FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0419

<もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)>宇都宮地裁判事「伊良原恵吾 判事」「南部潤一郎 判事」「平古場郁弥判事補」前任判事異動により総入れ替え、新任判事の中には「弁護士任官者」の判事も・・・・。  

宇都宮地裁 第二民事部 伊良原恵吾,南部潤一郎,平古場郁弥

宇都宮地裁 第二民事部 伊良原恵吾,南部潤一郎,平古場郁弥 1


会代表のコメント

宇都宮地裁 第二民事部合議係

伊良原恵吾 判事
南部潤一郎 判事
平古場郁弥 判事


昨年度までの、本件裁判官の異動により・・・・。

確認したところ、合議での3名の判事が総入れ替えのようです・・・・。


伊良原恵吾 裁判長

川西高2いじめ訴訟判決 自殺との関連認める
神戸新聞NEXT 3月30日(水)15時4分配信
『 2012年9月、兵庫県川西市の県立高校2年の男子生徒=当時(17)=が自宅で自殺したのはいじめが原因として、両親が当時の同級生や担任教諭、校長ら6人と県を相手に計約8860万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁であった。伊良原恵吾裁判長はいじめと自殺の関連を認めたが、自殺の予見は難しかったとした。賠償責任は生徒が受けた精神的苦痛にとどまるなどとして同級生3人と県に計210万円の支払いを命じた。』(掲載文より一部を抜粋)


南部潤一郎 判事

弁護士任官者
南部 潤一郎氏  55期・元旭川弁護士会所属

司法修習終了後、四ツ橋法律事務所に勤務(大阪弁護士会)。2006年から法テラスの常勤弁護士として、法テラス江差法律事務所にて勤務(函館弁護士会)。2009年から法テラス旭川法律事務所に異動。
〈初任地東京高裁〉

弁護士任官制度(べんごしにんかんせいど)とは、弁護士経験を積んだ者が裁判官になること。この場合における「任官」とは、裁判官に任命されることを指す。

日本における弁護士からの任官
現在の日本の裁判官は、職業裁判官として、司法試験合格後、司法研修所で司法修習を受けた後、直ちに「判事補」という身分で裁判官に任官し、そしてそのほとんどが10年後にそのまま「判事」になっている。その後も、転勤に伴い各地での判事としての経験を積むことにより、部総括判事、上級裁判所の判事へと昇格していくシステムとなっている。


平古場郁弥判事補   明治大学卒
 

さて、合議判事の判例、経歴を見ると・・・・・。

伊良原恵吾 裁判長は、渋い判決を出している方のようで

また、南部潤一郎裁判官は、弁護士任官者の判事・・・・・。

こりゃ厳しくなりそうな、「1審での介護事件となる予感」

ただ、原告の会代表は、最初から1審で終わるとは考えていませんので

長期戦で考えて行きましょう。


前任判事から、本件を引き継いだ判事も、訴訟内容を確認すれば、

原告は、本人訴訟で、栃木県弁護士会の元役員弁護士相手に、何だこれ???と思うかもしれませんね。

<もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)>宇都宮地裁判事「伊良原恵吾 判事」「南部潤一郎 判事」「平古場郁弥判事補」前任判事異動により総入れ替え、新任判事の中には「弁護士任官者」の判事も・・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/04/19 Thu. 04:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 日本の死刑制度・日弁連は死刑制度廃止を求める声明(呆れ)  |  「小林史英 支援相談員」老健「もてぎの森うごうだ城」介護殺人未遂事件で、緊急対応マニュアル違反の支援相談員、小林史英支援相談員被告松徳会「もてぎの森うごうだ城」を退職したら関係が無いなどと、介護事故当時の相談員が思っていないように・・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1116-be335338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top