FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0930

<被告日弁連 懲戒取り消し事件>9月28日宇都宮地裁と東京高裁(移送分)にダブルで証拠をまとめて提出、被告日弁連には直送済み。  

会代表のコメント

9月28日が、被告日弁連との証拠の提出日で、宇都宮地裁分と東京高裁分のダブルで

証拠をまとめて提出、被告日弁連には、直送で送りました・・・・。

まず、原告準備書面と纏めた証拠になります。

27日に全て、配送にて送付、宇都宮地裁には直接持っていこうかと思っていたのですが

数週間前から、昨年手術した後遺症の痛みで、きついので送付・・・・。

宇都宮地裁には、28日に書記官に電話だけ入れておきました

届いているとの事で、被告日弁連には直送しておきましたと伝えると

安齋書記官、えっ、これ(証拠)裁判所の分だけですか?

はいそうですが・・・・。

本人訴訟だと思って、証拠纏なんて出来ない原告だと思っていたのか

証拠だけで、30点以上の証拠資料を、裁判所に提出させて頂きました(笑)



安齋書記官に、証拠について、裁判体にきちんと目を通して頂けるようにお伝えくださいと伝言・・・・。

「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」

どうせ、既に結審ありき、棄却ありきの合議裁判体なのは・・・・。

安齋浩男書記官に、原告から、これ判決のような内容になっていませんか?

安齋浩男書記官、決定書です・・・・。

原告、そうですか、これ「憲法違反では?」

すると、安齋浩男書記官が顔色を変え気味に「違います・・・・。」

原告、そうですか、では「忌避の申立」をさせて頂きますね!!

忌避(きひ)とは、
日本の法律においては、除斥事由には該当しないが、手続の公正さを失わせるおそれのある者を、申立てに基づいてその手続に関する職務執行から排除することを指す。


前記事での「決定書」での内容で、分かっているので当てにはしておりません。

28日に、忌避申立書も提出しようかと考えたのですが、

忌避したのでは、今回地裁に提出した証拠に、現在の裁判体が目を通さなくても良いことになるのではと思って

忌避申立は、後日・・・・・。

今回提出の証拠を見ても、合議裁判体が無視して、対応するかどうか・・・・。

きっちり、原告準備書面の内容に、今回の地裁の河本晶子判事らが原告に行った言動は

書き込ませて頂きました、高裁に上がって高裁の判事にも、地裁判事が何を行ったのか分かるでしょう!!

証拠到着の28日の当会ブログアクセス数が、いつもの数倍(笑)

被告が見ているのか?裁判所関係者が見ているのか?

地裁が10月11日ですが、結審にはさせず、

法廷での被告、合議裁判体の出方を見たいと思います。

被告日弁連と宇都宮地裁の判事が、「中立・公正」な審議判断が出来ないようですので

憲法により、問題点を主張させて頂きます。


また、どうせ被告日弁連の訴訟代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」は

「答弁書以外の事は話せましぇ~ん」でしょうから(呆れ)

<被告日弁連 懲戒取り消し事件>9月28日宇都宮地裁と東京高裁(移送分)にダブルで証拠をまとめて提出、被告日弁連には直送済み。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/09/30 Sun. 00:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <地裁提出済み反訳書>被告損害保険ジャパン日本興亜 安田峻介副長 「介護問題に強い弁護士を紹介」 澤田雄二弁護士、新田裕子弁護士、海老原輝弁護士「当社(損保ジャパン日本興亜)も弁護士を立てて、応訴しましょう」  |  【DHC 虎ノ門ニュース】日弁連の本当の話・北村晴男×ケント・ギルバート »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1188-04e717b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top