後に、加害者側と警察沙汰・・・。

完璧にこれから分かりますが、真岡簡易裁判所 田中正哉判事と調停委員の企みで、一方的に調停不成立にされました(怒り)

では相手方の特別代理人まで無理くり「一木明弁護士」を立てた加害者側の調停申し立てはどうなったのか?

次回記事にさせて頂きます!!


真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

先日真岡簡裁調停4件分の公開と、既に調停中の受継された調停期日呼出状。


申し立てた4件調停分
医療法人松徳会(法人)
松田源一(理事長)
木村勝則(運営本部長)
市貝町 入野正明町長(介護保険保険者)

予告として、調停後に木村勝則(運営本部長)・片岡孝(施設長)と警察沙汰!!

まあ、裁判所を始め、加害者側施設&弁護士、行政が「なめた事」をしてくれました!!


12日の調停で何が起きたか?

12日の真岡簡裁の調停では、田中正哉判事も同席することなく、調停委員の方2名と受継申立書(調停継続)された分と
会代表が申し立てた4件分の調停を進めるはずだったのですが・・・。

最初に調停委員2名のみの調停室に入り、席に座ったところ、相手方が調停にそぐわないとかで取り下げしたいと言っているとのこと?

受継を申し立てて(調停継続)おいて、今度は取り下げ???


澤田雄二懲戒処分弁護士が来ていたのか、この日は裁判所の駐車場にいつものベンツは無く・・・・。

取り下げて支払い請求をしないと言うことでもなく、「訴訟事件」にしたいと言うことらしい。

やっと相続も関係済んで、当事者になったと思ったら取り下げ、さらに会代表からの加害者側の調停も拒否するとのことで不成立にしたいと言っているとのことで、調停委員には何度か、22日にも宇都宮簡裁で調停があるので、拒否したのですが・・・・・。

調停委員2名からはでは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能、それで相手方が来なければ不成立と言うことにと話しが有り・・・。

22日にの調停分と、12日に不成立に取り消しにされるとその14日間以内に訴訟に以降すれば訴額手数料が無駄にならない件もあるので、もう1回調停日を設けて貰えれば、たぶん22日の調停分も不成立の予想は付いたので、訴状をまとめるにも22日に不成立になって12日分の14日間目が26日。

22日から4日間、その間にどれとどれを訴状にまとめるか?調停不成立の証明書手続きも有り・・・・。

12日分と22日分の調停不成立分を纏めることなく、12日分だけ先に提訴するかなど考えると、どう考えても裁判所としても面倒なはず・・・・。

何がしたいのかなあ? 特別代理人「一木明弁護士」まで付けて中途半端に解任した真岡簡裁は???

澤田雄二懲戒処分弁護士側とすれば、地方自治体の調停2件を除けば8件が医療法人松徳会事件

逆に宇都宮中央法律事務所、委任代理人退職した大内一宏弁護士以外、澤田雄二、新田裕子、海老原輝弁護士3名

もちろん澤田雄二には弁護士事務所代表として退職した大内一宏弁護士の分もきっちり責任を取らせるつもりでしたので・・・・。

これでは受継しても・・・・。

調停委員には、取り下げ不成立と言うことは、相手方「医療法人松徳会」「宇都宮中央法律事務所」としては賠償金慰謝料欲しいなら訴えろと言うことですか?確認して貰えますか?調停委員に頼み一度待合室へ・・・。

再度呼ばれたら、今度は調停室に、田中正哉判事、沓水暁子書記官もいて、席に座ると間髪いれずに

澤田雄二弁護士印の取下書を、目の前に出され、田中正哉判事に取り下げましたから!!

「はあ?」やってくれたなこの裁判官・・・・。


「調停委員2名からは、もう1回ぐらいは調停日を設ける事は可能」と言われましたが?と判事に尋ねると

取り下げたので調停は行いません、田中正哉判事。

他の会代表が申し立てた調停も全部4件とも不成立・・・・。

そこで22日の宇都宮簡裁での調停の件、訴状は纏めた方が裁判所としても宜しいのでは?提訴するにも22日から4日間では難しいことも全て話したのですが、「田中正哉判事」拒否

これは確信犯だなと思い、「田中正哉判事」にだいぶ、澤田雄二弁護士を擁護されるのですね!!と一言・・・・。

結局、引継ぎもろくに出来ていない裁判官では駄目ということです、取り下げした時も、沓水書記官の方をチラチラ見ながら対応している状況で(呆れ)

もう頭を切り替えるしかないので、分かりました、不成立の証明書の申請をしますので、手続きを進めて下さいと言うことで

真岡簡裁調停終了!!

たぶんですが、調停を纏められて、訴額を考えても、これで提訴の時は、真岡簡裁「田中正哉判事」のところでは無く

宇都宮地裁本庁扱いなので、「田中正哉判事」取下げ不成立の時も、宇都宮簡裁の関係性どうこうより
真岡簡裁としてはこうですからと言う意味の回答をしており。

良く4月ごろ異動で裁判官が引き継いだ事件はひっくり返されることや問題が多いと聞いておりましたが、「やはり」ということかと・・・。

まあ市貝町も調停拒否との事でしたのでこれで新たな訴訟を起こさない限り、真岡簡裁とはかかわらなくて済みます。

後はたぶん22日の調停も全部不成立、訴訟になったら会代表が狙っていることがあるのですが、それはみのった時にでも。

この翌日に宇都宮簡裁に出向き、真岡簡易裁判所 「田中正哉判事と調停委員の企み」は宇都宮地裁本庁の受付でも、流石に裁判官の否定発言はしませんが疑問を感じている様子でした・・・。

宇都宮地裁本庁の受付に、はっきり言われたのは調停分が多いことも伝え、これバラバラに提訴すると、裁判官には複数の裁判官に纏めて事件が渡され振り分けられるので、併合出来る出来ないはありますが、頻繁に裁判所に来ることになりますし、複数の裁判官でバラバラになりますよ!!

さらにバラバラに提訴すると訴額の手数料、郵券の金額も違ってくるので、提訴する側に負担が多いとの事・・・・。

そうですよねと会代表も頷き、その問題を真岡簡裁の判事にも伝えたのですが、真岡は真岡なのでと言われて・・・・。

訴額の手数料、郵券の金額も結構、纏めると纏めないでは調停件数が多いので負担の違いが・・・・。


もうこの辺のことを、宇都宮地裁本庁の受付に聞いたときには「田中正哉判事」の嫌がらせか?と思うほど・・・。

まあ切り替えるしか無いので、宇都宮地裁本庁の受付も複雑案件ということは、調停10件と聞けば直ぐ分かるように

だったらこうしたらというアドバイスを受け現在、資料作り。

たぶんこちらで提訴すれば澤田弁護士側が反訴するつもりなのでしょう!!

まあ、もう澤田雄二弁護士には言っていますが、裁判になったら裁判官の前で、私に言った「頭の悪そうな人ですね」と発言させてあげますので覚えておくように!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!

「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!


●9月16日、宇都宮地裁から、「債務不存在確認訴訟」の訴状が届きました!!

先日書記官から先に送ることは聞いていたので、驚くことも無く・・・。

口頭弁論までまだ先なのですが、会代表からの提訴分の補正が済まなければ、

「債務不存在確認訴訟」の方も進められないのは裁判所書記官に確認しておりますので、

まだ答弁書に対し慌てることなく、「補正と証拠の準備!!」

「債務不存在確認訴訟」の訴状の公開前に、分かりやすいように、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開を先にさせて頂きます。

澤田雄二側が、取り下げした調停分です。


この調停申立書を、頭に入れて、次回のブログ記事での「債務不存在確認訴訟」の訴状を見ると状況が確認できます。

簡単に申せば加害者側がふざけているのか?

「債務不存在確認訴訟」の訴状では、調停申立て時と違い、

一切介護事件事故虐待の損賠賠償責任は無いという内容でした(怒り)


まあ、そんなことが通るはずも無く、会代表としては慌てていないのですが・・・・。

取りあえず、加害者側からの調停時の「調停申立書」の公開からどうぞ!!

ポイントは「本件事故発生の責任が、申立人にあると解される予知がある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

医療法人社団「松徳会」老健「もてぎの森 うごうだ城」澤田雄二懲戒処分弁護士

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)

100万人が使う名刺アプリ
2012年に名刺をスマートフォンで撮影してデータ化する「名刺管理アプリ」

「ビジネスSNS」機能を追加し、UIを一新
2015年は、各々が名刺をためて整理するだけでなく、名刺に代わる「あなたのビジネスネットワーク」として、ユーザー同士のつながりを深めるニュースフィードやフロフィール機能などを搭載

2016年3月には、スマートフォンを介して直接つながれる「オンライン名刺交換」機能を実装し、従来の紙の名刺交換のあり方を問い直す、新たな試みに挑戦しています。

●名刺管理アプリ登録・高齢者虐待 懲戒処分 被告弁護士 頑張って営業活動!?宇都宮中央法律事務所

宇都宮中央法律事務所 澤田雄二懲戒処分弁護士、海老原輝弁護士の名刺管理アプリの登録を見つけました!!

頑張って営業活動!?
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/24 Sat. 23:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

0924

成年後見制度支援信託 金融機関一覧「家裁は司法関係者の横領が増えても専門職後見人推奨!?大阪弁護士会は導入反対!?」「最高裁判所提案の「後見制度支援信託」に関する意見書 - 大阪弁護士会」  

後見制度支援信託の仕組みに沿った信託商品を提供している金融機関一覧 

後見制度支援信託 大阪弁護士会 

成年後見制度支援信託

成年後見人制度 選挙

成年後見人制度 選挙 欠格事項

成年後見人促進法

成年後見人促進法1
成年後見人促進法

成年後見人

s-140402092939_2.jpg

SnapCrab_NoName_2015-7-24_2-17-7_No-00.png

後見人の不正、総額196億円に 昨年末までの4年半で

2015年7月22日01時40分 朝日デジタル

後見人の不正による被害総額の推移

 認知症などの人の財産を守るための後見制度で、後見人による着服などの不正の被害額が昨年末までの4年半で少なくとも196億円に上ることが最高裁のまとめでわかった。多くは後見人に選ばれた親族によるものだが、弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余りあった。

 最高裁が2010年6月から集計を始めた。被害額はわかっているものだけで、11年は33億4千万円だったが、12、13年はいずれも40億円を超え、14年は約56億7千万円と過去最悪だった。専門職による被害額も14年は約5億6千万円で最悪だった。

 成年後見制度は00年に始まった。本人や家族が制度の利用を家庭裁判所に申し立て、家裁が親族や弁護士らを後見人として選び、財産を適正に管理しているか、年に一度報告を求めている。




成年後見人被害

成年後見促進法

◇「不正防止」へ東京家裁が運用始める

 認知症や障害などで判断能力が十分ではない人の成年後見人に選ばれた弁護士が財産を着服する事件が相次ぎ、東京家裁は弁護士の不正をチェックするために別の弁護士を「後見監督人」に選任する運用を新たに始めた。家裁は再発防止に厳しい姿勢で臨む考えだが、弁護士が弁護士の仕事に目を光らせる仕組みに、弁護士会からは「弁護士が信用されていない」と反発の声も出ている。

 弁護士や司法書士ら、親族以外の専門職が成年後見人に選任される割合は増加傾向にあり、弁護士の選任は2014年は全体の約20%に上った。

 家裁は後見人から定期的に提出される報告書を通じて業務をチェックしている。12年には、精神疾患のある女性の後見人をしていた東京弁護士会の元副会長が期限までに報告書を提出しなかったため調査したところ、女性の財産に多額の使途不明金が発覚。元副会長が着服を認めたため後見人を解任した。元副会長は翌13年、東京地検に業務上横領容疑で逮捕され、着服額は総額約4200万円に上った。

 弁護士による同様の問題は各地で繰り返されている。最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた10年6月から14年末までに全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上る。今年も認知症女性の後見人をしていた東京の元弁護士が逮捕され、1億円以上を着服した疑いがもたれている。

 こうした事態に、東京家裁は昨年末から、弁護士の後見人が一定額以上の財産を預かる場合には、後見監督人として別の弁護士を付ける運用を独自に始めた。後見監督人は、後見人から事務報告を受けたり、後見人の財産調査に立ち会ったりして監督する仕組みだ。

 後見監督人は従来、親族が後見人になる場合に付けることが多く、弁護士の後見人に付ける例は業務に著しい遅滞があった場合などに限られていた。東京家裁によると、新たな運用は既に相当数の例があるといい、「後見制度は財産を保護するのが最大の目的で、何としても不正を防止したい」と強調する。

 一方、全国の弁護士会も14年以降、研修の義務づけや、家裁への報告を怠らないよう監督する仕組みを作るなど、再発防止には取り組んできた。東京家裁の運用について、日弁連高齢者・障害者権利支援センター事務局長の青木佳史弁護士は「多額の財産を預かるというだけで、不正の兆候がない弁護士に監督を付けるのはおかしい。弁護士会の再発防止策を信用していない」と反論。「信頼を得られるよう、まずは実績を見せるしかない」と話した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

どこから後見人制度で、弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の発想が出てくるのでしょね、裁判所がわざわざ、弁護士が増えすぎて食えない弁護士の為に、「弁弁」で受け皿を作るつもりなのか・・・。

官僚の天下りの発想に似ているような、監督と言いながら弁護士の受け皿を作り、弁護士が「弁弁」にて、それぞれ成年後見人での報酬を得る・・・。

今まで裁判所が、弁護士会や司法書士会に「成年後見人の紹介を丸投げ」していて、問題が起きてきたら、弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の発想とは、「裁判所も裁判所の機能を果たしている」のだろうか???

>>弁護士が弁護士の仕事に目を光らせる仕組みに、弁護士会からは「弁護士が信用されていない」と反発の声も出ている。

何を今更、弁護士会が「弁護士が信用されていない」と反発の声を上げているとは、はっきり言って滑稽です・・・。

>>最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた10年6月から14年末までに全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上る。

この最高裁による弁護士や司法書士ら専門職による着服の額を見ると「約11億2000万円」とはオレオレ詐欺レベルでは???
呆れて話しになりません・・・。

>>日弁連高齢者・障害者権利支援センター事務局長の青木佳史弁護士

日弁連に高齢者・障害者権利支援センターなんてところがあるなんて日弁連にも問い合わせをしているが初耳なのですが、早速「人権救済申し立て」の件も有るので調べてみます。


成年後見人制度自体が、全く成熟されておらず、会代表が未だ「成年後見人」になっていない、なれない事情というのも成年後見人での制度上の問題が有ります。

司法家や政治家が、成年後見人の講習会やNPOなどの団体で、冊子まで作っていますが、現実に弁護士を弁護士で監督する「弁弁」で弁護士が信用されていないという以前に、血縁関係家族が信用されていないからこのような制度が作られている訳です。

家族の介護の面倒、施設の面会、役場病院への対応など、まともに介護家族の面倒を看ている、介護家族(会代表)としては成年後見人制度で後見人になると手間が増えるだけで、さらに今回の介護事件事故のような訴訟案件だと、介護家族(会代表)が申請すると成年後見人になれないケースも高く、矛盾が多い制度です。

●<成年後見>弁護士着服事件相次ぐ 弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の裁判所の発想に対して

栃木県介護被害者会「会代表」としても 弁護士会副会長を懲戒処分送りにした介護家族としても「弁弁」など断固反対表明します!!

会代表のコメント

着服なんて甘い言葉をマスゴミが使っているから駄目なのです。

完璧な詐欺罪行為、「オレオレ詐欺」と一緒!!

>>日本弁護士連合会は弁護士への信頼が崩れかねないとして、被害者に一定額を給付する救済制度の検討を始めた。

何だ?「一定額」とは?  「どこが推薦して、どこが決定権者か、代理人選任、成年後見人選任の場合を考えるべき」

「弁護士への信頼が崩れかねない」の呑気な事を言っているものですね(呆れ) 

「弁護士会は被害者」だとでも思っているのでしょうか?


弁護士の横領詐欺行為の何割かは、「代理人選任、成年後見人選任の場合」は弁護士会・裁判所に責任有り!!

会代表のコメント

前記事と7月の朝日デジタルの記事を比較して見ましょう。

朝日デジタル7月では、「弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余り」過去4年半

読売の12月では、   「弁護士断定で、被害額20億円超」過去3年間


簡単には比較できませんが、だいぶ違いが出て来ますね・・・・。

別のSNSなどのコメントを見るとやはり

>>もはやオレオレ詐欺に準じて報道されるべき水準

国は何をしているのでしょうかね・・・。

会代表のコメント

司法関係者が横領して、法を守らないのに「成年後見制度利用促進法」とは・・・・・。

3年以内に法整備と言っても現状の成年後見人の問題が分からなければ改革も促進もしません。

先日の認知症JR事故の最高裁判所の判決での成年後見人に対しての判断などに関して、「成年後見制度利用促進法」を進める時に議論したのだろうか?

何か最高裁判所の判決の時期と「成年後見制度利用促進法」の時期に、違和感を感じるのは会代表だけだろうか?


認知症JR事故の最高裁判所の判決の疑問点をまとめて記事にした時にでも、「成年後見制度利用促進法」との繋がりをお話します。

簡単に申しますと最高裁判所の成年後見人に対する判断が、ちょっと違っていれば「成年後見制度利用促進法」に逆行していたかもという事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見制度利用促進法」(自己決定権の侵害の恐れ)と「後見弁護士着服問題」

以前から記事にしようと思っていた「成年後見制度利用促進法」の問題

たまたまタイトルが
「成年後見人促進法=日本人の死に際は100%強奪」というブログ記事を拝見して

ブログ主さんへ「大変ポイントを付かれておられる!!」とコメント致したぐらいです。

結構、宗教と政党を絡め奇抜に記事にされていると思う方もいるかもしれませんが・・・・。

会代表から述べれば・・・。

今の問題だらけの段階で「成年後見制度利用促進法」!?

「成年後見制度利用促進法」じゃなくて、「横領促進法」では!?

それも「食えない司法関係者へ」の国、裁判所、裁判官の横領犯罪の斡旋!!


最近、当会で相談を受けている介護虐待案件でも、弁護士を成年後見人にしたことで、介護施設とツルまれ

介護虐待隠蔽に始まり、他の施設へ移ることも弁護士に拒まれたのでは、介護被害者は逃げようが無く・・・・。

こんな状況下で「成年後見制度利用促進法」どころの話では無い(怒り)

なぜか?メディアと政治家の取り上げ方が少ない・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見制度利用促進法」(自己決定権の侵害の恐れ)と「後見弁護士着服問題」


たまたま、「成年後見制度利用促進法の問題でのリーガルサポート関係者の記事を拝見」

なるほど以前、会代表がJR認知症事故の最高裁判例と「成年後見制度利用促進法」のタイミングに違和感を感じているとの記事を残しており、続きはまだ記事にできていないのですが・・・。

今回の「家庭裁判所パンク状態、監督体制不十分」の記事を見て繋がってきました。

何か、慌てて横領問題も全く解決していないのに、「成年後見制度利用促進法」を進めるのか?

立法権を持つ国会が、司法の「家庭裁判所パンク状態」を危惧してなのか?意向が有ってなのか?分かりませんが

「監督体制不十分」(横領問題)を後回しにして、後見人を増やせば、どうにかなるとでも???



JR認知症事故の最高裁での、成年後見人への賠償責任がどうなったか?思い出してください!!

弁護士擁護の判決かと思っていましたが、それだけではなく、裁判所(特に家庭裁判所)裁判官に取ってもメリットがある判決だったのかと勘ぐってしまいます・・・・。

次回、JR認知症事故の判例との繋がりを記事にしたいと考えています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項&成年後見人決定権者である裁判官・裁判所の責任問題」

成年後見人を立てられて被害を被った方々が、成年後見人の問題を指摘されている方が多くいる事は、

当会にも現状の成年後見人制度を、どのように思われるかと尋ねられることがあるので会代表としては成年後見人制度を危惧しているのですが・・・・・。

会代表は、成年後見人制度、選任問題に危惧して、拒否していたので、現在の会代表の母の介護事件のように、特別代理人制度を加害者側弁護士が持ち出して来て、裁判所が片棒を担いでしまったので、ここまで複雑になっているのですが・・・・。

会代表は成年後見人制度が可笑しいと思ったから手続きを拒否していました!!

国が「成年後見制度利用促進法」により、制度を進めている以上、政治家は問題を見て見ぬ振りなのか?対応するつもりが無いのは確かです。

なぜか?現行の成年後見人の制度の状況で政治家にメリットがあるのです!!


そこに気づいて問題の指摘をしていかないと、制度改革どころの話ではありません。

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項」

まず、画像UPしておきましたので、法務省の成年後見人制度上の選挙権の記述と、成年後見人の欠格事項に関して

良く内容を確認されて、可笑しいと感じるか?感じないか?お考えになられて見て下さい!!


たぶん、今成年後見人の問題を指摘されている方々が、単に、この成年後見人はどこが駄目、成年後見人が横領したと問題にしても、その現状で、国、政治家が「成年後見制度利用促進法」を進めているのですから、改革されるはずがありません。


「成年後見人決定権者である裁判官・裁判所の責任問題」

それと成年後見人の決定権者の責任問題が問われなければ、何時までも司法関係者、弁護士などの横領は減らないでしょう!!

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項」

まずは、上記の矛盾点を考えて見て下さい!!


また成年後見の記事は引き続き記事にさせていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

関係した質問がありましたので記事に残しておきます。

後見制度支援信託は、本人が日常生活で使用する分を除いた金銭を、信託銀行等に信託することで、後見人による本人の財産の横領を防ぐ制度です。これにより、信託財産を払い戻したり、信託契約を解約したりするには、家庭裁判所の指示書が必要になり、後見人が勝手に払い戻しや解約をすることができなくなります。

●後見制度支援信託

最近の家裁の運用として、被成年後見人が有する財産が一定額以上の場合は、成年後見制度支援信託の利用又は、弁護士や司法書士等の専門職である後見監督人を付しています。

家裁から複数後見人を求められる事案が増えているとの事です・・・。


Q13 後見制度支援信託とはどのようなものですか?

A13 後見制度による支援を受ける方(ご本人)の財産のうち,日常的な支払いをするのに必要十分な金銭を預貯金等として親族の後見人が管理し,通常使用しない金銭を信託銀行等に信託する仕組みのことです。成年後見と未成年後見において利用することができます。信託財産は,元本が保証され,預金保険制度の保護対象にもなります。
 後見センターにおいては,現在のところ,500万円を超える資産がある場合について,後見制度支援信託の利用を検討することとしています。(ただし,後見事務に専門的な知識を要するなど専門職による継続的な関与が必要な場合や,本人の財産に株式等の信託できない財産が多く含まれる場合は除きます。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

後見制度支援信託ですが、調べれば調べるほど・・・・。

●後見制度支援信託の仕組みに沿った信託商品を提供している金融機関一覧


結局、専門職後見人、司法関係者の為の制度と思いつつ・・・・。

何と大阪弁護士会では導入反対声明!?


大阪弁護士会(全文)・・・。

●最高裁判所提案の「後見制度支援信託」に関する意見書 - 大阪弁護士会(全文はこちら)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/24 Sat. 09:59 [edit]

CM: 0
TB: 0

0923

<警察庁通達・「迅速・確実な被害の届出の受理について」公文書>「宇都宮中央警察署内で警察沙汰・刑事告訴人をビデオカメラで盗撮!!検察での告訴受理、保有個人情報開示・証拠隠蔽に関して説明求め」宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」(松沼刑事第一課長)「介護事件事故虐待問題の刑事告訴拒否」捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切捜査記録無し隠蔽!?」  

警察庁通達文書

警察庁 被害届
宇都宮中央警察署

警察庁 告訴・告発

m宇都宮中央警察署盗撮8 栃木県警 福田富一県知事

m宇都宮中央警察署盗撮9 栃木県警 福田富一県知事

anigif宇都宮中央警察署盗撮スライド■画像スライド■↑↑↑

m宇都宮中央警察署盗撮6 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮5 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮3 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮2 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署5斉藤敏市 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署6斉藤敏市

宇都宮中央警察署2斉藤敏市

宇都宮中央警察署4斉藤敏市

宇都宮中央警察署3斉藤敏市

斉藤敏市 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1


会代表のコメント

2016年6月20日
栃木県警 宇都宮中央警察署へ介護事件事故虐待の刑事告訴に出向きましたが「刑事告訴拒否!!」

刑事課サクマ氏の介護問題の知識不足なのか?宇都宮中央警察署としての介護問題の知識不足なのか?

刑事告訴させる為の聞き取りでは全く無く、介護虐待問題にさせない為の刑事課の聞き取りで有り、流石、冤罪事件の栃木県警!!

以前に栃木県警本部には、介護問題の刑事告訴では所轄の警察では、知識不足で無理なので、栃木県警本部で対応できる担当者をとお願いしましたが無理・・・・。 所轄へ行けの1点張り・・・。

案の定、宇都宮中央警察署へ刑事告訴に出向いてもいきなり来るな!!

茂木警察署へ行け!!宇都宮地検に告訴しろ!!

挙句の果てに、数時間事情を聴かれ説明した後に、いきなり当時電話されて刑事告訴されても難しいので

本日は「刑事告訴の相談を受け付けたということで、刑事告訴は受理せず」

会代表としても「はあ!?」ふざけているのか?、この警察官!?


ミラーガラスのある取調室で、数時間押し問答・・・。

サクマ刑事担当では無く、別担当をと言ったら、刑事課長だったか?松沼刑事課長が参上!!

宇都宮中央警察署では刑事告訴受け付けませんと発言!!



おいおい、先ほどサクマ刑事が、刑事告訴できない訳ではないが、茂木警察署へ行けと言ったのに

宇都宮中央警察署で刑事告訴させないという話にしたいらしい・・・。

松沼刑事課長にフルネームを聞いても拒否

今回の刑事告訴拒否は「栃木県警」として介護問題の刑事告訴拒否と考えて宜しいのですね!?


松沼刑事課長に聞くと、「いえ」宇都宮中央警察署としての判断です・・・・・。

何言ってんのか、単に刑事告訴させたくないだけの話だろうに(怒り)


既に別件で、直告と刑事告訴している会代表ですので、刑事告訴状に関しては、それほど刑事告訴が出来ないレベルの告訴状を提出するはずも無く・・・・。


完璧な介護問題の認識の違い・・・。

ノートパソコン持ち込みで取調室にも出向いているので、刑事告訴状の細かい変更点が有れば、その場で、告訴状の変更が可能と伝えているにもかかわらず、最初は変更点を言って来て、すぐに変更点を付け加えるとサクマ刑事に伝えると、上司のところに何度も出向き、結局、刑事告訴させないということに(怒り)

訴えるなら栃木県警をということのようで、松沼刑事課長がフルネームも述べず栃木県警本部をということのようですので、
あいにく会代表としては、いつでも栃木県警と公安委員会は訴えることができるのですが、「刑事告訴」がまだあるので後回しにしているだけです。

ということで宇都宮地検への直告へ切り替えます。

取調室から宇都宮地検に連絡したところ、以前の担当が見事に異動しているようで、後程記事に・・・。

宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」・・・・。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

昨日、宇都宮地裁に出向いた後に、先日刑事告訴を拒否した、宇都宮中央警察署へ、保有個人情報開示請求手続きの為に出向いて来ました。

その前日には、その刑事告訴対象者の片岡孝施設長の自宅前で警察沙汰(笑)

パトカー3台、おまわりさんだけでも8~9人ほど取り囲まれましたが、どこの警察署か分かっていたのですが一様尋ね、宇都宮中央警察署、地域課とのこと・・・。

先日、刑事告訴拒否されたばかりなのですが、宇都宮中央警察署にはと出向いた警察官に・・・。

それもあり、翌日に宇都宮中央警察署へ、刑事告訴拒否した関係の全資料の開示請求。


担当した刑務課が開示できるものとできないものがとの事だったので、「出ないはずは無いはずですが、こちらは開示請求経験者ですよ!?」とちょっと指摘しておきながら数週間ぐらい、県警本部にも確認するなどと言っていたので時間が掛かるとの事・・・・。

さらに、本日所轄の、茂木警察署の刑事課長に電話を入れ、今年4月から異動して来た課長との事で、ここ数週間の間に、茂木警察署に、刑事告訴関係で、宇都宮中央警察署、そして一昨日の木村勝則(運営本部長)宅での警察沙汰で、真岡警察署からも茂木警察署へ確認が入った可能性が高かったので、これからの別件の刑事告訴の件も含めご挨拶で連絡。

ここでの話で、宇都宮中央警察署の担当した刑事の、でまかせを確認、やはり宇都宮中央警察署でも刑事告訴受理可能だったとの事(怒り)

今回の茂木警察署の刑事課長さん、横柄な態度ということも無く、4月に異動して来たのに状況を把握して頂けていたのですんなりご挨拶と今後の刑事告訴のお話を詰めておきました。

理事長の松田源一宅のことも既にご存知で、もしこの茂木警察署の刑事課長さんの対応が悪ければ数日後に、松田源一理事長宅&もてぎの森うごうだ城へ、慰謝料請求に出向こうかと思っていたのですが・・・・。

刑事告訴も現在、地検へ直告してある告訴分も含め出向けばきちんと対応して頂けるとの事でしたので、今のとこと茂木警察署管内での警察沙汰はちょっとややこしくなるので後回し・・・・。

出向かないのでは無く、タイミングとして後回し(笑い)!!

いちようこれでも会代表、警察沙汰にも優先順位を付けさせて頂いております!!


その後、警察沙汰の真岡警察署へ連絡して、警察沙汰の木村勝則本部長宅前で、道路使用許可証が下りるか?現在確認中。

下りても下りなくても、慰謝料を支払うまで出向かせて頂きますので、逃げるなよ木村勝則!!

次回、出向くときは真岡警察署に出向いて挨拶してから行きますか?真岡警察署署員には話しておきました。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮中央警察署では刑事告訴拒否
サクマ刑事担当(司法警察員警部補)
松沼(刑事第一課長)


刑事告訴を拒否した時の、宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求
26日に警察署に出向いて捜査記録の開示書面をお金支払って開示して来ました、1枚数十円ですがきちんと警察はお金取りますので・・・。

帰宅して、ゆっくり開示書面に目を通したらまた栃木県警はやらかしたかなあ!?

刑事告訴拒否した事実というよりは弁明書面・・・・。


まあここまでは栃木県警では当たり前

しかし、捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切記録無し・・・」

それもサクマ担当の部分は資料で黒塗り・・・。

簡単に言えば、証拠音声を聞かされていて刑事告訴拒否では、宇都宮中央警察署としては不味いということ。

分かりやすい記録ご苦労様という感じです。


たぶん、通常の流れでは公安委員会に不服申し立てできるのですが、栃木県公安委員会は警察とズブズブで役に立ちませんので・・・。

今回の宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求に関しては、勿論通常の情報開示

それともう1点会代表には思惑が有り、ここでは警察もこのブログをチェックしておりますのでコメント控えますが・・・。

広報活動の所管警察署が、宇都宮中央警察署、帰りがけに道路使用許可の部署担当にご挨拶&道路使用許可証の申し込み書を貰ってきました。

警察に会代表が行くと、耳をそばだてている警察官が多いこと(笑)

今回の保有個人情報開示請求も今後の為の布石です。

警察と闘っている方や、警察に誤魔化されないようにするには
「音声録音と保有個人情報開示請求はセットだと思って下さい!!」

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



最初、宇都宮中央警察署へ出向いたときには、いきなり2階の刑事告訴拒否した、刑事課に出向くと

いきなり揉めると思ったので、1階の情報開示請求の受付の総務課に出向き、前回の情報開示書面の

証拠の隠蔽部分があるので説明を求めたら・・・・。

その時の総務課の警察担当が、何か口の中でガムを噛んでいるのか口をモゴモゴしながら、

何だという感じで対応してきたので、カチンと来たのですが、そこは抑え
、1階ロービーで待つように言われ

15分ぐらい待たされたでしょうか?、普通民間なら、待たせるなら待たせるで、現在どうなっているので

少々お待ち下さいと伝えてくるべきであるのに、それも無し、おいおい放置か・・・・。

そこで10メートルぐらい離れた担当を見ると、会代表と目が合うと慌て出して、何かを見出し・・・・。

駄目だこれはと思い、受付に出向きまだですか?

担当、今連絡を取っている、だったら15分ぐらいもう待っているのだから伝えてくるべきではというと

不貞腐れる態度を警察が見せたので、プチ!!、おいおいお前さっき物食いながら対応したよな!!

時計を見て、警察署に出向いたときは午前11時10分頃、昼飯にはまだ時間がありますが

警察署は物食いながら県民に対応するのかなあ?それも刑事告訴拒否したものに・・・・。


勿論1階ロビーの総務課の受付ですので、車庫証明、運転免許更新などの県民が来ている場・・・・。

物食いながら対応した担当が再度、はあ?見たいな態度を取ったので

取りあえず、ワントーン声を上げて指摘!!

そしたら、警察署内ですから何だ、何だと直ぐに警察10人ぐらいに取り囲まれ・・・・・。

またその中には、栃木県庁に母と出向いた時に警察沙汰になった時に、来ていた警官も数人おり

いきなり自分の名前を読んでくるので誰だ!?

それと先日のデモの許可の時の道路管理下の女性警官まで、出向かれて、暑いから近寄るなと言ったのですが

警察お得意の取り囲み&個室誘導・・・・。

個室に誘導されるとどうなるか、会代表は理解しているので、個室は拒否!!

他の県民の見ている所で、栃木県の介護問題ですので聞いて頂きましょうよ!!

こちらの宇都宮中央警察署で、告訴できない、検察へ行け!!と刑事告訴拒否された件が

先週、宇都宮地方検察庁で告訴受理されました!!

さらに情報開示書面には、検察も確認している証拠が記載されておらず隠蔽!!

ここまでロビーにいる県民に話すと、警察も権力で封じ込めに来ます
ので

押し問答になる前に、会代表には触るなよと警察官に!!

お前らこちらが身体を押せば公務執行妨害でパクるつもりな事ぐらい分かっている人物なのだから

暴力行為はしないので自分に触るな!!と言っているのに会代表の腕は引っ張るは・・・・。

そうなれば警察も会代表も、大声で押し問答・・・。

警察10人に体力で勝てるはずも無く、2階で説明するのでと会代表の両腕を掴まれ、強制的に階段へ

ロビーにいた県民も見ていたはず!!

階段途中で、もう腕を放すように命じて、2階へ、2階の個室へと言われたので拒否

2階廊下のベンチで取りあえずということで腰掛、相変わらず10人ぐらいの警官に囲まれ、部屋に入れ部屋に入れと警官

会代表はウン!?何か可笑しいな!?

部屋に入って警官に取り囲まれるのは分かっていましたが、録音録画するつもりで部屋に案内しているのかと思って

周りを見渡すと、その総務課の物食って県民に対応した警官が、

こちらを見るという感じでは無く半身でじっとしているので???

目線を下ろすと、腰元辺りに、光るレンズ!!

直ぐにわかりました「ビデオカメラ!!」

あれ!?警察が何も言わずに盗撮ですか?

先日、九州だったか、警察が選挙中にどこぞの団体を盗撮したとしてニュースになっていましたよね!!


と指摘すると警察が盗撮じゃない、ほら見えているでしょう!!(アホかとの思い!!)

何がほら見えているでしょうじゃ無く、身体半身でわざわざ警官が腰元にビデオ構えて、

目線は向けず、県民に言わず撮っていれば盗撮では無いのかなあ???

あれもしかして、1階ロビーでは他の県民がいて盗撮しているとバレるので、2階に引っ張って来たのかなあ?

では会代表も盗撮の証拠を取らせて頂きますね!!とスマフォで記録しようとすると

警官が、手をかざし妨害!!


警察が庁舎管理規則を持ち出したので、任意ですよね、だったらビデオカメラ止めさせたらと言っても

対応する警察では有りませんので、部屋に強引に連れ込もうと取り囲んでいるので、

刑事告訴拒否した担当は名刺を求めているのに出さない・・・・。

これで部屋に入ったら何をされるか分かりませんので・・・・。

会代表が分かりました、庁舎管理規則に関係しない外に出ましょう!!と立ち上がり

1階にに行くので、本日、そのビデオカメラの記録動画と本日の警察資料の情報開示請求を

本日1階で行っていくので、盗撮していた警官には、ビデオ編集せずきちんと情報公開して下さいね!!

と念押し!!


1階で、情報開示請求の書面を提出して来ました!!

ということは開示されれば再度宇都宮中央警察署に出向くことに(笑)

完璧に会代表の声も潰れてしまい・・・・。


警察署を出てから、別の駐車場から栃木県警本部、県民広報相談課へ電話

実は先ほど宇都宮中央警察署で盗撮されまして・・・。

以前刑事告訴を拒否され、先週宇都宮地検で告訴受理されたもので説明を求めて出向いたのですが・・・。

すると県民広報相談課の警察官がOBなのか分かりませんが・・・・。

え!!宇都宮地検で受理されたのですか!!と驚き気味・・・・・。


たぶん、相談案件のご遺族が県民広報相談課に連絡して、宇都宮東警察署が対応しないなら・・・。と

門前払いした担当なのかと思いつつ・・・・。

警察が刑事告訴できた事件を、拒否していたことは明らか!!

宇都宮地検の告訴受理で、警察問題なのは、県民広報相談課でも分かるはず・・・。

逆に所轄に伝えれば言いだけなのか、それ以外何か・・・・。

会代表から、既に本日の件を、情報開示請求してきているので、きちんとした宇都宮中央警察署からの

説明を求む!!ということで・・・・。


その後、その出先から、とちぎTV、読売新聞、産経新聞など電話しましたが

やはり栃木県警問題も介護問題に関しても対応が渋い・・・。

とちぎ放送に関しては、とちぎ放送のアナウンサーが昨年、栃木県公安委員会委員になっており

取り上げるべきでは伝えているのですが・・・。

まあ、栃木県のマスコミは、警察、行政叩きはしませんので・・・・。

現在、ブログの表示が少し可笑しいようでFC2に問い合わせ中!! 記事は確認できます。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



現在、ツイッターでホローさせて頂いている、「告訴・告発支援センター」を覗いていたところ

警察庁の公文書、通達書面・・・・。

印鑑が押されていないので、実際、警察庁のHPから通達資料を調べたら見付けました!!

都道府県などの警察署への通達書面の公開資料!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

ご覧いただければきちんと警察庁から通達が出ているじゃないですか!!

それも・・・。

「警察署告訴・告発センター」等の設置、警察署に、「警察署告訴・告発センター」等を設置するものとする。

「警察署告訴・告発センター」等の事務
ア 告訴・告発の受理等

「警察署告訴・告発センター」等は、警察署に対し告訴・告発の相談・
申出をする者があったときは、当該告訴・告発の相談・申出に対応し、告
訴権の有無、告訴・告発期間、犯罪構成要件の充足の有無等の要件を確認
するなどした上、受理の可否について判断するものとする。

なお、擬律判断に専門的知識を要し告訴・告発の受理の可否の判断が難
しいものについては、その都度、本部事件担当課を経由して「本部告訴・
告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏ま
えて受理の可否を判断するものとする。



刑事告訴拒否した、宇都宮中央警察署は・・・・。

「本部告訴・告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏まえて受理の可否を判断したのでしょうか???

次回記事では、被害届の資料も公開して行きます!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

これから刑事告訴・告発・被害届される方は、上記のURLの警察庁通達文書をプリントアウトして、

刑事告訴告訴状と共に警察署に持って行き、警察が刑事告訴告発を渋ったら、

警察庁の通達文書を見せて交渉されてください!!

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

警察庁 被害届の通達文書

●迅速・確実な被害の届出の受理について(リンクはこちら)

迅速・確実な被害の届出の受理について
被害の届出の受理については、犯罪捜査規範(昭和32年国家公安委員会規則第
2号)第61条において、被害の届出をする者があったときは、その届出に係る事
件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず、これを受理しなければならないと
規定されている。

しかし、近時、業務の多忙を理由に被害届の受理を先送りしたり、複数の都道
府県警察に関係する事案に係る被害申告への対応が不十分なため重大な結果を招
いた事案が発生するなど、被害の届出の受理をめぐり不適切な対応が見られると
ころである。
各都道府県警察にあっては、これらの事案を重く受け止め、被害者の要望に応
える迅速・確実な被害の届出の受理がなされるよう、下記の事項について徹底を
図られたい。


宇都宮東警察署、介護事件の被害届を被害届扱いもせず放置・・・・。

警察庁からの通達文書は、栃木県警には届いていないのだろうか・・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/23 Fri. 19:56 [edit]

CM: 0
TB: 0

0922

<警察庁通達・告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る公文書>「宇都宮中央警察署内で警察沙汰・刑事告訴人をビデオカメラで盗撮!!検察での告訴受理、保有個人情報開示・証拠隠蔽に関して説明求め」宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」(松沼刑事第一課長)「介護事件事故虐待問題の刑事告訴拒否」捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切捜査記録無し隠蔽!?」  

警察庁通達文書

警察庁 告訴・告発

m宇都宮中央警察署盗撮8 栃木県警 福田富一県知事

m宇都宮中央警察署盗撮9 栃木県警 福田富一県知事

anigif宇都宮中央警察署盗撮スライド■画像スライド■↑↑↑

m宇都宮中央警察署盗撮6 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮5 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮3 栃木県警 福田富一県知事
m宇都宮中央警察署盗撮2 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署5斉藤敏市 栃木県警 福田富一県知事

宇都宮中央警察署6斉藤敏市

宇都宮中央警察署2斉藤敏市

宇都宮中央警察署4斉藤敏市

宇都宮中央警察署3斉藤敏市

斉藤敏市 もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1


会代表のコメント

2016年6月20日
栃木県警 宇都宮中央警察署へ介護事件事故虐待の刑事告訴に出向きましたが「刑事告訴拒否!!」

刑事課サクマ氏の介護問題の知識不足なのか?宇都宮中央警察署としての介護問題の知識不足なのか?

刑事告訴させる為の聞き取りでは全く無く、介護虐待問題にさせない為の刑事課の聞き取りで有り、流石、冤罪事件の栃木県警!!

以前に栃木県警本部には、介護問題の刑事告訴では所轄の警察では、知識不足で無理なので、栃木県警本部で対応できる担当者をとお願いしましたが無理・・・・。 所轄へ行けの1点張り・・・。

案の定、宇都宮中央警察署へ刑事告訴に出向いてもいきなり来るな!!

茂木警察署へ行け!!宇都宮地検に告訴しろ!!

挙句の果てに、数時間事情を聴かれ説明した後に、いきなり当時電話されて刑事告訴されても難しいので

本日は「刑事告訴の相談を受け付けたということで、刑事告訴は受理せず」

会代表としても「はあ!?」ふざけているのか?、この警察官!?


ミラーガラスのある取調室で、数時間押し問答・・・。

サクマ刑事担当では無く、別担当をと言ったら、刑事課長だったか?松沼刑事課長が参上!!

宇都宮中央警察署では刑事告訴受け付けませんと発言!!



おいおい、先ほどサクマ刑事が、刑事告訴できない訳ではないが、茂木警察署へ行けと言ったのに

宇都宮中央警察署で刑事告訴させないという話にしたいらしい・・・。

松沼刑事課長にフルネームを聞いても拒否

今回の刑事告訴拒否は「栃木県警」として介護問題の刑事告訴拒否と考えて宜しいのですね!?


松沼刑事課長に聞くと、「いえ」宇都宮中央警察署としての判断です・・・・・。

何言ってんのか、単に刑事告訴させたくないだけの話だろうに(怒り)


既に別件で、直告と刑事告訴している会代表ですので、刑事告訴状に関しては、それほど刑事告訴が出来ないレベルの告訴状を提出するはずも無く・・・・。


完璧な介護問題の認識の違い・・・。

ノートパソコン持ち込みで取調室にも出向いているので、刑事告訴状の細かい変更点が有れば、その場で、告訴状の変更が可能と伝えているにもかかわらず、最初は変更点を言って来て、すぐに変更点を付け加えるとサクマ刑事に伝えると、上司のところに何度も出向き、結局、刑事告訴させないということに(怒り)

訴えるなら栃木県警をということのようで、松沼刑事課長がフルネームも述べず栃木県警本部をということのようですので、
あいにく会代表としては、いつでも栃木県警と公安委員会は訴えることができるのですが、「刑事告訴」がまだあるので後回しにしているだけです。

ということで宇都宮地検への直告へ切り替えます。

取調室から宇都宮地検に連絡したところ、以前の担当が見事に異動しているようで、後程記事に・・・。

宇都宮中央警察署長「斉藤敏市」・・・・。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

昨日、宇都宮地裁に出向いた後に、先日刑事告訴を拒否した、宇都宮中央警察署へ、保有個人情報開示請求手続きの為に出向いて来ました。

その前日には、その刑事告訴対象者の片岡孝施設長の自宅前で警察沙汰(笑)

パトカー3台、おまわりさんだけでも8~9人ほど取り囲まれましたが、どこの警察署か分かっていたのですが一様尋ね、宇都宮中央警察署、地域課とのこと・・・。

先日、刑事告訴拒否されたばかりなのですが、宇都宮中央警察署にはと出向いた警察官に・・・。

それもあり、翌日に宇都宮中央警察署へ、刑事告訴拒否した関係の全資料の開示請求。


担当した刑務課が開示できるものとできないものがとの事だったので、「出ないはずは無いはずですが、こちらは開示請求経験者ですよ!?」とちょっと指摘しておきながら数週間ぐらい、県警本部にも確認するなどと言っていたので時間が掛かるとの事・・・・。

さらに、本日所轄の、茂木警察署の刑事課長に電話を入れ、今年4月から異動して来た課長との事で、ここ数週間の間に、茂木警察署に、刑事告訴関係で、宇都宮中央警察署、そして一昨日の木村勝則(運営本部長)宅での警察沙汰で、真岡警察署からも茂木警察署へ確認が入った可能性が高かったので、これからの別件の刑事告訴の件も含めご挨拶で連絡。

ここでの話で、宇都宮中央警察署の担当した刑事の、でまかせを確認、やはり宇都宮中央警察署でも刑事告訴受理可能だったとの事(怒り)

今回の茂木警察署の刑事課長さん、横柄な態度ということも無く、4月に異動して来たのに状況を把握して頂けていたのですんなりご挨拶と今後の刑事告訴のお話を詰めておきました。

理事長の松田源一宅のことも既にご存知で、もしこの茂木警察署の刑事課長さんの対応が悪ければ数日後に、松田源一理事長宅&もてぎの森うごうだ城へ、慰謝料請求に出向こうかと思っていたのですが・・・・。

刑事告訴も現在、地検へ直告してある告訴分も含め出向けばきちんと対応して頂けるとの事でしたので、今のとこと茂木警察署管内での警察沙汰はちょっとややこしくなるので後回し・・・・。

出向かないのでは無く、タイミングとして後回し(笑い)!!

いちようこれでも会代表、警察沙汰にも優先順位を付けさせて頂いております!!


その後、警察沙汰の真岡警察署へ連絡して、警察沙汰の木村勝則本部長宅前で、道路使用許可証が下りるか?現在確認中。

下りても下りなくても、慰謝料を支払うまで出向かせて頂きますので、逃げるなよ木村勝則!!

次回、出向くときは真岡警察署に出向いて挨拶してから行きますか?真岡警察署署員には話しておきました。
----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮中央警察署では刑事告訴拒否
サクマ刑事担当(司法警察員警部補)
松沼(刑事第一課長)


刑事告訴を拒否した時の、宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求
26日に警察署に出向いて捜査記録の開示書面をお金支払って開示して来ました、1枚数十円ですがきちんと警察はお金取りますので・・・。

帰宅して、ゆっくり開示書面に目を通したらまた栃木県警はやらかしたかなあ!?

刑事告訴拒否した事実というよりは弁明書面・・・・。


まあここまでは栃木県警では当たり前

しかし、捜査記録に「製薬会社の証拠音声を2名の警察官に聞かせたことが一切記録無し・・・」

それもサクマ担当の部分は資料で黒塗り・・・。

簡単に言えば、証拠音声を聞かされていて刑事告訴拒否では、宇都宮中央警察署としては不味いということ。

分かりやすい記録ご苦労様という感じです。


たぶん、通常の流れでは公安委員会に不服申し立てできるのですが、栃木県公安委員会は警察とズブズブで役に立ちませんので・・・。

今回の宇都宮中央警察署、保有個人情報開示請求に関しては、勿論通常の情報開示

それともう1点会代表には思惑が有り、ここでは警察もこのブログをチェックしておりますのでコメント控えますが・・・。

広報活動の所管警察署が、宇都宮中央警察署、帰りがけに道路使用許可の部署担当にご挨拶&道路使用許可証の申し込み書を貰ってきました。

警察に会代表が行くと、耳をそばだてている警察官が多いこと(笑)

今回の保有個人情報開示請求も今後の為の布石です。

警察と闘っている方や、警察に誤魔化されないようにするには
「音声録音と保有個人情報開示請求はセットだと思って下さい!!」

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



最初、宇都宮中央警察署へ出向いたときには、いきなり2階の刑事告訴拒否した、刑事課に出向くと

いきなり揉めると思ったので、1階の情報開示請求の受付の総務課に出向き、前回の情報開示書面の

証拠の隠蔽部分があるので説明を求めたら・・・・。

その時の総務課の警察担当が、何か口の中でガムを噛んでいるのか口をモゴモゴしながら、

何だという感じで対応してきたので、カチンと来たのですが、そこは抑え
、1階ロービーで待つように言われ

15分ぐらい待たされたでしょうか?、普通民間なら、待たせるなら待たせるで、現在どうなっているので

少々お待ち下さいと伝えてくるべきであるのに、それも無し、おいおい放置か・・・・。

そこで10メートルぐらい離れた担当を見ると、会代表と目が合うと慌て出して、何かを見出し・・・・。

駄目だこれはと思い、受付に出向きまだですか?

担当、今連絡を取っている、だったら15分ぐらいもう待っているのだから伝えてくるべきではというと

不貞腐れる態度を警察が見せたので、プチ!!、おいおいお前さっき物食いながら対応したよな!!

時計を見て、警察署に出向いたときは午前11時10分頃、昼飯にはまだ時間がありますが

警察署は物食いながら県民に対応するのかなあ?それも刑事告訴拒否したものに・・・・。


勿論1階ロビーの総務課の受付ですので、車庫証明、運転免許更新などの県民が来ている場・・・・。

物食いながら対応した担当が再度、はあ?見たいな態度を取ったので

取りあえず、ワントーン声を上げて指摘!!

そしたら、警察署内ですから何だ、何だと直ぐに警察10人ぐらいに取り囲まれ・・・・・。

またその中には、栃木県庁に母と出向いた時に警察沙汰になった時に、来ていた警官も数人おり

いきなり自分の名前を読んでくるので誰だ!?

それと先日のデモの許可の時の道路管理下の女性警官まで、出向かれて、暑いから近寄るなと言ったのですが

警察お得意の取り囲み&個室誘導・・・・。

個室に誘導されるとどうなるか、会代表は理解しているので、個室は拒否!!

他の県民の見ている所で、栃木県の介護問題ですので聞いて頂きましょうよ!!

こちらの宇都宮中央警察署で、告訴できない、検察へ行け!!と刑事告訴拒否された件が

先週、宇都宮地方検察庁で告訴受理されました!!

さらに情報開示書面には、検察も確認している証拠が記載されておらず隠蔽!!

ここまでロビーにいる県民に話すと、警察も権力で封じ込めに来ます
ので

押し問答になる前に、会代表には触るなよと警察官に!!

お前らこちらが身体を押せば公務執行妨害でパクるつもりな事ぐらい分かっている人物なのだから

暴力行為はしないので自分に触るな!!と言っているのに会代表の腕は引っ張るは・・・・。

そうなれば警察も会代表も、大声で押し問答・・・。

警察10人に体力で勝てるはずも無く、2階で説明するのでと会代表の両腕を掴まれ、強制的に階段へ

ロビーにいた県民も見ていたはず!!

階段途中で、もう腕を放すように命じて、2階へ、2階の個室へと言われたので拒否

2階廊下のベンチで取りあえずということで腰掛、相変わらず10人ぐらいの警官に囲まれ、部屋に入れ部屋に入れと警官

会代表はウン!?何か可笑しいな!?

部屋に入って警官に取り囲まれるのは分かっていましたが、録音録画するつもりで部屋に案内しているのかと思って

周りを見渡すと、その総務課の物食って県民に対応した警官が、

こちらを見るという感じでは無く半身でじっとしているので???

目線を下ろすと、腰元辺りに、光るレンズ!!

直ぐにわかりました「ビデオカメラ!!」

あれ!?警察が何も言わずに盗撮ですか?

先日、九州だったか、警察が選挙中にどこぞの団体を盗撮したとしてニュースになっていましたよね!!


と指摘すると警察が盗撮じゃない、ほら見えているでしょう!!(アホかとの思い!!)

何がほら見えているでしょうじゃ無く、身体半身でわざわざ警官が腰元にビデオ構えて、

目線は向けず、県民に言わず撮っていれば盗撮では無いのかなあ???

あれもしかして、1階ロビーでは他の県民がいて盗撮しているとバレるので、2階に引っ張って来たのかなあ?

では会代表も盗撮の証拠を取らせて頂きますね!!とスマフォで記録しようとすると

警官が、手をかざし妨害!!


警察が庁舎管理規則を持ち出したので、任意ですよね、だったらビデオカメラ止めさせたらと言っても

対応する警察では有りませんので、部屋に強引に連れ込もうと取り囲んでいるので、

刑事告訴拒否した担当は名刺を求めているのに出さない・・・・。

これで部屋に入ったら何をされるか分かりませんので・・・・。

会代表が分かりました、庁舎管理規則に関係しない外に出ましょう!!と立ち上がり

1階にに行くので、本日、そのビデオカメラの記録動画と本日の警察資料の情報開示請求を

本日1階で行っていくので、盗撮していた警官には、ビデオ編集せずきちんと情報公開して下さいね!!

と念押し!!


1階で、情報開示請求の書面を提出して来ました!!

ということは開示されれば再度宇都宮中央警察署に出向くことに(笑)

完璧に会代表の声も潰れてしまい・・・・。


警察署を出てから、別の駐車場から栃木県警本部、県民広報相談課へ電話

実は先ほど宇都宮中央警察署で盗撮されまして・・・。

以前刑事告訴を拒否され、先週宇都宮地検で告訴受理されたもので説明を求めて出向いたのですが・・・。

すると県民広報相談課の警察官がOBなのか分かりませんが・・・・。

え!!宇都宮地検で受理されたのですか!!と驚き気味・・・・・。


たぶん、相談案件のご遺族が県民広報相談課に連絡して、宇都宮東警察署が対応しないなら・・・。と

門前払いした担当なのかと思いつつ・・・・。

警察が刑事告訴できた事件を、拒否していたことは明らか!!

宇都宮地検の告訴受理で、警察問題なのは、県民広報相談課でも分かるはず・・・。

逆に所轄に伝えれば言いだけなのか、それ以外何か・・・・。

会代表から、既に本日の件を、情報開示請求してきているので、きちんとした宇都宮中央警察署からの

説明を求む!!ということで・・・・。


その後、その出先から、とちぎTV、読売新聞、産経新聞など電話しましたが

やはり栃木県警問題も介護問題に関しても対応が渋い・・・。

とちぎ放送に関しては、とちぎ放送のアナウンサーが昨年、栃木県公安委員会委員になっており

取り上げるべきでは伝えているのですが・・・。

まあ、栃木県のマスコミは、警察、行政叩きはしませんので・・・・。

現在、ブログの表示が少し可笑しいようでFC2に問い合わせ中!! 記事は確認できます。

----------------------------------------------------

前記事はここまで

会代表のコメント

■宇都宮中央警察署 署長 斉藤敏市■

宇都宮中央警察署が、「高齢者虐待の刑事告訴拒否」してその後、宇都宮地検で「告訴(直告)受理!!」

宇都宮中央警察署内で、説明を求めてたら、1階ロビーから2階に刑事告訴人の両腕を警察が掴み強引に連れ込み

個室での刑事告訴拒否の説明を拒否すると、宇都宮中央警察署・刑事告訴拒否した警察が

何と!!「ビデオカメラ隠し撮り!!」

刑事告訴人に見付かり指摘されると「警察が証拠にされる写メ・動画を妨害・・・。」



現在、ツイッターでホローさせて頂いている、「告訴・告発支援センター」を覗いていたところ

警察庁の公文書、通達書面・・・・。

印鑑が押されていないので、実際、警察庁のHPから通達資料を調べたら見付けました!!

都道府県などの警察署への通達書面の公開資料!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

ご覧いただければきちんと警察庁から通達が出ているじゃないですか!!

それも・・・。

「警察署告訴・告発センター」等の設置、警察署に、「警察署告訴・告発センター」等を設置するものとする。

「警察署告訴・告発センター」等の事務
ア 告訴・告発の受理等

「警察署告訴・告発センター」等は、警察署に対し告訴・告発の相談・
申出をする者があったときは、当該告訴・告発の相談・申出に対応し、告
訴権の有無、告訴・告発期間、犯罪構成要件の充足の有無等の要件を確認
するなどした上、受理の可否について判断するものとする。

なお、擬律判断に専門的知識を要し告訴・告発の受理の可否の判断が難
しいものについては、その都度、本部事件担当課を経由して「本部告訴・
告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏ま
えて受理の可否を判断するものとする。



刑事告訴拒否した、宇都宮中央警察署は・・・・。

「本部告訴・告発センター」等に報告し、「本部告訴・告発センター」等の意見を踏まえて受理の可否を判断したのでしょうか???

次回記事では、被害届の資料も公開して行きます!!

●告訴・告発の受理体制及び指導・管理の強化に係る具体的留意事項について(リンクはこちら)

これから刑事告訴・告発・被害届される方は、上記のURLの警察庁通達文書をプリントアウトして、

刑事告訴告訴状と共に警察署に持って行き、警察が刑事告訴告発を渋ったら、

警察庁の通達文書を見せて交渉されてください!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/22 Thu. 11:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

0919

成年後見制度支援信託「家裁は司法関係者の横領が増えても専門職後見人推奨!?」「家裁の運用として、被成年後見人が有する財産が一定額以上の場合は、成年後見制度支援信託の利用又は、弁護士や司法書士等の専門職である後見監督人を付す。」  

成年後見制度支援信託

成年後見人制度 選挙

成年後見人制度 選挙 欠格事項

成年後見人促進法

成年後見人促進法1
成年後見人促進法

成年後見人

s-140402092939_2.jpg

SnapCrab_NoName_2015-7-24_2-17-7_No-00.png

後見人の不正、総額196億円に 昨年末までの4年半で

2015年7月22日01時40分 朝日デジタル

後見人の不正による被害総額の推移

 認知症などの人の財産を守るための後見制度で、後見人による着服などの不正の被害額が昨年末までの4年半で少なくとも196億円に上ることが最高裁のまとめでわかった。多くは後見人に選ばれた親族によるものだが、弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余りあった。

 最高裁が2010年6月から集計を始めた。被害額はわかっているものだけで、11年は33億4千万円だったが、12、13年はいずれも40億円を超え、14年は約56億7千万円と過去最悪だった。専門職による被害額も14年は約5億6千万円で最悪だった。

 成年後見制度は00年に始まった。本人や家族が制度の利用を家庭裁判所に申し立て、家裁が親族や弁護士らを後見人として選び、財産を適正に管理しているか、年に一度報告を求めている。




成年後見人被害

成年後見促進法

◇「不正防止」へ東京家裁が運用始める

 認知症や障害などで判断能力が十分ではない人の成年後見人に選ばれた弁護士が財産を着服する事件が相次ぎ、東京家裁は弁護士の不正をチェックするために別の弁護士を「後見監督人」に選任する運用を新たに始めた。家裁は再発防止に厳しい姿勢で臨む考えだが、弁護士が弁護士の仕事に目を光らせる仕組みに、弁護士会からは「弁護士が信用されていない」と反発の声も出ている。

 弁護士や司法書士ら、親族以外の専門職が成年後見人に選任される割合は増加傾向にあり、弁護士の選任は2014年は全体の約20%に上った。

 家裁は後見人から定期的に提出される報告書を通じて業務をチェックしている。12年には、精神疾患のある女性の後見人をしていた東京弁護士会の元副会長が期限までに報告書を提出しなかったため調査したところ、女性の財産に多額の使途不明金が発覚。元副会長が着服を認めたため後見人を解任した。元副会長は翌13年、東京地検に業務上横領容疑で逮捕され、着服額は総額約4200万円に上った。

 弁護士による同様の問題は各地で繰り返されている。最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた10年6月から14年末までに全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上る。今年も認知症女性の後見人をしていた東京の元弁護士が逮捕され、1億円以上を着服した疑いがもたれている。

 こうした事態に、東京家裁は昨年末から、弁護士の後見人が一定額以上の財産を預かる場合には、後見監督人として別の弁護士を付ける運用を独自に始めた。後見監督人は、後見人から事務報告を受けたり、後見人の財産調査に立ち会ったりして監督する仕組みだ。

 後見監督人は従来、親族が後見人になる場合に付けることが多く、弁護士の後見人に付ける例は業務に著しい遅滞があった場合などに限られていた。東京家裁によると、新たな運用は既に相当数の例があるといい、「後見制度は財産を保護するのが最大の目的で、何としても不正を防止したい」と強調する。

 一方、全国の弁護士会も14年以降、研修の義務づけや、家裁への報告を怠らないよう監督する仕組みを作るなど、再発防止には取り組んできた。東京家裁の運用について、日弁連高齢者・障害者権利支援センター事務局長の青木佳史弁護士は「多額の財産を預かるというだけで、不正の兆候がない弁護士に監督を付けるのはおかしい。弁護士会の再発防止策を信用していない」と反論。「信頼を得られるよう、まずは実績を見せるしかない」と話した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

どこから後見人制度で、弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の発想が出てくるのでしょね、裁判所がわざわざ、弁護士が増えすぎて食えない弁護士の為に、「弁弁」で受け皿を作るつもりなのか・・・。

官僚の天下りの発想に似ているような、監督と言いながら弁護士の受け皿を作り、弁護士が「弁弁」にて、それぞれ成年後見人での報酬を得る・・・。

今まで裁判所が、弁護士会や司法書士会に「成年後見人の紹介を丸投げ」していて、問題が起きてきたら、弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の発想とは、「裁判所も裁判所の機能を果たしている」のだろうか???

>>弁護士が弁護士の仕事に目を光らせる仕組みに、弁護士会からは「弁護士が信用されていない」と反発の声も出ている。

何を今更、弁護士会が「弁護士が信用されていない」と反発の声を上げているとは、はっきり言って滑稽です・・・。

>>最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた10年6月から14年末までに全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上る。

この最高裁による弁護士や司法書士ら専門職による着服の額を見ると「約11億2000万円」とはオレオレ詐欺レベルでは???
呆れて話しになりません・・・。

>>日弁連高齢者・障害者権利支援センター事務局長の青木佳史弁護士

日弁連に高齢者・障害者権利支援センターなんてところがあるなんて日弁連にも問い合わせをしているが初耳なのですが、早速「人権救済申し立て」の件も有るので調べてみます。


成年後見人制度自体が、全く成熟されておらず、会代表が未だ「成年後見人」になっていない、なれない事情というのも成年後見人での制度上の問題が有ります。

司法家や政治家が、成年後見人の講習会やNPOなどの団体で、冊子まで作っていますが、現実に弁護士を弁護士で監督する「弁弁」で弁護士が信用されていないという以前に、血縁関係家族が信用されていないからこのような制度が作られている訳です。

家族の介護の面倒、施設の面会、役場病院への対応など、まともに介護家族の面倒を看ている、介護家族(会代表)としては成年後見人制度で後見人になると手間が増えるだけで、さらに今回の介護事件事故のような訴訟案件だと、介護家族(会代表)が申請すると成年後見人になれないケースも高く、矛盾が多い制度です。

●<成年後見>弁護士着服事件相次ぐ 弁護士を弁護士で監督する「弁弁」の裁判所の発想に対して

栃木県介護被害者会「会代表」としても 弁護士会副会長を懲戒処分送りにした介護家族としても「弁弁」など断固反対表明します!!

会代表のコメント

着服なんて甘い言葉をマスゴミが使っているから駄目なのです。

完璧な詐欺罪行為、「オレオレ詐欺」と一緒!!

>>日本弁護士連合会は弁護士への信頼が崩れかねないとして、被害者に一定額を給付する救済制度の検討を始めた。

何だ?「一定額」とは?  「どこが推薦して、どこが決定権者か、代理人選任、成年後見人選任の場合を考えるべき」

「弁護士への信頼が崩れかねない」の呑気な事を言っているものですね(呆れ) 

「弁護士会は被害者」だとでも思っているのでしょうか?


弁護士の横領詐欺行為の何割かは、「代理人選任、成年後見人選任の場合」は弁護士会・裁判所に責任有り!!

会代表のコメント

前記事と7月の朝日デジタルの記事を比較して見ましょう。

朝日デジタル7月では、「弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余り」過去4年半

読売の12月では、   「弁護士断定で、被害額20億円超」過去3年間


簡単には比較できませんが、だいぶ違いが出て来ますね・・・・。

別のSNSなどのコメントを見るとやはり

>>もはやオレオレ詐欺に準じて報道されるべき水準

国は何をしているのでしょうかね・・・。

会代表のコメント

司法関係者が横領して、法を守らないのに「成年後見制度利用促進法」とは・・・・・。

3年以内に法整備と言っても現状の成年後見人の問題が分からなければ改革も促進もしません。

先日の認知症JR事故の最高裁判所の判決での成年後見人に対しての判断などに関して、「成年後見制度利用促進法」を進める時に議論したのだろうか?

何か最高裁判所の判決の時期と「成年後見制度利用促進法」の時期に、違和感を感じるのは会代表だけだろうか?


認知症JR事故の最高裁判所の判決の疑問点をまとめて記事にした時にでも、「成年後見制度利用促進法」との繋がりをお話します。

簡単に申しますと最高裁判所の成年後見人に対する判断が、ちょっと違っていれば「成年後見制度利用促進法」に逆行していたかもという事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見制度利用促進法」(自己決定権の侵害の恐れ)と「後見弁護士着服問題」

以前から記事にしようと思っていた「成年後見制度利用促進法」の問題

たまたまタイトルが
「成年後見人促進法=日本人の死に際は100%強奪」というブログ記事を拝見して

ブログ主さんへ「大変ポイントを付かれておられる!!」とコメント致したぐらいです。

結構、宗教と政党を絡め奇抜に記事にされていると思う方もいるかもしれませんが・・・・。

会代表から述べれば・・・。

今の問題だらけの段階で「成年後見制度利用促進法」!?

「成年後見制度利用促進法」じゃなくて、「横領促進法」では!?

それも「食えない司法関係者へ」の国、裁判所、裁判官の横領犯罪の斡旋!!


最近、当会で相談を受けている介護虐待案件でも、弁護士を成年後見人にしたことで、介護施設とツルまれ

介護虐待隠蔽に始まり、他の施設へ移ることも弁護士に拒まれたのでは、介護被害者は逃げようが無く・・・・。

こんな状況下で「成年後見制度利用促進法」どころの話では無い(怒り)

なぜか?メディアと政治家の取り上げ方が少ない・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見制度利用促進法」(自己決定権の侵害の恐れ)と「後見弁護士着服問題」


たまたま、「成年後見制度利用促進法の問題でのリーガルサポート関係者の記事を拝見」

なるほど以前、会代表がJR認知症事故の最高裁判例と「成年後見制度利用促進法」のタイミングに違和感を感じているとの記事を残しており、続きはまだ記事にできていないのですが・・・。

今回の「家庭裁判所パンク状態、監督体制不十分」の記事を見て繋がってきました。

何か、慌てて横領問題も全く解決していないのに、「成年後見制度利用促進法」を進めるのか?

立法権を持つ国会が、司法の「家庭裁判所パンク状態」を危惧してなのか?意向が有ってなのか?分かりませんが

「監督体制不十分」(横領問題)を後回しにして、後見人を増やせば、どうにかなるとでも???



JR認知症事故の最高裁での、成年後見人への賠償責任がどうなったか?思い出してください!!

弁護士擁護の判決かと思っていましたが、それだけではなく、裁判所(特に家庭裁判所)裁判官に取ってもメリットがある判決だったのかと勘ぐってしまいます・・・・。

次回、JR認知症事故の判例との繋がりを記事にしたいと考えています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項&成年後見人決定権者である裁判官・裁判所の責任問題」

成年後見人を立てられて被害を被った方々が、成年後見人の問題を指摘されている方が多くいる事は、

当会にも現状の成年後見人制度を、どのように思われるかと尋ねられることがあるので会代表としては成年後見人制度を危惧しているのですが・・・・・。

会代表は、成年後見人制度、選任問題に危惧して、拒否していたので、現在の会代表の母の介護事件のように、特別代理人制度を加害者側弁護士が持ち出して来て、裁判所が片棒を担いでしまったので、ここまで複雑になっているのですが・・・・。

会代表は成年後見人制度が可笑しいと思ったから手続きを拒否していました!!

国が「成年後見制度利用促進法」により、制度を進めている以上、政治家は問題を見て見ぬ振りなのか?対応するつもりが無いのは確かです。

なぜか?現行の成年後見人の制度の状況で政治家にメリットがあるのです!!


そこに気づいて問題の指摘をしていかないと、制度改革どころの話ではありません。

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項」

まず、画像UPしておきましたので、法務省の成年後見人制度上の選挙権の記述と、成年後見人の欠格事項に関して

良く内容を確認されて、可笑しいと感じるか?感じないか?お考えになられて見て下さい!!


たぶん、今成年後見人の問題を指摘されている方々が、単に、この成年後見人はどこが駄目、成年後見人が横領したと問題にしても、その現状で、国、政治家が「成年後見制度利用促進法」を進めているのですから、改革されるはずがありません。


「成年後見人決定権者である裁判官・裁判所の責任問題」

それと成年後見人の決定権者の責任問題が問われなければ、何時までも司法関係者、弁護士などの横領は減らないでしょう!!

「成年後見人制度上の選挙権&成年後見人の欠格事項」

まずは、上記の矛盾点を考えて見て下さい!!


また成年後見の記事は引き続き記事にさせていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回記事はここまで

会代表のコメント

関係した質問がありましたので記事に残しておきます。

後見制度支援信託は、本人が日常生活で使用する分を除いた金銭を、信託銀行等に信託することで、後見人による本人の財産の横領を防ぐ制度です。これにより、信託財産を払い戻したり、信託契約を解約したりするには、家庭裁判所の指示書が必要になり、後見人が勝手に払い戻しや解約をすることができなくなります。

●後見制度支援信託

最近の家裁の運用として、被成年後見人が有する財産が一定額以上の場合は、成年後見制度支援信託の利用又は、弁護士や司法書士等の専門職である後見監督人を付しています。

家裁から複数後見人を求められる事案が増えているとの事です・・・。


Q13 後見制度支援信託とはどのようなものですか?

A13 後見制度による支援を受ける方(ご本人)の財産のうち,日常的な支払いをするのに必要十分な金銭を預貯金等として親族の後見人が管理し,通常使用しない金銭を信託銀行等に信託する仕組みのことです。成年後見と未成年後見において利用することができます。信託財産は,元本が保証され,預金保険制度の保護対象にもなります。
 後見センターにおいては,現在のところ,500万円を超える資産がある場合について,後見制度支援信託の利用を検討することとしています。(ただし,後見事務に専門的な知識を要するなど専門職による継続的な関与が必要な場合や,本人の財産に株式等の信託できない財産が多く含まれる場合は除きます。)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/19 Mon. 22:35 [edit]

CM: 2
TB: 0

0919

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株)のヤフー株価掲示板の方に、 介護事件事故、顧問弁護士弁護士法違反問題、食中毒死者問題など書き込んでいたら「掲示板閉鎖」新たにスレッド立ち上げ、苦情、圧力、隠蔽!?  

損保ジャパン日本興亜 介護被害1

損保ジャパン日本興亜 ヤフー掲示板

損保ジャパン日本興亜 ヤフー掲示板1


s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg

澤田雄二・新田裕子

澤田雄二弁護士、宇都宮中央法律事務所、損保ジャパン日本興亜 ベンツ 3

債務不存在確認訴訟

損保ジャパン日本興亜 行政処分 金融庁2

損保ジャパン日本興亜 行政処分 金融庁1

西澤敬二 損保ジャパン日本興亜 SOMPOケアネクスト1澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城

二宮雅也 損保ジャパン日本興亜 SOMPOケアネクスト澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城

高橋正美 損保ジャパン日本興亜 SOMPOケアネクスト澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城


佐藤史朗 損保ジャパン日本興亜 SOMPOケアネクスト澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城

損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城

損保ジャパン日本興亜 介護被害告発サイト

損保ジャパン日本興亜 行政処分 金融庁

損保ジャパン日本興亜 行政処分 金融庁1

損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア10

調停 損保ジャパン日本興亜 海老原輝弁護士 新田裕子弁護士 澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所

答弁書 損保ジャパン日本興亜 高齢者虐待 損保ケア 澤田雄二弁護士 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 宇都宮中央法律事務所

澤田雄二懲戒請求申し立て

栃木県弁護士会懲戒処分2

澤田雄二弁護士

損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア

損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア1
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア2
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア3
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア4
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア5
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア6
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア7
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア11
損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア10
損保ジャパン日本稿亜系列

損保ジャパン日本興亜 介護施設向け ウォームハート

損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア10


損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士澤田雄二弁護士懲戒処分 ウォームハート 介護虐待もてぎの森うごうだ城


■動画は↑↑↑⑥


■動画は↑↑↑⑤


■動画は↑↑↑④


■動画は↑↑↑③



■動画は↑↑↑②


■動画は↑↑↑①

損保ジャパン日本興亜 西沢敬二 澤田雄二
損保ジャパン日本興亜 二宮雅也 澤田雄二
損保ジャパン日本興亜 高橋正美 澤田雄二
損保ジャパン日本興亜 佐藤史朗 澤田雄二

損保ジャパン日本興亜 西沢敬二 代表者事項

損保ジャパン日本興亜 二宮雅也 代表者事項

損保ジャパン日本興亜 高橋正美 代表者事項

損保ジャパン日本興亜 佐藤史朗 代表者事項

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1
松田源一 木村勝則 片岡孝 川勾直之・もてぎの森うごうだ城4-1

木村勝則 松徳会 老健もてぎの森うごうだ城 松田源一 片岡孝医師17JPG

木村勝則 もてぎの森 うごうだ城 BICYCLE K BROS

会代表のコメント

●連続殺人が起きた川崎老人ホーム親会社、身売りの舞台裏(ダイヤモンドオンライン)記事はこちらから

ダイヤモンドオンラインの記事
「職員の処遇改善に着手 ブランド価値向上を目指す」
損保ジャパン日本興亜ホールディングス
奥村幹夫・執行役員経営企画部長

まあ、ワタミ・メッセージと介護法人買収で、損保ジャパン日本興亜が調子の良い事を述べているようですが・・・・。

「職員の処遇改善に着手!!」の前に、御社(損保ジャパン日本興亜)の弁護士法違反で、懲戒処分された顧問弁護士

宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士の指導をされた方が宜しいのでは・・・・。


損保ジャパン日本興亜での契約でも、澤田雄二弁護士が行ったように、退職前に有給休暇消化中の職員の名前を使い、連名捺印するのだろうか???


まあ、メディアが損保ジャパン日本興亜を持ち上げる事しかしないので、今後、ワタミ・メッセージ買収で介護業界もさらに大変な事になりますよ。

くれぐれも介護利用者は介護施設契約前に、介護施設がどこの損保と契約しているか、きちんと確認されて下さい!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

損保ジャパン日本興亜 「高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「顧問弁護士の介護虐待問題」

●損保ジャパン日本興亜 「顧問弁護士の介護虐待問題・[虐待]したという事ですよね!?発言・本社カスタマー」「澤田雄二懲戒処分弁護士・介護弱者への人権問題・弁護士法違反・顧問契約継続(リンクはこちらから)

損保ジャパン日本興亜 の「代表者事項証明書」を法務局より取って来ました。

会社法人登記の「代表者事項証明書」です、こんな1枚の証明書で何と600円、他にも取って来たので、こんな証明書に、お金を掛けるのはアホらしいと思いながらもこれがないと裁判所で受け付けてもらえないのでしょうがなく・・・・。

では何の為か、司法関係者の方は勿論ご存じなので、まさかなのか?やっぱりなのか?

損保ジャパン日本興亜を、相手にするということ!!


その第一弾として、損保ジャパン日本興亜の本社カスタマーが、澤田雄二懲戒処分の内容を話している中で、[虐待]したという事ですよね!?と発言し、その後、誤魔化しに必死な動画音声を公開させて頂きます。

勿論第一弾ということは、これから介護事業大手のやり口を公開させて頂きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第二弾、損保ジャパン日本興亜の本社カスタマーが、今度は澤田雄二懲戒処分弁護士が顧問弁護士では無いなどと言いだしました(呆れ)

■損保ジャパン日本興亜 「高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「介護虐待・本社顧問弁護士では無いと誤魔化し!?」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,2/2 (リンクはこちら)

あいにく、そんな言い訳は通りません。

本社カスタマーが自社の天下りの事も知らないとは、利権がらみの大企業は凄いですね・・・・。

ちなみに、澤田雄二弁護士は、親で弁護士の澤田利夫弁護士から顧問弁護士を引き継ぎ、損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士です。

損保ジャパン日本興亜の代理店でも有名な澤田雄二弁護士が、今さら顧問弁護士では無いなどとよくぞ本社がデタラメが言えたものかと・・・。

これからまだまだ栃木支店の担当者から特命課長とのやりとりまで、関係が無いとは言わせないように証拠を公開させて頂きます。

金融庁への1回目 澤田雄二弁護士が懲戒処分後に通報!!

金融大臣は、ご存知「麻生太郎 金融大臣」

既に先日裁判所には手続き書面を提出済み。

損保ジャパン日本興亜 代表取締役会長は「二宮雅也氏」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

栃木支店宇都宮支社担当者との会話です、前動画での損保ジャパン日本興亜の嘘がバレます。

澤田先生に一任と回答しておりますので、これが紹介のレベルなのか?顧問弁護士としてのレベルなのか?

動画をご覧になりご確認ください。

これが介護事業大手の介護事件事故虐待問題への対応振りです!!

●損保ジャパン日本興亜 「高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「介護虐待・顧問弁護士の弁護士法違反を知らない損保!?」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,3/3(リンクはこちら)

今回の会話から相談案件・高砂荘の問題も絡んで来ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

金融庁利用者相談室へ通報 、金融大臣 麻生太郎

損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士 「高齢者虐待」問題!!

金融庁もマニュアル回答と分かる回答ばかりで、通報後も何の動きも無く・・・・。


●損保ジャパン日本興亜 「金融庁へ通報・顧問弁護士・高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「介護虐待・顧問弁護士懲戒処分」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,4/4 (リンクはこちら)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メッセージは「アミーユ」などのブランドで有料老人ホームを展開し、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
「SOMPOケアメッセージ」と変更

居酒屋のワタミから「ワタミの介護」 「SOMPOケアネクスト」と社名を改めて再スタート


注意されて下さい、今まで介護問題になった企業買収で、アミーユ(川崎老人ホーム3人転落事件)ワタミ(入浴事故、ブラック企業)などの名前を、看板の掛け替えで・・・。

「SOMPOケアネクスト」、「ソンポケア」として損保ジャパン日本興亜が動いています。

既に施設の名称変更は進んでいるとのこと。


損保ジャパン日本興亜が、介護人材の研修など行うはずも無く、運営会社は別のはずですので、介護職員が入れ替わって無ければ名前の掛け替えだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

損保ジャパン日本興亜が、顧問弁護士の弁護士法違反を「問題が無い」と言い切り「法令遵守違反・高齢者虐待」

介護事業大手でもある、損保ジャパン日本興亜が、コンプライアンス無視とは・・・・。

まあ、会代表としては顧問弁護士の弁護士法違反を「問題が無い」などと言うことにはさせませんが(笑)

●損保ジャパン日本興亜 「法令遵守違反・高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「顧問弁護士の弁護士法違反を問題無し」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,5/5(リンクはこちら)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

なかなかというより全く損保ジャパン日本興亜を叩かないマスコミ・・・。

たまたま以前の新聞奨学生の問題を取り上げていたライターさんが、記事に。

損保ジャパン日本興亜 給料高すぎて辞められない“ヤクザ火災”出身者たち――ボーナス7.5カ月分、「転職先が外資でも年収下がる」

会代表も「ヤクザ火災」と異名があったとは知らず。


そんな異名が付くほどの損保であれば介護虐待弁護士ぐらい顧問弁護士に置いておくだろうと納得。

逆に「ヤクザ火災」とまで呼ばれていた損保ジャパン日本興亜であれば、ちょっとやそっとのことでは泣きことを言わないだろうから、今度直接、栃木支店の匿名課長さんにでもご挨拶にでも行く予定を立てましょうかね。

まあ、「ヤクザ火災」で検索したところ出るわ出るわ!!

弁護士ブログで、損保ジャパン日本興亜の依頼は今後受けないなどというタイトルを見ましたが・・・・・。

澤田雄二懲戒処分弁護士のように親父の澤田利夫弁護士からの顧問弁護士じゃやり口は見て来ているから「頭の悪そうな人ですね」などと威嚇暴言侮辱発言しても、警察庁長官天下りの損保ジャパン日本興亜が庇ってくれると思っているのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

「損保ジャパン日本興亜・調停代理人」は何と「弁護士法違反・高齢者虐待行為」の宇都宮中央法律事務所「澤田雄二・新田裕子・海老原輝弁護士!!」

損害保険ジャパン日本興亜 ・澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所 代表) 新田裕子弁護士 ・海老原輝弁護士・介護被害者相続人の調停に対し「申立人の請求を争う・否認ないし争う!!」(怒り)


これが介護事業大手のやり口です!!流石、旧ヤクザ火災と言われるだけのことは有ります。

損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士が弁護士法違反・不法行為を犯しながら「紹介しただけと」いつまで言い続けられるか!!

「被告」損害保険ジャパン日本興亜として良く考えて頂きましょう!!

高裁・最高裁となれば都内に出向けば、「被告」損害保険ジャパン日本興亜・新宿本社に寄る事が出来ますね!!

「被告ジャパンダ!!」を探しにGO!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

さて、「被告ジャパンダ!!」公開の前に、「被告」損害保険ジャパン日本興亜の栃木支店宇都宮中央支社が

介護被害者家族に対しどのような対応をしているか


宇都宮中央支社、担当白川の適当なコンプライアンス無視の顧問弁護士、

弁護士法違反の顧問弁護士 澤田の名を連呼する動画をどうぞ!!

これが介護事業大手の対応振りです!!

●損保ジャパン日本興亜 「法令遵守違反・高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「弁護士法違反の犯罪人を紹介するを損保」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,6/6 (リンクはこちら)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

金融庁公表の、損害保険ジャパン日本興亜に絡む、
合併(損害保険ジャパン&日本興亜)以前からの行政処分



平成15年度 H15.11.6 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損害
       保険業法 業務停止命令 業務停止(保険業法第133条) 法令違反、
       募集にかかる内部管理態勢の不備 代理店による不適正募集の看過

平成15年度 H15.11.6 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損害
       保険業法 業務改善命令 内部管理態勢強化等 法令違反、
       募集にかかる内部管理態勢の不備 代理店による不適正募集の看過

平成17年度 H17.11.25 済 保険会社 損害保険会社 損害保険ジャパン
       保険業法 業務改善命令 内部管理態勢強化等 支払管理態勢の不備等
       付随的な保険金の支払漏れ

平成17年度 H17.11.25 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損害
       保険業法 業務改善命令 内部管理態勢強化等 支払管理態勢の不備等
        付随的な保険金の支払漏れ

平成18年度 H18.5.25 済 保険会社 損害保険会社 損害保険ジャパン
       保険業法 業務停止命令 業務停止(保険業法第133条) 法令違反、
       法令等遵守態勢、経営管理態勢等の不備 
       付随的な保険金の更なる支払漏れ
       受託する生命保険の募集行為における法令違反等

平成18年度 H18.5.25 済 保険会社 損害保険会社 損害保険ジャパン
       保険業法 業務改善命令 内部管理態勢強化等
      法令違反、法令等遵守態勢、経営管理態勢等の不備
      付随的な保険金の更なる支払漏れ、
      受託する生命保険の募集行為における法令違反等

平成18年度 H19.3.14 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損害
       保険業法 業務停止命令 業務停止(保険業法第132条)
       保険金支払管理態勢、経営管理態勢等の不備
       第三分野商品に係る保険金の多数の不適切な不払い

平成18年度 H19.3.14 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損害
       保険業法 業務改善命令 内部管理態勢強化等
       保険金支払管理態勢、経営管理態勢等の不備
       第三分野商品に係る保険金の多数の不適切な不払い

平成21年度 H21.10.23 済 保険会社 損害保険会社 日本興亜損保
      保険業法 業務改善命令 保険金支払管理態勢の構築等
       業務運営態勢及び経営管理態勢の不備 保険金等の支払遅延等

(注1) 行政処分事例集では、金融庁及び財務局等から発出・公表を行った不利益処分等(業務改善命令、是正命令、戒告、計画変更命令、業務改善指示、業務停止命令、登録取消し、許可取消し、認可取消し、勧告、業務廃止命令等)が取りまとめられている。


まあ、これだけやらかしていれば、損害保険ジャパン日本興亜 栃木支店 
顧問弁護士 澤田雄二懲戒処分弁護士の弁護士法違反(戒告)程度では問題無しにするはずです。

またこれだけ行政処分されて、国家公務員の天下りが多すぎ(呆れ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

●損保ジャパン日本興亜 介護被害告発サイト(ツイッター)

「損保ジャパン日本興亜 介護被害告発サイト」で、ツイッターアカウントを作っておきました。

いつでも「損保ジャパン日本興亜 介護被害者会」に切り替え可能!!

以前に、交通事故での「損保ジャパン日本興亜被害者の会」というのが有ったようですが

今は名前を変えてNPOで代表が活動されているような・・・。

最近、グーグルやヤフー検索以外に、ツイッター検索も併用するユーザーが増えましたので、

今後の裁判及び顧問弁護士の動きも、当会と平行して公開して行きます。

既にリンクはしてあるので、当会を知らずとも、窓口になるでしょう!!

次は「宇都宮中央法律事務所 介護被害告発サイト」でも作りましょうかね!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

介護事業大手「 被告 損保ジャパン日本興亜」

被告 代表取締役 被告 二宮雅也/被告 西澤敬二/被告 高橋正美/被告 佐藤史朗)

「顧問弁護士の高齢者・障害者虐待推進!?・顧問弁護士の弁護士法違反を知らない損保!?」

被告 澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続


払い渋り行政処分・天下り受け入れ・悪ドイ商売で上場、高齢者・障害者虐待企業、代表取締役の生活ぶりをどうぞ!!

ベンツ・葉山・高級タワーマンション!!

これに「共生している顧問弁護士どもにやらせている、高齢者・障害者虐待行為」

順番は代表事項証明書の順番にて!!

以前、消費者金融「アイフル」が「チワワ」のCMで、行政処分等のイメージを覆い被そうとしていると批判されましたが・・・・。

損保ジャパン日本興亜の「パンダ」での「ジャパンダ」戦略でも、旧ヤクザ火災、行政処分・ブラック企業買収のイメージを覆い被そうとしているのでは?

どうせやるなら、弁護士法違反の顧問弁護士に・・・。

「上戸彩がCMで被ったパンダの被り物でも着せて被害者対応でもさせたら如何!!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

旧ヤ○ザ火災(安田火災海上保険)暴露本!!
現・損保ジャパン日本興亜
現在は、ジャニタレ芸能人で客寄せジャパンダ

介護事業大手に名を連ね高齢者・障害者をカモ!!


高齢者虐待にて提訴!!

被告 損保ジャパン日本興亜となり・・・。

高齢者虐待での、弁護士法違反の顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、高齢者虐待弁護士
被告澤田雄二弁護士、被告新田裕子弁護士 被告海老原輝弁護士を抱えて、その被告弁護士を代理人!?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

損保ジャパン日本興亜(顧問弁護士、宇都宮中央法律事務所、弁護士法違反「懲戒処分」の澤田雄二 被告及び被告訴人)「脅し・牽制」「期間を制約」「被害者の苦情対策」目的の「債務不存在確認訴訟」を介護被害者家族に対し提訴!!「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」 高齢者虐待弁護士!!

流石に、旧ヤ○ザ火災の懲戒処分顧問弁護士ども・・・・・。

現在、宇都宮地方検察庁へ告訴済み
「被告及び被告訴人 澤田雄二」「被告及び被告訴人 新田裕子」「被告及び被告訴人 海老原輝」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで
会代表のコメント

Yahoo!ファイナンス

●8630 - 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株) 2016/09/16〜

●8630 - 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株) 2015/10/08〜2016/09/15

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株)のヤフー株価掲示板の方に、

介護事件事故、顧問弁護士弁護士法違反問題、食中毒死者問題など書き込んでいたら、

掲示板閉鎖新たにスレッド立ち上げということになり

ヤフーの方にでも、苦情が、入ったのか?圧力なのか?分かりませんが・・・・・・・・。


新たなスレッドに書き込みしておきました(笑)

>>流石、ヤ○ザ火災がらみ、ヤフーまで動かして掲示板途中閉鎖で、新規掲示板ですか・・・・。

損保ジャパン日本興亜の介護事業問題をコメントされて削除するのでは何か裏があるのでしょうかね・・・・。

介護事業の事件事故は、十二分に株価の情報として必要な筈ですが・・・・。


1000件超えたからかと調べたら、1200、1300件の掲示板もあり、やはり都合の悪い書き込みに対する

動きかと・・・・。

まあ、損保ジャパン日本興亜からしてみればこんなこと容易いでしょうし・・・・!?
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/09/19 Mon. 17:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top