FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1020

<地裁提出済み反訳書>被告栃木県 重田恭一班長が、調停の際「三権分立を無視」し、調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」  

栃木県 福田富一知事 重田恭一 束原正記


■動画↑↑↑

会代表のコメント

民事調停 相手方代理人 被告栃木県(福田富一知事) 重田恭一(高齢対策課)

被告栃木県が、調停の際、「三権分立を無視」し調停員に忖度を求める為に名刺を切った相手が「介護関係者」


調停委員に忖度を求める為に名刺を切った相手が「介護関係者」
民事調停委員 束原正記
社会福祉法人敬愛会(理事)特別養護老人ホーム 敬愛荘

被告松徳会のある芳賀郡茂木町の隣の市町村
那須烏山市の社会福祉法人 敬愛会(理事)「束原正記」

被告栃木県 重田恭一(高齢対策課)は、裁判所で調停委員に名刺を切った問題が、問題なのか分からないようで

更に、名刺を求めれたのかも覚えていない(呆れ)

それも、民事調停員は、社会福祉法人敬愛会 特別養護老人ホーム 敬愛荘の理事。

まあ、宇都宮簡易裁判所も良くも、こんな調停委員を選んだもので(呆れ)

被告栃木県 重田恭一班長が、調停の際「三権分立を無視」し、調停員に忖度を求める為に 名刺を切った相手が「介護関係者」(リンク)
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2018/10/20 Sat. 15:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <宇都宮地裁・安齋浩男書記官、原告に「嘘」>「しらを切り」忌避妨害行為「続き」トンデモコピペ裁判官「河本晶子判事」「茂木典子判事」「柿部泰宏判事補」には、トンデモ書記官「安齋浩男書記官」被告日弁連懲戒取り消し事件  |  <被告日弁連 懲戒取り消し事件・被告日弁連準備書面(1)東京高裁移送分>被告代理人「中村美智子弁護士」「鈴木敦悠弁護士」被告代理人「却下されるべき」!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1195-35e5d073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top