FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0603

<被告日本弁護士連合会(被告日弁連 会長菊地裕太郎)を提訴「訴状一部公開(本人訴訟)」>「懲戒委員会の裁決の取消」及び「慰謝料請求訴訟」  

日本弁護士連合会 日弁連 澤田雄二 菊池裕太郎 中本和洋 増田嘉一郎(懲戒委員長 )2

日本弁護士連合会 日弁連 代表事項証明書

日弁連 菊地裕太郎 1
日弁連 会長 ・副会長 ・事務総長 ・事務次長

会代表のコメント

日本弁護士連合会(日弁連)を提訴「訴状一部公開(本人訴訟)」

「懲戒委員会の裁決の取消」及び「慰謝料請求訴訟」

5月30日に、宇都宮地裁へ提訴、翌々日には、担当書記官から電話連絡が入り

1回目の口頭弁論の日時調整

訴状の補正も、書面提出変更レベルの補正は無く、すんなり通りました(笑)

実は、流石に、被告日弁連を提訴との事で、裁判所も訴状を提出して貰えないと

訴訟提起可能かどうか、分からないとの回答だったのですが

会代表の方で調べたら、宇都宮地裁での訴訟提起、担当裁判所も東京地裁では無く

宇都宮地裁で行けそうな事が分かり、今回の被告日弁連への提訴となりました(笑)

問題としては、前任の日本弁護士連合会(日弁連)会長 中本和洋弁護士の時の

懲戒委員会の裁決に関しての明らかなる問題点・・・・・。

懲戒委員長 増田嘉一郎弁護士、及び懲戒委員他14名の判断の誤りに関して

裁決の取消訴訟になります。

「栃木県弁護士会・懲戒処分・日弁連懲戒取り消し事件」
澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所(損保ジャパン日本興亜 )
「新田裕子弁護士・海老原 輝弁護士・大内一宏弁護士」
「老健 もてぎの森 うごうだ城 介護事件」

まさか、日弁連も提訴に至るとは思っていなかったのではないかと(呆れ)

たぶん、訴状の副本は、来週の月曜日頃日弁連に到着かもしれません。

日弁連会長 菊地裕太郎弁護士とすれば、会長になった途端に日弁連が提訴され・・・・・。

被告弁護士が、誰になるのか、楽しみですね。

現在係争中の裁判(第二民事部)とは併合にならず、担当は第一民事部になりました。

たぶん併合にはならないかとは、思っていましたが・・・・・。

以前に、弁護士が日弁連を提訴した件はありましたが

日弁連が本人訴訟で、原告である懲戒請求者に提訴されたことはあるのでしょうか???

こちらも長期戦になりますので、じっくり「被告日弁連」相手に闘いたいと思います!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/06/03 Sun. 19:49 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <弁護士自治を考える会にて、記事に>"日弁連会長を提訴、戒告処分を取消したのは不当である、取消した裁決を取消せと提訴、宇都宮地裁  |  被告澤田雄二弁護士「高齢者虐待弁護士」(宇都宮中央法律事務所)が、処分取消記事のネット上位検索に必死?「弁護士自治を考える会での処分取消記事」弁護士事務所のHPに貼り付けて、弁明すれば(呆れ) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1135-64a89483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top