FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0330

<原告 意見陳述書(被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜  

被告栃木県 福田富一知事 被告市貝町 入野正明町長 被告茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城介護事件
被告栃木県 福田富一知事 被告市貝町 入野正明町長 被告茂木町 古口達也町長 もてぎの森うごうだ城介護事件1


会代表のコメント

「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政に対する、意見陳述書です。

平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述及び本日結審)原告1時間に渡り、意見陳述・「最後に、澤田雄二被告(弁護士)、今でも頭の悪そうな人に思えますか、原告は?」・・・・以上です。もてぎの森うごうだ城介護事件

<原告 意見陳述書(前文)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜

<原告 意見陳述書(被告栃木県・栃木県警)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜

<原告 意見陳述書(被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜

この「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政に対する、意見陳述書とこの後に意見陳述する

被告松徳会らに対する意見陳述書の内容の前半3項目ほど、内容が被るので

省略できる部分などは、飛ばして意見陳述しております。

また、この意見陳述に合わせて、意見陳述書に記載していない情報も織り込みながら意見陳述させて貰いました。

内容としては、項目ごとに簡単にまとめてありますので・・・・。

「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政が、

本件被告松徳会からの利用者強制退所及び利用料金請求に対し

どのように対応すべきだったのか、説明してあります。

本件に至っては、「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政が

都道府県及び市町村としての役割を無視し、被告松徳会「老健・もてぎの森うごうだ城」に加担したことが原因・・・・。

今になって、被告栃木県の指定代理人が、利用料金は利用者に請求をと言っても

散々、原告の言い分を無視しておいて、「退所を止められたのですかね」などと

「福田貢 班長」指定代理人が言っているのでは、話にならず(呆れ)

「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政が、被告松徳会のサービス利用契約書違反しているのですから

今になって違反では無いなどと・・・・。

3項目のドラックロックでの虐待については、先日公開の動画で・・・・。

被告栃木県 医師の虐待は放置・福田富一知事 ⑦高齢対策課「郡山洋孝」虐待加担「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」平野浩視弁護士

「郡山洋孝」指定代理人が「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」と言い切ってしまいましたので

完ぺきにアウトです、被告栃木県では、医師が問題を起こそうと関知せず、揉み消すという事です(呆れ)

意見陳述で述べたのですが、「被告栃木県は、栃木県警を使い介護事件を揉み消しているのか?」と発言。

被告片岡孝(内科医)は、医師法違反もしていない、ドラックロックでの薬の服用もしていないことにしたいのが

「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」の福祉3行政(呆れ)


「睡眠薬と誤嚥性肺炎の関係性」
車を運転する前に、睡眠薬を服用しないことは、薬の指示書にも明記。
(本剤(ソレントミン)の影響が翌朝以後に及び、眠気、注意力・集中 力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、 自動車の運転等の危険を伴う機械の操作に従事させな いよう注意と指示記載。)
           ↓
嚥下力(飲み込む力)が低下している高齢者が、食前に、睡眠薬を服用。
           ↓
「食事中にもうろうとして食事をすることになる。」
(ソレントミン(薬服用後)3時間後の夕食時、一番、薬の効果がピーク)
証拠(甲A56)—①及び②
           ↓
「誤嚥性肺炎の確立が高まる。」         証拠(甲A36)(甲A38)
          ↓
ソレントミン(睡眠薬)での睡眠導入効果だけでは無く、リスパダールとの
「向精神薬2点の処方による相乗効果により、睡眠効果が増強」
「ご飯も召し上がるのが難しい状況かと」          証拠(甲A57)—①及び②
          ↓
被告片岡孝施設長(内科医)医師法23条 医師説明義務違反(介護家族へ服用薬説明無し)
(15時と16時にそれぞれの向精神薬を服薬させるに至る何かしら具体的な事情説明が無い。)

大体、介護関係者や福祉行政で、上記の「睡眠薬と誤嚥性肺炎の関係性」の

知識も無い関係者が、介護に係るなよ(呆れ)

>>本件、被告松徳会らが行った「うごうだ城」からの原告○○〇に対する強制退所に関して
唯一、「退所中止勧告や中止命令する事が出来たのは、許可取消命令権を持つ被告栃木県であることは明らかである。」

>>しかし、施設利用者や介護家族の窓口となるべき「被告市貝町・被告茂木町」には
許可取消命令権は、持っていなくとも、被告栃木県の役割とする「取消命令や指導など」
被告栃木県が、速やかに対応できるように、市町村の「被告市貝町・被告茂木町」が
苦情・虐待等の情報を連携し、被告栃木県に実情を報告する役割義務がある。


分かるかね?福祉3行政よ(呆れ)「被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町」

更に「人格権の侵害」(民法709条・不法行為)に関しては

被告松徳会らの弁護士を含む発言は、医療法人でもある介護施設(老健)の介護関係者の発言でしょうか

それも介護事件の加害者でありながら(怒り)

●証拠(甲A40)(甲A41)(甲A42) 被告栃木県による 「被告松徳会 うごうだ城介護事件」の復命書(公文書)に関する 同年同月日での保有個人情報開示状況の違いが認められる疑問視する復命書(公文書)

上記の証拠に関しては、今被告栃木県が一番公開されたくない復命書(公文書)のようで

ブログに今後公開すると、指定代理人「福田貢」に伝えると「ダンマリ・・・・。」

まあ、これからもじっくりと問題を公開させて頂きます!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/30 Sat. 04:44 [edit]

CM: 1
TB: 0

0328

<本日で、母が亡くなり3年目>「本人訴訟の原告が泣き寝入り」するようなことを お考えでしたら悪しからず。被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町・被告松徳会(老健・もてぎの森うごうだ城介護事件)・損保ジャパン日本興亜・宇都宮中央法律事務所  

anigif被害者母

会代表のコメント

3月28日、本日で母が亡くなり3年目・・・・。

母が亡くなってから悲しんでいる暇も無く、3年間、調停及び訴訟継続中です。

3回忌を迎えるころまでには、1審の判決に至るかどうかと思っていたのですが・・・。

判決は、今年の5月末に1審の判決です。

既に2審~3審まで、闘い続ける思いは持っており、最後まで闘います(笑)


相変わらず、被告栃木県の福祉行政どもは、ふざけたことを述べており

福田富一知事を含め、介護被害者を舐めている、税金泥棒には

市町村の被告市貝町及び被告茂木町も含め、このままでは終わらせません。

本件は、介護福祉行政(被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町)を含め、

老健(被告松徳会・もてぎの森うごうだ城)の高齢者障害者への虐待は明らか(怒り)

それでも、行政指導も行政処分も行わない、被告栃木県(怒り)

見て見ぬ振りする、被告市貝町・被告茂木町(呆れ)


長期戦になればどうなるか、覚悟していて貰いましょう

生憎、このまま「判決だけ」を、待っているような介護家族では有りませんので!!

<本日で、母が亡くなり3年目>「本人訴訟の原告が泣き寝入り」するようなことを お考えでしたら悪しからず。被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町・被告松徳会(老健・もてぎの森うごうだ城介護事件)・損保ジャパン日本興亜・宇都宮中央法律事務所
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/28 Thu. 19:37 [edit]

CM: 0
TB: 0

0327

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「郡山洋孝」面談を求めるが・・・。「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い(怒り)」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士  

福田富一知事 知事提案 介護問題 高齢対策課 回答

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑
福田富一知事 知事提案 介護問題
栃木県 福田富一知事 意見メール①

被告栃木県 高齢対策課福祉課担当面談、原告が席を外した時の会話_150327(反訳書)


■動画↑↑↑


■動画↑↑↑

会代表のコメント

高齢対策課 事業指導班 「郡山洋孝」(被告県指定代理人)の動画

●高齢対策課 事業指導班 「郡山洋孝」(被告県指定代理人)

前回まで、電話対応した人物は、被告県指定代理人でもある「福田貢 班長」は、

不適切発言後、会代表の電話にも出なくなり逃げ回っているようです(呆れ)

その代わりに電話に出た、被告栃木県・高齢対策課・郡山洋孝 被告県指定代理人ですが・・・・。

とうとう、被告栃木県としての本音の問題発言をしてしまいました(呆れ)

●郡山洋孝指定代理人の発言
「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」

驚きました・・・・。

被告栃木県、高齢対策課では、医師の服用薬での虐待である、ドラックロック(薬での拘束)に関しては、

虐待の通報があっても調べないと、はっきり回答してしまいました。(呆れ)

明らかな、栃木県高齢者虐待マニュアル違反及び、高齢者虐待防止法違反行為・・・・。



郡山洋孝指定代理人に、前回、面談を求めていたのですが、答えられない介護事件の内容すら知らない

指定代理人の二人しか、顔を揃えないという事で・・・・。

前回「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」などと問題発言した

郡山洋孝指定代理人と話しても時間の無駄なので・・・・。

原告である会代表が、県庁に出向きたい時に、栃木県民として出向かせて頂きます。

もう、終わっている福祉行政、福田富一知事・・・・。

現高齢対策課の異動先
小川俊彦  医療政策課長[高齢対策課長]
福田貢   烏山健康福祉センター所長[高齢対策課事業者指導班長]
郡山洋孝  森林整備課長補佐(総括)[高齢対策課長補佐] 


動画8本目

被告栃木県・福田富一知事 ⑧高齢対策課「郡山洋孝」面談を求めるが「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士

被告栃木県・福田富一知事 ⑦高齢対策課「郡山洋孝」虐待加担「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士

被告栃木県・福田富一知事 ⑥高齢対策課「郡山洋孝」「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士

被告栃木県・福田富一知事 ⑤高齢対策課「福田貢」不適切発言「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士5/5

被告栃木県・福田富一知事 ④高齢対策課へ面談求む「福田貢 」「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士4/5

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」3/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」2/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」1/5 (リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「郡山洋孝」面談を求めるが・・・。「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い(怒り)」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/27 Wed. 22:11 [edit]

CM: 0
TB: 0

0325

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「郡山洋孝」不適切発言「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い(怒り)」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士  

福田富一知事 知事提案 介護問題 高齢対策課 回答

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑
福田富一知事 知事提案 介護問題
栃木県 福田富一知事 意見メール①

被告栃木県 高齢対策課福祉課担当面談、原告が席を外した時の会話_150327(反訳書)


■動画↑↑↑


■動画↑↑↑

会代表のコメント

高齢対策課 事業指導班 「郡山洋孝」(被告県指定代理人)の動画

●高齢対策課 事業指導班 「郡山洋孝」(被告県指定代理人)

前回まで、電話対応した人物は、被告県指定代理人でもある「福田貢 班長」は、

不適切発言後、会代表の電話にも出なくなり逃げ回っているようです(呆れ)

その代わりに電話に出た、被告栃木県・高齢対策課・郡山洋孝 被告県指定代理人ですが・・・・。

とうとう、被告栃木県としての本音の問題発言をしてしまいました(呆れ)

●郡山洋孝指定代理人の発言
「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」

驚きました・・・・。

被告栃木県、高齢対策課では、医師の服用薬での虐待である、ドラックロック(薬での拘束)に関しては、

虐待の通報があっても調べないと、はっきり回答してしまいました。(呆れ)

明らかな、栃木県高齢者虐待マニュアル違反及び、高齢者虐待防止法違反行為・・・・。


それもこの、郡山洋孝指定代理人は、栃木県警の指定代理人と一緒に法廷に出ていたとの事で

原告である会代表は、栃木県警の警官だけかと思っていたので、顔も分からず

しかし、動画を視聴頂ければ、郡山洋孝指定代理人は法廷に出て来ていながら

全く、本件の介護事件の詳細も分からず・・・・。

栃木県高齢者虐待マニュアルや、高齢者虐待防止法に関しても分からず

●郡山洋孝指定代理人の発言
「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い」

被告栃木県では、医者の高齢障害者虐待は、一切調べないという、都道府県のようです(呆れ)


もう、終わっている福祉行政、福田富一知事・・・・。

現高齢対策課の異動先
小川俊彦  医療政策課長[高齢対策課長]
福田貢   烏山健康福祉センター所長[高齢対策課事業者指導班長]
郡山洋孝  森林整備課長補佐(総括)[高齢対策課長補佐] 


動画6・7本目をUP 7本目は、6本目の不適切発言の抜粋です。

被告栃木県・福田富一知事 ⑦高齢対策課「郡山洋孝」虐待加担「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士

被告栃木県・福田富一知事 ⑥高齢対策課「郡山洋孝」「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士

被告栃木県・福田富一知事 ⑤高齢対策課「福田貢」不適切発言「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士5/5

被告栃木県・福田富一知事 ④高齢対策課へ面談求む「福田貢 」「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士4/5

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」3/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」2/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」1/5 (リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「郡山洋孝」不適切発言「福田貢」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「医師の処方に関する事なので、特に調べる予定は無い(怒り)」栃木県高齢者虐待マニュアル違反「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/25 Mon. 20:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

0323

被告栃木県 高齢対策課「高齢障害者虐待隠蔽放置職員」異動人事・小川俊彦・福田貢・郡山洋孝・重田恭一・石崎金市・亀田隆夫・藤本延生紀・寺内由幸  

小川俊彦  医療政策課長[高齢対策課長]
福田貢   烏山健康福祉センター所長[高齢対策課事業者指導班長]
郡山洋孝  森林整備課長補佐(総括)[高齢対策課長補佐] 
 
重田恭一  県南健康福祉センター次長兼総務福祉部長
        [保健福祉課主幹(栃木県立リハセンター派遣)]  

石崎金市  県民生活部長 (栃木県警経営管理部次長兼人事課長)           
亀田隆夫  退職[保健福祉部参事兼国保医療課長]
藤本延生紀  交通政策課長補佐(総括)(交通企画担当)
         [人事委員会事務局総務課長補佐(給与・審査担当)] 
寺内由幸   岡本台病院事務局長補佐(総括)兼総務課長
         [岡本台病院事務局長補佐兼総務課長]


会代表のコメント

被告栃木県の現高齢対策課担当及び元高齢対策課担当の異動人事です。

案の定、指定代理人の2名、福田貢と郡山洋孝は異動・・・・。

亀田隆夫は、退職。

まあ、異動しても退職しても、この高齢障害者虐待隠蔽放置職員がやらかしたことは、残させて頂きます(怒り)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/23 Sat. 07:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

0322

<栃木県内の方からコメント>youtubeの動画コメント欄「なんとかして日本全国の人達にこの事実をわかってもらいたいですね。」もてぎの森うごうだ城介護事件  

もてぎの森うごうだ城 片岡孝医師 栃木県 福田富一 栃木県警

会代表のコメント

youtubeの動画コメント欄に、栃木県宇都宮市内の方からコメントを頂きました!!

会代表の動画での会話には、「賛否がある事も理解して」

会代表である介護被害者家族は発信を続けています。

現在、youtubeへの動画は、200本を超えています・・・・。

数本でも聞く耳を持って、視聴されて頂ければ

何故、介護被害者家族が、ここまで声を上げているか、多少なりともご理解頂ける方がおられると思います。


私は、どこぞの政治家でもありませんし、

そもそも万人に会代表の意見をご理解頂こうなどとは、最初から思っていません。

しかし、事は介護事件です。

被害者である、高齢者である母は、障害者にされた挙句に、高齢者虐待行為をされ

介護施設(被告松徳会・老健・もてぎの森うごうだ城)

更に、被告栃木県、被告市貝町、被告茂木町の福祉3行政に高齢者虐待に加担され

被告栃木県(栃木県警、茂木警察署・宇都宮中央警察署)での介護事件の隠蔽

栃木県弁護士会や日弁連の、介護施設からの脅し追い出し行為をした弁護士擁護・・・・・。

ここまでされたのでは、声を上げられない介護被害者である母の為にも

最後まで、闘い続ける考えです。

まだまだ、栃木県内の方でも、栃木県のマスごみがスルーですので、法廷に傍聴に来られた方でも

こんな事件が起きていたとはと、おっしゃっていましたが、これが栃木県の現実・・・・。

しかし、本件については、どうなるか被告ら関係者には覚悟して貰います。

もてぎの森うごうだ城(老健)殺人未遂事件 「被告片岡孝 施設長の看護師の奥さん、被害者家族に驚愕発言・宇都宮市西原2丁目5番30号」高根沢中央病院(理事長)「 澤田雄二弁護士」38

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/22 Fri. 03:40 [edit]

CM: 0
TB: 0

0322

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢」不適切発言「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「(高齢障害者虐待行為を、県が)止められたのですかね?(怒り)」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士(怒り)  

福田富一知事 知事提案 介護問題 高齢対策課 回答

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑

■動画↑↑↑
福田富一知事 知事提案 介護問題
栃木県 福田富一知事 意見メール①

被告栃木県 高齢対策課福祉課担当面談、原告が席を外した時の会話_150327(反訳書)


■動画↑↑↑


■動画↑↑↑

会代表のコメント

高齢対策課 事業指導班 「福田貢 班長」(被告県指定代理人)の動画4・5本目

高齢対策課が、「回答を差し控える」の連発(呆れ)

じゃ、福田富一知事が答えろ!!


●高齢対策課 事業指導班 「福田貢 班長」(被告県指定代理人)

電話対応した人物は、被告県指定代理人でもある「福田貢 班長」・・・・。

税金で飯食っている栃木県職員、それも社会福祉介護にかかわる高齢対策課の対応がこのレベルです(呆れ)

これまでの高齢対策課等の動画をご覧いただければ、本件介護事故に

栃木県高齢対策課が直接「高齢者障害者虐待」を行っていたことは明らかであり

その組織の親玉の福田富一知事は「高齢者障害者虐待犯」


現在、裁判の方も、証拠が出揃い結審、1審判決まで時間があるので

指定代理人の2名、高齢対策課「福田貢」「郡山洋孝」などへ、高齢対策課の課長を含む

前任の高齢対策課の「石崎金市課長・亀田隆夫・藤本延生紀・寺内由幸」などの関係者も含み

面談を求めているところですが、そこで何と高齢対策課「福田貢班長」の不適切発言(怒り)

高齢対策課「福田貢班長」自身が、不適切発言であればと認めていますので、

指定代理人がこのレベルでは、話になりません

被告栃木県としての役割も知らない地方公務員(呆れ)

今回、原告である会代表ですが、流石に疲れがでているのか、声に疲れが・・・・。

動画4・5本目をUP 5本目は、4本目の不適切発言の抜粋です。

被告栃木県・福田富一知事 ⑤高齢対策課「福田貢」不適切発言「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士5/5

被告栃木県・福田富一知事 ④高齢対策課へ面談求む「福田貢 」「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士4/5

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」3/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」2/5(リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢 班長」被告県指定代理人「いつも電話はガチャ切りですよ」「話を圧し折ってください」1/5 (リンク)

被告栃木県・福田富一知事 高齢対策課「福田貢」不適切発言「郡山洋孝」被告県指定代理人「小川俊彦課長」「(高齢障害者虐待行為を、県が)止められたのですかね?(怒り)」「知事回答丸投げ」平野浩視弁護士(怒り)
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/22 Fri. 02:01 [edit]

CM: 0
TB: 0

0318

被告栃木県(福田富一知事)高齢対策課及び、医療政策課へ問い合わせ「医療政策課の医務担当」~「そこをつかれると可笑しなことをやっていると・・・。」  

栃木県 保健福祉部 医療政策課

石崎金市・亀田隆夫・藤本延生紀・寺内由幸 被告栃木県 高齢対策課福祉課担当面談、原告が席を外した時の会話_150327(反訳書)


会代表のコメント

先週の金曜日に、被告栃木県の高齢対策課及び、医療政策課へ問い合わせ。

高齢対策課の福田班長には、以前から面談を求めていたのですが、回答が無いので確認。

医療政策課には、高齢対策課と本件の老健「もてぎの森うごうだ城」での高齢障害者虐待行為に関して連携を取っているかの確認。

<地裁提出済み反訳書・被告栃木県(福田富一)>高齢対策課福祉課担当面談「原告が席を外した時の会話」(原告からの)「電話をガチャ切りです(笑)」「話を圧し折ってください。」「石崎金市課長・亀田隆夫・藤本延生紀・寺内由幸」・平野浩視弁護士

何故、医療政策課なのか?

画像2番目の反訳書をご覧いただければ、「医療政策課の医務担当」~「そこをつかれると可笑しなことをやっていると・・・。」

という事で、医療政策課に問い合わせ、老健「もてぎの森うごうだ城」での高齢障害者虐待行為を説明しましたが

担当には、どこの施設と聞かれて説明するも全く本件の事を知らない様子・・・・・。

おいおい、被告栃木県としては、ここまで問題になっていて、自分達で問題を精査する気も無いという事のようで

全く、連携などされていないようで、医療政策課から高齢対策課に確認するという事で、折り返しの連絡待ちに・・・・。

因みに医療政策課とは・・・・。

医療法に基づく病院の開設許可等及び指導、医療法人の設立、定款変更等の認可などを行っています。

被告松徳会 老健「もてぎの森うごうだ城」は、医療法人であり、医師常駐の介護老人保健施設。

医師法23条の医師の説明責任 第二十三条 
医師は、診療をしたときは、本人又はその保護者に対し、療養の方法その他保健の向上に必要な事項の指導をしなければならない。

医療政策課の担当に、医師の説明責任の違反に関して尋ねても、理解しているのか?

医師法23条ですか?などと聞かれる始末・・・・・。

既に、宇都宮地検にも告訴受理されている件を伝えると、高齢対策課に確認するとの事でしたが・・・。

現在の被告栃木県の指定代理人である、高齢対策課の郡山氏は、以前は医療政策課の担当と聞いているのですが

本件介護事件の確認や連携もしらばくれて、被告栃木県では行っていないようです(呆れ)

今、被告栃木県として、被告松徳会の医師の高齢障害者へのドラックロック問題、医師法違反に関して

指摘、行政処分をしてしまったら、被告栃木県として自分達の首を絞めることになるとでも思っているのでしょう

会代表からは、裁判は裁判、既に次回判決で、証拠も出揃い

被告栃木県としての違反問題行為など、明らかになっており、福田富一知事が高齢対策課に丸投げしている場合ではない筈・・・。

勿論、被告市貝町及び、被告茂木町に関しても、このまま判決が出るまで何もしないと、被告栃木県と同じ目になりますよ。

被告栃木県には、今月中の面談を求めています。

現在の裁判の指定代理人でもある高齢対策課の担当も、もう2年経つはずですので、

異動の可能性も高く、今月中の面談を求めています。

どうせ面倒だから、被告市貝町と被告茂木町も合同で、面談させて貰った方が問題もはっきりさせやすいのですが・・・・。

今回、被告栃木県には散々証拠隠蔽されていますので、

「録音・録画での面談」を求めています!!

更に被告栃木県には、高齢者障害者への虐待に加担した以前の高齢対策課の

「石崎金市課長・亀田隆夫・藤本延生紀・寺内由幸」なども出席させるように求めています。

どうせ、以前の担当者を引きずり出さないと、現在の高齢対策課の担当じゃ分からない事ばかりなので・・・・。

また、管財課にも、高齢障害者問題の面談に関して、面談時に「話を圧し折って下さい」と発言した

管財課の担当も調べるように連絡済み、きちんと調べないと面談時に出向かせて頂きます。
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/18 Mon. 03:06 [edit]

CM: 0
TB: 0

0313

<原告 意見陳述書(被告栃木県・栃木県警)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜  

被告栃木県 福田富一知事 栃木県警 宇都宮中央警察署

陳述書 告訴 被告栃木県 福田富一知事 栃木県警 宇都宮中央警察署 

会代表のコメント

意見陳述の前文というか、前置きの陳述書に続き、被告栃木県(栃木県警)に関しての意見陳述書及び追加の陳述遺書です。

平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述及び本日結審)原告1時間に渡り、意見陳述・「最後に、澤田雄二被告(弁護士)、今でも頭の悪そうな人に思えますか、原告は?」・・・・以上です。もてぎの森うごうだ城介護事件

<原告 意見陳述書(前文)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜

<原告 意見陳述書(被告栃木県・栃木県警)>平成31年2月6日口頭弁論(原告意見陳述)もてぎの森うごうだ城介護事件 被告松徳会 被告栃木県 被告市貝町 被告茂木町 損保ジャパン日本興亜

被告栃木県(栃木県警)の、介護事件の捜査怠慢及び、刑事告訴拒否

更に、刑事告訴人(会代表)への宇都宮中央警察署での過剰拘束暴行及び盗撮についての意見陳述。

そして、被告栃木県(栃木県警)が裁判にて、虚偽主張ばかりしているので・・・・。

宇都宮地検に、、被告栃木県(栃木県警)を、直告(告訴)、既に宇都宮地検で告訴受理済み。

意見陳述中に、被告栃木県(栃木県警)を、直告(告訴)した件を

本当は、栃木県警に刑事告訴してから、刑事告訴拒否されたら宇都宮地検への告訴を考えていたのですが

どうせ、栃木県警への刑事告訴は、時間の無駄になるので、直接宇都宮地検へ告訴したことも

口頭で、意見陳述しておきました・・・。

被告席には、警視の指定代理人、傍聴席には複数の栃木県警の傍聴人・・・・。

さて、どんな顔をして、聞いていたのでしょう?

別件の刑事告訴拒否及び、障害者施設での栃木県警OBの逮捕

更に、被告松徳会が、社会福祉法人の監事に、栃木県県警OBを取り込んだことなど

介護業界が、栃木県警の天下り先になっているなどの問題点の提起・・・・。

まあ、原告が訴長代理人に弁護士を依頼していたら、指摘していない事ばかりでしょう(笑)


法廷には、被告市貝町の訴訟代理人「蓬田勝美弁護士」でもあり

現在、栃木県公安委員会委員(元栃木県弁護士会会長)もおり、どんな気持ちで聞いていたのでしょうね

栃木県公安委員会委員としては、年間約200万円も貰っておいて、この栃木県警のあり様(呆れ)

しかし、栃木県警の問題の担当者(警官)が、誰一人証人にも出てこられない、栃木県警

虚偽主張ばかりで、呆れて話になりません・・・。


被告栃木県(栃木県警)は控訴する気満々なので、原告としても受けて立ちますが

控訴にて、栃木県警の問題から、「全国の警察の問題」になりかねることも承知の上で

「平野浩視弁護士」、控訴されたし!!


にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/13 Wed. 15:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

0310

<宇都宮地裁 二宮信吾裁判長>障害ある姉と介護する認知症の90歳母の2人殺害事件、61歳被告に懲役6年の判決  

障害ある姉を介護する90歳母も認知症に 2人殺害事件

会代表のコメント

障害ある姉と介護する認知症の90歳母の2人殺害事件、61歳被告に懲役6年の判決

栃木県での介護殺人で気になっていたのですが、宇都宮地裁で判決が出されました・・・・。

障害者の姉と認知症の母を、ラップで顔をふさいで、窒息死・・・・。

求刑7年で、流石に二人殺害で、執行猶予は無理かと思っていましたが

判決は、懲役6年・・・・・。

そもそも二人殺害で、求刑7年というのも分からないのですが・・・・。

情状酌量が認められたとも思えず・・・。

気になったのが、二宮信吾裁判長の判決内容・・・。

宇都宮地方裁判所の二宮信吾裁判長
>>「被告は、父親が急逝したあと、母と姉の2人の介護をしなければならなくなり、介護疲れから将来を悲観して犯行に及んだ」と指摘しました。
>>そのうえで「介護期間は9か月弱にとどまり、犯行に及んでも仕方がないといえる状況にはなく、短絡的な考えで犯行に及んだといわざるをえない」として懲役6年を言い渡しました。

会代表のツイッターでも取り上げたら疑問視されている方もいて、会代表も・・・・・

>>「介護期間は9か月弱にとどまり、犯行に及んでも仕方がないといえる状況にはなく・・・。」

あらら、刑事判決で「介護期間は9か月弱にとどまり・・・。」とその部に関して、短絡的と申しては・・・・・。

朝日新聞デジタルだけが、加害者の宇田川稔被告が、投資破産していることを記事にしていますが

>>宇田川被告は辞職後、生活や介護の費用を投資で得ようと考えて失敗。18年8月までに相続金や預貯金など計2千万円を失い、200万円超の借金を背負ったという。母親の認知症が進んで姉の介護負担も増し、宇田川被告は将来を悲観して犯行前々日の9月8日、2人の殺害と自殺を決意したとされる。

確かに、「辞職後、生活や介護の費用を投資で得ようと考えて失敗」と、上記の部位は短絡的とされても、可笑しくは無く・・・・。

ただ、刑事判決で「介護期間は9か月弱にとどまり・・・。」とその部に関しては

刑事裁判官は、介護の事が分かっていないのではと、疑問視する声も・・・・。

会代表も確かに、その部分は判決記事を読んで、疑問視していました。

このところ、介護殺人の事件を調べていたところだったので

二宮信吾裁判長は、このところの介護殺人の判決等を参考にされたのか???

意外と介護殺人でも、「短期間の介護で、追い詰められて」介護殺人を犯している事が多いのです。

勿論、長期に介護をし尽くして、介護殺人に追い込まれることもありますが

司法の刑事裁判官が、判決で・・・・。

>>「介護期間は9か月弱にとどまり・・・。」とその部に関して、短絡的と申しては・・・・・。


●ネットやSNSでの反響では・・・。

>>介護は一人でも辛いのに、二人では想像できないくらい辛いと思う。

>>寧ろ、相談するという考えが浮かばないほど、追い込まれていたと思うぞ。老いた体1つで、2人も面倒を見てるんだし。

>>2人介護するくらいなら刑務所に入った方が楽なのは確かだ.

>>「殺害動機は被害者への思いやりからではない」「身近な人に相談するなどほかに選択肢はあった」
と言われたとか。表面的にしか介護を理解していないように思います。

上記のような声が上がるのも、介護をしたことが無ければ、分かるはずも無く・・・・。

しかし、何故、日光市を死に場所に選んだのか???

これからも確実に、介護殺人は増えるものかと思います、「身近な人に相談するなどほかに選択肢」などと言っても

会代表が提訴している福祉行政らを見れば、相談する場としても機能しておらず(呆れ)

今後、司法行政共に、介護の実態を知るべきかと・・・。

ちなみに栃木県での介護殺人事件で、記事にしたのは、ネットで確認したところ・・・。

この介護事件を、栃木県で取り上げたのが、朝日新聞・産経新聞・NHK、

一番詳しく加害者の投資破産の件まで記事にしていたのは、朝日新聞

読売新聞は意外と介護事案は取り上げるのだが記事にならず

地元の下野新聞は介護事件は、やる気無し・・・。


にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/03/10 Sun. 08:44 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top