FC2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0618

介護保険法違反「警告書(2回)&催告書&嘘のご連絡」1審不当判決・日弁連擁護・被告澤田雄二弁護士・被告新田裕子弁護士・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)  

会代表のコメント

介護保険法違反「警告書(2回)&催告書&嘘のご連絡」1審不当判決・日弁連擁護・被告澤田雄二弁護士・被告新田裕子弁護士・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)

介護保険法違反「警告書(1回目)」被告新田裕子弁護士起案・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告澤田雄二弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)

介護保険法違反の「警告書(2回目)」被告新田裕子弁護士起案・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告澤田雄二弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)

介護保険法違反「催告書&嘘のご連絡」被告澤田雄二弁護士・被告新田裕子弁護士・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)


ヒラメ裁判官「伊良原恵吾 判事」「南部潤一郎 判事・弁護士任官者」「平古場郁弥判事補」 宇都宮地裁1審判決・要約①被告澤田雄二弁護士の「頭の悪そうな人ですね」発言は、会話が紛糾する中での発言であり、社会通念上許容される限度を逸脱する侮辱行為ではない「もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会)」


一連の介護保険法違反の「警告書(2回)&催告書&嘘のご連絡」の記事内容を、ご覧いただいて

興味を持ってご覧いただいている方々は、どのようにお感じになられたでしょうか?

当会ブログは、司法関係者から介護関係者まで、幅広くご覧いただいている記事です。

もし、ご覧いただいている方の親御さんが、容疑者も判明していない、介護事故を起こされ

障害者にされた挙句・・・・。

事故直後は、100%非を認めておいて、今後施設利用料は示談にして頂けるなら

「慰謝料から相殺させてください」と被告松徳会の被告木村勝則本部長から求めておいて

示談決裂・訴訟になったら、「慰謝料から相殺させてください」と

被告松徳会の被告木村勝則本部長は、言っていないと言い出す始末・・・・。

福祉行政に通報していたにもかかわらず、公文書も残さず隠蔽&見て見ぬ振り。

「警告書(2回)&催告書&嘘のご連絡」を確認して、栃木県弁護士会は

被告澤田雄二弁護士を懲戒処分、

被告新田裕子弁護士は、綱紀委員会で審査相当まで進み問題も明らかになっていながら

似非人権団体の日弁連が、弁護士擁護で懲戒処分取り消し・・・・。

介護家族は、自分で施設を退所などと呆れた判断。

こんな介護契約違反の脅しの「警告書(2回)」が無ければ、施設も決まっていないで

施設サービスから居宅サービスの介護サービスなどを利用し、在宅介護などしませんがね

退所後には、追い込みの「催告書」・・・・・。

介護被害者家族には、被告澤田雄二弁護士が「頭の悪そうな人です」と人権侵害・侮辱発言

被告木村勝則本部長は、「裁判になったら出て行って貰う、これが脅迫と取られてもいい」と脅し

訴訟になったら言っていません、脅かしていません

介護事故を起こしたことは、180度翻し「故意過失」がありませんとは

凄い、老健「もてぎの森うごうだ城」ですね(呆れ)



更に、宇都宮地裁での、トンデモ裁判官らによる1審不当判決

日弁連の議決擁護、被告弁護士ら&被告行政擁護の不当判決・・・。

これが、ザ「栃木県」!!


現在、控訴理由書を作成し始めていますが、まあ1審の原判決の内容が

読み込むほどに酷すぎる・・・・。

判決文を読むごとに、血圧が上がりそうです・・・・・。

1審の原判決の問題点は、ある程度確認しておりますので

如何に、控訴理由書で、内容問題点を纏められるかにかかっているのかと思います。

1審・原判決に関しては、司法&マスコミ関係者も含め、目を通して頂いています

皆さん、呆れています。

大体、今後施設利用料は示談にして頂けるなら

「慰謝料から相殺させてください」と被告松徳会の被告木村勝則本部長から求めておいて

示談に応じなければ、保証人でも無い

身元引受人の介護家族に、本書受領後10日以内に244万ほどを支払え、

「遅延損害金及び訴訟費用等の請求も併せて法的手続き」と成年後見人でもない会代表に脅し。


「万一、一括でのお支払いが・・・。」ここで契約も理解していない被告弁護士らの言いなりで

一部でも会代表が、支払ってしまったら、支払いを認める事にもなり、保証人扱い

慰謝料も支払わず、身元引受人を、保証人に仕立て上げ

脅し続ければ、慰謝料&損害賠償金も支払わなくて済むとでも考えていたのでしょう(怒り)

4月11日付けの被告代理人からのご連絡を見てください!!

訴訟になった事を理由に、サービス利用契約を解除することはありませんと

被告新田裕子弁護士らの「嘘」


まあ、たちが悪いというか、これが損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士のやり口

損保ジャパン日本興亜顧問弁護士
被告澤田雄二弁護士・被告新田裕子弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士
(宇都宮中央法律事務所)

被告松徳会・老健 もてぎの森うごうだ城介護事件

今後も、問題点を公開して行きますので、ご覧いただければ幸いです!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2019/06/18 Tue. 09:47 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 被告栃木県高齢対策課「冨士山哲人」「上野雅仁」高齢障害者虐待・福田富一知事・「介護施設側の介護家族への『脅し侮辱発言』は県は指導しない」と驚き発言・もてぎの森うごうだ城介護事件  |  介護保険法違反「催告書&嘘のご連絡」被告澤田雄二弁護士・被告新田裕子弁護士・損保ジャパン日本興亜顧問弁護士・被告海老原輝弁護士・被告大内一宏弁護士(宇都宮中央法律事務所)もてぎの森うごうだ城介護事件(被告松徳会) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1290-c11eefa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top