FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1030

<被告日弁連擁護・トンデモ裁判官>「原道子判事(東京高裁)」宇都宮地裁担当時 澤田雄二弁護士が絡む介護事件の単独裁判官「原道子判事、澤田雄二弁護士の事は良くご存じで?」被告日弁連 懲戒取り消し事件  

中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 被告日弁連 東京高裁

会代表のコメント

<またまた、被告日弁連擁護・トンデモ裁判官>「中西茂判事」「原道子判事」「大嶋洋志判事」「東京高裁・忌避確定」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連 懲戒取り消し事件


原道子判事
平成18年4月~平成21年3月までの宇都宮地方裁判所配属時に
本件事件、裁決に絡む対象弁護士 澤田雄二弁護士の介護事件の担当判事???


原道子判事 
中西茂、原道子、鈴木昭洋裁判官への訴追請求、趣意補充書
「訴追請求」とは - 裁判官の罷免を求めるために国民が行う請求。

巨大津波を“予見可能”と断言…女裁判長が原発賠償訴訟で引き起こした激震

早期結審へ裁判長が強い意志 原発事故巡る訴訟 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HFL_X10C17A3CN8000/
2017/03/18 - 東京電力福島第1原発事故の避難者らによる前橋地裁の集団訴訟を指揮した原道子裁判長(59)は、
審理を先送りせず結審することに強い意欲を示し、各地の同種訴訟で最も早く判決を言い渡した。


さて、全記事で、東京高裁の判事のご紹介をしたところ、当会相談者からメール・・・・・。

相談案件・「特養で半身不随を長時間放置・特養「高砂荘」飯田福祉会 宇都宮市

何と、原道子判事が、上記介護事件の担当判事であったとの事・・・・。

原道子判事が、以前に宇都宮地裁の判事であった事は経歴で確認はしていたのですが

まさか、澤田雄二弁護士絡みの相談案件・特養「高砂荘」飯田福祉会の介護事件の担当判事だったとは・・・・。

じゃ原道子判事は、本件被告日弁連との訴訟での対象弁護士の事を良く知っている裁判官・・・・。


まあ、東京高裁の裁判官は人数も多いのに、なぜ本件、澤田雄二弁護士絡みの裁決取消訴訟に

原道子判事を選任したのでしょうか???

つくづく、定年前の中西茂判事といい、東京高裁の本件、被告日弁連に対する訴訟のやる気のなさなのか

呆れるばかり・・・・・。

日本の司法は、この程度なのですね。


相談案件・特養「高砂荘」飯田福祉会介護事件、3回裁判体が代わったそうです。

原道子判事(合議では無く単独判事)裁判が始まり

原告弁護士の交代のタイミングで・・・・。

今泉秀和判事・有冨正剛判事・新村晃一判事、合議裁判体に変更

端二三彦判事・有冨正剛判事・山本明子判事で、一審判決・・・・。

この介護事件の時にも、澤田雄二弁護士は、原告の被害者家族から懲戒請求されています。


現在、中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 (東京高裁)の「忌避申立」の書類を作成中。

<被告日弁連擁護・トンデモ裁判官>「原道子判事(東京高裁)」宇都宮地裁担当時 澤田雄二弁護士が絡む介護事件の単独裁判官「原道子判事、澤田雄二弁護士の事は良くご存じで?」被告日弁連 懲戒取り消し事件
スポンサーサイト



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/30 Tue. 15:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

1026

<またまた、被告日弁連擁護・トンデモ裁判官>「中西茂判事」「原道子判事」「大嶋洋志判事」「東京高裁・忌避確定」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連 懲戒取り消し事件  

中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 被告日弁連 東京高裁
中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 被告日弁連 東京高裁1
中西茂裁判長
原道子判事
大嶋洋志裁判官


会代表のコメント

被告日弁連との、裁決取消請求事件、東京高裁への移送分

平成30年10月18日(木)午前11:00 

東京高等裁判所 424号法廷

まず、先日の東京高裁移送分の合議体裁判官です。

中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 (東京高裁)

東京高裁に出向くまで、判事が分からず、第一回口頭弁論に・・・・。

中西茂判事 
33期 中西茂 1954年6月22日 63歳 東大 2015年8月3日 東京高裁21民部総括 ( 仙台高裁1民部総括 )
定年 2019年6月22日

中西茂裁判長暴挙!審理せず結審 12月4日判決期日指定  :東京「君が代」裁判3次訴訟・控訴審第2回(1)

中西茂、原道子、鈴木昭洋裁判官への訴追請求、趣意補充書
「訴追請求」とは - 裁判官の罷免を求めるために国民が行う請求。


原道子判事 
中西茂、原道子、鈴木昭洋裁判官への訴追請求、趣意補充書
「訴追請求」とは - 裁判官の罷免を求めるために国民が行う請求。

巨大津波を“予見可能”と断言…女裁判長が原発賠償訴訟で引き起こした激震

早期結審へ裁判長が強い意志 原発事故巡る訴訟 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17HFL_X10C17A3CN8000/
2017/03/18 - 東京電力福島第1原発事故の避難者らによる前橋地裁の集団訴訟を指揮した原道子裁判長(59)は、
審理を先送りせず結審することに強い意欲を示し、各地の同種訴訟で最も早く判決を言い渡した。


大嶋洋志判事
実子誘拐事件再審請求棄却、東京高裁中西茂、原道子、大嶋洋志裁判官

歩行者転倒事故:相手女性に780万円賠償命令 東京地裁

野蒜小避難訴訟 裁判官ら現地調査 遺族「誘導間違い」

高裁になると判事補はいないようで全員裁判長経験者?

まあ、この裁判体の判例やその他情報が、先に分かれば期待もしなかったのですが・・・・・・。

中西茂判事 
33期 中西茂 1954年6月22日 63歳 東大 2015年8月3日 東京高裁21民部総括 ( 仙台高裁1民部総括 )
定年 2019年6月22日

中西茂裁判長に関しては、定年間地かという事は、定年後に不利になるような審議判決は出すはずがない・・・・。

案の定、合議裁判体がやらかしてくれました(呆れ)

会代表である原告も、数十年ぶりに地下鉄に乗り、霞が関まで・・・・。

流石に、高裁に着くまでに地下鉄の階段で、杖を突いての移動はキツイ・・・・。

法廷が開かれて、直ぐに裁判長の発言で、この裁判体じゃダメだと直ぐ分かり

5分も掛からないで閉廷・・・・・・。

さて、合議裁判体が何をやらかしたか?

既に、東京高裁の書記官には、合議裁判体の「忌避申立」の件を伝えております。

中西茂判事 原道子判事 大嶋洋志判事 (東京高裁)が何をやらかしたのか?

実は、高裁に日弁連に対しての証拠保全申立を行っていたのですが・・・・・。

証拠保全申立を行って1か月経っても、決定書が届かず、書記官からも連絡なし・・・・・。

あれ?と思いつつ高裁の第一回口頭弁論・・・・・。

開廷して、中西茂裁判長からの第一声がなんと

被告日弁連への証拠保全申立ては「却下」・・・・・。

原告としては「はあ?


証拠保全申立ての「却下」はあり得る事なので、しょうがないのですが裁判長からは却下理由の説明は無し・・・・。

最悪なのは、「却下」するならわざわざ被告日弁連に、証拠保全申立されていた事、「却下」されたことを

法廷で話す必要は無く(呆れ)

却下されても、特別抗告することが出来るのに、被告日弁連に手続きをばらしてどうするんだよ(怒り)

中西茂裁判長よ、やってくれましたねと思いつつ・・・・・。

特別抗告の期限の説明も、裁判体からも書記官からも無し・・・・・・。

後日、担当書記官に法廷で、話す必要があったのか?ばらしたら被告日弁連に警戒される件を指摘・・・・。

却下の理由説明が無ければ、合議裁判体への「忌避申立」を行う事を伝えたら

ちょっと裁判体がバタバタ、法廷で言ってもいない事を、言ったと「嘘」の説明????

もう、中立・公正で裁判をするつもりなど、被告日弁連相手では擁護ありきの裁判官ばかりで話になりません。

という事で、高裁の判決日は決定していますが、合議裁判体への「忌避申立」によりどうなるか・・・・。

<東京高裁・第一回法廷日・被告日弁連 懲戒取り消し事件>平成30年10月18日口頭弁論 午前11:00 424号法廷>裁決取消請求事件・被告日本弁護士連合会訴訟代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「対象弁護士・澤田雄二」 (リンク)

<またまた、被告日弁連擁護・トンデモ裁判官>「中西茂判事」 「原道子判事」 「大嶋洋志判事」 「東京高裁・忌避確定」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連 懲戒取り消し事件
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/26 Fri. 03:13 [edit]

CM: 0
TB: 0

1023

<宇都宮地裁・安齋浩男書記官、原告に「嘘」>「しらを切り」忌避妨害行為「続き」トンデモコピペ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」には、トンデモ書記官「安齋浩男書記官」被告日弁連懲戒取り消し事件  

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」「安齋浩男書記官」

会代表のコメント

安齋浩男書記官の原告への「嘘」
安齋浩男書記官が「裁判官への忌避」及び「証拠保全申立棄却に対する抗告」の
手続き手数料に関して確認もせず、原告に嘘の手数料を教え手続きの妨害を行った。

一度は書記官が原告に謝罪しておきながら、上司の指導担当が出てくると発言を翻し
「書記官自身の発言に、しらを切る言動」、よって「忌避及び抗告手続きの妨害行為」と思わざるを得ない。

原告は口頭弁論日に合わせて、忌避申立書を用意していったが・・・・。

安齋浩男書記官に、法廷開廷前に一度伝え、閉廷後に再度伝えるといきなり手数料が掛かると言い出し・・・・。

原告は以前に、安齋浩男書記官に手数料が掛かるか、掛からないか、確認しており・・・・。

忌避申立当日になって、手数料が掛かる、それも裁判官一人当たり・・・・。

などと安齋浩男書記官が言い出し(呆れ)

手数料は、収入印紙なので、夕方の法廷だったので、郵便局に出向いても間に合わず

更に、抗告の手数料についても、手数料が間違っていて

この書記官は、裁判官同様に原告への嫌がらせか???と思いつつ・・・・。

安齋浩男書記官に「これは裁判官同様に、嫌がらせ?」ですか?と聞くと

書記官は、そんなことは・・・・・。

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」に、書記官が原告に嘘を吐いたのですが

裁判体の責任なのか、聞いてくるように書記官に伝え・・・・・。

この時点では、安齋浩男書記官が原告に「謝罪」

しかし、裁判官への確認と、事件受付の上司指導担当の田中氏に、本日収入印紙無でも

受付が可能かの確認に出向いたところ・・・・。

裁判官は「嫌がらせではない」との事・・・・。・。

原告からしたら嫌がらせですが・・・・。

すると書記官と一緒に、事件受付の上司指導担当の田中氏が来て言い出したのが

嘘の発言を書記官がしたのかも分からないと言い出し(呆れ)

公務員お得意の「誤魔化し発言」、言った言わないの話にして誤魔化したいらしい・・・・・。

流石に腐っていますね・・・・。


安齋浩男書記官に、今回の原告への嘘について、嘘を吐いたことは認めるのか

イエス、ノーで聞いても答えず・・・・・。

では、安齋浩男書記官の原告への嘘は「故意?過失?」のどちらなのか?

裁判所職員なので、「故意過失」で聞いてあげても、安齋浩男書記官は上司の田中氏の顔を見るばかりでダンマリ・・・・。

どうなっているのか、第一民事部は(呆れ)

第一民事部の書記官に、同じ手数料の質問をすると、六法を確認してくれて

僅か3分掛からないで、正解の手数料回答・・・・・。

この安齋浩男書記官は、3分で調べられる手数料を調べずに

原告に、嘘の回答をしたという事らしく呆れて話になりません。


挙句に、上司指導担当の田中氏が、原告に違った手数料6000円も持っていないのか?と

喧嘩腰で原告に聞いてくるので・・・・・。

大丈夫かこの上司と思いつつ、裁判所職員は原告の財布の中身まで確認する権利でもあるのかなあ?

すると上司指導担当の田中氏が、ダンマリ・・・・。


書記官の指導担当がこれじゃ(呆れ)

国家公務員試験合格して、頭は良いはずですが、日本国の公務員はどうなっているのか・・・・。

取り合えず、忌避の申立ては、後日、今回の経緯も記載して、忌避申立することに・・・・・。


今回、たまたま、初傍聴されていた方がおられたのですが、呆れていました・・・・。

それもこの傍聴人の方ですが、「裁決取消訴訟」という事に興味があり、たまたま傍聴に・・・・。

それが話していくうちに、宇都宮中央法律事務所の澤田雄二弁護士、海老原輝弁護士

損保ジャパン日本興亜の名前が出てきて、被害者だったことが分かり・・・・・。

それも、かかわった弁護士が、海老原輝弁護士で散々な目に・・・・。

<宇都宮地裁・安齋浩男書記官、原告に「嘘」>「しらを切り」忌避妨害行為、トンデモコピペ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」には、トンデモ書記官「安齋浩男書記官」被告日弁連懲戒取り消し事件 (リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/23 Tue. 08:47 [edit]

CM: 0
TB: 0

1020

<地裁提出済み反訳書>被告栃木県 重田恭一班長が、調停の際「三権分立を無視」し、調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」  

栃木県 福田富一知事 重田恭一 束原正記


■動画↑↑↑

会代表のコメント

民事調停 相手方代理人 被告栃木県(福田富一知事) 重田恭一(高齢対策課)

被告栃木県が、調停の際、「三権分立を無視」し調停員に忖度を求める為に名刺を切った相手が「介護関係者」


調停委員に忖度を求める為に名刺を切った相手が「介護関係者」
民事調停委員 束原正記
社会福祉法人敬愛会(理事)特別養護老人ホーム 敬愛荘

被告松徳会のある芳賀郡茂木町の隣の市町村
那須烏山市の社会福祉法人 敬愛会(理事)「束原正記」

被告栃木県 重田恭一(高齢対策課)は、裁判所で調停委員に名刺を切った問題が、問題なのか分からないようで

更に、名刺を求めれたのかも覚えていない(呆れ)

それも、民事調停員は、社会福祉法人敬愛会 特別養護老人ホーム 敬愛荘の理事。

まあ、宇都宮簡易裁判所も良くも、こんな調停委員を選んだもので(呆れ)

被告栃木県 重田恭一班長が、調停の際「三権分立を無視」し、調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」(リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/20 Sat. 15:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

1017

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・被告日弁連準備書面(1)東京高裁移送分>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告代理人「却下されるべき」!!  

被告日弁連 高裁
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

プラス法律事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-5 第2SKビル10階

中村美智子 弁護士(なかむら みちこ)

善悪判断の精神年齢は幼児並との指摘も?「強姦嫌疑」大塚和成弁護士、
日本弁護士連合会への異議申し立て審の第1回口頭弁論が東京高等裁判所で開催


中村美智子 弁護士は以前から、別の弁護士の懲戒事件でも、被告日弁連の代理人だったようで・・・・。

あれと思ったのは、懲戒処分の当事者、澤田雄二弁護士と同じ、東北大学法学部・・・。

2001年 東北大学法学部卒業

澤田雄二先輩の為に、頑張らないというところでしょうか???



和田金法律事務所
〒104-0045 東京都中央区築地1-10-11 ラティオ702

鈴木敦悠 弁護士(すずき のぶひさ)


さて、先日、被告日弁連から、高裁移送分の 被告準備書面(1)が届きました。

被告日弁連が、何だか良くわからない事を主張しているのですが???

>>第1本案前の答弁に関する補充主張

>>本件において原告が取り消しを求める裁決は~

>>原告は同項に規定する者のうち、いずれも該当しない。~

>>したがって、原告は~。

>>出訴権者ではなく、同項に基づき取消しの訴えを提起することはできない。


取消しの訴えを提起できる、できないの判断は、被告日弁連が判断する事では無いのですが・・・・。

単に現在の弁護士に有利な「弁護士法」のままで、被告日弁連が懲戒権者としていたいだけでしょう?

原告準備書面では、被告日弁連は「公益法人」であり、裁判所と勘違いしているのか・・・。

行政手続法 第一章
第一条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性(行政上の意思決定について、その内容及び過程が国民にとって明らかであることをいう。)の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。


行政事件訴訟(抗告訴訟)
第三条この法律において「抗告訴訟」とは、行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟をいう。
2 この法律において「処分の取消しの訴え」とは、行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為(次項に規定する裁決、決定その他の行為を除く。以下単に「処分」という。)の取消しを求める訴訟をいう。
3 この法律において「裁決の取消しの訴え」とは、審査請求その他の不服申立て(以下単に「審査請求」という。)に対する行政庁の裁決、決定その他の行為(以下単に「裁決」という。)の取消しを求める訴訟をいう。


被告が被告の裁決に対し、国民である原告は不服も訴えることも出来ないと被告が回答していたが、

それは被告のみが主張しているだけであり、本件提訴にあたり

原告は、法務省(司法法制部)及び東京高裁と東京地裁にも問い合わせしているが、

被告裁決の取消の提訴ができない、不可能などとの回答は全くされていない。

よって原告は、日本国憲法(第32条)裁判を受ける権利権により、

行政事件訴訟として被告裁決の取消等訴訟を提起したものである。

既に、上記の内容で、原告準備書面での主張として、東京高裁に提出・・・・・。

弁護士らが弁護士法での「優位性の確保」に必死過ぎて呆れますが・・・・・。

明日、移送分の第一回口頭弁論です。

被告日弁連との、裁決取消請求事件

平成30年10月18日(木)午前11:00 

東京高等裁判所 424号法廷



<被告日弁連 懲戒取り消し事件・被告日弁連準備書面(1)東京高裁移送分>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告代理人「却下されるべき」!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/17 Wed. 20:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

1016

<地裁提出済み反訳書>被告市貝町 金田道宙係長が、調停の際「三権分立を無視」し調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」  

市貝町 入野正明 金田道宙 薄葉豊典 益子町社会福祉協議会


■動画↑↑↑

会代表のコメント

民事調停 相手方代理人 被告市貝町(入野正明町長) 金田道宙(健康福祉課)

被告市貝町が、調停の際、「三権分立を無視」し調停員に忖度を求める為に名刺を切った相手が「介護関係者」

民事調停委員 薄葉豊典  益子町社会福祉協議会(会長)
             とまとサービス「居宅介護支援事業」(施設長)
             司法書士(認定)


薄葉豊典 民事調停員が、益子町社会福祉協議会の会長を務める益子町には
被告松徳会(医療法人社団)被告松田源一(理事長)の介護グループ
「社会福祉法人 松徳会 被告松田源一(理事長)」
地域密着型 特別養護老人ホーム「ましこの里 星の宮」が、介護施設運営。

被告市貝町の職員は、裁判所で調停委員に名刺を切った問題が、問題なのか分からないようで(呆れ)

それも、民事調停員は、司法書士で、益子町社会福祉協議会の会長・・・・・。

市貝町の隣の町が益子町・・・・・。

まあ、真岡簡易裁判所も良くも、こんな調停委員を選んだもので(呆れ)

被告市貝町 金田道宙係長が、調停の際「三権分立を無視」し調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」(リンク)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/16 Tue. 14:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

1012

<宇都宮地裁・安齋浩男書記官、原告に「嘘」>「しらを切り」忌避妨害行為、トンデモコピペ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」には、トンデモ書記官「安齋浩男書記官」被告日弁連懲戒取り消し事件  

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」「安齋浩男書記官」


会代表のコメント

安齋浩男書記官が、原告に嘘をついたことがばれ「しらを切る」忌避妨害行為
トンデモコピペ裁判官には、トンデモ書記官・・・・。

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」

「安齋浩男書記官」


10月11日、被告日弁連との第二回法廷日でしたが、既に裁判体が結審ありきの為に期待はせず

証拠提出、結審前に「慰謝料請求が認められる余地はない」と判決レベルの決定を下している裁判官なので

本日は、どんな顔をして合議裁判体が法廷に出てくるか、良く見て上げました・・・・。

今回、法廷日前に、まとめて証拠は提出しているので、きちんと確認しているのかは、分かりませんが

既に、第一口頭弁論後に、書記官には「忌避の申し立てを検討する」と伝えておいたので

勿論、裁判体の耳にも入っております。

今回、第二回法廷日前に、忌避の申立も出来たのですが、それでは証拠にも目を通さず

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」

上記合議裁判体が、忌避の可能性もあるので

わざわざ、河本晶子判事が結審日と言っていた、第二回法廷後に忌避申立を行おうかと考え

一応、法廷が開かれる前に、安齋浩男書記官に、忌避申立をするが法廷前と法廷後で

何か手続きで変わることが無いか確認。

法廷後でも、忌避申立が出来ることを、安齋浩男書記官に確認・・・・。

合議裁判体が来られるのを待っていると・・・・・。

被告日弁連の代理人が、まだ法廷に出向く前に、合議裁判体が法廷に・・・・・。

早いお越しですねと原告は、思いつつ合議裁判体の顔を確認し目線を合わせようとするが

何か、合議裁判体が原告である会代表と、目線を避けている節があり

明らかに、裁判長以外の右陪席、左陪席の判事は、原告と目線を合わせようとしていない感じが伺え・・・・。

原告に憲法違反で、「忌避」すると言われているので、目線を避けているのでしょうか????

合議裁判体が、証拠提出、結審前に「慰謝料請求が認められる余地はない」と判決レベルの決定を下したことに

関しては触れず、証拠提出分の確認・・・・。

河本晶子裁判長が、被告日弁連に質問したのは、原告準備書面の「求釈明」に関して・・・・。

中村美智子弁護士及び、鈴木敦悠弁護士に「求釈明に関しては回答しない」のかとの問いに

鈴木敦悠弁護士、またまた「回答する必要が無い」との事で(呆れ)

まあ、回答が出来ないのですけど、被告日弁連は(呆れ)


ということで裁判長が結審で、宜しいですか?と聞かれたので

原告は「拒否します」

河本晶子裁判長に、この法廷後に「忌避の申立」をするので結審は拒否する事を伝えると

結審されても、「忌避の申立」は可能で、今結審しても代わった裁判官が、審議を続けるのか

結審で判決にするのかは、決めるので今結審しても変わらない事を、原告に説明・・・・。

原告もそれではと納得し結審・・・・。

判決日は、11月22日予定ですが、裁判体が代われば判決日も変わる可能性もあるとのこと・・・・。

裁判体、判決日を言ったら、早々に退出・・・・。

勿論、被告日弁連の代理人もお帰りは早かったようで、なるべく原告の法廷横の出入り口は使いたくないようで

そんなに避けなくても、被告日弁連代理人さん(笑)

安齋浩男書記官の「嘘での忌避妨害行為の問題」がここで発覚!!

おいおいやらかしてくれたよ、安齋浩男書記官・・・・・。

記事が長くなるので・・・・・。

後ほど安齋浩男書記官の「嘘・隠蔽」問題を継続記事にさせて頂きます。

<宇都宮地裁・安齋浩男書記官、原告に「嘘」>「しらを切り」忌避妨害行為、トンデモコピペ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」には、トンデモ書記官「安齋浩男書記官」被告日弁連懲戒取り消し事件
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/12 Fri. 05:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

1009

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・被告日弁連第一準備書面>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告代理人「却下されるべき」!!  

被告日弁連 第一準備書面  菊池裕太郎 中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士

被告日弁連 証拠説明書 菊池裕太郎 中村美智子弁護士 鈴木敦悠弁護士

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

プラス法律事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-5 第2SKビル10階

中村美智子 弁護士(なかむら みちこ)

善悪判断の精神年齢は幼児並との指摘も?「強姦嫌疑」大塚和成弁護士、
日本弁護士連合会への異議申し立て審の第1回口頭弁論が東京高等裁判所で開催


中村美智子 弁護士は以前から、別の弁護士の懲戒事件でも、被告日弁連の代理人だったようで・・・・。

あれと思ったのは、懲戒処分の当事者、澤田雄二弁護士と同じ、東北大学法学部・・・。

2001年 東北大学法学部卒業

澤田雄二先輩の為に、頑張らないというところでしょうか???



和田金法律事務所
〒104-0045 東京都中央区築地1-10-11 ラティオ702

鈴木敦悠 弁護士(すずき のぶひさ)


さて、10月7日に、被告日弁連から、被告第一準備書面と証拠が届きました。

原告からの証拠に慌てて、被告第一準備書面と証拠を原告へ送付して来たのか・・・・・。

今回の被告日弁連の対象弁護士 澤田雄二弁護士の懲戒処分取り消しは・・・・。

一般常識で、契約書&書面などが読むことができれば、「被告日弁連の裁決取消はなぜ???」というレベルです。

被告第一準備書面での、「懲戒請求者において、法律上保護される具体的権利の侵害を受けるものではない」との

被告日弁連の主張について、被告日弁連の訴訟代理人は大丈夫ですかと?お伺いしたいレベルです(呆れ)

どう考えても、憲法での法の下の平等に違反しているじゃん(呆れ)


被告日弁連の懲戒委員会は、裁判所と勘違いしているのでは・・・・。

おいおい被告日弁連、「説明義務の発生根拠」も、弁護士法での「その旨及びその理由」で指摘しているのですが

被告日弁連は、対象弁護士同様、弁護士法も理解していないのかな???

わざわざ、原告が証拠として提出した、被告日弁連からの審査請求及び異議申立ての議決書は、

原告に送付したとの事を述べる為の証拠なのだろうが・・・・・・。

被告日弁連の訴訟代理人は、弁護士法での「その旨及びその理由」の説明に、被告日弁連の議決内容が

本当に当たると考えているのだろうか???

被告日弁連の議決内容では、原告から求めて介護施設を退所したなどと、呆れた議決内容ですが・・・・。

今回、原告からの証拠書類で同様の事が主張できるのかな?

弁護士法(懲戒の手続に関する通知)第六四条の七 2
二 対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき その旨及びその理由
六 異議の申出を却下し、又は棄却する決定をしたとき その旨及びその理由

その裁決を被告日弁連が、「覆す裁決を下す」のであれば、弁護士法(第六四条の七)の
懲戒の手続に関する通知に沿って「その旨及びその理由」の説明を行うべき義務がある。



会代表であるか原告から、被告日弁連に、求釈明を求めましたが、全部無視のようですね(呆れ)

まあ、被告日弁連の代理人が、答えられないのでしょう(呆れ)

原告からの求釈明部分が、弁護士法での「その旨及びその理由」に当たる事すら

中村美智子弁護士及び、鈴木敦悠弁護士は理解できないのでしょうか???

まあ、今回も被告日弁連代理人は、第一準備書面の内容以外は「話せましぇーん」でしょうから

話になりませんが(呆れ)


<被告日弁連 懲戒取り消し事件・被告日弁連第一準備書面>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告代理人「却下されるべき」!!
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/09 Tue. 00:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

1007

<第二回法廷日 >平成30年10月11日口頭弁論 午後16:00分 301号法廷>裁決取消等請求事件 被告日本弁護士連合会(被告日弁連) 菊池裕太郎会長 被告澤田雄二弁護士 中本和洋(元会長) 増田嘉一郎(懲戒委員長 )  

日本弁護士連合会 日弁連 澤田雄二 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )2

被告日弁連 被告日本弁護士連合会 被告澤田雄二弁護士 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )

被告日弁連 被告日本弁護士連合会 被告澤田雄二弁護士 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )1
被告 日本弁護士連合会 被告日弁連 宇都宮地裁

日弁連 会長 ・副会長 ・事務総長 ・事務次長
澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 海老原輝弁護士 SJNK

もてぎの森うごうだ城 松徳会 介護被害者遺骨 松田源一 木村勝則本部長 澤田雄二 新田裕子 海老原輝 大内一宏 損保ジャパン1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告 日本弁護士連合会(被告日弁連) 宇都宮地裁

<第一回法廷日 >平成30年7月26日口頭弁論 午後15:00分 301号法廷>


被告日本弁護士連合会(被告日弁連) 菊池裕太郎会長 中本和洋(元会長) 増田嘉一郎(懲戒委員長 )

第一回目の口頭弁論ですが、未だ、被告日弁連からの答弁書は届いておらず・・・・。

被告日弁連の代理人弁護士も分からず・・・・。

第一回目での被告日弁連側が、擬制陳述なのかも未だ不明・・・・・。

会代表である原告としては、全く慌てておりませんので、被告側訴訟代理人が確定したら

証拠資料を、順次直送予定。

まあ、現在、別訴で闘っている被告松徳会との訴訟よりは、一審は時間が掛からないと思ってはいるのですが・・・・。

既に、原告としての訴訟の進め方については、一連の流れについては頭でまとめており

被告日弁連の出方に対応して、主張するのみ!!

また、先日、地元下野新聞社及び、他の新聞社及びネットメディアには

日弁連が、提訴されていることは情報を流しておきました、今のところ反応はありませんが

気にしていませんので、今後の流れ次第(笑)

第一回目の口頭弁論はたぶん、5~10分程度で終了ですので、

傍聴に興味がある方は、裁判中の流れはブログにUPして行きますので興味のある時にどうぞ!!

また、前日日弁連の対応の動画をUPしたところ、流石に日弁連に直接抗議している人物及び動画など

YouTubeでも無いようで、「個別に日弁連と闘う人が居ることに、感動!」などと

反響がジワジワ・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

被告 日本弁護士連合会(被告日弁連) 宇都宮地裁

<第二回法廷日 >平成30年10月11日口頭弁論 午後16:00分 301号法廷>

<第一回法廷日 >平成30年7月26日口頭弁論 午後15:00分 301号法廷>

被告日本弁護士連合会(被告日弁連) 菊池裕太郎会長 中本和洋(元会長) 増田嘉一郎(懲戒委員長 )

■プラス法律事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-10-5 第2SKビル10階

中村美智子 弁護士(なかむら みちこ)

善悪判断の精神年齢は幼児並との指摘も?「強姦嫌疑」大塚和成弁護士、
日本弁護士連合会への異議申し立て審の第1回口頭弁論が東京高等裁判所で開催

中村美智子 弁護士は以前から、別の弁護士の懲戒事件でも、被告日弁連の代理人だったようで・・・・。

あれと思ったのは、懲戒処分の当事者、澤田雄二弁護士と同じ、東北大学法学部・・・。

2001年 東北大学法学部卒業

澤田雄二先輩の為に、頑張らないというところでしょうか???


■和田金法律事務所
〒104-0045 東京都中央区築地1-10-11 ラティオ702

鈴木敦悠 弁護士(すずき のぶひさ)


第二回法廷日で、裁判体が結審するつもりなので・・・。

原告は拒否して、忌避申立ての流れかと・・・・。


中村美智子 弁護士も 鈴木敦悠 弁護士も「答弁書以外の事は回答しない」弁護士さんのようですので

今回、提出した証拠を、裁判体がスルーするか?

判決もどきの「決定書」の件を、裁判体に質問しても答える筈はないので・・・・。

たぶん、直ぐ開廷して終わりそうな感じです。


>>「うん!?」何だこれ???  判決書面かな???

>>おいおい、係争中の証拠調べも結審も済んでいないのに

>>「慰謝料請求が認められる余地はない」と判決下してどうするのかな、裁判官らは(呆れ)

<被告日弁連の答弁書内容をコピペする・コピペ裁判官>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」「憲法違反確定」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連 懲戒取り消し事件
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/07 Sun. 06:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

1003

<地裁提出済み反訳書>被告損害保険ジャパン日本興亜 安田峻介副長 「介護問題に強い弁護士を紹介」 澤田雄二弁護士、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて、応訴しましょう」  

被告損害保険ジャパン日本興亜 安田峻介副長  澤田雄二弁護士、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士 介護問題に強い弁護士を紹介_151110

被告松徳会 被告第4準備書面 もてぎの森うごうだ城 澤田雄二2
サムネイル画像(クリック)



■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

会代表のコメント

>>画像では、被告損害保険ジャパン日本興亜の項目では

被告澤田雄二を始め、損害保険ジャパン日本興亜の「顧問弁護士」である事を

やっと認めたようですが・・・・。

損害保険ジャパン日本興亜が「何らかの責任原因」については、「否認ないし争う」

「否認ないし争う」とか主張していますが、勝手にどうぞ・・・・。


損保ジャパン日本興亜の、不払い・払い渋りに関する資料は提出済み

これから、被告損保ジャパン日本興亜が、損保営業でどのような損保セールスをしているか

明らかにしてあげますからこれからの証拠をお楽しみに!!


さて、前回被告松徳会の被告準備書面にて、上記の内容をコメントしましたが・・・・。

被告損害保険ジャパン日本興亜の栃木支店の安田俊介副長の損保セールスの内容をご確認ください!!

損害保険ジャパン日本興亜の「何らかの責任原因」については、「否認ないし争う」という事が成り立つのでしょうかね(呆れ)

どう考えても、無理でしょうね(笑い)

損保ジャパン日本興亜が今まで、顧問弁護士は紹介しただけでと弁明していましたが、

もう、それは通りません(呆れ)

原告が弁護士に依頼しても、「このような証拠」は用意できないでしょうが・・・。

こちらは本人訴訟なので、このままでは終わらせませんよ

被告損保ジャパン日本興亜!!


●被告損保ジャパン日本興亜の介護施設向け保険営業時、実際の「セールストーク」です。

介護事故が起き、介護被害者側に、加害者側介護施設が、訴訟を打たれてしまったら
「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて、応訴しましょう」
「こちら(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて・・・。」

上記、損保営業のセールストークの中で、「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を
立てて、応訴」などと述べていますが
本件のように保険契約者の介護施設(被松徳会)に、当社(損保ジャパン日本興亜)の
顧問弁護士を紹介して、当社として応訴」という事を述べているのが分かるかと思います。

では、なぜ被告損保ジャパン日本興亜が、「介護に関係する強い弁護士がいる」と説明し
加害者側介護施設に、被告損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士を紹介し送り込むのか
被告損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士を介護施設に紹介し、示談交渉させることで
被告損保ジャパン日本興亜ら顧問弁護士も説明できない、損保の損保査定での損害賠償
算定額により、介護被害者家族を脅してでも納得させる為であり、

被告損保ジャパン日本興亜が、「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて、応訴」と述べている通り、
本件、被告松徳会での介護事件、介護施設追い出し行為(高齢者虐待)にも、
被告損保ジャパン日本興亜が、深く係わっている事は明らかである。

また実際に「損保査定で納得しないなら原告に弁護士立てさせろ、
原告が成年後見人で無いなら相手にするな」等と
被告損保ジャパン日本興亜から支持回答を受けたと、被告新田裕子から原告は
言われた事を確認しており、その後、被告代理人らからも連絡が無く示談交渉が決裂している。

(被告損保ジャパン日本興亜の当時担当者、片山特命課長)

同じ内容ですが、2パターン動画を用意いたしました。

被告澤田雄二 被告新田裕子(宇都宮中央法律事務所)「損害保険ジャパン日本興亜 も弁護士を立てて、応訴しましょう!!でも、弁護士は紹介するだけ?「ウオームハート」(リンク)

損害保険ジャパン日本興亜 も弁護士を立てて、応訴しましょう!!でも、弁護士は紹介するだけ?「ウオームハート」(リンク)

<地裁提出済み反訳書>被告損害保険ジャパン日本興亜 安田峻介副長 「介護問題に強い弁護士を紹介」 澤田雄二弁護士、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて、応訴しましょう」

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/03 Wed. 08:43 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top