栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0204

被告栃木県 福田富一知事「茨城高夫警部補」の[嘘」栃木県警県民広報相談課&平野浩視弁護士が準備書面で虚偽記載(県訴訟代理人)(県警県民広報相談課)「老健 もてぎの森 うごうだ城」  

準備書面1 平野浩視弁護士  福田富一知事栃木県警 茨城高夫
準備書面1 平野浩視弁護士  福田富一知事栃木県警  茨城高夫1


■動画↑↑↑
宇都宮中央警察署カメラ
平野浩視弁護士(平野浩視法律事務所)栃木県(福田富一知事)もてぎの森うごうだ城
坂口拓也 栃木県警本部長
栃木県警 県民広報相談課

会代表のコメント

栃木県警の県民広報相談課の茨城高夫警部補が「監察課へ繋げ」と原告申し出との事だが
原告は「監察課にお願いします。」と発言している。

また、『原告は「中央署の件と言えば誰でもわかる」等と申し立てるのみで、

架電の趣旨告げることなく、一方的に電話を切ったものである。』との事であるが

また被告栃木県及び栃木県警の虚偽。


証拠音声の動画をご覧ください「一方的に電話を切った者」は茨城高夫警部補であることがはっきり分かります(呆れ)

また、原告は「中央署の件といえば誰でもわかる」等と申し立てるのみで、と

準備書面で主張しているがこれまた茨城高夫警部補の「嘘」

県民広報相談課の茨城高夫警部補に原告は「ビデオカメラで盗撮された件」とはっきり伝えており

動画の証拠音声でもはっきりと「ビデオカメラで盗撮された件」とはっきり伝えている。

県民広報相談課の茨城高夫警部補が、県民からの問い合わせを歪曲・虚偽回答するようでは

栃木県警の県民広報相談課としての機能を果たしていない。

県民広報相談課が機能を果たしておらず、原告は「監察課」に問い合わせたが茨城高夫警部補が繋げず

県民広報相談課の茨城高夫警部補に一方的に電話を切られたのが事実である。


被告栃木県の第一準備書面にデタラメの主張記述を平野弁護士がして来たので

証拠の動画を基に、被告栃木県(福田富一知事)&栃木県警の「嘘」を動画にて確認ください!!

県民広報相談課「茨城高夫警部補」または「平野浩視弁護士」のどちらの虚偽か分かりませんが

どちらであっても栃木県知事「福田富一」の虚偽であることは間違い無く

栃木県が「嘘」を付いているようでは話になりません(呆れ)


この県民広報相談課の茨城高夫警部補は、被告松徳会の被告木村勝則が、

原告に対し「裁判になったら出て行ってもらう、これが脅迫と取られてもいい」と脅迫し

茂木警察署に通報したが茂木警察署で「脅迫発言を隠蔽」された挙句に、

被告木村勝則の脅迫発言は脅迫罪では無いと言い切ったのが、県民広報相談課の茨城高夫警部補・・・。

栃木県公安委員会の事務方、金子公久氏の虚偽発言後、県警本部で

原告と金子公久氏を会わせまいとしたのが県民広報相談課の茨城高夫警部補(呆れ)

「県民広報相談課は、情報を集約させて処理する体制」などと主張しているが、集約どころか

警察問題を問題にさせまいとする相談窓口として機能(呆れ)

流石、冤罪事件後もデタラメな事件捜査を続ける栃木県警(怒り)


被告栃木県の準備書面での嘘の証明動画
被告栃木県 福田富一知事・茨城高夫警部補の[嘘」(県警県民広報相談課)・平野浩視弁護士(県訴訟代理人)「老健 もてぎの森 うごうだ城」(リンク)

こちらの動画が以前の茨城高夫警部補との会話
栃木県警・県警本部 警務部 県民広報相談課 茨城高夫氏の脅迫介護事件事故事案への問題対応 平野浩視弁護士(県訴訟代理人)「老健 もてぎの森 うごうだ城」事案(リンク)

被告栃木県 福田富一知事「茨城高夫警部補」の[嘘」&平野浩視弁護士が準備書面で虚偽記載(県訴訟代理人)(県警県民広報相談課)「老健 もてぎの森 うごうだ城」
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/02/04 Sun. 03:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <栃木県公安委員会が刑事告訴拒否問題を揉み消し>佐藤信勝委員長・臼井佳子委員長・蓬田勝美委員・古澤利通委員・特養「高砂荘」「飯田福祉会 浜野修 理事長」介護事件「公正・中立どころか、公安委員会は、刑事告訴拒否した栃木県警の味方(呆れ)」栃木県警刑事告訴拒否問題  |  被告市貝町「入野正明町長」と面談「山内好幸課長&久保孝幸係長&金田道宙係長&根本治久課長(健康福祉課) 」蓬田勝美弁護士(市貝町訴訟代理人) 被告 老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1087-c2d1028a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top