FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0402

「徘徊と呼ばないで 本人たち発信、見直す自治体も」朝日新聞、今後認知症の人の行動を表す際に「徘徊」の言葉を原則として使わず。  

徘徊と呼ばないで 本人たち発信、見直す自治体も

会代表のコメント

徘徊と呼ばないで 本人たち発信、見直す自治体も

>>認知症の人が一人で外出したり、道に迷ったりすることを「徘徊(はいかい)」と呼んできた。
だが認知症の本人からその呼び方をやめてほしいという声があがり
自治体などで「徘徊」を使わない動きが広がっている。


やっと動きが出て来たようですね!!

会代表も高齢者の「徘徊」という言葉が嫌いです。

だいたい、介護施設内の歩行でも徘徊などと呼ばれるが、可笑しくないですか???


>>朝日新聞はともに考えていきます
朝日新聞は今後の記事で、認知症の人の行動を表す際に「徘徊(はいかい)」の言葉を原則として使わず、
「外出中に道に迷う」などと表現することにします。

さて、他のメディアも対応していくのでしょうか?

会代表としては、高齢者の「徘徊」という言葉以外にも

司法での「認知症患者」への「判断無能力者」という言葉に関しても無くしてほしいと考える。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/04/02 Mon. 21:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« そろそろ、裁判での被告らの証拠音声などの「反訳」に入っています。つくづく、介護施設、福祉行政や町長、警察等が腐っていることが 分かる証拠になるでしょう!!  |  <宇都宮地裁の判事人事>合議での「今井攻裁判長と日野周子判事補が異動」本人訴訟でありながら、原告である会代表にも分かるように、ご説明頂き感謝!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1110-b70393bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top