FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0314

被告松徳会「うごうだ城」代理人、被告澤田雄二弁護士「裁判長に、次回期日までの期間の短縮を求めるが、わずか1週間短くなっただけで次回期日決定、これでも法廷戦術のつもりですか?損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士(呆れ)  


会代表のコメント

本日、宇都宮地裁に、準備書面4件分&証拠を提出して来ました。

被告栃木県 2件分(高齢対策課問題と栃木県警問題)
被告市貝町 1件
被告茂木町 1件

そして証拠も・・・・・。

数週間、纏めるのにバタバタしていました。

裁判所に出向いたら被告からは被告松徳会から証拠の看護記録のみ提出されており

あれ?被告松徳会からの準備書面は???

取り合えず、年度末なので裁判所もバタバタしているのか?

まだ、裁判官の異動のニュースは新聞に出ていないようですが、たぶんそろそろ・・・・。

本件、裁判体も異動の裁判官が出て来そうです。

裁判の流れとしては、争点の絞り込みのはずなのですが、被告らがバラバラと争点を絞る気があるのかと思うような

被告準備書面を提出して来ているので、早く先に進めてと思う原告なのですが・・・・。

そして本日、被告らにも直送で、準備書面&証拠など提出して来ました。

次回、法廷では介護事件の「都道府県と市町村」の役割、また地方公共団体の役割の問題に入ると思われます。

そして、前回裁判体から原告に求められた、人員配置基準の計算式、チェックシートなども証拠として提出。

何せ、被告ら福祉行政(被告栃木県・被告市貝町・被告茂木町)が、介護事故の人員配置に関しても回答できない

トンデモ福祉行政ですので、被告ら行政でも、被告松徳会でも、単に問題が無ければ人員配置の計算式に数字を当てはめて

説明すれば良いだけの事・・・・・。

原告は、被告松徳会「うごうだ城」の出勤簿等は、被告行政が情報開示拒否ですので、調べようがありません・・・・。

被告澤田雄二が、被告松徳会の代理人として、人員配置基準に関して説明すれば、被告らは説明しなくても良いのですが

人員配置に問題があるとすると・・・・・。

それと、ドラックロック(薬での虐待)の証拠資料も、前回に続き、証拠提出。

次回は、被告らに質問の機会が裁判体から促されたら、原告からの質問が山盛りですので

被告らは、しっかり証拠資料に目を通しておいて下さいね!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

3月7日に、原告である会代表からは、裁判所の締め切りに合わせて、

原告準備書面&証拠を提出しているのですが・・・。

裁判所に出向いたら被告からは被告松徳会から証拠の看護記録のみ提出されており

あれ?被告松徳会からの準備書面は???と思っていたら・・・。

昨日、3月12日の夕方に裁判所から連絡が有り

被告松徳会の証拠が被告澤田雄二弁護士から提出されていますとの連絡が有りました

書記官に尋ねたら、準備書面もこれから後日提出するようなことを、被告松徳会らが言っていたようで

次回、法廷日は、今月14日ですよ(呆れ)

裁判所に取りに行っている暇はないので、提出されている証拠と、

これから被告澤田雄二が提出すると思われる準備書面は、法廷当日に原告が受け取る話にしておきました。

裁判所から次回法廷日の1週間前には準備書面の提出をと言われているのに

宇都宮中央法律事務所の被告弁護士らは、呑気ですね(呆れ)

それとも原告への嫌がらせかな???


だいたい、前回法廷日から約3か月間もあったのですから、準備書面1件分と証拠ぐらい

提出期日に間に合わせて下さいよ(呆れ)

ーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事はここまで

会代表のコメント

本日、3月14日法廷日でした。

被告澤田雄二弁護士からの被告準備書面は、何と法廷日の前日13日に提出したようで

呑気な事ですね・・・・。

そこで、驚いたのが、本日、法廷後半に次回期日を決める段階になり

原告である会代表からは、最近では裁判体に次回期日まで「3か月間」空けて頂いていたのですが

何と!!、被告松徳会、被告澤田雄二弁護士らが、その次回期日まで「3か月間」にケチを付けてきました(呆れ)

被告澤田雄二弁護士が、裁判長に次回期日まで「3か月間」では長いと提案・・・・・。

しかし、被告澤田雄二弁護士、残念ながら、3か月間からわずか1週間短くなっただけで次回期日決定(笑)


ご覧頂いている方も、被告松徳会「もてぎの森うごうだ城」の被告澤田雄二弁護士が

何をしたいかお分かりですよね!?

原告である会代表に、原告準備書面や証拠資料に時間をかけられなくする為の浅はかな企てです(呆れ)

これで法廷戦術のつもりなのか分かりませんが、残念でしたね!!


被告澤田雄二弁護士、わずか1週間短くなっただけでの期日期間で(笑)

そもそも、法廷後に書記官に、被告澤田雄二弁護士の質問の事について尋ねたら

大体は、次回期日まで1~2か月間ぐらいとの話でしたが

本件の介護事件の訴訟が、複雑で、被告人数が多いことぐらい誰でも分かることであり

被告準備書面の提出が纏まってしまうと、5件の原告準備書面&証拠を提出することになり

もし、2か月間で計算すると、1件約12日間程度で、原告準備書面を仕上げなくてはならず

本人訴訟で、2週間も無い期間で、原告準備書面を纏めるとなると結構大変・・・・。

今回、14日の法廷には、4件の原告準備書面&証拠を纏めて提出したので、結構大変でしたが

どうにか間に合わせました(笑)

その期日期間を短くしろと言っている、被告澤田雄二が、法廷日の前日に準備書面を提出しているようでは

話にならないのですが、自身で期日を短くすることを求めて、

また被告澤田雄二弁護士からの準備書面&証拠はギリギリですか???

もう裁判体の方が、原告からの「原告準備書面と証拠の量」を考えれば、

1事件1被告程度の事件では無く、本人訴訟であることを考えれば、

3か月程度の期日期間は、問題が無いと考えて頂いていると思います。

被告行政の3被告代理人からは、期日を短くするようにとの話は出ておらず

裁判長に、次回期日までの期間の短縮を求めたのは、被告澤田雄二弁護士のみ(呆れ)

被告澤田雄二弁護士からの被告松徳会の被告準備書面を、本日受取、目を通しましたが

またまた相変わらずの「否認ないし争う」の連発(呆れ)

後日、また被告松徳会の被告準備書面は、ブログにUPさせて頂きます。


被告松徳会「うごうだ城」代理人、被告澤田雄二弁護士「裁判長に、次回期日期間の短縮を求めるが、わずか1週間短くなっただけで次回期日決定、これでも法廷戦術のつもりですか?損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士さん(呆れ)
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/03/14 Wed. 23:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 介護事件「虐待・殺人未遂・医師法違反医師」 「被告 片岡孝 施設長」 老健「もてぎの森うごうだ城」(自治医科大学卒 内科医) 高根沢中央病院理事長  |  被告松徳会「うごうだ城」代理人、被告澤田雄二弁護士「裁判所からの次回法廷日1週間前には準備書面の提出であることぐらい守って下さいよ(呆れ)」「もてぎの森うごうだ介護事件」「松徳会」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1101-c8ed08d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top