FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0913

<次回、口頭弁論までに人証申請及び陳述書の提出>損害賠償請求事件(介護事件)「医療法人社団 松徳会/もてぎの森うごうだ城」「損保ジャパン日本興亜 澤田雄二弁護士始め弁護士4被告」「行政3被告」  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前記事はここまで

会代表のコメント

平成30年9月12日口頭弁論 午後16:15時 301号法廷(新任裁判体)

平成30年6月6日口頭弁論 午後16:15時 301号法廷(新任裁判体)

平成30年3月14日口頭弁論 午後16:15時 301号法廷

平成29年12月13日口頭弁論 午後16:00時 301号法廷

平成29年9月6日口頭弁論 午後16:00時 301号法廷

平成29年7月5日口頭弁論

平成29年3月22日口頭弁論

平成29年1月11日口頭弁論

平成28年11月9日は加害者側「松徳会」・損保ジャパン日本興亜側からの債務不存在確認訴訟の口頭弁論


被告栃木県 福田富一知事の代理人弁護士 
●平野浩視弁護士 (平野浩視法律事務所)

被告市貝町 入野正明町長の代理人弁護士は 
●蓬田勝美弁護士(蓬田勝美法律事務所)

被告茂木町 古口達也町長の代理人弁護士は 
●横堀太郎弁護士 (横堀法律事務所)

被告医療法人社団「松徳会」&損保ジャパン日本興亜&宇都宮中央法律事務所他3名被告弁護士
●澤田雄二懲戒処分弁護士 (宇都宮中央法律事務所)
法廷には澤田雄二懲戒処分弁護士のみ・・・・。

●新田裕子ちゃん(弁護士)&海老原輝弁護士&大内一宏弁護士はどうした!?


<第九回法廷日 >平成30年9月12日口頭弁論 午後16:15分 301号法廷>損害賠償請求事件(介護事件)「医療法人社団 松徳会/もてぎの森うごうだ城」「損保ジャパン日本興亜 澤田雄二弁護士始め弁護士4被告」「行政3被告」

今回の法廷は、前回新任の3名の裁判体からの求釈明書による準備書面の提出により

どのように新任裁判体が進めていくのか?まだ、分かりかねるところなのですが・・・・・。

被告らの裁判体からの求釈明書による準備書面を見ると、変わりなく全否認ですので

原告である会代表は粛々と、証拠の提出・・・・・。


昨日の口頭弁論は、原告と被告の証拠提出分の陳述確認で、ほぼ終了・・・・・。

裁判長も被告&証拠が多いので読み上げるのも大変なようで・・・・。

裁判長からは、次回までに人証及び陳述書の提出が求められ

原告としては、次回口頭弁論までに、5件分の陳述書を提出しなければならず

また提出日まで、大忙し・・・・。

陳述書とは、何ぞや?と思いながら、書記官に尋ねたら、

訴状や準備書面での「主張」と、内容的には被るのですが、時系列での出来事の纏めをした陳述書が「証拠」となるそうで

違いは「主張」と「証拠」の違いだそうで・・・・。

時系列での出来事は、訴状や準備書面での主張で、分かるのでは?と思うのですが・・・・。

裁判では、証拠となる陳述が、必要だそうです。

《人証申請》
 準備書面や証拠書類が大方出尽くし、主張整理の段階が終了するめどが立つと、裁判所から人証申請(にんしょうしんせい)の準備をするようにいわれます。
 人証申請は、証人や当事者本人の住所、氏名、呼び出しが必要か同行(どうこう)できる(当事者がその証人を裁判所に連れてこれる)か、尋問予定時間、尋問事項を書いた人証申請書を提出して行います。

次に、人証申請とは、証人を立てるかどうかという事らしく、原告ように本人訴訟だと

当事者である原告を人証申請できるとかで、質問などの尋問事項を提出すれば、裁判長が代わりに質問をしてくれるそうですが

イマイチ、原告である本人の人証申請のメリットがはっきりしない・・・・・。

他人の証人がいての人証申請なら分かりますが、被告らの人証申請も次回までには、はっきりするのかと・・・・。

被告松徳会が、被告新田裕子弁護士や被告木村勝則本部長&被告片岡孝施設長を証人に、立てて来たら

原告からの反対尋問の嵐にして上げるのですが(笑)

どうぞ被告側の証人をお待ちしております!!


準備書面や証拠書類が大方出尽くし、主張整理の段階が終了するめどが立つと、裁判所から人証申請とのことのようですが

まだ、原告からの証拠は提出しつくしておりませんので、粛々と提出・・・・。

まだ、新任裁判体の考える裁判の流れが、イマイチ、分かりづらく・・・・。

どこまで、今まで提出済みの準備書面や証拠を確認しているのかと疑問符・・・・・。

取り合えず、陳述書は、事件の流れ問題点を、裁判体にイメージさせることが

出来ればOKとの事のようですので、頑張って作成・・・・。

被告日弁連との訴訟と被って来るので、年末までは大忙しになりそうです(笑)

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/09/13 Thu. 21:47 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <東京高裁・第一回法廷日・被告日弁連 懲戒取り消し事件>平成30年10月18日口頭弁論 午前11:00 424号法廷>裁決取消請求事件・被告日本弁護士連合会訴訟代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」「対象弁護士・澤田雄二」  |  <被告日弁連の答弁書内容をコピペする・コピペ裁判官>「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」「憲法違反確定」被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告日弁連 懲戒取り消し事件 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1182-e71dfa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top