FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0824

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「結審・移送ありきの河本晶子裁判長・他合議裁判体・高裁移送に関し、本人訴訟の原告に、不服申立に関しての説明責任を果たさず、移送ありき」「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」  

トンデモ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」g


会代表のコメント

昨日、東京高裁の担当書記官から連絡があり、高裁移送分、地裁損害賠償請求事件の問題で

どのようにするか、話し合い・・・・・。

というのも1審の結審ありきの審議の問題点、今後2事件分の証拠をまとめて作成しなくてはならなくなり

1審の次回期日だけは「次回結審」と河本晶子裁判長に決められてしまっているので・・・・。

まず、高裁の担当書記官に、本件1審で合議裁判体が行った結審ありきの問題点を、高裁の裁判体に上げて頂くようにお願いしました。

また、現在ある手続きの回答を、1審裁判体から待っているのですが、明らかに遅らせて嫌がらせの可能性も出て来ており

高裁の移送分と、1審損害賠償請求事件の併合を、高裁ですることは可能か?

もしくは、高裁移送の「差し戻し」は可能か?など書記官と打ち合わせたのですが・・・・。

1審損害賠償請求事件の判決後、控訴、控訴審で併合だと、来年に控訴審になってしまうので難しい。

通常、2審即日結審になるパターンを、複数回に分けて、1審損害賠償請求事件の判決後、控訴&併合にて

事件をまとめるか・・・・・・。

もしくは、そもそも裁決取り消し訴訟の「高裁への移送」に問題点は無かったのか?

弁護士法では、懲戒請求者は高裁への提訴が出来ないことになっているので、

本件提訴自体、被告日弁連訴訟代理人からは、答弁書で、「提訴が不適当」と主張している通り

民事での行政訴訟&損害賠償請求事件として、1審に提訴した内容で、審議すればややこしい事にはならないのでは無いか・・・・・。

結局、合議裁判体が、被告日弁連の答弁書での判例で、過去に原告からの提訴は無い事を言っていながら

だから、原告は法務省に確認して、民事提訴しているのに、何か都合が悪いのか、裁判体が移送・・・・・。

そこで、高裁の書記官から、移送に当たり、原告が移送を認めたことになっているので、

「移送の差し戻し」は出来ないとのこと・・・・。

そこで、高裁書記官から言われたのが、原告は移送に関して「不服申立て」をしていないと言われて

原告としては「はあ!?」


あの原告は、移送するに当たり

わざわざ合議裁判体が「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」、合議の時間を取り

法廷に戻って来た時に裁判長からは・・・・。

「合議で、高裁に移送することが、決まりました、原告及び被告はそれで宜しいですか?」と聞かれ

原告としては合議裁判体で決まりましたと言われたので「はい」と答えただけであり

その際、移送に関して「後日、2週間以内に不服申立て」が、出来るなどという説明は、

裁判体からも、書記官からも受けていない。



これは移送ありきの裁判体の「不服申立等の説明責任」が、果たされていないのでは?と質問したら

高裁書記官も困り気味・・・・・。

後は、高裁の裁判体に確認するしか、手立てが無いので、9月まで保留・・・・・。


高裁との電話を切り、直ぐに地裁に連絡。

高裁との話をすべて話して、高裁も今回の件は、困っているので

1審ですべきことはきちんと対応して頂けるように、要望・・・・。

そこで、今回、結審ありきの河本晶子裁判長ですが、なぜ移送に関しての「不服申立等の説明責任」が原告にされていないのか?

と尋ねても、8月から代わった書記官では回答出来ず・・・・・。

前任の書記官は、どこに異動したのか尋ねても回答を拒否(呆れ)

裁判所は、本人訴訟を認めている訳で、本人訴訟の原告等にも分かるように手続きを説明するべきではないのか?

それとも、裁判所は、本人訴訟は認めているが、移送の不服申立ての手続きぐらい「国民」が勉強して来いという

またまた、移送ありきでの、手続きの説明責任を果たさなかった、合議裁判体がいるという事なのか????


書記官、困り気味に、そんなことは・・・・・・・。

取り合えず、高裁から地裁に連絡が入るかもしれないので、対応をお願いします。

まさか、被告が「日本弁護士連合会」だからと、結審&移送ありきの問題対応をしている訳じゃないですよねと

お伝えしておきました・・・。


たぶん、9月以降にならないと、裁判所からの回答は来ないのかと・・・・。

その間に、証拠整理・・・・。

ところで、今回、「傍聴人の方がいらっしゃった事」が、助かっており、

裁判体も、今更裁判体の問題発言は、発言していないとは、誤魔化せず・・・・。

どうせ、司法が裁判の公開を主張しているなら、録画録音ぐらい可能にしておけば、

裁判体の問題発言も無くなるのではないのかと。

<被告日弁連 懲戒取り消し事件・「結審・移送ありきの河本晶子裁判長・他合議裁判体・高裁移送に関し、本人訴訟の原告に、不服申立に関しての説明責任を果たさず、移送ありき」「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/08/24 Fri. 07:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <栃木県訴訟代理人「平野浩視弁護士」からの第4準備書面・高齢対策課問題)>(平野浩視法律事務所)被告栃木県(福田富一知事)県訴訟代理人 栃木県弁護士協同組合(理事長)栃木県社会福祉協議会(評議委員)栃木県選挙管理委員会委員 宇都宮中央警察署協議会協議委員 老健「もてぎの森うごうだ城」介護事件  |  栃木県教育委員会・精神疾患で休職の教員も「障害者」…雇用水増し・「宇田貞夫教育長」 「工藤敬子委員 陣内雄次委員 岡直樹委員 吉澤慎太郎委員 鈴木純美子委員」1日当たり10万円から20万円の委員報酬・・・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1174-4434ebe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top