FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0930

<読売新聞地方版記事との情報>茂木町「特別養護老人ホーム せんぼんの家」「清水静雄施設長」(社会福祉法人 恵愛会 倉持雅之理事長)で介護事件 「清水静雄施設長は元障害者支援施設関係者」被告施設側 澤田雄二弁護士&田村信彦弁護士  

せんぼんの家
せんぼんの家-vert
社会福祉法人 恵愛会・特養「せんぼんの家」倉持雅之理事長 清水静雄施設長
茂木町 地域密着特別養護老人ホーム 暴行訴訟
会代表のコメント

金曜日に、ツイッターのフォローワーさんから、「裁判所でご挨拶できなくて」と連絡が有り・・・。

さて会代表が原告の法廷日では無いのですが、なぜかと思ったら・・・。

何と金曜日に、被告側 澤田雄二弁護士&イソ弁の田村信彦弁護士が絡む、介護事件の法廷が有り

その法廷を、ツイッターのフォローワーさんが傍聴されて会代表に連絡されたとの事でした。

間違うのもなるほどと、お話を伺って分かりました。

何とその介護事件に、被告側 澤田雄二弁護士 イソ弁の田村信彦弁護士の名まで有ったということは

たぶん損保ジャパン日本興亜の介護施設向け保険案件・・・。


それも、何と「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」での虐待暴行事件!?

会代表も、茂木町の特養と聞いて、施設名を伺ったら、直ぐに分かりました(呆れ)


既に施設利用者側の原告にも弁護士が立てられており、法廷としては進んでいるとの事で

次回、法廷日に和解案らしく・・・・。

既に傍聴人のフォロワーさんから、事件番号、原告の女性弁護士の名もお伺いしております。


「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」で名前と場所も知っていたので

直ぐに社会福祉法人の詳細を調べたら「なるほど・・・。」


たぶん被害者側のご家族も地域密着なので、地元茂木町在住の被害者ですが

茂木町福祉課&栃木県に訴えても駄目だったのでしょう・・・。

それで弁護士を立てて訴訟という事に・・・。

会代表が調べたところ、介護事件のあった特養では、茂木町は手を出しません。

なぜか、理事には「元茂木町町長の名まで・・・。」

となると暴行傷害沙汰でも、ご存知、茂木警察署とはズブズブ関係

被害者家族もご苦労されたことかと思います。


緊急搬送先は、会代表の母の時と同じく「芳賀日赤病院」に運ばれたとのこと。


原告の女性弁護士にも頑張って貰いたいところですが・・・。

傍聴人のフォロワーさんに聞くところ、澤田雄二弁護士が、のらりくらり対応していたとの事で

窓口は、イソ弁の田村信彦弁護士ではとの情報でしたが・・・・。



もう茂木町は、特養でも職員の暴行事件で訴訟、老健でも高齢者虐待で訴訟ともうどうにもなりませんね・・・。

地元マスコミも取り上げていないようですし、澤田雄二絡みでは「下野新聞」も記事にしないでしょう(呆れ)


被害者家族の方でも当会にお問い合わせ頂ければアドバイスさせて頂きます!!

さらに裏取りができた段階で、施設名公開ということにも・・・。



次回傍聴日の日付も伺っているので、時間が合えば是非傍聴したいものです

裁判官が誰なのかも気になりますし(笑)


私が傍聴していたら澤田雄二弁護士が驚くかな(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

本日、県高齢対策課へ確認することがあって連絡した時に

「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」での虐待暴行事件!?の事を尋ねると

何と高齢対策課の担当者が知らない・・・・。


施設名も教えたのですが、あらら・・・・・。

茂木町でも何件か介護訴訟になっているとか(呆れ)

茂木町の介護はダメじゃん!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、6月22日が、暴行事件の和解案の法廷日との情報を頂いていたのですが

時間がはっきりせず・・・・。

宇都宮地裁へ、事件番号から問い合わせると、次回法廷日は、7月20日とのこと・・・・。

栃木県高齢対策課は、訴訟になっていることも知らなかったようで、会代表からの指摘で知ることに・・・・。

ちなみに、高齢対策課に確認したところ、地域密着の特養は、茂木町の管理とのことで・・・・。

事故報告書に関しては、高齢対策課が話を濁しました・・・。

いちよう裁判所にも確認を入れましたので、施設名にはモザイクを入れた画像をUPさせて頂きます。

被害者原告側のエリート女性弁護士さん、被害者の為にも頑張ってください!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

7月20日初裁判傍聴!!

傍聴して来たのは、以前からご案内させて頂いていた、茂木町の地域密着の「特養」での暴行事件。

社会福祉法人 恵愛会  特別養護老人ホーム せんぼんの家

また、施設の詳細などは後日記事にさせて頂きます。

社会福祉法人 恵愛会の訴訟代理人が、「澤田雄二」となっていますが、今回は来ていませんでした

イソ弁の田村信彦弁護士ではと思われる弁護士が・・・・。


原告のお名前は、モザイクを入れておきました、訴訟代理人は「大川容子」となっていますが

こちらもイソ弁の布施 真紀子弁護士と思われる方が出向いており

弁論の法廷自体は、5分程度で終了・・・・。

ちょっと会代表としては気抜け・・・・。

裁判体が、第一民事部の女性3名の裁判体でした。

もう、だいぶ審議は進んでいるようで、次回9月判決のようです。


社会福祉法人 恵愛会の方は、損保ジャパン日本興亜で、顧問弁護士の澤田雄二のようですが

被告側が、ある程度、非を認めているようなイソ弁、田村信彦弁護士の発言でしたので

判決はすんなり出るような感じですが・・・・。


会代表の母の事件とは、偉い違いです(笑)

傍聴人は、会代表以外に、男性が2名・・・。

会代表が、首にカラー、杖を突いて傍聴ですので、代理人も含め、この人誰という感じでしたが

たぶん、イソ弁、田村信彦弁護士は、気づいていると思います(笑)


原告被害者側からは、代理人だけで、被害者家族などは来ていませんでした。

5分で終了だったので、帰りがけに会代表の母の介護事件の書記官に、ちょっと準備書面の質問をして終了・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

9月28日判決日、傍聴して来ました。

傍聴して来たのは、以前からご案内させて頂いていた、茂木町の地域密着の「特養」での暴行事件。

社会福祉法人 恵愛会  特別養護老人ホーム せんぼんの家

9月28日判決日だったのですが、判決は5分も掛からないで終了・・・・。

それも、原告、被告共に、法廷には訴訟代理人も出席しておらず。

傍聴席には、会代表と、もう一人女性の傍聴人?


法廷には、原告も被告もいないので、裁判官が判決を読み上げ早々に終了・・・・・。

会代表も、判決日の傍聴は初ですが・・・・。

判決日に、原告、被告共に、法廷に訴訟代理人も出席せずに判決は進むのかと(驚き)

傍聴席にも、被害者側の原告の家族の方など来られているかと思いましたが来ておられず

もう一人の女性の傍聴人は、法廷終了後に分かったのですが

被告側の宇都宮中央法律事務所の事務方の女性のようで

傍聴&判決文のみ取りに来たようです。

原告は、後日判決文を裁判所に取りに来るのでしょう。

裁判官も、法廷に原告も被告もいないので、判決の説明が早く聞き取るのが大変でした・・・・。

判決内容としては原告「施設利用者側の勝訴!!」

利用者被害の状況が分からないので、賠償金が高いのか安いのか?

判断出来かねますが、取り合えず勝訴で良かったですね!!

たぶん、澤田雄二弁護士&田村信彦弁護士の方も控訴はしないのでは無いかと思いますが

前回の弁論でも非を認めている部分は認めていたので、このまま判決確定かと!?

この施設には、茂木町の元町長まで理事になっている施設で

役員の顔ぶれ職業を見れば、分かりやすい地元密着の介護施設・・・・。

理事長は、倉持整骨院の倉持雅之氏


それでも原告が訴訟に持ち込んだということは、よっぽどの被害状況だったのか?

介護事件後の施設の対応が悪かったのか???



原告弁護士の着手金&成功報酬を考えると

損害賠償金としては経費と精神的苦痛を考えると被害者側は全然あわないのかと・・・・・。

それでも提訴するということは、それだけの介護施設の対応の悪さが有ったのでしょう・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

29日夕方に情報を頂きました。

読売新聞の地方版には、特別養護老人ホーム せんぼんの家の介護事故の判決内容が記事になっているそうです。

ネットの読売オンラインでは、UPされていませんでした。


理事長名は記事に出ず、施設長の清水静雄施設長の名は記事になっていたそうで

調べてみたら、高根沢町の障害者支援施設、社会福祉法人「恵友会」にいた方のようです。

今は、社会福祉法人 「恵愛会」・・・・。

似たような名の法人名・・・・。

読売新聞は傍聴には来ていませんでしたので、判決文を謄写されて記事にされたのかと。

地元、下野新聞では記事になっていません、

被告側 澤田雄二弁護士の負けた介護事故じゃ記事にしないかな(笑)


次回、裁判所に出向いたときにでも、参考に判決文を謄写できるようでしたら謄写手続きしてみようかと思っています。

せんぼんの家の介護事故で新聞記事になるなら

老健「もてぎの森うごうだ城」の介護事件が新聞記事にならないはずがないと

他の方からもお声を頂いているのですが、期待せず当会から発信を続けます!!
スポンサーサイト



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/30 Sat. 00:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

0929

<原告勝訴判決>茂木町「特別養護老人ホーム せんぼんの家」(社会福祉法人 恵愛会 倉持雅之理事長)で虐待暴行事件 被告施設側 澤田雄二弁護士&イソ弁の田村信彦弁護士「原告、被告共に、法廷には訴訟代理人も出席せずに判決!!」  

せんぼんの家-vert
社会福祉法人 恵愛会・特養「せんぼんの家」倉持雅之理事長 清水静雄施設長
茂木町 地域密着特別養護老人ホーム 暴行訴訟
会代表のコメント

金曜日に、ツイッターのフォローワーさんから、「裁判所でご挨拶できなくて」と連絡が有り・・・。

さて会代表が原告の法廷日では無いのですが、なぜかと思ったら・・・。

何と金曜日に、被告側 澤田雄二弁護士&イソ弁の田村信彦弁護士が絡む、介護事件の法廷が有り

その法廷を、ツイッターのフォローワーさんが傍聴されて会代表に連絡されたとの事でした。

間違うのもなるほどと、お話を伺って分かりました。

何とその介護事件に、被告側 澤田雄二弁護士 イソ弁の田村信彦弁護士の名まで有ったということは

たぶん損保ジャパン日本興亜の介護施設向け保険案件・・・。


それも、何と「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」での虐待暴行事件!?

会代表も、茂木町の特養と聞いて、施設名を伺ったら、直ぐに分かりました(呆れ)


既に施設利用者側の原告にも弁護士が立てられており、法廷としては進んでいるとの事で

次回、法廷日に和解案らしく・・・・。

既に傍聴人のフォロワーさんから、事件番号、原告の女性弁護士の名もお伺いしております。


「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」で名前と場所も知っていたので

直ぐに社会福祉法人の詳細を調べたら「なるほど・・・。」


たぶん被害者側のご家族も地域密着なので、地元茂木町在住の被害者ですが

茂木町福祉課&栃木県に訴えても駄目だったのでしょう・・・。

それで弁護士を立てて訴訟という事に・・・。

会代表が調べたところ、介護事件のあった特養では、茂木町は手を出しません。

なぜか、理事には「元茂木町町長の名まで・・・。」

となると暴行傷害沙汰でも、ご存知、茂木警察署とはズブズブ関係

被害者家族もご苦労されたことかと思います。


緊急搬送先は、会代表の母の時と同じく「芳賀日赤病院」に運ばれたとのこと。


原告の女性弁護士にも頑張って貰いたいところですが・・・。

傍聴人のフォロワーさんに聞くところ、澤田雄二弁護士が、のらりくらり対応していたとの事で

窓口は、イソ弁の田村信彦弁護士ではとの情報でしたが・・・・。



もう茂木町は、特養でも職員の暴行事件で訴訟、老健でも高齢者虐待で訴訟ともうどうにもなりませんね・・・。

地元マスコミも取り上げていないようですし、澤田雄二絡みでは「下野新聞」も記事にしないでしょう(呆れ)


被害者家族の方でも当会にお問い合わせ頂ければアドバイスさせて頂きます!!

さらに裏取りができた段階で、施設名公開ということにも・・・。



次回傍聴日の日付も伺っているので、時間が合えば是非傍聴したいものです

裁判官が誰なのかも気になりますし(笑)


私が傍聴していたら澤田雄二弁護士が驚くかな(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

本日、県高齢対策課へ確認することがあって連絡した時に

「茂木町」の地域密着型の「特別養護老人ホーム」での虐待暴行事件!?の事を尋ねると

何と高齢対策課の担当者が知らない・・・・。


施設名も教えたのですが、あらら・・・・・。

茂木町でも何件か介護訴訟になっているとか(呆れ)

茂木町の介護はダメじゃん!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、6月22日が、暴行事件の和解案の法廷日との情報を頂いていたのですが

時間がはっきりせず・・・・。

宇都宮地裁へ、事件番号から問い合わせると、次回法廷日は、7月20日とのこと・・・・。

栃木県高齢対策課は、訴訟になっていることも知らなかったようで、会代表からの指摘で知ることに・・・・。

ちなみに、高齢対策課に確認したところ、地域密着の特養は、茂木町の管理とのことで・・・・。

事故報告書に関しては、高齢対策課が話を濁しました・・・。

いちよう裁判所にも確認を入れましたので、施設名にはモザイクを入れた画像をUPさせて頂きます。

被害者原告側のエリート女性弁護士さん、被害者の為にも頑張ってください!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

7月20日初裁判傍聴!!

傍聴して来たのは、以前からご案内させて頂いていた、茂木町の地域密着の「特養」での暴行事件。

社会福祉法人 恵愛会  特別養護老人ホーム せんぼんの家

また、施設の詳細などは後日記事にさせて頂きます。

社会福祉法人 恵愛会の訴訟代理人が、「澤田雄二」となっていますが、今回は来ていませんでした

イソ弁の田村信彦弁護士ではと思われる弁護士が・・・・。


原告のお名前は、モザイクを入れておきました、訴訟代理人は「大川容子」となっていますが

こちらもイソ弁の布施 真紀子弁護士と思われる方が出向いており

弁論の法廷自体は、5分程度で終了・・・・。

ちょっと会代表としては気抜け・・・・。

裁判体が、第一民事部の女性3名の裁判体でした。

もう、だいぶ審議は進んでいるようで、次回9月判決のようです。


社会福祉法人 恵愛会の方は、損保ジャパン日本興亜で、顧問弁護士の澤田雄二のようですが

被告側が、ある程度、非を認めているようなイソ弁、田村信彦弁護士の発言でしたので

判決はすんなり出るような感じですが・・・・。


会代表の母の事件とは、偉い違いです(笑)

傍聴人は、会代表以外に、男性が2名・・・。

会代表が、首にカラー、杖を突いて傍聴ですので、代理人も含め、この人誰という感じでしたが

たぶん、イソ弁、田村信彦弁護士は、気づいていると思います(笑)


原告被害者側からは、代理人だけで、被害者家族などは来ていませんでした。

5分で終了だったので、帰りがけに会代表の母の介護事件の書記官に、ちょっと準備書面の質問をして終了・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

9月28日判決日、傍聴して来ました。

傍聴して来たのは、以前からご案内させて頂いていた、茂木町の地域密着の「特養」での暴行事件。

社会福祉法人 恵愛会  特別養護老人ホーム せんぼんの家

9月28日判決日だったのですが、判決は5分も掛からないで終了・・・・。

それも、原告、被告共に、法廷には訴訟代理人も出席しておらず。

傍聴席には、会代表と、もう一人女性の傍聴人?


法廷には、原告も被告もいないので、裁判官が判決を読み上げ早々に終了・・・・・。

会代表も、判決日の傍聴は初ですが・・・・。

判決日に、原告、被告共に、法廷に訴訟代理人も出席せずに判決は進むのかと(驚き)

傍聴席にも、被害者側の原告の家族の方など来られているかと思いましたが来ておられず

もう一人の女性の傍聴人は、法廷終了後に分かったのですが

被告側の宇都宮中央法律事務所の事務方の女性のようで

傍聴&判決文のみ取りに来たようです。

原告は、後日判決文を裁判所に取りに来るのでしょう。

裁判官も、法廷に原告も被告もいないので、判決の説明が早く聞き取るのが大変でした・・・・。

判決内容としては原告「施設利用者側の勝訴!!」

利用者被害の状況が分からないので、賠償金が高いのか安いのか?

判断出来かねますが、取り合えず勝訴で良かったですね!!

たぶん、澤田雄二弁護士&田村信彦弁護士の方も控訴はしないのでは無いかと思いますが

前回の弁論でも非を認めている部分は認めていたので、このまま判決確定かと!?

この施設には、茂木町の元町長まで理事になっている施設で

役員の顔ぶれ職業を見れば、分かりやすい地元密着の介護施設・・・・。

理事長は、倉持整骨院の倉持雅之氏


それでも原告が訴訟に持ち込んだということは、よっぽどの被害状況だったのか?

介護事件後の施設の対応が悪かったのか???



原告弁護士の着手金&成功報酬を考えると

損害賠償金としては経費と精神的苦痛を考えると被害者側は全然あわないのかと・・・・・。

それでも提訴するということは、それだけの介護施設の対応の悪さが有ったのでしょう・・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/29 Fri. 03:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

0927

相談案件・澤田利夫弁護士&澤田雄二弁護士親子絡み「親が親なら子も子!?」特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」宇都宮市平出町「特養で半身不随を長時間放置・介護事件」損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士   

澤田利夫弁護士 澤田雄二弁護士 澤田綜合法律事務所 宇都宮中央法律事務所


■動画は↑↑↑
澤田利夫&澤田雄二弁護士

澤田利夫&澤田雄二弁護士2

澤田利夫&澤田雄二弁護士1
栃木県公安委員会 飯田福祉会 高砂荘 浜野修 栃木県警 福田亮 郷敬栃木県公安委員会 飯田福祉会 高砂荘 浜野修 栃木県警 福田亮 郷敬1
栃木県公安委員会


■動画は↑↑↑
宇都宮東警察署・郷敬 警部補・福田亮警部補・飯田福祉会「高砂荘」介護事件捜査放置1

宇都宮東警察署・郷敬 警部補・福田亮警部補・飯田福祉会「高砂荘」介護事件捜査放置2

特養「高砂荘」社福「飯田福祉会」宇都宮市 告訴
社会福祉法人 希望の家 木村謙弁護士 梅津真道弁護士 飯田福祉会 高砂荘

社会福祉法人 希望の家 木村謙弁護士
社会福祉法人 希望の家 木村謙弁護士1
飯田福祉会 浜野修 特養「高砂荘」

 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士木村謙弁護士 損保ジャパン

横田康行弁護士 梅津真道弁護士 木村謙弁護士 木村謙弁護士 澤田雄二弁護士 飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長 介護事件 澤田雄二弁護士

飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長-vert

飯田福祉会 高砂荘 浜野 修 理事長 介護事件事故虐待-horz

宇都宮東警察署

刑事訴訟法 宇都宮東警察署 栃木県警

宇都宮東警察署、介護事件を捜査せず放置・・・。1

飯田福祉会 浜野修 高砂荘 栃木県警 宇都宮東警察署

刑事訴訟法 宇都宮東警察署 栃木県警

宇都宮地方検察長

宇都宮東警察署、介護事件を捜査せず放置・・・。

私的病院会
私的病院会1
私的病院会 浜野修 飯田福祉会 高砂荘

木村謙法律事務所 宇都宮中央法律事務所

木村謙法律事務所 住所

宇都宮中央法律事務所 元ミユキビル

澤田雄二弁護士、宇都宮中央法律事務所、損保ジャパン日本興亜 ベンツ 3

木村謙法律事務所

宇都宮中央法律事務所 元ミユキビル 駐車場

損保ジャパン日本興亜 介護施設向け ウォームハート


■動画は↑↑↑③
端二三彦裁判長

端二三彦


梅津真道弁護士 あけぼの法律事務所


 
■動画は↑↑↑

梅津真道弁護士容疑者逮捕

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

木村謙法律事務所1

飯田福祉会 特養 高砂荘(宇都宮市)澤田利夫、澤田雄二 澤田総合法律事務所 損保ジャパン

飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘2

飯田福祉会 高砂荘

飯田福祉会 高砂荘1


飯田福祉会 高砂荘 浜野修理事長2jpg


飯田福祉会 高砂荘 浜野 修 理事長 介護事件事故虐待-horz

飯田福祉会 高砂荘 宇都宮市

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修2

飯田福祉会 高砂荘 浜野修3

飯田福祉会 高砂荘 浜野修4


特養 高砂荘8

下野新聞記事1特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

審査請求書面2

相談障害手帳 特養 高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長 澤田雄二 澤田利夫弁護士 損保ジャパン

高砂荘 飯田福祉会 浜野修理事長

飯田福祉会 高砂荘 浜野修

飯田福祉会 高砂荘 浜野修 澤田雄二 澤田利夫 梅津真道

相談、口頭弁論調書

損保ジャパン弁護士法違反1

SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png

澤田雄二・新田裕子 損保ジャパン 宇都宮中央法律事務所

sawada.png

溝邉岳秋
2015年 度栃木県弁護士会 副会長(澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士)

溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士 (登録番号, 35733) 
大銀杏法律事務所(おおいちょう)

2015年度栃木県弁護士会 副会長
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り。)
相談案件・「損保ジャパン日本興亜」 澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市



●特別養護老人ホーム「高砂荘」社会福祉法人「飯田福祉会」宇都宮市(リンクはこちらから!!)


特別養護老人ホーム「高砂荘」  社会福祉法人「飯田福祉会」 宇都宮市

全国で検索すると「高砂荘」という介護施設が検索されますが、宇都宮市「飯田福祉会」の特養「高砂荘」での「介護事件事故虐待」です。


社会福祉法人飯田福祉会 「浜野 修 理事長」 特別養護老人ホーム「高砂荘」
●栃木県地域包括・在宅介護支援センター協議会  会長 浜野 修
●栃木県社会福祉協議会 評議委員  (社会福祉法人理事長 浜野 修)


記事1

地元「下野新聞」が、何の絡みなのか?「施設名非公開での記事」しか載せなかった介護事件事故虐待です。

<記事抜粋>
「若い男に殴られた。警察を・・・。」宇都宮市の女性(60)は、

施設に入所していた母親(87)の繰り返した言葉が耳を離れない。

病院の集中治療室で、母親は職員の虐待を示唆するようなことを何度もつぶやいた。


この状況で、原告被告側 両弁護士が何を企み?依願退官前の裁判官は機能していたのか?

「宇都宮市」及び「宇都宮東警察署」は門前払い・・・・。


介護事件事故虐待 公開告発サイトへ相談案件登録済み

<介護事件事故虐待・公開告発地点>こちらか・・・。

飯田福祉会「高砂荘」のマーカー(地点)をクリックすると開きます。


飯田福祉会「高砂荘」のHPから浜野修理事長の画像を含め、施設関係者の画像が削除されました!!

画像削除の前に、ご遺族への謝罪が先なのでは(呆れ)

またサービス担当者会議及び施設サービス計画書を確認すると・・・・。

入所受入れ段階で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれているのが分かります。

介護計画で「歩行時の転倒の危険性」が織り込まれていて、「注意管理義務違反」も問えない弁護士、裁判所は何をしているのでしょうね・・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご遺族には依頼した弁護士がことごとく着手金貰って結果も出さずに弁護士辞任したのですが、何をしていたのかこの弁護士達は・・・・。

その辞任した、刑事告訴もできない横田康行弁護士、その後の梅津真道弁護士も刑事告訴も控訴もできないと辞任・・・・。

弁護士でも無い素人の会代表が、直告や刑事告訴もできているのに、「とんずらするだけの弁護士では話にならず」、これが弁護士の良く述べる依頼者の利益になっているのだろうか(呆れ)


今回の宇都宮市の福祉課での事故報告書の事故現場の図面になります。

さらに高砂荘の介護事件事故虐待から1ヵ月半後の半身不随にされた被害者の画像です。既に高砂荘からは離れています。

半身麻痺は左半身麻痺、右手は上げていますが、不自然に左肩から腕が力なく下がっていると思うのは会代表だけでしょうか・・・。

今回の記事のポイントは、事故現場の図面です、導線など分かりやすく引かせて頂きました。

ご覧頂いている皆さん何か疑問は感じませんか???

ご老人の行動などに介護経験がある方なら「うん!?」可笑しいな・・・・・。

会代表もご遺族からの説明を聞く前に「あれ?」

現場の高砂荘の施設はユニット(個室)利用です。


宇都宮市の事故報告書では、「事故発生時間 午前0時20分頃(深夜)」たぶんこの時間ですと、一眠りしてからの用足しの為の起き上がり行動か?それとも寝つきが悪く起きていたのか?

さらにこの時間だと、施設内の明かりも消灯時間で、真っ暗にはしませんが、少し明かりを落としている可能性があります。

「居室横のトイレ」と「事故現場近くの居室から離れたトイレ」・・・・。

ご覧頂いている皆さん、午前0時20分頃(深夜)に用足しに起きて、居室横にトイレがあるのに・・・・。

わざわざ居室から離れたトイレに出向きますか???

たぶん個室ユニットですので、日中フロアーに生活していたとしても、それまで独歩で歩けていたとすれば、人間というものは使い慣れていると思われる居室横のトイレに出向く感覚が有ります。

それも認知症を発症していれば、不穏行動になることは確かに有るのですが、「用を足すなど生理現象に感してはパターン化する」ことも有ります。

パターン化するので、オムツ、尿パッド交換などの時間間隔など考えて介護計画するのが介護。

その辺の介護知識が全く無い弁護士が疑問も感じずに・・・・。

「消防隊からも警察に調べて貰った方がと助言が有ったにもかかわらず」、刑事告訴せず。


それも横田康行弁護士と梅津真道弁護士が、澤田雄二弁護士の弁護のやり方、診断書などのやり口で不利に持って行かれた節が有るのですが、それであれば刑事告訴して、当事者の取調べなどをすれば、流れは変わっていたかと会代表は確実に思います。

現在、ご遺族に介護事件事故虐待に関係した病院・医師及び診断書の変更具合に疑問を持ち、まとめては頂いているのですが、事故発生直後の診断書であれば、被害者の「若い男に殴られた警察を・・・。」の発言があれば、その時に宇都宮東警察署が被害届にせずとも、刑事告訴して捜査する方向に持って行けた筈、弁護士であれば・・・・。

それをかかわった原告側弁護士が全く行っておらず、何の為に着手金を貰って依頼を受けているのか(呆れ)

ご遺族の力になれないなら弁護を受けるなよ。


数日前に、ご遺族と3度目になりますがお会いして来ました。

証拠関係の整理聞き取りと、後は今後ご遺族としてどこまで闘いたいか?どこまでの事を当会に求めたいか?などお話して来ました。

ご遺族から最初に、澤田雄二弁護士の懲戒処分を知られて当会に問い合わせ、初対面した昨年8月頃のご遺族の思い、会代表への印象と現在の半年以上経っての3度目の、ご遺族の思い、会代表への印象が変わって来ている事を、会代表は理解しております。

たぶん最初はご遺族としては澤田雄二弁護士を懲戒処分にした方なら、高砂荘の事件を公開してくれるだろうとの思い・・・。

それが、この半年に当会が実際行って来た、「懲戒請求、直告、刑事告訴、裁判所、弁護士対応などの動きを見れば」たまたま澤田雄二弁護士の懲戒処分が取れた会代表が人物なのか?

少しずつですが、ご遺族も、ご覧頂いている方も、この人物「何者!?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

まあそれを一番感じているのが、「澤田雄二懲戒処分弁護士、新田裕子弁護士」と「栃木県弁護士会」ですが(笑)


会代表の仕事のやり方として「大風呂敷広げて何が出来ます!!」などとは言うつもりは全く御座いません。

なぜ会代表がこのブログで、他の方から見ればこんな情報まで公開と思われている方も実際におられるのですが、会代表としては実際に「介護被害者家族として、被害者の母の代わりとして闘う為」に行って来たことを公開した方が、弁護士バッチ付けてはったり噛ましている弁護士より、現実味があると思いますので公開しております。

「はったりの何が出来ますでは無く、何をして来ました。」

それの方が相談者も理解しやすい筈です。


ただ、結構ギリギリのところで問題定義もしておりますので「根拠無く」同じような公開手法をすると大変な事になりますのでご注意されて下さい。「確実に知らない弁護士に相談すればそんな事は行ってはいけないという範疇ですので・・・(笑)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




数日前に、ご遺族と4度目になりますがお会いして来ました。

お話していく中で、また疑問点が発覚・・・・・。

以前に、記事にUPした、宇都宮市作成の「事故現場の図面」に疑問点。

ご遺族と話している中で、事故現場でのフロアーのベランダの話が出て、会代表としては「ベランダ!?」

どこにベランダ(バルコニー)が有ったのか、ご遺族に確かめると「えっ!!」

何故、宇都宮市の作成図面には画像2番目のようにベランダ(バルコニー)などは、一切記載されていません。

ご遺族に聞くと、澤田雄二弁護士側からの事故現場の図面にも、ベランダ(バルコニー)の記載は無かったとのこと・・・・。

さらにご遺族からベランダ(バルコニー)の位置、スライドドアの位置をお伺いすると、ご遺族から実は宇都宮市作成図面のカウンターの位置が違っていた事も発覚。

後日、画像3目以降のカウンター位置の図面と高砂荘の建物の構造図面を入手。

裁判所にも高砂荘の建物の構造図面が提出されてはいたようですが、画像4枚目の構造図面には、ベランダ(バルコニー)が切れた図面で、今回ご遺族から提出頂く時に、切れた所にバルコニーを記載して頂いている状況で、最後の全体の構造図面でははっきりとバルコニーが図面に確認できます。


たぶん、介護施設や認知症入所者の行動が分からない、弁護士や裁判所、行政では分からないので、宇都宮市の事故現場の図面のようにベランダ(バルコニー)を削除したのか?削除した意図はあるのか?

なぜ、会代表がご遺族からベランダ(バルコニー)の存在を聞いて、「えっ!?」と思ったのか?

それは事故現場とされているトイレ近くに、ベランダ(バルコニー)が有ったとすると「行動経路の理由に疑問」が出て来るからです。

ご遺族からの話だと、バルコニーへの出入りは自由、ドアの鍵も閉まっていないとの事・・・・。

会代表としては、何か解せない思いが・・・。

本当に、本人居室のほぼ隣にあるトイレを利用せず、深夜0時過ぎに、居室からわざわざ離れたトイレに向かい転倒ですか???

被害者が、バルコニーに出入りする事や、帰宅願望が表れていた事は高砂荘への入所前から兆候が見られ、高砂荘への入所時の申し送りでも伝えられていたとの事・・・・。

また、カウンター位置が違って来るとなると、判決に記載されている内容と事故現場の作成図面との内容に違いがでて来るのですが・・・・・。

「一人でトイレに行き 同日午前0時20分ころ、居室に戻ろうとした際、転倒し、トイと居室との間にあったカウンターテーブルに前頭部を打った。(判決文記載)


宇都宮市の事故現場図面だと、わざわざカウンターテーブルを、「事故現場に近づけた事」になってしまうのですがね・・・・・。

それでなければ、「カウンターテーブルに前頭部を打った」ということにならない・・・・。

そろそろ皆さんもお気付きでしょうか?

会代表として、現場にいたのでは無いので「断言」は控えますが・・・・・・。


たぶん、これからまだ、疑問点は続きます、この後に出てくる疑問点を知れば、「あれれ・・・。」


原告側被告側共に、なぜ警察に入って貰わなかったのか?

弁護士は何をしていたのでしょう?

そう言えば、梅津真道弁護士は、栃木小1女児殺害の被告弁護団の弁護士なのだから、刑事案件としても疑問を持たなかったのだろうか?

さらにマスコミは取材までして施設名非公開の記事とは・・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回の相談案件に絡んだ「病院&医師」辺りから、弁護士だけでは無く、医師のしがらみも絡んで来ます。

画像2番目に、ご遺族からご提出頂いた関係した「病院&医師」の流れ。


会代表も最初、何度かお話を伺う中で、余りにも関係した「病院&医師」が多いのでご遺族に資料にして頂いたのですが、もしマスコミが一度取材したぐらいでは、複雑な部分の把握は無理かと思います。

まず、前回記事でのバルコニーの問題を、頭に入れつつ。

今回、関係した「病院&医師」の流れだけの記事ですが、これに今後「複数の診断書」が絡んできます。

この診断書の診断が、「全部同じ診断なら」こんなに病院&医師が絡み、「医師の意見書取り合い」になることは・・・。

そして原告側(被害者側)の「横田康行弁護士」が、意見書の取り合いの段階で、ご遺族に弁護を降りたいと「弁護を投げ出し」
その後に、弁護を引き受けた「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も最終的にご遺族が、当初拒む「高額な医学意見書」を取らなければ「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」も降りると言い出し、結局、当初ご遺族が拒む「高額な医学意見書」を取る羽目に・・・・・・。

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」がご遺族に「高額な医学意見書」を取らせたのはいいが、梅津真道弁護士がひっくり返す事ができず、1審で棄却。


今度は「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」が、控訴するなら弁護を降りると言い出し、控訴の手続き方法も教えず、梅津真道弁護士から控訴するならこの日までと言われた日の残り、「平日4日間しか無い状況で、弁護投げ出し・・・・・。」

ご年配者のご遺族に、「控訴状の記載方法」を教えることも無く、「平日4日間」で、複雑案件それも相手側弁護士が、澤田雄二弁護士で受けてくれる弁護士が探せるはずがなかろうに・・・・・。

会代表でも残り4日間で弁護士を探せと言われても「無理」

「木村謙法律事務所の梅津真道弁護士」の確信的行為・・・。

まんまと原告被告側両弁護士により、介護被害者家族が泣き寝入りせざるを得ない状況に送り込み成功(呆れ)

現在、診断書をまとめていますが、今回の画像2番目の関係した「病院&医師」の流れだけ見ても疑問に気付く方がいれば「あれ?」と思うかもしれません。

ポイントは、⑥(B)澤田雄二弁護士が提出した医学意見書に対する、「別医師からの裁判所への上申書」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」 「あけぼの法律事務所」「弁護士会へ懲戒請求」「特養で半身不随を長時間放置」特養「高砂荘」飯田福祉会 原告側(元) 木村謙法律事務所勤務「梅津真道容疑者」(リンクはこちらから)

相談案件の「原告 盗撮弁護士 梅津真道容疑者」ですが、ご存知の通り逮捕。

今回、梅津弁護士との会話音声動画を、マスコミにも流したのですが、盗撮弁護士事件は一段落のようで・・・。

当会はまだまだ、これからです。


日刊ゲンダイさんにも取材して相談案件を記事にして頂きました。

マスコミは相当、オブラートに包んで報道していたようですが、ネットの情報の拡散のほうが速いようです。

ご遺族にも動画音声を確認し頂いてからの動画UPです。

ご遺族としては「梅津弁護士は何をデタラメ言っているのか」との思いのようです(怒り)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

会代表の母の案件で、中々相談案件の調査資料を読み込むことが出来ないのですが、ご遺族にはその間に、ご遺族にしか確認できない事の確認をお願いしており、ご連絡も頂いております。

つい最近、今次案の裁判官、裁判長の居所が判明いたしました。

依願退官していたので、弁護士にでもなっているものと思いきや、天下りというか法務省管轄の・・・・・。

●千住公証役場 「端二三彦」 平成28年5月2日

法務省の公証役場への公証人としての人数等を見て、「あらら」・・・・・。

●指定公証人一覧(法務省)(リンクはこちら)

「端二三彦」裁判長、依願退官してから数年休んで、前職つながりで公証人として公証人役場へお勤めということのような・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

損保ジャパン日本興亜 の動画ですが相談案件でも絡みますのでUPしておきます。

栃木支店宇都宮支社担当者との会話です、前動画での損保ジャパン日本興亜の嘘がバレます。

澤田先生に一任と回答しておりますので、これが紹介のレベルなのか?顧問弁護士としてのレベルなのか?

動画前半が、相談案件・高砂荘に関してのやり取り。

動画をご覧になりご確認ください。

これが介護事業大手の介護事件事故虐待問題への対応振りです!!

●損保ジャパン日本興亜 「高齢者虐待」代表取締役(二宮雅也/西澤敬二/高橋正美/佐藤史朗)「介護虐待・顧問弁護士の弁護士法違反を知らない損保!?」「澤田雄二懲戒処分弁護士・顧問契約継続」33,3/3(リンクはこちら)

さらにまだ資料を読み込む時間が取れませんので、公開できる情報から・・・。

原告側 木村謙弁護士と被告側 澤田雄二弁護士との繋がりです。

盗撮弁護士、梅津弁護士の事件で、元勤め先の木村謙法律事務所にマスコミが取材に行くかと思いきや日弁連元副会長はスルーのようで・・・・。

原告側 木村謙弁護士と被告側 澤田雄二弁護士の事務所は、以前、ミユキビル5階と6階の上下階で、ビルの駐車場には澤田雄二懲戒処分弁護士のベンツが常時駐車。

相談案件で何を企んだのか・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、以前面識のある宇都宮市議と連絡を取り、栃木県で本気で社会福祉介護で、活動している県議はいないか尋ねたら即答で「いない」・・・。

今年宇都宮市長選と県知事選が重なり、選挙の時だけの社会福祉介護・・・。

宇都宮市内の介護事故相談も当会に入ってきているのですが・・・・。というとだいたいそういう案件は連絡した市議のところに相談が入ると自負。

どこの施設と聞かれたので「高砂荘」というと、あの平出の田んぼの中ですか。


はいそうです、簡単に事情を説明。

結局は、良くありがちな「裁判になる前に、言っていただければなどとの回答」・・・・・。

まあ、政治家は票にならないと動きませんので・・・。

私の母の問題に絡んだ「一木明弁護士」のことを知っているのは一木明弁護士に聞いていたので、世間話し。

澤田雄二の名前と澤田利夫弁護士の名前をだしたら、澤田利夫の息子が澤田雄二かいなどと知っている様子の回答。


いろいろと弁護士と絡んでいたのも聞いているので

まあまた何か、組める時があればと言う感じでの世間話しです(笑い)

ここまででしたら単なる世間話し、そんなことで会代表は動きません。

これも「布石」、ご遺族に後で宇都宮市議の名前をお知らせしますが、今後ご遺族が警察へ相談する予定が入っているのですが、そこで宇都宮市議も知っている介護事件事故案件ということが言えるわけで、その先の戦略はご遺族様へ!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

社会福祉法人飯田福祉会 「浜野 修 理事長」 特別養護老人ホーム「高砂荘」
●栃木県地域包括・在宅介護支援センター協議会  会長 浜野 修
●栃木県社会福祉協議会 評議委員  (社会福祉法人理事長 浜野 修)

浜野修理事長が、先代、先々代の創業者から抜擢されて理事長になり、以前はなどという情報も入りつつあるのですが・・・。

浜野修 私的病院会 事務長部会副部会長

過去に私的病院会???


何だ私的病院会とは?HPを見ると医師会とは別枠で協会を医師などが・・・・。

そこの私的病院会 事務長部会副部会長として「浜野修」の名が・・・・。

そこまでは何だろう・・・・。

役員の病院名を見たらあれれ???

相談案件の被害者が、転院した病院が複数・・・・。

もちろん個々に診断書を出した病院などの病院名が・・・・・。

まあ、病院関係の協会なので繋がりで入会している病院があるのは考えられますが。


そろそろ会代表が何を言いたいのか分かる方にはご理解いただけるかと(笑)

断言はできないので、情報提供ということですが、この辺のことを頭に入れて今後の記事をご覧頂くと

点が線に繋がって行きます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

8月9日ご遺族が以前から宇都宮東警察署へ説明を求めており、その面談日

午前10時、会代表はその日に宇都宮地検に告訴状再提出で市内に出向いており、間に合いそうだったので

ご遺族と宇都宮東警察署の駐車場で待ち合わせ。

ご遺族二人が出向くことは警察は知っていますが、会代表が同席など知らないので、拒む可能性大

やはり刑事課に出向いたところ、警察からこの方は???

会代表いつもの通り、栃木県介護被害者会の代表の誰々・・・・。

代理人と名乗ると警戒されると思い「付き添い」です!!

まあ、付き添いで拒めるはずも無く、個人情報を警察が持ち出しましたが、その場でご遺族が同意していれば良いですよね!?

その場でご遺族に同意を求め、警察は拒む術を無くし、すんなり取調室で同席(笑)


警察署に入る前に、会代表は最初黙って、警察がご遺族にどんな説明をするか聞いていますので、最後に口を挟む予定で入室。


取調室の狭いところに4人・・・。

刑事課の担当が手ぶらで入室・説明開始・・・・。

案の上、以前の担当のことは分からない、だいぶ前のことなのでと回答・・・・。

やはりこんな事か、年配者のご遺族を警察に呼んで、弁明こじつけでご遺族を納得させる魂胆。

それを聞いていたご遺族の奥さんが、血圧が上がってしまったのか、気分を悪くして、取調室から慌てて出るなどという事も有り。

もう会代表が介入しないと駄目と感じ、ちょっといいですか!?

会代表としては何の資料も持たずに手ぶらで取調室に入って来た刑事の態度に疑問があり・・・。

刑事に、すいません、ご遺族が警察に提出している資料があると聞いているのですが、お持ちいただいて宜しいですか?

数分経って持って来た、提出資料が画像の通り・・・。

会代表もどのくらいの資料の量になるか分からなかったので、刑事が持って来られて資料の量を見て「あれれ」

刑事さんにすいませんがこの提出資料で、被害届扱いにもなっていないのです?

最初に相談したのはいつですかとご遺族に聞くと、事件後1週間後・・・・・。

ほう!?刑事に相談記録簿や、現場検証に出向いたときの資料はあるのかと聞くと曖昧回答・・・・。

もしかして現場検証にも、利用者が半身不随にされて長時間放置されて

それでも警察は動いていない???

もうここまで聞くのにわずか1~2分・・・・。


ご遺族も感じたと思いますが、全く警察が相談通報されても動かず、介護事件放置確定!!

以前の刑事課の担当が、そんなに大変なら刑事告訴しろというような発言をしたことすらも、

言った言わないの話の流れにする気満々・・・。

もう時間の無駄になるだけなので、クーラーも入っていない取調室ではまたご遺族が体調崩してもと思い終了・・・・。

刑事課のフロアーはクーラーが利いていました・・・・。

嫌がらせか!?こっちは犯人で取り調べ受けているのではないのですがね・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

>>8月9日ご遺族が以前から宇都宮東警察署へ説明を求めており、その面談日

本日8月17日、ご遺族の方へ宇都宮東警察署、郷刑事から連絡。

先日面談時に情報開示請求の件を伝えてきたところ、まだご遺族から情報開示請求もしていないのに

保存資料が何年前までとご遺族にご連絡・・・・・。


情報開示請求する前に、先手でも打つ為の連絡かなあ・・・・・。

ご遺族から告訴の件で、郷刑事が、ある罪状で刑事告訴可能と言うので、ご遺族から要望したのですが、また言っていることが違う???

詳細にはお伝え出来ないので、「刑事訴訟法の告訴又は告発」に関しての条文をUPしておきます。

宇都宮東警察署の刑事さん、「刑事訴訟法の告訴又は告発の原文」読んで職を遂行されていますか?

第二百四十一条  告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
○2  検察官又は司法警察員は、口頭による告訴又は告発を受けたときは調書を作らなければならない。



今回のご遺族への電話も面談後、当会のブログ記事を確認されたのだろうか?

今回の情報開示せずとも警察が言っている内容だと、完璧に提出資料放置、現場検証、事情聴取せず、

そろそろご遺族も、年配者なのですから、警察が進んで年配者のご遺族の意向を聞いてください。

刑事告訴ができるとおっしゃったのは、宇都宮東警察署 郷刑事なのですから!!

証人が第3者も含め、3人もいるのですから、言った言わないは通りません。

もう栃木の自民党、民進党へのコメントも残しておりますので、政治家さんも当会のブログを確認しているでしょう!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮東警察署が、職務怠慢で、口頭での刑事告訴も拒否しているので・・・・・。

切り替えて、ご遺族に、会代表が介護案件の告訴受理に持ち込んだので、

このタイミングに宇都宮地検へ、高砂荘の介護事件の告訴(直告)の相談をされて下さいとお伝えして・・・・。

本日、午後にご遺族が宇都宮地検に出向き、取りあえず、今までの事情を話して相談。

警察と違いきちんとお話は聞いてくれたようです。

宇都宮東警察署刑事課、郷刑事のように口頭での刑事告訴は受け付けない告訴状もってこい、しかし受理するか分からない

さらに検察へ「立件」はできないとふざけた刑事でしたが(怒り)

宇都宮地検では、相談したところ告訴できないとはご遺族は言われておらず、告訴状を用意してくださいと言われて、

罪状のアドバイスも頂けたようです!!


ということで、高砂荘、損保ジャパン日本興亜が「終わったことなどと言っていますが・・・・。」

残念ですが、ご遺族の闘いは、「会代表と会ってからが再スタートです!!」

今までも、会代表が損保ジャパン日本興亜の匿名課長と話す時にも「高砂荘」の介護事件のことは話しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮東警察署が、職務怠慢で、口頭での刑事告訴も拒否していたので

ご遺族に栃木県警で持ちえている高砂荘の被害相談資料も纏めて情報開示する様にアドバイス!!

情報開示請求の書面の文書の雛形もお伝えしてご遺族が書面製作


本日、ご遺族が宇都宮東警察署に出向き、情報開示請求の書面を受け取って貰えなかった連絡が来て

ご遺族からのメール内容

>>今日、10月28日の、午前中に、

東警察署に、行って来ました。

しかし、担当者が休んでいるので、来週後半に、前もって電話をしてから、

再度、来てくれ、と言われました。

東警察署の警官の、小馬鹿にした、対応には、

怒りが込み上げて来て、もう少しで怒鳴りつけそうになりました。



この内容を確認して会代表はまたかとの思い・・・・。

先ほど17時前に会代表から宇都宮東警察署に連絡

刑務課の「しのはら」と名乗る女性警官が窓口にでて相変わらずのらりくらり対応しているので・・・・。


>>しかし、担当者が休んでいるので、来週後半に、前もって電話をしてから、

再度、来てくれ、と言われました。

なぜ上記のような可笑しなことを行っているのかと指摘


というのも保有個人情報開示請求というのは県民の権利であり、担当者がいなくても

受付で身分証を提示して、情報開示請求書面を提出すれば警察は拒否できないのですが・・・・・。

>>担当者が休んでいるので、来週後半に、前もって電話をしてから、再度、来てくれ、と言われました。

大丈夫か、宇都宮東警察署!!

簡単に言えば、時間をかせいで門前払いしたいだけの対応、バレバレ!!


会代表から、拒否できないのは理解していますよね!?

宇都宮東警察署で、受け取らないならご遺族の「近所の駐在所に提出」しましょうかと尋ねると

刑務課の「しのはら」と名乗る女性警官が、それはできない・・・・・。

あれ!?可笑しいですね、会代表は近所の駐在所でも、警察署に連絡入れてからなら提出経験があるのですがね・・・・。

刑務課の「しのはら」と名乗る女性警官が、本日警察署に出向いた方の、下の名前と連絡先を

会代表に尋ねてきたので、何警察はそんなことも確認しないで、保有個人情報開示請求者を

担当者がいないと門前払い!?


会代表も呆れてしまい、相談者の個人情報を開示する立場では無いので・・・・。

ご遺族から直接連絡を入れて貰いますと電話を切り。

ご遺族から刑務課の「しのはら」と名乗る女性警官に電話をしてもらい・・・・。


その後、ご遺族から連絡があり、来週月曜日に提出が決まったとか(笑い)

>>担当者が休んでいるので、来週後半に、前もって電話をしてから、再度、来てくれ、と言われました。

「来週後半に、前もって電話をしてから」が電話せずに来週月曜日に変わったのですね、宇都宮東警察署さん!!


それって本日、受け取り可能だったとちゃうんですか!?

刑務課の「しのはら」と名乗る女性警官様・・・・・。

情報開示はさせない介護事件事故の「高砂荘」の事件は、被害届にされず数年間放置(怒り)

ご相談者が年配者だと舐めているのかな、宇都宮東警察署!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮東警察署が、職務怠慢で、口頭での刑事告訴も拒否していたので

ご遺族に栃木県警で持ちえている高砂荘の被害相談資料も纏めて情報開示する様にアドバイス!!

情報開示請求の書面の文書の雛形もお伝えしてご遺族が書面製作


ご遺族からのメール内容

本日、10月31日(月)に、宇都宮東警察署に行って来ました。

担当者は、まだ休暇中で、「私は、情報開示は初めての仕事なので、この前は、申し訳ありません」と、

この前の警察官は、謝っておりました。

請求書の中で、『「全ての資料」の部分を消して、

「相談等、報告書、私が提出した資料の」と書き入れ、

最後に「捜査に関するものは除く」と書き加える』ようにと言われました。

その警察官は、「郷刑事は、別の案件で、外出している」と、言っておりました。

私は、「今回の書類を書き直すと、汚くなってしまうので、また改めて書類を持ってきます」と、

その警察官に言って、宇都宮東警察署を後にしました。


「来週後半に、前もって電話をしてから」が電話せずに来週月曜日に変わったのですね、宇都宮東警察署さん!!

それって本日、受け取り可能だったとちゃうんですか!?

●ということで、ポイント解説

請求書の中で、「全ての資料」の部分を消して、

「相談等、報告書、私が提出した資料の」と書き入れ、

最後に「捜査に関するものは除く」と書き加える』ようにと言われました。

私は、「今回の書類を書き直すと、汚くなってしまうので、また改めて書類を持ってきます」と、


以前からご覧頂いている皆さんにはお伝えしておりますが

行政でも警察でも、情報開示請求は、「保有している、全ての資料を求む」とされるよう

アドバイスさせて頂いておりますが!!

>>請求書の中で、「全ての資料」の部分を消して、

「相談等、報告書、私が提出した資料の」と書き入れ、

最後に「捜査に関するものは除く」と書き加える』ようにと言われました。

今回宇都宮東警察署が、ご遺族に書き直しをなぜ、求めたかお考え下さい!!

ご遺族が、気転を利かせて頂き!!

>>「今回の書類を書き直すと、汚くなってしまうので、また改めて書類を持ってきます」と、

その場での宇都宮東警察署からの指示を回避!!

これで正解です。


今回の情報開示請求の書面の文書の雛形は、会代表からご遺族にお伝えしてご遺族が書面製作

会代表が情報開示請求する時は、行政でも警察でも、情報開示請求は、「保有している、全ての資料を求む」

情報開示請求に関し窓口になった警察が・・・。

>>「私は、情報開示は初めての仕事なので、この前は、申し訳ありません」と、

この前の警察官は、謝っておりました。

さて?「情報開示は初めての仕事なので」と言っている警察官ですが・・・。

>>請求書の中で、「全ての資料」の部分を消して、

「相談等、報告書、私が提出した資料の」と書き入れ、

最後に「捜査に関するものは除く」と書き加える』ようにと言われました。


初めての警察官が、上記のように遺族に指示できると皆さん考えれば分かりますよね!!

来週来いとご遺族に命じて、会代表から警察に連絡を入れられ、月曜日対応になり

誤魔化すにはさてどうするかと警察が考えた末、窓口の始めての開示請求の警官が

たぶん、郷刑事か誰か?上司にアドバイスを受けてご遺族に指示!?バレバレ!!


ご遺族が、気転を利かせて頂き!!

>>「今回の書類を書き直すと、汚くなってしまうので、また改めて書類を持ってきます」と、

その場での宇都宮東警察署からの指示を回避!!

ご遺族には、情報開示請求は、「保有している、全ての資料を求む」で訂正必要なし

宇都宮東警察署窓口で、受け取らなければ、会代表にその場で電話連絡されるようにアドバイス!!

再度、ご遺族が「保有している、全ての資料を求む」で提出したところ、ちょっと警察でバタバタしたようですが

受け取ったとの事(笑い)

最初から受け取って下さい宇都宮東警察署!!


昨日、ご遺族に、開示請求の延長のお知らせが届いたとの事で・・・。

すんなり情報開示してくれれば良いのですが、誤魔化したら後で問題になることぐらい分かっているでしょうし・・・。


>>最後に「捜査に関するものは除く」と書き加える』ようにと言われました。

警察への開示請求でわざわざ、情報開示請求人から「捜査に関するものは除く」などと

記載する必要は全くありません、記載を求められたら

何か、意図があると思うぐらいで十分です。


情報開示請求は、「保有している、全ての資料を求む」で問題ありません。

あまり会代表が、バラすと警戒されるので、この程度で(笑い)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

昨日、午後にご遺族が、宇都宮地方検察庁へ告訴!!

罪状及び被告訴人は、公開までお楽しみに!!

告訴状は、以前募集記事で、15000円ヤフオク告訴状代行価格で、問い合わせがなかったのですが

ご遺族が、懲戒請求手続きなどの経験者なので、告訴状の作成をして見られるとの事で

できる所までやって頂ければ、会代表が手直しさせて頂くこととして

作成前に告訴状のポイントをご遺族にアドバイス!!


慌てないで、ご遺族の思いを「告訴状にされて下さい」とお伝えして

数週間前に、ある程度できたとの事で、会代表の方でご遺族が作られた告訴状に

目を通した所、60%前後まではご遺族で作り上げて頂き

会代表からも最初から100%の告訴状は無理なので、経験上80%まで作り上げられれば

後は検察からのアドバイスで、告訴受理可能!!とお伝えしていたので・・・・。

ご遺族の60%の告訴状に、ポイントを抑えて会代表の20%を添削手直しさせて頂いて

80%以上の告訴状は作り上げました!!

これからの告訴受理、その先のことは「掛けです!!」あとは検事さん次第・・・。

来年、一度ご遺族に検察から呼び出しが掛かると思いますが、手直しが利くところまでは作り上げてあるので

検事さんからアドバイスが頂ければOK!!

ご遺族様も、会代表と初めてお会いした時には、もう「なす術無し」の状況でしたが

会代表のアドバイスにも、ご遺族様が忠実にご対応頂けて「告訴」それも検察への直告まで可能になりました!!

当会相談者の中には、アドバイスしているのにやらないで「愚痴、言い訳する方も多く・・・・。」

自身で行動を起こさなければ何も変えられませんし、何も変わりません!!

継続して相談案件の記事を御覧いただけている方なら、

この介護事件に疑問点を感じられている方も多いのかと思います。

今更、受ける弁護士も栃木県ではいないでしょう・・・・。告訴も・・・・。

損保ジャパン日本興亜&「澤田利夫弁護士、澤田雄二弁護士親子相手ですので・・・・。」

損保ジャパン日本興亜も加害者の「高砂荘」も終わったことなどと述べていますが、

残念ですがまだ終了の鐘は鳴っておりません!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント
飯田福祉
既に遺族が告訴済みの飯田福祉会関係者

28年の社会福祉法人の現況報告書を見ると「あれれ・・・。」

理事に「警察OB、関 均氏」 


栃木県警では検索されませんでしたが・・・・。

流石、介護事件を隠蔽揉み消しにする介護施設は、理事に警察OBですか(呆れ)

これでは管轄の宇都宮東警察署が、動かないのも分かりますね・・・・・。


介護村利権が警察にも・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

先日、相談案件のご遺族が、会代表の訴訟の傍聴に起こし頂き、

既に告訴している本事件について、宇都宮地検に会代表から上申書を出すなら

このタイミングに、宇都宮地裁隣の宇都宮地検へご遺族と一緒に、上申書を提出した方が

会代表1人で提出に出向くよりはと思い・・・・。

自宅で上申書の雛形だけ作り、内容は会代表の訴訟法廷が閉廷してから、

ノートPCを、裁判所に持ち込んでいたので(法廷中は傍聴席のご遺族に預けて)

閉廷後裁判所内の空きデスクを借りて、上申書を作り上げご遺族と一緒に宇都宮地検の事務官に提出して来ました

検事さんとはお会いできませんでしたが、上申書に連絡先を明記しているので

会代表に連絡頂ければいつでも対応させて頂くことを事務官に伝えて来ました。


会代表が何分、法廷終わりでダブルのスーツで、ご遺族と宇都宮地検に出向いたので

出入り口及び受付のガードマンが、会代表を弁護士バッチも付けていないのに弁護士かと思われたようで

普段着で会代表が、宇都宮地検に出入りしている時とは対応の違いに(笑)

受付からは弁護士さんですか?と尋ねられ・・・・。


これでは、弁護士なりたての若手の弁護士でも勘違いすると思いつつ・・・・・。

たぶんご遺族からも告訴に関する資料は提出済みですので、

再度今月中に検察へ呼び出しがあるかどうか・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

宇都宮東警察署で、介護事件を放置した警察官の公開です!!

事件直後から相談を受けていた「福田亮警部補」・・・・。

口頭での刑事告訴を拒否して、立件できないと言い切った「郷 敬警部補」

介護事件の飯田福祉会の理事に「警察OB、関 均氏」・・・。


宇都宮地検への告訴の判断が長引いているようで、当会からも上申書を提出いたしましたが

まだご遺族へは検事さんから回答なし・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント


>>慌てないで、ご遺族の思いを「告訴状にされて下さい」とお伝えして

数週間前に、ある程度できたとの事で、会代表の方でご遺族が作られた告訴状に

目を通した所、60%前後まではご遺族で作り上げて頂き

会代表からも最初から100%の告訴状は無理なので、経験上80%まで作り上げられれば、後は検察からのアドバイスで、告訴受理可能!!とお伝えしていたので・・・・。

>>ご遺族の60%の告訴状に、ポイントを抑えて会代表の20%を添削手直しさせて頂いて

80%以上の告訴状は作り上げました!!

これからの告訴受理、その先のことは「掛けです!!」あとは検事さん次第・・・。


昨年、相談案件の社会福祉法人「飯田福祉会 浜野修」特養「高砂荘」での介護事件問題を

宇都宮地検への直告(告訴)を、ご遺族思いの込められた告訴状を、会代表が手直しさせて頂き検察へ提出

今年に入り、一度ご遺族から検察に問い合わせした時には「告訴受理・不受理」の話は無く

もう3月の中旬なので、流石に時間が掛かり過ぎと思い、再度ご遺族から検察へ確認を入れて貰い

●何と昨年の12月21日付けで、宇都宮地検への直告(告訴)受理!!

現在、検察で捜査中!!


ということで、1月に会代表が「上申書」を提出した時には、告訴受理後だったようで(笑)

さてこれで困ったのが、宇都宮東警察署・・・・。

そりゃ、素人が検察に告訴受理が出来た介護事件を放置し、口頭での刑事告訴は拒否

刑事告訴しても立件できないと発言した警部補の証拠は全て残してあります(笑)

警察がこんなデタラメやっているから介護事件が減らないのです・・・。



本日、ご遺族から地検で告訴受理されたことを、口頭での刑事告訴を拒否して、

立件できないと言い切った「郷 敬警部補」へ連絡したら、逃げ回っていた「郷 敬警部補」が

やっと電話口に出たようで(呆れ)

まあ、ご遺族に会代表が付き添って宇都宮東警察署に行った時の「郷 敬警部補」の対応振りで、

会代表がこのままにするはずも無く・・・。



とは言え、ご遺族の原告側の投げ出した弁護士

横田康行弁護士と木村謙弁護士&梅津真道弁護士は、着手金を貰って何をしていたのですかね

この弁護士どもは(怒り)



はっきり言いますが、介護事件直後もしくは下野新聞に載った頃に、弁護士が刑事告訴していれば

確実に告訴受理されていた筈です(呆れ)


それを澤田利夫弁護士や澤田雄二弁護士などの損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士の顔色を見ていたのか

弁護士同士のズブズブ加減がありありと分かる状況かと・・・。


後は宇都宮地検の検事さんが、どこまで頑張って頂けるか願うのみ!!

ただ、会代表の介護事件の告訴も有り、たぶん流石に検察も、介護事件でこれだけ続けて告訴されれば

考えるところもあるのかと・・・・。

告訴状は、捜査中の為に後日!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

>>ご遺族の原告側の投げ出した弁護士

横田康行弁護士と木村謙弁護士&梅津真道弁護士は、着手金を貰って何をしていたのですかね

この弁護士どもは(怒り)


はっきり言いますが、介護事件直後もしくは下野新聞に載った頃に、弁護士が刑事告訴していれば

確実に告訴受理されていた筈です(呆れ)



横田康行弁護士と木村謙弁護士&梅津真道弁護士が原告側弁護士でありながら

刑事告訴を拒否した経緯が分かりました!!

横田康行弁護士
>>「たぶん暴力をされたと思いますが、告訴は無理です。」・・・・。

「はあ!?」暴力を振るわれている事が分かっていて、刑事告訴もしないで、1審途中で弁護を投げ出す弁護士・・・。


木村謙弁護士&梅津真道弁護士
>>施設内で転倒して、こぶし大のこぶが出来る訳はないいので、多分暴力をされたのでしょう。

>>告訴は出来ない、傷害は警察に相談して下さい。

日弁連元副会長と栃木県弁護士会元副会長が揃っていながら、傷害の刑事告訴も出来ない・・・・。

1審民事訴訟では、棄却され・・・。

挙句に控訴させまいと企んだ原告弁護士・・・・。平日4日間じゃ弁護士など探せませんよ(呆れ)

日弁連では、控訴する時に、平日4日間ギリギリで、控訴状の記載の仕方も原告に教えず

投げ出せと案内しているのだろうか・・・・。

もう原告の弁護士の対応ぶりだけでも、本事件のご遺族は「司法・弁護士被害者・・・・。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

>>ご遺族の原告側の投げ出した弁護士

横田康行弁護士と木村謙弁護士&梅津真道弁護士は、着手金を貰って何をしていたのですかね

この弁護士どもは(怒り)



弁護士法人 木村 謙 法律事務所

木村謙弁護士  

(略歴)
栃木県鹿沼市出身
昭和42(1967)年 宇都宮高校卒業
  48(1973)年 東北大学法学部卒業
  54(1979)年 栃木県弁護士会に登録
平成13(2001)年 栃木県弁護士会会長
  16(2004)年 日本弁護士連合会副会長
  20(2008)年 事務所を現所在地に移転
  24(2012)年 当事務所を弁護士法人化

盗撮弁護士の梅津真道弁護士は、独立する前は、弁護士法人 木村 謙 法律事務所にて、イソ弁

社会福祉法人 希望の家

社会福祉法人 希望の家 役員 監事 木村謙弁護士


木村謙弁護士が、社会福祉法人 希望の家 役員 監事&第三者委員などを務めていれば

社会福祉法人 飯田福祉会(浜野修理事長)特養「高砂荘」の介護事件で

刑事告訴すら出来ず、梅津弁護士を担当に据えて、

被告側澤田雄二弁護士とはどんな企みをしていたのでしょう・・・・。

木村謙弁護士は、ご遺族に顔を合わせられるのだろうか(呆れ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

相談案件・特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」宇都宮市平出町「特養で半身不随を長時間放置・介護事件事故虐待」

まさか加害者はもう揉み消せたと安心しているのでは(呆れ)

まだ終わっていませんよ!!

被害者家族に終わりはありません(怒)

看護師は何をしていたんだよ(呆れ)


そろそろ、澤田利夫弁護士、澤田雄二弁護士が提出した医学意見書に対する、

「別医師からの裁判所への上申書」の公開までもう少しお待ちください(笑)

「別医師からの裁判所への上申書」がなぜ、地裁に挙げられたか?

損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士

澤田利夫弁護士&澤田雄二弁護士親子よ、やらかしたのだから分かっているよな!!

原告の弁護士が何の絡みで指摘もできないのか、指摘しなかったのか・・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

相談案件・特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」宇都宮市平出町「特養で半身不随を長時間放置・介護事件事故虐待」

7月5日、会代表の母の介護事件の法廷の後に、相談案件・特養「高砂荘」「飯田福祉会」介護事件でのご遺族と

栃木県警本部の栃木県公安委員会へ、苦情申出書を提出して来ました!!


本事件も警察が刑事告訴を拒否して、その後、宇都宮地検で告訴受理されている事件ですので

会代表の母の介護事件と合わせて、栃木県警が介護事件2件の刑事告訴を拒否

その後、2件とも宇都宮地検で告訴受理
されていますので、

いい加減、栃木県警よ適当な捜査しているなよ(怒り)

宇都宮東警察署へは、会代表も付き添いで出向いていますので、付添証人ということになりますので

誤魔化さない様に栃木県公安委員会!!

特養「高砂荘」飯田福祉会 「浜野修」宇都宮市「特養で半身不随の利用者を長時間放置」澤田総合法律事務所・澤田利夫弁護士・澤田雄二弁護士・損保ジャパン日本興亜(リンク)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

相談案件・特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」宇都宮市平出町「特養で半身不随を長時間放置・介護事件事故虐待」

被告側、澤田総合法律事務所のボス弁

澤田雄二弁護士の父、澤田利夫弁護士との会話です・・・・。

親が親なら子も子!?

澤田利夫弁護士「澤田総合法律事務所」特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所」「損保ジャパン日本興亜」(リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/27 Wed. 23:29 [edit]

CM: 0
TB: 0

0927

修習生の給費制維持は司法制度改革に逆行!?「受益者負担の原則」司法修習制度改革、裁判官及び検察官に、決められた年数を勤めるなら 一部給費制も有り!?  

修習生の給費制維持は司法制度改革に逆行(理事長所感)-vert

会代表のコメント

法科大学院協会理事長 青山善充(あおやま よしみつ)

法科大学院協会理事長さんが、まともな意見を述べているなと思ったら

論文に物申すという弁護士の意見が検索されました・・・・。

受益者負担の原則
原則として市場経済において、市場の失敗が生じない限り、利益を受けるもの(受益者)が市場で決まる価格を支払い(負担し)、その経費及び生産者への利益へ回す仕組みが最適となることを述べたものである。

司法修習生は、「自身の利益になる為の経費」を、制度改革など求めず、貸し付けも反対・・・・。

税金である金をくれと、生活保護者と同様レベルの話をしているが・・・・。


弁護士の横領件数、懲戒処分数も減らすことが出来ない司法家が何を言っているのか(呆れ)

現在、少ないと言われている裁判官及び検察官に、決められた年数を勤めるなら

一部給費制も有りだが、単に弁護士になりたいだけなら自身で負担してください!!


それが嫌なら、司法修習生の制度改革をして、修習生でもインターン化するか

バイトできるように制度化改革すれば、税金での給費は必要なし・・・。

偏差値が高い弁護士ならそのくらい考えられないのだろうか・・・。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/27 Wed. 22:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0926

<市貝町訴訟代理人「蓬田勝美弁護士」からの第二準備書面>(蓬田勝美法律事務所)被告市貝町(入野正明町長)「公安委員会委員」栃木県弁護士会元会長 老健「もてぎの森うごうだ城」殺人未遂事件  

準備書面2 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい1

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい2

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい4

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい5

準備書面 蓬田勝美弁護士 入野正明町長 市貝町 道の駅 サシバの里いちかい6

蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)市貝町 入野正明

蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)市貝町 入野正明1

蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)市貝町 入野正明町長 もてぎの森うごうだ城

蓬田勝美弁護士

蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)市貝町 入野正明2

栃木県公安委員会

蓬田勝美法律事務所
蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)市貝町 栃木県公安委員会委員

蓬田勝美弁護士 栃木県公安委員会委員 市貝町 もてぎの森うごうだ城

栃木県 福田富一知事 市貝町 入野正明町長 茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城

訴状 栃木県知事 福田富一 市貝町 入野正明
訴状 茂木町 古口達也 松田源一 木村勝則 もてぎの森うごうだ城
訴状(補正後)医療法人松徳会 松田源一 木村勝則 片岡孝 損害保険ジャパン日本興亜 二宮雅也 宇都宮中央法律事務所 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏-vert

もてぎの森 うごうだ城 栃木県 福田富一知事 高齢対策課
市貝町 入野正明町長2 芝さくら公園 サシバの里いちかい
茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城 松田源一3
s-医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」4
s-もてぎの森うごうだ城8

もてぎの森うごうだ城anigif
医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」5

会代表のコメント

昨日、また栃木県高齢対策課の重田恭一が嘘を付き、仕事納めの28日に、まだ栃木県の代理人とは契約していないので分からないとか言っていたのが・・・・。

翌日29日に、裁判所から答弁書2通が届き、その2通は栃木県と市貝町の代理人弁護士の答弁書!!

さらにその28日の日に茂木町保健福祉課に連絡すると何と、老健「もてぎの森うごうだ城」がある茂木町は

被害者家族である会代表とはもう対応せず、「弁護士のところへ掛けてくれと」地方公務員が、損保の弁明のようなことを言い出し・・・・。


茂木町の弁護士は「誰!?」弁護士名を聞いて、弁護士事務所に掛けるが受付のみ折り返しも掛かってこない弁護士だったので

挨拶代わりに会代表は連絡しているのですが・・・・。

ここで、分かったのが、茂木町の弁護士が分かってから翌日、栃木県と市貝町の代理人弁護士の答弁書が届いたので

茂木町の答弁書は来年届くでしょう。

ということで、何と「栃木県及び市貝町&茂木町の3被告がそれぞれ別の代理人弁護士を立てて来ました!!」


行政側3被告で、代表の代理人弁護士を立ててくるかなあ?と書記官とも話していたのですが・・・・。

税金で3人の弁護士など立てなくても良いのに、そんなに弁護士にお金を落としたいのか(呆れ)

何か会代表が弁護士に貢献しているかのようで(笑い)


さて、これで別々の代理人弁護士が、澤田雄二弁護士を含めて、併合で4名の代理人・・・・。

これ裁判所もやりにくいのではと思いつつ、会代表はこれで本人訴訟で初提訴ですから、

さてどこま闘えるかなあ(笑い)

まあ被告の「弁護士はプロ!!」

会代表は調停をすることになってからの法律のドシロウト(笑い)、

それも澤田雄二弁護士から「頭の悪そうな人ですね」と何度も罵られたドシロウト!!

さて如何に!!


>>「栃木県及び市貝町&茂木町の3被告がそれぞれ別の代理人弁護士を立てて来ました!!」

既に3被告の代理人弁護士は確認したのですが、もう笑うしかない弁護士の面子!!


この時点で栃木県弁護士会と闘うのかなあ!?と思うほどの弁護士の顔ぶれ・・・・。

というのも栃木県弁護士会のお偉いさん&2代目弁護士などなど・・・・。

これで澤田雄二懲戒処分弁護士絡みじゃ、絶対栃木県では弁護士は見つけられません(笑い)

栃木県及び市貝町&茂木町の3被告、それぞれ別の代理人弁護士の内

1人の弁護士は、想定内の弁護士だったのですが・・・。

受けた3人の弁護士は今回の事件状況が分かっているのか?

大丈夫なの代理人として弁護受けてもという弁護士も・・・・・。


どういう意味かは後ほど分かります(笑い)


本事件、裁判所内の審議事件、報道されなければ公に公開されない介護事件とは違いますよ!!

全て介護村の柵、弁護士情報、裁判所での言動等も、当会から記事にして公開させて頂きます!!

もし、この行政3被告の裁判が判決まで行けば、確実に初の判例になるのは確実!!

それは何か!?たぶん介護事件事故で、1市町村程度の提訴はあるかもしれませんが

この栃木県及び市貝町&茂木町の3被告となると

介護制度での地域包括ケアに関わる、都道府県&市町村&保険者の責任の度合いなど明確にしていかないと

判決など下せるはずも無く・・・・。分かる介護関係者の方は考えて見られて下さい!!



今、2通届いている答弁書&弁護士情報を纏めていますので、しばらくお待ちください!!


--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

県のお抱え弁護士というか、御用弁護士さんというか、県絡みの役職にも多く就かれている様で

栃木県からの報酬はどのくらい得ているのか???


答弁書で、栃木県職員の重田恭一の名前がありますが、昨年御用納めの12月28日に県の弁護士はと問い合わせたら

まだ契約していないなどと嘘を付き(怒り)

なんで翌日29日に、12月26日付けの高齢対策課、重田恭一の印鑑を押した答弁書が届くのでしょうね(呆れ)

またまた栃木県高齢対策課の嘘には呆れます、福田富一知事一任ですので、福田富一知事の嘘として

証拠音声も残していますので、いつでも公開させて頂きます!!

高齢対策課、重田恭一はご存知、調停の時に裁判所内で調停委員に名刺を切った人物・・・。


さて、栃木県高齢対策課が、高齢者虐待の片棒を担いだ老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


ちょっと調べただけで・・・。

栃木県弁護士協同組合 理事長 平野浩視
栃木県社会福祉協議会 評議委員
栃木県選挙管理委員会 委員

栃木県警警察官発砲事件(栃木県中国人研修生死亡事件) 県代理人

さらにあの刑事告訴拒否、ビデオカメラ盗撮の宇都宮中央警察署の
宇都宮中央警察署協議会の協議委員の職まで・・・・・。


たぶん栃木県弁護士会の役員を務めないと、栃木県弁護士協同組合 理事長などにはなれるはずも無く

次回栃木県弁護士会に問い合わせる時に確認してみます。

答弁書を見れば「請求を棄却」「仮執行免脱宣言」との事ですので・・・・。

最後まで争うとの事のようです。

まあ、介護被害者家族とすれば、高齢対策課の当時課長、石崎金市課長に「訴えるなら訴えろ、受けてた立つ」とまで

言われていますので、分かり切った答弁書・・・。

県民の税金で、弁護報酬を得るのですから、今回の介護事件の弁護費用も含め

栃木県民として会代表が「情報開示請求」させて頂きます!!


栃木県だけでは無く、市町村にも「情報開示請求」掛けますので、きちんと県民町民に説明できるように

地方公共団体はしておいて下さい。

代理人が選挙管理委員会の委員では、これで栃木県の政治家は動きませんので当てにならず・・・。

栃木県に関しては栃木県警の問題もありますので、この代理人がどこまでのことを知っているのか?

取り合えず県民及び世論の皆さん、社会福祉行政許認可機関の栃木県がどんなことをしてくるか

全て公開させて頂きますので乞うご期待!!


--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告市貝町 入野正明町長の代理人弁護士は・・・・。

栃木県弁護士会元会長、蓬田勝美弁護士

栃木県公安委員会委員
栃木県労働委員会委員

蓬田 勝美(よもぎた かつみ)
登録番号 21036
事務所名 蓬田勝美法律事務所
事務所住所 〒320-0036 栃木県宇都宮市小幡二丁目2番11号有貴ビル2階
電話番号 028-621-6651


蓬田勝美[ヨモギタカツミ]
1961年11月栃木県足利市生まれ、真岡市出身。中央大学法学部法律学科卒、1986年司法試験合格(司法修習41期)、1989年弁護士登録(第一東京弁護士会)、1995年栃木県弁護士会に登録替え、蓬田勝美法律事務所開業。2003年栃木県弁護士会会長、県内の倒産事件の破産管財人(常置代理人)、監督委員、関東自動車(株)非常勤監査役(株)整理回収機構宇都宮支店協力弁護士、等歴任


公安委員会は、県民の方々の意見を警察行政に反映させ、警察の民主的運営と政治的中立性を確保するため、警察を管理する役割

だいたい公安委員会委員まで上り詰めて、週1日のみ出勤の「特別職に属する非常勤の地方公務員」  

それもその報酬がなんと「1日当たり3万~4万円前後の報酬」、

これだけで「年間48日勤務で年収200万以上!!」貰う者たちはそれまでに行政の委員をやっているので

直ぐ検索して25年の労働委員会のところで栃木県弁護士会元会長ということがわかりました。


まあこの栃木警察問題のさなか、公安委員会に栃木県弁護士会元会長の蓬田勝美弁護士とは・・・・・。

栃木県警の上が栃木県公安委員会なのですが、警察と弁護士がつるんでもいいのでしょうかね????


上記のように公安委員会委員に栃木県弁護士会元会長の記事の時に紹介しましたが・・・・。

まさか市貝町の訴訟代理人に、蓬田勝美弁護士とは・・・・。

栃木県の訴訟代理人で立ててくるのかと思っていました。


これから茂木町の訴訟代理人も次回記事でご紹介しますが・・・。

市貝町が今回の介護事件事故での茂木警察署の怠慢捜査のことなど報告を受けている福祉行政で

栃木県公安委員会の委員を代理人に立ててくるとは、もうズブズブ・・・・。

これでは介護事件事故の犯人など見つかるどころか・・・・・。

県市町村ぐるみでの介護事件事故隠蔽ということになりかねません(呆れ)

実はこれから栃木県公安委員会&栃木県警の問題を別訴で、提訴予定なのですが

そこに提訴に絡む公安委員会委員が、市貝町訴訟代理人ということで

さて併合で問題がないのだろうか???

さらに1月11日の口頭弁論は、蓬田勝美弁護士は擬制陳述で欠席・・・・。

保険者の代理人が、擬制陳述で欠席ですか(呆れ)

答弁書の求釈明の部分を確認されてみて下さい、たぶんブログを継続して御覧頂いている方のほうが

よっぽど詳しいかと思いますが、市貝町から全然報告を受けていないようで・・・・。

都合のいいところだけ求めても回答しませんよ!!行政は民事に関しては感知しないと言い続けたのですから・・・。

原告が受領した賠償金も何も、債務不存在確認訴訟のこともご存知無いようで・・・・。


別紙で今回の提訴に至る件の部分を回答しているのを見ると、

この弁護士も介護知識があるとは思えない回答が・・・。

取り合えず、栃木県警の問題もありますので、さてどうなるか・・・・。

--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告市貝町 入野正明町長の代理人弁護士は・・・・。

栃木県弁護士会元会長、蓬田勝美弁護士

栃木県公安委員会委員
栃木県労働委員会委員


その蓬田勝美弁護士からの準備書面が届きました。

答弁書の時も細かく回答されているのは分かるのですが・・・・。

今回の準備書面が全部で7ページ・・・。

市貝町の担当3名から聞き取りした話は聞いているのですが・・・。

何点か間違いも有りつつ、全体的に会代表をクレーマーに仕立て上げたい内容かと(笑)

ちなみにユーザーネーム「ねむ」の書き込みがなぜ、地方公務員法に関連するのか

たぶんお間違えかと思いますが(笑)

たぶんこの準備書面だけ読むと、まあ見事に問題を摩り替えている部分がちらほら・・・・。

介護保険法を、都合のいい部分だけで、蓬田勝美弁護士が持ち出しているようですが

都合の悪い、地方公務員法違反の部分は、法律を持ち出さず、曖昧回答(呆)


次回法廷で前回、蓬田勝美弁護士が擬制陳述で欠席だったので

法廷中に指摘していないだけで、既に裁判所には全員訴訟代理人が揃った次回法廷で、

確認事項があることは書記官にお伝え済み。

ちなみに、言っておきますが、

現在「公安委員会委員、特別職に属する非常勤の地方公務員である、蓬田勝美弁護士」

地方公務員法の処罰規定なども知らないとは言わせませんからね!!


2、(5)平成25年2月28日の行ですが、「対応が不適切、口頭注意」などとやんわり言っていますね!!

蓬田勝美弁護士さん

「公安委員会委員、特別職に属する非常勤の地方公務員である、蓬田勝美弁護士」さんなら

栃木県職員の懲戒処分などの処罰規定はご存知ですよね!!

ちゃんとそれによって「対応が不適切、口頭注意」などとやんわり言っていないで

入野正明町長の処分に関しても、栃木県職員規定に沿っている市貝町も合わせて下さいよ(呆れ)

「対応が不適切、口頭注意」なんて事を言っていないで

以前の、市貝町健康福祉課 「久保孝幸係長」が介護被害者家族である町民に「嘘」を付いて

処分されたと記載するべきでは(呆れ)

それもその問題で、市貝町健康福祉課 「根本治久課長」も同時に処分されているのですが

全く記載がないですね市貝町訴訟代理人!!

現在の市貝町健康福祉課「金田道宙係長」も入野町長にはまだ伝えていませんが

介護被害者家族である町民に「嘘」を付いた事ぐらい覚えていますよね、会代表に指摘されたのですから・・・。

良いですね公務員は嘘付いて、税金から給料を貰えて(呆れ)


以前の記事から

>>元福祉課「久保孝幸係長」の嘘・隠蔽、福祉問題で母の案件で、2年間も公文書を残しておらず隠蔽・・・・。

完璧な地方公務員法違反、市貝町は栃木県の懲戒規定に遵守

●「栃木県職員の懲戒処分の基準」第2、1、(6)虚偽隠蔽
・ 事実をねつ造して虚偽の報告を行った職員は、減給又は戒告とする。
●「栃木県職員の懲戒処分の基準」第2、6監督責任関係
(1) 指導監督不適正 部下職員が懲戒処分を受ける等した場合で、管理監督者としての指導監督 に適正を欠いていた職員は、減給又は戒告とする。
(2) 非行の隠ぺい、黙認 部下職員の非違行為を知得したにもかかわらず、その事実を隠ぺいし、又 は黙認した職員は、停職又は減給とする。

上記の「栃木県職員の懲戒処分の基準」を見れば明らかですが、どこに注意書面も発行せず

何と入野正明町長、当初書面で注意と言っていましたが、書面注意と言うことも嘘、結局「口頭注意」・・・・。

地方公務員が福祉課で虚偽隠蔽を行い、口頭注意とは呆れて話しになりません。



4(3) 市貝町健康福祉課 「久保孝幸係長」が介護被害者家族である町民に嘘を付き

その流れで、「余り騒がない方が」と市貝町健康福祉課 「久保孝幸係長」が発言した流れさえも

記載説明されていませんね(呆れ)

それどころか・・・・。

4(12)市貝町健康福祉課 「久保孝幸係長」の、「余り騒がない方が」発言が、

何と「入所手続きが円滑に進行するよう配慮した発言」とは驚きますね(呆れ)

市貝町健康福祉課 「久保孝幸係長」が「余り騒がない方が」発言をした時に介護被害者家族から

その問題発言は他の市町村福祉課で問題発言としてニュースになっている事も知らないのかと

指摘されたことも記載されていませんね・・・・。



6 措置入所問題の(2)(3)のところも可笑しいですね、

その月の介護保険の施設利用状況を調べれば、記載が間違えであることも分かるはずですよ

市貝町福祉課担当者が、こんなデタラメ言っているのかなあ(呆れ)

19日からずーとショート利用していたことになっているんだ、市貝町福祉課さん(呆れ)


6(5)(6)の辺りも可笑しいですね、さぞ市貝町では老健を家族に案内したように記載されているが
入浴回数だけの問題では無かったはずですよ!!

地域包括支援センター「矢板橋敦」&市貝町健康福祉課「金田道宙係長」さん

それは市貝町が、もてぎの森うごうだ城の介護事件さらに脅し追い出されたことなどの詳細も

新たな老健に説明確認せず、介護被害者家族に単に面談可と言って来たのではなかったですか!?

地域包括支援センター「矢板橋敦」&市貝町健康福祉課「金田道宙係長」さん

あのいくらでも説明させて頂きますが、保険者である市貝町が、被害者家族から一番相談を受けていて

こんな内容では、地域包括支援・福祉行政とは何なのでしょうね(呆れ)



この訴訟代理人は「措置入所」のことを理解しているのでしょうかね・・・・。

法廷で、通常の措置入所、今回の措置入所の違いなど、逆に蓬田勝美弁護士に教えて頂きましょうかね(呆れ)


なぜ措置入所から10ヶ月間、母が亡くなるまでの問題は全く記載がないのですか????

市貝町 訴訟代理人「蓬田勝美弁護士」さん

まさか措置入所以降の行政対応の問題などは記載無しですか(呆れ)


結局、市貝町 訴訟代理人「蓬田勝美弁護士」が言いたいことは

第二の介護保険法の部分らしいが、市貝町が適切な指導等を行っていた・・・・。

へ~本当に大丈夫ですか、そんなことを言い切って・・・・・。

第二の介護保険法の部分は・・・。

栃木県以外の、被告市貝町と被告茂木町が言い出すことぐらい「想定内・・・・。」

今後、裁判体に、ご提案したいことも既に考えています。


まあこれから書面での説明と、実際の「市貝町福祉担当者の発言音声」及び「入野正明 町長の音声]

さらに「町議会議員の証拠音声」も、優先順位を付けて公開させて頂きます!!

--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告市貝町 入野正明町長の代理人弁護士は・・・・。

栃木県弁護士会元会長、蓬田勝美弁護士

栃木県公安委員会委員
栃木県労働委員会委員


その蓬田勝美弁護士からの第二準備書面が届きました。

ほぼ前回原告準備書面への回答ベースで

そろそろ裁判体がおっしゃっている通り、争点を絞って貰いたいのですが・・・。

前回、裁判体からのお話を考えれば、被告市貝町が、何をどう答弁して行くべきなのか

分かると思うのですが・・・・・。

5、(8)(9)あたりの準備書面の内容が可笑しいな・・・・・。

被告市貝町の蓬田勝美弁護士、適当なことを弁明しているなよ(呆れ)

家族の判断で服用を中止後、夜間不眠、便いじり、異食で

病院など行っていないぞ被告市貝町・・・・。

ドラックロックの言及は、うごうだ城から服用一覧を貰った時には被告市貝町に、

可笑しくないですか?と伝えているはずだが、また隠蔽か?

被告市貝町の蓬田勝美弁護士も、原告からの複数の求釈明(質問)の回答を全部拒否(呆れ)

被告栃木県の平野弁護士といい、被告市貝町の蓬田勝美弁護士も連携しているからなのか

保険者の被告市貝町が、原告からの質問にも答えられない市貝町とは(呆れ)

被告らが答えなかった、原告からの複数の求釈明(質問)は

今後、全部抜き出し、公開させて頂きます。

原告からの求釈明書に関しては、行政として答えるべき内容ですので

きちんと回答してくださいよ、蓬田勝美弁護士!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/26 Tue. 15:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

0924

<栃木県訴訟代理人「平野浩視弁護士」からの第2準備書面・高齢対策課問題)>(平野浩視法律事務所)被告栃木県(福田富一知事)県訴訟代理人 栃木県弁護士協同組合(理事長)栃木県社会福祉協議会(評議委員)栃木県選挙管理委員会委員 宇都宮中央警察署協議会協議委員 老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件  

準備書面2 平野浩視弁護士 福田富一知事 栃木県

準備書面訂正分 平野浩視弁護士 福田富一知事 栃木県

準備書面 平野浩視弁護士 福田富一知事 栃木県

1準備書面 平野浩視弁護士 福田富一知事 栃木県
平野浩視弁護士 法律事務所4

証拠保全申立書 宇都宮簡易裁判所 真岡簡易裁判所 宇都宮地裁

証拠保全申立書 宇都宮簡易裁判所 真岡簡易裁判所 宇都宮地裁1

平野浩視弁護士

平野浩視弁護士(平野浩視法律事務所)栃木県(福田富一知事)もてぎの森うごうだ城

平野浩視弁護士 法律事務所3
平野浩視弁護士 法律事務所
平野浩視弁護士 法律事務所1
平野浩視弁護士 法律事務所2
平野浩視弁護士 法律事務所5
平野浩視弁護士 法律事務所6 宇都宮中央警察署協議会 ビデオカメラ盗撮

栃木県 福田富一知事 市貝町 入野正明町長 茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城

重田恭一
訴状 栃木県知事 福田富一 市貝町 入野正明
訴状 茂木町 古口達也 松田源一 木村勝則 もてぎの森うごうだ城
訴状(補正後)医療法人松徳会 松田源一 木村勝則 片岡孝 損害保険ジャパン日本興亜 二宮雅也 宇都宮中央法律事務所 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏-vert

もてぎの森 うごうだ城 栃木県 福田富一知事 高齢対策課
市貝町 入野正明町長2 芝さくら公園 サシバの里いちかい
茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城 松田源一3
s-医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」4
s-もてぎの森うごうだ城8

もてぎの森うごうだ城anigif
医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」5

会代表のコメント

昨日、また栃木県高齢対策課の重田恭一が嘘を付き、仕事納めの28日に、まだ栃木県の代理人とは契約していないので分からないとか言っていたのが・・・・。

翌日29日に、裁判所から答弁書2通が届き、その2通は栃木県と市貝町の代理人弁護士の答弁書!!

さらにその28日の日に茂木町保健福祉課に連絡すると何と、老健「もてぎの森うごうだ城」がある茂木町は

被害者家族である会代表とはもう対応せず、「弁護士のところへ掛けてくれと」地方公務員が、損保の弁明のようなことを言い出し・・・・。


茂木町の弁護士は「誰!?」弁護士名を聞いて、弁護士事務所に掛けるが受付のみ折り返しも掛かってこない弁護士だったので

挨拶代わりに会代表は連絡しているのですが・・・・。

ここで、分かったのが、茂木町の弁護士が分かってから翌日、栃木県と市貝町の代理人弁護士の答弁書が届いたので

茂木町の答弁書は来年届くでしょう。

ということで、何と「栃木県及び市貝町&茂木町の3被告がそれぞれ別の代理人弁護士を立てて来ました!!」


行政側3被告で、代表の代理人弁護士を立ててくるかなあ?と書記官とも話していたのですが・・・・。

税金で3人の弁護士など立てなくても良いのに、そんなに弁護士にお金を落としたいのか(呆れ)

何か会代表が弁護士に貢献しているかのようで(笑い)


さて、これで別々の代理人弁護士が、澤田雄二弁護士を含めて、併合で4名の代理人・・・・。

これ裁判所もやりにくいのではと思いつつ、会代表はこれで本人訴訟で初提訴ですから、

さてどこま闘えるかなあ(笑い)

まあ被告の「弁護士はプロ!!」

会代表は調停をすることになってからの法律のドシロウト(笑い)、

それも澤田雄二弁護士から「頭の悪そうな人ですね」と何度も罵られたドシロウト!!

さて如何に!!


>>「栃木県及び市貝町&茂木町の3被告がそれぞれ別の代理人弁護士を立てて来ました!!」

既に3被告の代理人弁護士は確認したのですが、もう笑うしかない弁護士の面子!!


この時点で栃木県弁護士会と闘うのかなあ!?と思うほどの弁護士の顔ぶれ・・・・。

というのも栃木県弁護士会のお偉いさん&2代目弁護士などなど・・・・。

これで澤田雄二懲戒処分弁護士絡みじゃ、絶対栃木県では弁護士は見つけられません(笑い)

栃木県及び市貝町&茂木町の3被告、それぞれ別の代理人弁護士の内

1人の弁護士は、想定内の弁護士だったのですが・・・。

受けた3人の弁護士は今回の事件状況が分かっているのか?

大丈夫なの代理人として弁護受けてもという弁護士も・・・・・。


どういう意味かは後ほど分かります(笑い)


本事件、裁判所内の審議事件、報道されなければ公に公開されない介護事件とは違いますよ!!

全て介護村の柵、弁護士情報、裁判所での言動等も、当会から記事にして公開させて頂きます!!

もし、この行政3被告の裁判が判決まで行けば、確実に初の判例になるのは確実!!

それは何か!?たぶん介護事件事故で、1市町村程度の提訴はあるかもしれませんが

この栃木県及び市貝町&茂木町の3被告となると

介護制度での地域包括ケアに関わる、都道府県&市町村&保険者の責任の度合いなど明確にしていかないと

判決など下せるはずも無く・・・・。分かる介護関係者の方は考えて見られて下さい!!



今、2通届いている答弁書&弁護士情報を纏めていますので、しばらくお待ちください!!


--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

県のお抱え弁護士というか、御用弁護士さんというか、県絡みの役職にも多く就かれている様で

栃木県からの報酬はどのくらい得ているのか???


答弁書で、栃木県職員の重田恭一の名前がありますが、昨年御用納めの12月28日に県の弁護士はと問い合わせたら

まだ契約していないなどと嘘を付き(怒り)

なんで翌日29日に、12月26日付けの高齢対策課、重田恭一の印鑑を押した答弁書が届くのでしょうね(呆れ)

またまた栃木県高齢対策課の嘘には呆れます、福田富一知事一任ですので、福田富一知事の嘘として

証拠音声も残していますので、いつでも公開させて頂きます!!

高齢対策課、重田恭一はご存知、調停の時に裁判所内で調停委員に名刺を切った人物・・・。


さて、栃木県高齢対策課が、高齢者虐待の片棒を担いだ老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


ちょっと調べただけで・・・。

栃木県弁護士協同組合 理事長 平野浩視
栃木県社会福祉協議会 評議委員
栃木県選挙管理委員会 委員

栃木県警警察官発砲事件(栃木県中国人研修生死亡事件) 県代理人

さらにあの刑事告訴拒否、ビデオカメラ盗撮の宇都宮中央警察署の
宇都宮中央警察署協議会の協議委員の職まで・・・・・。


たぶん栃木県弁護士会の役員を務めないと、栃木県弁護士協同組合 理事長などにはなれるはずも無く

次回栃木県弁護士会に問い合わせる時に確認してみます。

答弁書を見れば「請求を棄却」「仮執行免脱宣言」との事ですので・・・・。

最後まで争うとの事のようです。

まあ、介護被害者家族とすれば、高齢対策課の当時課長、石崎金市課長に「訴えるなら訴えろ、受けてた立つ」とまで

言われていますので、分かり切った答弁書・・・。

県民の税金で、弁護報酬を得るのですから、今回の介護事件の弁護費用も含め

栃木県民として会代表が「情報開示請求」させて頂きます!!


栃木県だけでは無く、市町村にも「情報開示請求」掛けますので、きちんと県民町民に説明できるように

地方公共団体はしておいて下さい。

代理人が選挙管理委員会の委員では、これで栃木県の政治家は動きませんので当てにならず・・・。

栃木県に関しては栃木県警の問題もありますので、この代理人がどこまでのことを知っているのか?

取り合えず県民及び世論の皆さん、社会福祉行政許認可機関の栃木県がどんなことをしてくるか

全て公開させて頂きますので乞うご期待!!


--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


栃木県弁護士協同組合 理事長 平野浩視
栃木県社会福祉協議会 評議委員
栃木県選挙管理委員会 委員


先日の1月11日の口頭弁論、宇都宮地裁301号法廷前で、傍聴人の方々と話していると

平野浩視弁護士が来たのは直ぐ分かりました。

会代表としては、市貝町と茂木町の弁護士が、擬制陳述で欠席

栃木県の訴訟代理人である、平野浩視弁護士は出席だったので、口頭弁論前に

会代表である介護被害者(原告)も栃木県民ですので、平野浩視弁護士から名刺ぐらいは口頭弁論法廷前に貰い、ご挨拶しようと考えていました。


しかし・・・。

宇都宮地裁301号法廷前で、傍聴人の方々と話していると

なんと栃木県訴訟代理人の平野浩視弁護士が、高齢者虐待懲戒処分弁護士の澤田雄二弁護士と、横並びで、ご一緒に法廷に・・・・。

たまたま、地裁の入り口で会ったのか?その前から連絡を取っていたのか分かりませんが

普通一緒に横並びで来るかねと思い(呆れ)


流石、弁護士の常識感覚は、分かりません・・・・。


普通地裁入り口で、たまたま会ったとしても、時間をずらして法廷に出向くことも考えられないようで・・・・。

栃木県と加害者側介護施設、懲戒処分弁護士などで、「共闘」していると思われる事も考えず。

案の定、栃木県が介護事件の回答を拒否しているのですが、回答を拒否して有利になるのは

加害者側 医療法人社団「松徳会」の訴訟代理人の澤田雄二弁護士側であることは誰でも分かることで(呆れ)


原告である会代表は、栃木県訴訟代理人の平野浩視弁護士が、高齢者虐待懲戒処分弁護士の澤田雄二弁護士と

横並びで、ご一緒に法廷に来た段階で、駄目だこりゃ(笑)


まあ、この辺の事も、法廷中に指摘させて頂こうかと考えています!!

どっちにしろ、明日裁判体から、栃木県高齢対策課、重田恭一が調停で名刺を切った事での

証拠保全申立の件で、呼び出されていますので、その辺の事も裁判体に話を交えてお伝えさせて頂こうかと考えています。
--------------------------------------------------------------
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


ちょっと調べただけで・・・。

栃木県弁護士協同組合 理事長 平野浩視
栃木県社会福祉協議会 評議委員
栃木県選挙管理委員会 委員


さて、本日、被告栃木県の訴訟代理人より第1準備書面が届きました。

まあ相変わらず、被害者家族である会代表を悪者に仕立て上げたいようで

「事実の概要」を見て呆れました・・・・。

高齢対策課の言うがままに準備書面を作ったのか、まあ指摘どころ満載!!

被告栃木県 福田富一知事及び訴訟代理人、平野浩視弁護士!!

訴状を確認していますか?

まずモザイクの母の名前の漢字が全て間違い!!


さらにいつから原告は被告になったのでしょう!?

「平成27年4月被告からメール・・・・。

あの被害者家族は、被告ではなく「原告」なのですが(呆れ)

それと、1ページ目!!下から2行目・・・。

「尚、市貝町及び益子町に関する事実・・・。」

「益子町」など全く絡んでいませんよ(呆れ)


益子町に怒られますよ!!


「事実の概要」については、誤魔化したい栃木県の言い分ですので信じないように!!

ここに記載の「事実の概要」ですが、わざわざ会代表が質問せずとも回答して頂けている事も多く

まあ見事に、被告栃木県 福田富一知事及び訴訟代理人、平野浩視弁護士が

誤魔化そうとしている部分が直ぐに分かりました!!


特に平成27年3月26日、27日の事実概要は酷すぎ(呆れ)

まあ法廷で、平野浩視弁護士に指摘させて頂きますが、高齢対策課長との面談が1時間ね・・・。

高齢対策課が、録音していたのが1時間、その後の内容は録音せず、可笑しいですね。

公文書確認したら、1時間過ぎの事は記載されていませんでした、何を誤魔化したかったのでしょうね・・・。


訴状には一部記載しておいたのですが(笑い)

会代表の証拠録音では、課長退席後その後の薬務課との面談も含め、

約1時間50分程度証拠が残っています!!

それと警察への通報の件も、事実と違いますね(呆れ)


さらに、澤田雄二懲戒処分弁護士!!

平成22年4月27日、栃木県としては「母が階段から転落」となっていますね(笑い)

松徳会及び澤田雄二は、調停時までは「転落を認め」その後、言い分を翻し

「転落では無く、転倒」なので「故意・過失が無いとの事で・・・・。」(呆れ)

栃木県としては「母が階段から転落」だそうですよ(呆れ)


まだ次回、準備書面からの法廷の流れが掴めていないのですが、

2、3回準備書面のやり取りができれば、どうにかなるでしょう(笑い)


平野浩視弁護士は、この間違いだらけの準備書面を訂正するのかなあ!?

まあ、会代表も誤字脱字は多いのですが・・・。

会代表からの証拠説明書内の日付も間違っていました「失礼」!!

書記官に伝えておきます!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


>><栃木県訴訟代理人「平野浩視弁護士」からの準備書面、間違いだらけ(呆れ)>(平野浩視法律事務所)被告栃木県(福田富一知事)県訴訟代理人 栃木県弁護士協同組合(理事長)栃木県社会福祉協議会(評議委員)栃木県選挙管理委員会委員 宇都宮中央警察署協議会協議委員 老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件

前回、準備書面の公開で、「間違いだらけ」を当会ブログで指摘したら、

次回法廷前に「訂正申立書」を裁判所に提出されたようで、副本が一昨日届きました。

これがどういうことなのか!?と考えれば・・・。

被告の訴訟代理人なのか? 栃木県職員なのか?

もしくは他の被告から伝えられたのか?当会のブログの準備書面の指摘を見て

即座に訂正申立を行ったということは・・・・。

被告が当会のブログを確認している証拠かと(笑)

次回、準備書面のどの部分を指摘されるのか、答えられるようにされておいて下さい!!


ただ、原告である会代表の質問の仕方までは、前もってブログで公開しませんので、法廷でのお楽しみ!!

あいにく原告は本人訴訟なので、弁護士同士のような馴れ合いの質問は致しませんのでさてどうなるか!?


栃木県高齢対策課 重田恭一は、代理人に名を連ねていて、

原告に嘘を付いたことなどは訴訟代理人に伝えているのかなあ!?

きちんと昨年末の重田恭一の嘘は、訴訟代理人に伝えておくようにして下さいね(呆れ)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士は・・・・。

●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)


被告栃木県からの第2準備書面です。

今回から被告栃木県の指定代理人が代わっています。

最判平1・11・24民集43ー10ー1169

検索すると何か、宅地建物取引の判例を持ち出してきたようで・・・・。

一 宅地建物取引業者に対する知事の免許の付与ないし更新が宅地建物取引業法所定の免許基準に適合しない場合であっても、知事の右行為は、右業者の不正な行為により損害を被った取引関係者に対する関係において直ちに国家賠償法一条一項にいう違法な行為に当たるものではない。

たぶん上記の知事の権限行為の事として持ち出して来ているようです。

この判例と、栃木県としての介護施設への許認可に関して、同様と考えての平野弁護士の回答?

また、2の方では被告栃木県の職員らの言動、対応等に違法性は無い。

ふーん、そうなんですね(呆れ)

平野浩視弁護士の「微妙な論点外し&判例での正当性」の回答ですが

分かりやすく言えば、県知事も地方公務員も許認可・管理監督権があっても責任は取らない・・・・。

まあそれが今回の裁判で通るかなあ(笑)

原告からの複数の求釈明(質問)は回答無し、全部無視されました(怒り)

3行政まとめての求釈明書に関しては、行政として回答して下さいよ、平野浩視弁護士
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/24 Sun. 17:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

0923

宇都宮高校卒、東北大学法学部卒の弁護士「民進・枝野幸男」「被告 澤田雄二弁護士」は「人を、バカ!!頭の悪そうな人ですね!!」などの暴言発言を学校で学習!?  

枝野幸男
枝野幸男 バカ発言
澤田雄二弁護士 新田裕子弁護士 宇都宮中央法律事務所 海老原輝 損保ジャパン日本興亜
sawada.png

会代表のコメント

除籍柏倉氏を「バカで軽率」 民進・枝野氏

枝野幸男

民進党の枝野幸男(えだのゆきお)代表代行は22日の定例記者会見で、衆院栃木1区の同党公認候補予定者だった柏倉祐司(かしわくらゆうじ)氏が党県連に離党届を提出し除籍となったことについて「バカだな、軽率だな。感想はそれだけ」と述べた。

 枝野氏は宇都宮市出身で、柏倉氏は宇都宮高の後輩に当たる。


宇都宮中央法律事務所
澤田雄二弁護士

栃木県弁護士会元副会長

介護被害者家族に「頭の悪そうなひとですね」と何度も威嚇暴言侮辱発言・・・・。

現在、被告弁護士・・・・。


しかし、上記2名とも、宇都宮高校卒、東北大学法学部卒 弁護士・・・。

宇都宮高校卒、東北大学法学部卒の弁護士「民進・枝野幸男」「被告 澤田雄二弁護士」は「人を、バカ!!頭の悪そうな人ですね!!」などの暴言発言を学校で学習!?
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/23 Sat. 16:24 [edit]

CM: 0
TB: 0

0923

宇都宮地検事務官 捜査書類739点放置「整理整頓が苦手」[検事正 武田典文 不起訴処分(起訴猶予)]お手盛りの処分?20代の男性検察事務官の名前の公開は?  

捜査書類739点放置 宇都宮地検事務官を停職
武田典文 宇都宮地方検察庁検事正


会代表のコメント

宇都宮地方検察庁検事正 武田典文

捜査書類739点放置 宇都宮地検事務官を停職

「整理整頓が苦手」な地検事務官が大量放置していたのは…

20代の男性検察事務官を停職6カ月の懲戒処分とした。
事務官は同日付で依願退職した。

地検は公用文書毀棄(きき)や有印公文書偽造・同行使、虚偽公文書作成・同行使罪で立件し
同日付で不起訴処分(起訴猶予)とした。

不起訴処分(起訴猶予)???

お手盛りの処分を下していますね宇都宮地検・・・・。

20代の男性検察事務官の名前の公開は???

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/23 Sat. 15:28 [edit]

CM: 0
TB: 0

0922

宇都宮中央法律事務所 被告 澤田雄二弁護士 老健「もてぎの森うごうだ城」「(被告澤田)貴方どういう立場でお話しされているのですか!?&加害者じゃ無い(呆れ)「損保ジャパン日本興亜」  

澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 澤田雄二弁護士・新田裕子弁護士・海老原輝弁護士・宇都宮中央法律事務所 被告弁護士


動画は↑↑↑

動画は↑↑↑
綱紀委員会 反論書

澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 綱紀委員会弁明書 澤田雄二

澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 懲戒請求 澤田雄二 新田裕子 海老原輝  宇都宮中央法律事務所
澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 懲戒請求 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 宇都宮中央法律事務所1-vert

澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね澤田雄二弁護士 懲戒3度目 宇都宮中央法律事務所
澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 SJNK


動画は↑↑↑

澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 澤田雄二弁護士 損保ジャパン日本興亜 宇都宮中央法律事務所
澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 損保ジャパン日本興亜 株
澤田雄二弁護士頭の悪そうな人ですね 損保ジャパン日本興亜 安田火災 ヤクザ火災 ソンポケア9


動画は↑↑↑



動画は↑↑↑


動画は↑↑↑

澤田雄二弁護士、法的手段 損保ジャパン日本興亜

宇都宮中央法律事務所 送付

宇都宮中央法律事務所 証拠

会代表のコメント

4月18日付けで、宇都宮中央法律事務所から直送で、証拠説明書と証拠が・・・。

さて何かと見てみると、懲戒請求者には未だ届いていない、日弁連の審査請求と異議申出の議決書

それも澤田雄二弁護士の戒告処分の棄却の議決書!?


へ~と思いながら議決書の内容を見ると「何だこれ(呆れ)」


まあ今頃、澤田雄二懲戒処分弁護士始め、やったりと大喜びかと思いますが・・・・。

●ぬか喜びしていて下さい!!


澤田雄二弁護士と一木明弁護士などが、懲戒処分と損害賠償は別などと言っていた訳で

今回の日弁連の審査請求の棄却内容が酷すぎ(呆れ)


日弁連の懲戒委員会委員長  増田 嘉一郎 弁護士を調べたら・・・。

案の定 木村謙弁護士(日弁連元副会長)と繋がりました(笑)

そんなことではと、思ってはいましたが・・・。

まさか日弁連が栃木県弁護士会より、やらかしてくれるとは(呆れ)


まだ日弁連よりは原本が届いていないので、議決書の公開は後ほど・・・・。


会代表としては、日弁連が「あらら・・・。」と思いつつ

一応、そんなこともありえるかとは、頭の片隅で考えていたので直ぐに行動。

早速・・・。

日弁連 ⇒ 東京高等裁判所 ⇒ 東京地方裁判所 ⇒ 宇都宮地方裁判所

そして「法務省」へ問い合わせ・・・・。


この流れの問い合わせで、何を会代表が確認したか?

それは日弁連から棄却の議決書が届き、公開するときにでもご案内できるかと・・・・。

このまま、日弁連に懲戒処分を、ひっくり返されて、黙っている会代表ではありません。


日弁連の懲戒委員会委員長  増田 嘉一郎 弁護士を含め

総勢15名の懲戒委員の議決判断が棄却ということらしいので、今後きちんと責任を取って貰いましょう!!

栃木県弁護士会懲戒委員会の委員も、戒告でもだいぶ擁護した処分だったのに

これで栃木県弁護士会懲戒委員会の委員の面子も丸つぶれ・・・・。

どうせ、新田裕子ちゃんの懲戒議決も、日弁連の議決待ちで遅らせていたのでしょうから

これで新田裕子ちゃんの「懲戒委員会審査相当」でも、棄却されたら、大笑いですが(呆れ)


それと受領証を、FAXでなどと記載されていますが、わざわざ直送されて来たので

宇都宮中央法律事務所へ出向かせて頂きましょうかね!!


昨日、宇都宮地方裁判所の新任の民事部書記官と、お話させて頂いて

まだ詳細には事件の把握はされていないようですが、被告の数と面子を見れば

ややこしい事はご理解頂いているようですので・・・・。

今後は「懲戒処分弁護士の部分」を、「栃弁懲戒処分弁護士」と名指しさせて頂こうかと思います(笑い)

良く栃木県弁護士会が、栃木県弁護士会と日弁連は別組織と何度となく発言しておりましたので

事実は事実として、栃木県弁護士会では懲戒処分された

澤田雄二栃弁懲戒処分弁護士な訳で・・・。

今頃騒いでもネットでは既に「官報にも載った懲戒処分弁護士」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

さて、本日午後、宇都宮中央法律事務所からこんな通知書が・・・・。

簡単に言えば「栃木県弁護士会が当職に対し、懲戒処分をなしたことを内容とする記事を全て削除」せよとのことのようで

さらにまたまた、警告書のときと同じように「法的手段を採ることも含め検討」・・・・。


実は、午前中に、日弁連へ問い合わせしていたところに封書が・・・。

直ぐに、宇都宮中央法律事務所に連絡したが、弁護士は誰もいないと事務方・・・。


日弁連と栃木県弁護士会へも連絡して「法的手段」とか言っていますがと(笑)


日弁連 ⇒ 東京高等裁判所 ⇒ 東京地方裁判所 ⇒ 宇都宮地方裁判所

そして「法務省」へ問い合わせ・・・・。

前回、上記の流れでなぜ確認をいれたのか理解されていないようで・・・・。


損保ジャパン日本興亜にも連絡しておきましたが

どうぞ、法的手段の折は、現在の民事訴訟と併合で、訴訟提起されて下さい!!

それの方が裁判体も分かりやすいので・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

そろそろ公開して行きましょうか・・・・。

まずは、日弁連へも提出済みの澤田雄二弁護士との会話です。

「戒告の関係と民事の代理の関係は特に連動していない」とのことです・・・・。

という事は、日弁連の懲戒処分取り消し事件との関係は連動していない!?

宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士 (日弁連提出済み・栃弁、懲戒処分後の会話音声)戒告の関係と民事の代理の関係は特に連動していない!?老健「もてぎの森うごうだ城」損保ジャパン日本興亜」(リンク)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

もう1本動画UP

前動画+栃木県弁護士会苦情相談

似たような動画ですが、意味がありますので、今後をお楽しみに!!

日本弁護士連合会(日弁連)懲戒取り消し事件・宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士 (栃弁、懲戒処分後の会話音声)戒告の関係と民事の代理の関係は連動していない!?老健「もてぎの森うごうだ城」損保ジャパン日本興亜」 (リンク)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

澤田雄二弁護士、動画2本目UP

相談案件、特養「高砂荘・飯田福祉会 」+もてぎの森うごうだ城 

澤田利夫弁護士・雄二の父の澤田総合法律事務所での委任契約の筈が・・・・。

宇都宮中央法律事務所に!?


相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市

日本弁護士連合会(日弁連)会長 中本和洋・懲戒委員長 増田嘉一郎・懲戒取り消し事件・宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士 (栃弁、懲戒処分後の会話)損保ジャパン日本興亜 特養「高砂荘・飯田福祉会 」(リンク)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

<懲戒請求( 3度目)>「澤田雄二弁護士」(宇都宮中央法律事務所)損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・弁護士会元副会長

老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件

4回目の法廷日の後に、栃木県弁護士会へ懲戒請求書を提出して来ました!!

懲戒の内容は懲戒請求書の通り、本人訴訟の当事者(原告)に、

弁護士が述べたことに関し虚偽記載しているのでは話になりません。

今後も準備書面に虚偽記載すれば、何度でも懲戒請求を掛けさせて頂きますので、内容にはお気を付けくださいね!!

嘘の誤魔化し合いがしたければ、原告・被告とも弁護士同士の時にやってください(呆れ)



新田裕子弁護士・海老原輝弁護士のブログ記事は分けて記事にします。


ちなみに澤田雄二弁護士、懲戒請求の1度目が、栃木県弁護士会で懲戒処分

懲戒請求( 2度目)「澤田雄二弁護士」(宇都宮中央法律事務所)損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・弁護士会元副会長 宇都宮地方検察庁の検事、「小一原潤 検事] 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

またまた、被告 澤田雄二弁護士から通知書、何様なのか原告に「厳に慎まれるよう」などと(呆れ)

という事で、相変わらずふざけた、被告 澤田雄二 と 被告損保ジャパン日本興亜なので

もう 被告損保ジャパン日本興亜本社のカスタマーでは無く

被告損保ジャパン日本興亜本社の株主・投資家窓口の法務部へ連絡!!

窓口で、御社の株の購入を考えているが・・・・。

損保ジャパン日本興亜と係争中でも、株の購入は可能か?

株の購入は何株からか?(100株)

株を購入すれば、株主総会への案内は来るのか?など

一般的な質問していると窓口の女性から男性の法務部担当者に電話を代わり・・・・。

被告 澤田雄二弁護士の問題対応に始まり、特命課長の土子&カスタマーの対応の悪さに関して話し・・・・。

流石に、損保ジャパン日本興亜も、コメント差し控えるしか言えない特命課長の土子の部署と違い

法務部となれば「投資家」等とも担当する担当する部署なので、担当者と揉める話にもならず

逆に担当者がそんな係争中の問題が起きている事に興味をしめしているようで、動画を案内しておきました。

株主になれば、まさか被告 澤田雄二弁護士が「頭の悪そうな人ですね」などと株主に発言できる筈も無く

支店に出向いても警察など呼ばれることも無く、お茶の1杯ぐらい出してくれるのでしょうから

株価のタイミングを見て株を購入させて頂く話を法務担当とお話しして電話を切り


損保ジャパン日本興亜の、コメント差し控えるしか言えない特命課長の土子氏に

宇都宮中央法律事務所からの通知書面の確認と法務部へ連絡した件

御社株主になる事を検討する話をすると、、コメント差し控えるしか言えない特命課長の土子氏が

大人しくなって来てしまいました(笑)

後程、SOMPOホールディングスの株価掲示板がどんなことになっているか案内させて頂きます(笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告澤田雄二の「他被告らへ裁判資料リーク」での回答の動画です。

まあ良く、介護保険法は、被告新田裕子が確認できないは、配送のラベルの確認もできない

法人相手の法務を担当しているとは、まあ信じられません・・・・・。

一般民間企業では、首が飛ぶ失態行為・・・・。

被告澤田雄二,
被告新田裕子
被告海老原輝

弁護士3人が被告になっている宇都宮中央法律事務所ですので、事務方も大変でしょうね・・・・。


事務方の三浦さんも、頑張って下さい!!

「被告澤田雄二」裁判資料は、「裁判所から謄写してくださいね」、被告ら行政とつるんでいないで(呆れ)

「被告澤田雄二」介護事件の「故意・過失が無い」というのも貴方の間違いでは????


宇都宮中央法律事務所 が墓穴!?被告澤田雄二弁護士 被告新田裕子弁護士 被告海老原輝弁護士「福祉3行政と介護事件施設の訴訟代理人(弁護士)4者で裏連携発覚」被告 「栃木県・市貝町・茂木町」(リンク)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント対象弁護士、澤田雄二、新田裕子、海老原輝

被告澤田雄二弁護士への3度目の懲戒請求にて、調査開始書面が、栃木県弁護士会からやっと届きました・・・。

通常、1週間程度で、開始書面が届くのですが、何と今回は20日間も調査開始まで時間をかけたようで・・・。

準備書面に虚偽はいかんよ、澤田雄二被告!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告澤田雄二弁護士への3度目の懲戒請求にて

栃木県弁護士会綱紀委員会 主任主査 直井勇弁護士より

弁明書開示請求も掛けていないのですが、対象弁護士、澤田雄二、新田裕子、海老原輝の

弁明書が届きました・・・・・。


さらに、9月7日まで反論書を提出されたしということのようで・・・。

今までこのような懲戒請求の手続きはされたことが無く

栃木県弁護士会綱紀委員会 主任主査 直井勇弁護士は何がしたいのかな?

それも弁論の法廷日が9月6日だったので、嫌がらせかなあ(呆れ)

だいたい反論書と言われても、以前の新田裕子の弁明書・陳述書の公開拒否は弁護士会にされているわけで

情報を持っているのは、栃木県弁護士会・・・・。

ということで栃木県弁護士会への問い合わせはさておき

澤田雄二弁護士の弁明書ですが、相変わらずの弁明で説明する気にもならない(呆れ)

「事実を曲解」しているのは、被告 澤田雄二の筈ですがね、


「頭の悪そうな人ですね」と会代表に威嚇暴言侮辱発言した被告 澤田雄二

さらに対象弁護士、澤田雄二、新田裕子、海老原輝の

「共同受任逃れ」が始まりました(怒り)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告澤田雄二弁護士の「(被告澤田)貴方どういう立場でお話しされているのですか!?&加害者じゃ無い発言」

被告澤田雄二弁護士、その発言、そのままお返しします(呆れ)

さすが、高齢者虐待施設の老健「もてぎの森うごうだ城」は呆れた訴訟代理人を立てて来るものです。

説明はいらないでしょう、動画2本どうぞ!!

宇都宮中央法律事務所 被告 澤田雄二弁護士 老健「もてぎの森うごうだ城」「(被告澤田)貴方どういう立場でお話しされているのですか!?&加害者じゃ無い(呆れ)「損保ジャパン日本興亜」(リンク)

被告 澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所 高齢者虐待「もてぎの森うごうだ城」「(澤田)貴方どういう立場でお話しされているのですか!?&加害者じゃ無い(呆れ)「損保ジャパン日本興亜」木村勝則 松徳会(リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/22 Fri. 15:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

0920

被告 大内一宏弁護士 (滝田三良法律事務所)宇都宮中央法律事務所 「被告 澤田雄二弁護士」 老健「もてぎの森うごうだ城"  

大内一宏 滝田三良法律事務所  澤田雄二 宇都宮中央法律事務所




大内一宏弁護士 澤田雄二弁護士 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 宇都宮中央法律事務所

訴状(補正後)医療法人松徳会 松田源一 木村勝則 片岡孝 損害保険ジャパン日本興亜 二宮雅也 宇都宮中央法律事務所 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏-vert

宇都宮地方裁判

滝田三良法律事務所 大内一宏 澤田雄二 宇都宮中央法律事務所

警告書2 澤田雄二 新田裕子 海老原輝、宇都宮中央法律事務所 滝田三良法律事務所 大内一宏 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則

もてぎの森 うごうだ城 澤田雄二 新田裕子 海老原輝、宇都宮中央法律事務所 滝田三良法律事務所 大内一宏 もてぎの森うごうだ城 松田源一 木村勝則

会代表のコメント

(元)宇都宮中央法律事務所 (現)滝田三良法律事務所  大内一宏弁護士

●(現)滝田三良法律事務所

警告書に連名捺印した「大内一宏弁護士」

今までは、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士などの代理人弁護士よりは、「大内一宏弁護士」の「ある発言」により穏便に名前だけの指摘にして来たのですが、「大内一宏弁護士」の「ある発言」の信憑性に疑問が出て来ております。

昨日、(現)滝田三良法律事務所へ連絡したところ、、「大内一宏弁護士」は電話に出ない、滝田三良法律事務所としては、「大内一宏弁護士」を電話に出さない方針のようで、「滝田三良法律事務所」全面バックアップで、前勤務先「宇都宮中央法律事務所」澤田雄二懲戒処分弁護士と「大内一宏弁護士」との関係性を揉み消したいようである。

滝田三良法律事務所の「名を名乗らない弁護士」は電話をガチャ切りし、さらに電話すると電話を出ずに電話をガチャ切りする「呆れた弁護士」もイソ弁でおられるようで・・・・。

電話に出てガチャ切り×2 電話に出ずガチャ切り×3

とても、元全国人権擁護委員連合会 会長「滝田三良弁護士の弁護士事務所」とは思えない対応振りで驚いております。



しかし、澤田雄二懲戒処分弁護士をはじめ、電話をガチャ切りする弁護士が多いのに呆れます。一般の民間会社であれば入社すれば電話対応から教わるものですが、弁護士事務所では弁護士に電話対応の教育をされないのでしょうか・・・・。

警告書に連名捺印した「大内一宏弁護士」の懲戒請求に関しては、現在福島県弁護士会の為、「保留」にしていただけで有り、懲戒請求の対象弁護士になりえる存在を、滝田三良法律事務所が全面バックアップ隠蔽擁護されたいのであれば、名を名乗らない滝田三良法律事務所の弁護士をはじめ、滝田三良法律事務所の問題として福島県弁護士会へ問題視させて頂きます。

滝田三良法律事務所の「名を名乗らない弁護士」が電話をガチャ切りし、さらに電話すると電話を出ずに電話をガチャ切りした証拠音声は、まとまり次第、以前の「大内一宏弁護士」の音声データと共に公開させて頂きます。

「弁護士一人が名を名乗らず」、問題対応すれば「法律事務所全体の問題」になることぐらい弁護士なら分からないのだろうか(呆れ)



「大内一宏弁護士」の画像トップの経歴を見て頂くと分かりますが、「経歴」滝田三良法律事務所となっていますが、前経歴として澤田雄二懲戒処分弁護士の「宇都宮中央法律事務所」の事務所名は有りません。

会代表が、澤田雄二弁護士の「懲戒処分を伝える前」から、経歴には記載されていませんでした。

「大内一宏弁護士」が以前に弁明されていた事が、本当なのか?嘘なのか?介護被害者家族としては分かりません。

今後、福島県弁護士会へ懲戒請求させて頂きます。

「大内一宏弁護士」が弁護士会に弁明されるなり、澤田雄二懲戒処分弁護士の「宇都宮中央法律事務所」との「連名捺印」の問題で争うなり弁護士同士で勝手にどうぞ!!


警告書に連名捺印してある事実は、揉み消す事は出来ませんので、弁護士なら争うなら、どこと争うのかぐらいお分かりかと思います。

ちなみに、滝田三良法律事務所が「大内一宏弁護士」を全面バックアップ隠蔽擁護されたいのでしょうが、「大内一宏弁護士」連名捺印の警告書は、宇都宮地方検察庁並びに、裁判所にも提出されている証拠書類となっていますので消す事はできません。

「大内一宏弁護士」の宇都宮中央法律事務所での前経歴やどんな仕事をして来たのか調べず、滝田三良法律事務所がイソ弁として勤務させているのですから今頃「全面バックアップ隠蔽擁護」されても悪しからず・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前記事はここまで

会代表のコメント

本日出先から、アポ無しで宇都宮地方検察庁へ「告訴」の件と、大内一宏弁護士の証拠音声データの件、その他調査などどうなっているのか確認に出向きました。

既に先週土曜日に宇都宮地方検察庁より「書面にて結果」が届いているのですが、宇都宮地方検察庁の検事は何を調査したのか?全く理解出来ない結果なので、出向いたのですが、立ち話で共同捜査担当と話して、明日以降再度連絡する事になりました。

宇都宮地方検察庁の共同捜査担当には、以前から宇都宮地方検察庁が駄目なら、再度茂木警察署へ「刑事告訴」することは伝えていたのですが、本日共同捜査担当にそれを伝えたら「それは・・・・。」と渋る。

刑事告訴してもまた宇都宮地方検察庁へ上がってくるだけですのでと共同捜査担当が言われましたが、会代表「はい勿論分かっています。」しかし共同捜査担当が告訴する時に、宇都宮地方検察庁と警察署では、人員数、捜査能力に違いがあるとおっしゃっており。

宇都宮地方検察庁で結果が出せなくても、やはり「人員数、捜査能力に違い」によるところかと判断するだけで、検事さんと弁護士さんの間柄が近い事は存じていますので、同告訴の内容になるか?本丸の介護虐待問題の告訴と一緒にするかは、宇都宮地方検察庁の検事、もしくは事務官が説明するかもとの話ですので、捜査情報は一切教えないと言われる可能性も、既に想定していますので、そしたら、刑事告訴に切り替えるのみ・・・・。

逆に茂木警察署は一度、宇都宮地方検察庁が受付受理した案件ですので、却下は出来ないはずですが、何分栃木県警の警察は何をしてくるか分からないので段取りだけ。

宇都宮地方検察庁の共同捜査担当にも、、大内一宏弁護士と現在の弁護士事務所が擁護されたいのか?連絡が取れなくなっている事も伝えて来ております。

検事へも伝えて頂くように、共同捜査担当にもお願いして来ましたが、さてどうなるか?



ちなみに、滝田三良法律事務所が、「大内一宏弁護士」を電話に出さない、当人も出ない方針のようですが、どこまで滝田三良法律事務所が動向を理解しているか知りませんが、「大内一宏弁護士」だけの証拠資料を宇都宮地方検察庁へ提出した訳では無いですが・・・・。

宇都宮地方検察庁の検事、もしくは事務官が捜査した時の「大内一宏弁護士」からの聞き取り内容と、介護被害者家族へ言っていることが違えば、さてどうなるのか?

まさか、宇都宮地方検察庁の検事、もしくは事務官が証拠を提出されているのに「大内一宏弁護士」から聞き取りもしていなかったら「逆に問題になります」が、取り合えず宇都宮地方検察庁の対応を待ちます。


滝田三良法律事務所が、「大内一宏弁護士」を電話に出さない、当人も出ない方針のようですが、もしですが前もって介護被害者家族へ弁明などすることが有るのであれば、会代表の電話番号は知って電話をガチャ切りしているのですから連絡されたし。

取り合えず言い分に関しては、澤田雄二懲戒処分弁護士のように会代表に「頭の悪そうな人ですね」などと威嚇暴言侮辱発言などするつもりはさらさら御座いませんので「滝田三良法律事務所」に余り迷惑を掛ける前に連絡される事を願います。

会代表が宇都宮地方検察庁へ「大内一宏弁護士」の件を含め出向いている事がどういうことなのか良くお考え下さい。
発言したのは「大内一宏弁護士」なのですから・・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前記事はここまで

会代表のコメント

さて、会代表からの8被告提訴分の、損害賠償請求の被告が、弁護士1人増えて9被告になりました!!

高齢者虐待恐喝の警告書に連名捺印していた「弁護士 大内一宏」の補正での被告追加になりました。

真岡簡易裁判所、田中正哉判事の、弁護士擁護なのか会代表への嫌がらせなのか

提訴の準備もままならないまま訴状提出になっていたので、宇都宮中央法律事務所を現在退職している

大内一宏弁護士に関しては、裁判所の管轄、判例など調べている時間が無く、後回し・・・。

宇都宮地裁での本事件の判決が出たら、福島地裁へ大内一宏弁護士を提訴なのかと思いつつ・・・・。

現在は、福島県在住、(現)滝田三良法律事務所 大内一宏弁護士となっております。

現在、(現)滝田三良法律事務所へ連絡したところ、、「大内一宏弁護士」は電話に出ない、滝田三良法律事務所としては、「大内一宏弁護士」を電話に出さない方針のようで、「滝田三良法律事務所」全面バックアップで、前勤務先「宇都宮中央法律事務所」澤田雄二懲戒処分弁護士と「大内一宏弁護士」との関係性を揉み消したいようである。

滝田三良法律事務所の「名を名乗らない弁護士」は電話をガチャ切りし、さらに電話すると電話を出ずに電話をガチャ切りする「呆れた弁護士」もイソ弁でおられるようで・・・・。

電話に出てガチャ切り×2 電話に出ずガチャ切り×3

とても、元全国人権擁護委員連合会 会長「滝田三良弁護士の弁護士事務所」とは思えない対応振りで驚いております。


●介護問題「有印私文書偽造」!?「大内一宏弁護士の弁明」「澤田雄二懲戒処分弁護士」(宇都宮中央法律事務所) 損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・「連名捺印の警告書」老健「もてぎの森 うごうだ城」(29)(リンクはこちらから)


ということで大内一宏弁護士及び、電話をガチャ切りする「呆れた弁護士」のイソ弁も懲戒請求してやろうかと思ってはいたのですが・・・・・・。


本事件の提訴の補正段階で、宇都宮地裁に確認を入れたところ。

福島地裁へ大内一宏弁護士の提訴をしなくても、損害賠償請求の場合、原告の所管の裁判所で大丈夫との事

訴状変更するのか、補正で織り込むのか書記官に確認して、補正で織り込めばOK!!

ということで「被告9 大内一宏」地裁からOKが出ました。

これで損保ジャパン日本興亜及び顧問弁護士4人への損害賠償請求確定!!

昨日も地裁、書記官から連絡があり、9割5分補正も出来ているので、副本の増加分の提出

さらに被告も増えているので、訴額手数料を地裁に納めれば、初回期日は決められるとの事でした。


加害者側の債務不存在確認訴訟との絡みは、1回目だけは顔合わせ口頭弁論を行い

2回目からは併合で、地裁としては行いたいとの考えのようです。

それはそうですよねと書記官とも会代表は、話しており(笑い)

会代表としては法廷慣れするにはちょうどいい。

債務不存在確認訴訟の口頭弁論も答弁は会代表からの提訴分と被るので時間も掛からないのかと。

地裁からももう補正命令書を出すことは無いと言われていますので、あとはじっくり証拠文書の用意。

被告の皆様、たぶん11月前後には訴状が届くかも知れません、楽しみにして下さい!!

たぶん栃木県の介護事件事故で、通常介護知識が無い弁護士では、省くような部分も

損賠賠償算定書に織り込み、詳細に纏めた損賠賠償算定書になっております。

地裁でもここまで詳細に纏めてもらえれば文句は無いという段階まで、作り上げましたので

後は裁判での闘い次第!!

被告の皆様、訴状と一緒に証拠が届きますが、その証拠はほんの一部だと思われたし

地裁にも証拠の量が半端じゃないので、段階を見て提出することを伝えており、これもOK!!


あいにく本事件、本人訴訟で、会代表は弁護士では有りませんので、

弁護士のような弁護士馴れ合いの闘い方は、

会代表はするつもりもありませんので悪しからず!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前記事はここまで

会代表のコメント

滝田三良法律事務所の大内一宏弁護士に提訴の連絡をするが・・・・。

以前もそうですが、原告である会代表の電話には出ないようなので、段取りを踏ませて頂きます。


しかし、被告 新田裕子弁護士や被告 海老原輝弁護士など、

弁護士達に都合が悪いと電話に出ないなら

警告書に連名捺印するなよ、被告弁護士ども(怒り)

日弁連
●対外的に代理人として表示した以上、内部的に当該案件を担当していなくても案件処理に問題があれば連帯責任を負う。

被告 大内一宏弁護士 (滝田三良法律事務所)宇都宮中央法律事務所 「被告 澤田雄二弁護士」 老健「もてぎの森うごうだ城(リンク)

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2017/09/20 Wed. 13:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top