栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0413

「小林史英 支援相談員」老健「もてぎの森うごうだ城」介護殺人未遂事件で、緊急対応マニュアル違反の支援相談員、小林史英支援相談員被告松徳会「もてぎの森うごうだ城」を退職したら関係が無いなどと、介護事故当時の相談員が思っていないように・・・・。  

もてぎの森うごうだ城 支援相談員 小林史英 松徳会 国際医療福祉大学

もてぎの森うごうだ城 支援相談員 小林史英 松徳会7

準備書面3 澤田雄二弁護士 もてぎの森うごうだ城 損保ジャパン日本興亜1-1

もてぎの森うごうだ城 支援相談員 小林史英 松徳会5

もてぎの森うごうだ城 支援相談員 小林史英 松徳会 社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園

会代表のコメント

小林史英支援相談員

「もてぎの森うごうだ城」介護事件で、緊急対応マニュアル違反の支援相談員
介護事故時の担当支援相談員・・・・。


医師には看護師から緊急連絡の筈が、医療無資格者の
支援相談員が、何故か?医師に緊急連絡・・・・。
利用者を障害者にしておきながら、救急車も呼ばず(呆)

介護事故後は、■医療法人社団「松徳会」
■介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」■から

「松田 源一 理事長」の特養へ異動
■社会福祉法人「松徳会」介護グループの
●社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園へ・・・・。

さて、現在、訴訟で、被告松徳会の被告澤田雄二が必死になって、準備書面で否認しているのが

介護事故直後、原告である会代表が、「もてぎの森うごうだ城」の3階フロアーについて
母の被害を確認して、この「小林史英支援相談員」に何時、病院に連れて行くつもりなのかと尋ねた時の

小林史英支援相談員の回答が、「翌日になって病院に連れて行く・・・。」との話を聞いて驚き

介護家族から、直ぐに病院への緊急搬送を求めたが、救急車も呼ばずに、施設の車で搬送・・・・。

小林史英支援相談員は、片岡孝施設長からの「翌日になって病院に連れて行けば・・・。」と指示を受けたとの回答

この発言は、小林史英支援相談員の周りにいた、介護職員も聞いていた発言です。

今更、「翌日になって病院に連れて行く・・・。」と発言が、医療ミスに問われているので、

準備書面で、被告澤田雄二弁護士&被告松徳会が

「指摘が誤りである」と否認(呆れ)


じゃ、今は退職したらしいですが、当時の看護師の名前も分かったので

小林史英支援相談員ともども、お探ししましょうかね。

小林史英支援相談員、貴方が否定しないと、これから貴方が「嘘を付いている」ことになりますよ!!

被告澤田雄二の嘘なのか?被告松徳会の嘘なのか?

小林史英支援相談員が回答した発言ですので、責任を被告松徳会に擦り付けられないようにされた方が良いのかと・・・。


結局、緊急対応マニュアルで看護師が医師に連絡するのを

小林史英 支援相談員が、片岡孝施設長に連絡してしまった問題は

救急車を呼ばなかった、「緊急対応違反行為の問題」で、法廷で争点になって行きます。

介護事件で「故意・過失が無い」と被告松徳会が言い出していますが

小林史英 支援相談員、貴方が原告である介護家族に事故当日の事故説明をしたのですから

「故意・過失が無い」ということになるのか、当事者なのですから分かりますよね???

答弁書&準備書面(「松徳会・うごうだ城」「損保ジャパン日本興亜」 訴訟代理人「澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所)」)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はここまで

会代表のコメント

小林史英支援相談員

「もてぎの森うごうだ城」介護事件で、緊急対応マニュアル違反の支援相談員
介護事故時の担当支援相談員・・・・。


医師には看護師から緊急連絡の筈が、医療無資格者の
支援相談員が、何故か?医師に緊急連絡・・・・。
利用者を障害者にしておきながら、救急車も呼ばず(呆)

小林史英支援相談員は、被告松徳会を退職してからも、当会のブログを確認しているようで

被告松徳会の連中から、ブログにUPされた連絡が行ったのでしょうか・・・・・。

今頃、Facebookの変更を、加えても遅いですよ!!

まさか、被告松徳会を退職したら、障害者にされた、会代表の母の介護事件には

関係が無いなどと思っていないですよね?


人の母親は、障害者にしておいて、小林史英支援相談員は、

真岡市にマイホーム建ててお幸せに暮らしているようで(呆れ)

しかし、「国際医療福祉大学」では、介護事故時の緊急対応マニュアルは無視して良いと学んだのでしょうか?

被告木村勝則 本部長と同じ真岡市に住んでいるようですが・・・・。



小林史英支援相談員が、社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園へ異動してから

被告木村勝則 本部長が、幾度となく、

小林史英支援相談員が、会代表である介護家族の「悪口」を言っていると、

告げ口していたことはご存じなのかな???

被告木村勝則 本部長が、「自分では無く」小林史英支援相談員や他の介護職員が

会代表である介護被害者家族の「悪口」を言っている事にしているのか分かりませんが

耳にタコができるぐらい、被告木村勝則に聞かされましたよ(怒り)

だいたい、介護事故を起こしておいて、緊急対応の判断も出来ない被告松徳会の介護職員が

何を言っているのかと思いますが(呆れ)

取り合えず、被告松徳会「もてぎの森うごうだ城」を退職したら関係が無いなどと

介護事故当時の相談員が思っていないように・・・・。

「小林史英 支援相談員」老健「もてぎの森うごうだ城」介護殺人未遂事件で、緊急対応マニュアル違反の支援相談員、小林史英支援相談員被告松徳会「もてぎの森うごうだ城」を退職したら関係が無いなどと、介護事故当時の相談員が思っていないように・・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/04/13 Fri. 17:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)>宇都宮地裁判事「伊良原恵吾 判事」「南部潤一郎 判事」「平古場郁弥判事補」前任判事異動により総入れ替え、新任判事の中には「弁護士任官者」の判事も・・・・。  |  <日弁連に、高齢社会対策(高齢社会対策本部)?>「高齢者のための法律相談モデル事業」は尻つぼみ・・・・。47都道府県の弁護士会があって、わずか17弁護士会のみ(呆れ) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1115-26b8a1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top