栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0615

「弁護士ドットコム」さんへ「栃木県介護被害者会」から「介護検索」に関して「ご提案&回答」  

SnapCrab_NoName_2015-6-15_18-46-43_No-00.png


弁護士ドットコム

「弁護士ドットコム」の代表取締役社長 兼 CEO「元栄太一郎氏(39)」を自民千葉県連、来夏参院選に擁立?

6月14日に上記の「弁護士ドットコム」さんの記事をブログに上げさせて頂きました。

そこで、栃木県介護被害者会のブログだけを見て頂いている方に「あ~なれば」「こ~なれば」などと「たられば」の話をしていたのでは、高齢者、介護問題を発信している当ブログとしては、「死を目の前にしている」介護利用者や介護家族の相談なども受けたり発信も行っておりますので、まずは「できる事からコツコツ」と・・・・。

という事で、早速、「弁護士ドットコム」さんへ「栃木県介護被害者会」から「介護検索」に関して「ご提案」させて頂きました。

提案内容はこちら

■ お問い合わせ内容: サイトご利用上のご意見/ご要望
始めまして、栃木県介護被害者会の代表の者です、介護事故にかかわる弁護士の問題などブログなどで発信しております。
「弁護士ドットコム」の代表取締役社長 兼 CEO「元栄太一郎氏(39)」を自民千葉県連、来夏参院選に擁立という事で栃木県介護被害者会で記事にさせて頂いたのですが、会代表も現実介護被害者家族で有り、現在加害者側の栃木県弁護士会元副会長を懲戒請求手続きしており、ブログにも対象弁護士の弁明書を公開させて頂き、他の弁護士の方々も興味を持って拝見していただいている状況になっております、そこで以前から御サイトで気になっていた介護事故などの取り扱い検索などについてご提案差し上げたく思っております。
既に、ブログの方に弁護士ドットコムでの介護事故の検索状況改善点などについて記事にしておりますので拝見していただいたら幸いです。
http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

御サイトの画像も添付しながら記事にして有りますので、ご確認いただけたらと思います。

御サイトでの介護事故での検察件数は多いのですが検索項目を見ると介護事故の場合、どの項目で検索していいのか分からない状況でして、御サイトだけでは無く、介護事故案件に対しての弁護士業界の取り扱いについてユーザー側からは相談しづらい状況になっているのが現実です。もし高齢者の介護事故などでの御サイトでの検索にて、「介護事故などの検索項目」があれば「交通事故なのか、消費者被害なのか、医療項目なのか」と迷わずに御サイトを利用できるかと思います。今後の御高齢者や介護案件の問題の為に、ご検討の程宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日、早朝に弁護士ドットコムさんへメール差し上げて、午後一番には回答して下さいました。
弁護士会の対応とは全く違うようで何より・・・。


■回答■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

弁護士ドットコムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
また、この度は貴重なご意見をお寄せくださり、心より御礼申し上げます。

この度頂戴したご意見は早速社内で共有し、今後のサービス改善の参考にさせていただきたく存じます。

まだまだ至らぬ点もございますが、皆様のお声を真摯に受け止め、運営の改善に努めてまいる所存でございます。
このほかにもお気付きの点がございましたら、今後もぜひ忌憚のないご意見をいただけますと幸いに存じます。

今後とも弁護士ドットコムを何卒よろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------
■運営会社■
会社名: 弁護士ドットコム株式会社
所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木2-4-5 興和六本木ビル
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




さて、後は「弁護士ドットコム」さんからの回答が単なる質問提案への「定型文」の回答返信ではない事を期待して今後は推移を見守りたいと思います。

また、このような動きは弁護士サイトなどへの提案だけでは無く、今後は「懲戒請求の結果や、介護訴訟の問題が形になり足跡を残せた時」には弁護士会及び日弁連への動きとして検討しております。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/06/15 Mon. 19:27 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 介護事件事故の加害者側老健、その後はのうのうと特養2件、小規模多機能など設立経営・・・。  |  栃木県公安委員会の件にて、警察庁管轄の国家公安委員会へ問い合わせ。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/127-cab75d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top