栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0605

95万円の車いすに予約殺到 背景にエンジニアの決意〈AERA〉  

SnapCrab_NoName_2015-6-5_18-41-51_No-00.png


人との出会いは時に化学反応を起こす。エンジニアの志が育んだ人脈が、ものづくりへとつながったケースを紹介する。

 車いすの概念を覆す、まったく新しい車いすを開発したい──。そう考えるようになったきっかけは、ある足の不自由な20代の若者との出会いだった。

 WHILLのCEO杉江理(33)が、健常者であればさして気にもとめない数センチの段差を、既存の電動車いすが克服できない事実を知ったのは5年前。杉江は日産自動車のデザイナー出身。当時杉江は、中国・南京で日本語学校の教師として働いた後、途上国でのボランティアを体験。自身の次なる活躍のステージを探していた。そんな矢先、車いすユーザーにとって「第2の足」であるはずの車いすは、当事者にとってポジティブにとらえにくいものであるという現実を知る。

「社会に存在する段差や傾斜といった物理的な要因とはまた別に、車いすに乗ることは、周囲から『病人みたいでカッコ悪い』と思われてしまうのではないかという恐怖心がある。そんな当事者たちのイメージを払拭するような、スタイリッシュで、機能的な、これまでにない車いすを開発しようと決心したのです」

 この時、技術者魂に火がついた。この思いを実現するために杉江が頼った人脈こそ、創業メンバーである福岡宗明(32)と内藤淳平(31)だった。

 福岡と内藤は名古屋大学大学院工学研究科の同期生。内藤はソニーで車載カメラの開発に従事し、福岡はオリンパスで医療機器の研究開発に携わる、共にエンジニアだった。当時、2人は同窓の仲間とアパートの一室を借り、会社の垣根を越えて同世代のエンジニアが集うサークルを主宰していた。杉江も、そのサークルのメンバーの一人だった。

 意気投合した3人は、それぞれの会社に勤める傍ら、プライベートな時間を見つけては開発に没頭するようになる。

 転機となったのはその1年後。2011年に開催された東京モーターショーだった。コンセプトは、「健常者にも乗ってみたいと思わせるカッコよくてクールな車いす」。試作品を展示したところ国内外から予想以上の反響があった。
 
 12年5月。3人は勤めていた会社を辞め起業。ハードウェアを開発するベンチャーの成功は困難という業界の常識をよそに、次世代パーソナル・モビリティーの開発・販売を行う現在の会社を設立した。翌年には市場規模が大きい米国に本社機能を移転。杉江は本社のあるシリコンバレーと日本を往復する生活を続けている。

 同年、杉江のもとに心強いメンバーが合流する。大手自動車メーカーでエンジニアとして働いていた坂東一夫(67)だ。坂東は、前職の会社の新規事業で工業用ロボットや電動車いすの開発に携わっていた。

 坂東はロボット工学で使用されるオムニホイールを採用することで坂道を自由に上り下りできる機能性を実現した。

 こうして14年9月、米国で1100万ドルの資金調達にも成功したWHILLは、満を持してその製品第1号となる「WHILL Model A」を発売。1台95万円(当時)。先行予約の50台はたちまち売約済みとなり生産を委託していた台湾のメーカーでは、すぐに増産に追われた。

(文中敬称略)

※AERA 2015年6月1日号より抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

先日もソニーの犬型ロボット「AIBO(アイボ)」のアフター終了で悲しんでいるご老人がいる記事を見て切ない気分になったものですが反面、日本のモノづくりのの底力を期待しているところに、[95万円の車いすに予約殺到]のニュース!!介護ロボットが軌道に乗るまではまだまだのようですが、今後もエンジニアの底力に期待したいものである。

95万の車椅子と聞いて、単に高価と考える方は介護の事を何も知らない方なのかと思います、ただこれだけの高価な車椅子となれば購入者は絞られますが、いつかBMWやランボルギーニの自転車があるように、富裕層のご老人が車椅子自慢するようになればもっと介護にも目が向けられるかも知れません。

ただ、高価な車椅子の反面、年金生活者でも利用購入できる量産タイプの車椅子にも目が向けられればもっと安く価格帯は下げられるように考えます。

介護用品は、とにかく介護の何々と名前が付くだけで金額が高い商品が多いのも現実です。

どんな金持ちの者も、生きていれば介護が必要です、お金があって数千万円の保証金の有料老人ホームに入れば、貧困層が介護施設をたらい回しにされ入所するような介護施設とは違うなどと考えていたら大間違いです。

今後、介護に関わる介護用品へのエンジニアの底力に期待します!!

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/06/05 Fri. 19:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 95万円の車椅子、WHILL(株)介護保険適用も視野?  |  損保ジャパン日本興亜ホールディングス、社員向け介護支援策を拡充 ~仕事と介護の両立サポート~ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/116-16bd25b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top