栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0628

ネット署名サイトについて  

署名サイト


●Change.org

●ACTIONなう!

ネット署名サイトについて

有名なサイトでは上記サイトなのですが、勿論、会代表も既に以前から想定はしており、確認済みです。

ただ介護案件、介護虐待、介護事件事故などとなると、賛否が分かれるのは予想が付くのと、余程の証拠物件を署名案件にしないと署名の議題にならないのかと考えておりました。

●傷害致死事件の一刻も早い被疑者逮捕に関する署名

こちらは石郷岡病院の暴行事件の署名案件ですが、順調に伸びているようです。
コメントを見ると数年前から暴行の動画は公開されていたようですが、今回の報道で改めてと言う方もいるようです。

あれだけの暴行の動画でも、拡散できていなかったのは、なぜなのかなどと考えてしまいますが、今回の報道で署名が集まり、裁判及び和解交渉などに有利に運ぶ事を願う。

会代表は、既にありとあらゆる、告発及び情報公開の想定をしております。
現実に、一般的な法律相談などで、弁護士に尋ねたらそんなことはせず、弁護士さんにお任せしなさいと言われるような事でも、今まで公開告発して来ております。

本番は、介護事件事故の被害者である障害者にされた母の、介護事件事故直後の被害画像及び、介護施設名、介護施設関係者名、加害者側「損保及び弁護士名」など、行政・警察の隠蔽行為なども全て告発公開させて頂きます。

それにはさっさと栃木県弁護士会が、加害者側弁護士の懲戒請求案件の、懲戒処分の判断をしてくれれば良いのですが、以前回答無し、さらに市貝町福祉課に至っては、行政関係者の言動についての確認の為の解答がなんと弁護士会の回答と同じぐらい先延ばしされている状況でどれだけ隠蔽体質なのかと・・・。


介護事故・介護虐待の相談案件も当会でも増えていますが、被害者側がどうしても、加害者側の介護施設名や介護職員名の公開となると二の足を踏む状況でしてまだまだ「考えも覚悟も決まっていない状況」での相談が多いように感じます。

今後も、ネット署名サイトの活用も考えつつ段取りを考えて行きます。


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/06/28 Sun. 04:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 「天下り国家公務員」と「社会福祉介護関係法人及び団体」 共生状況リスト  |  介護村関係者の介護被害者家族への「問題発言集」「損害賠償金は頑張った自身のご褒美ですか?」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/143-8429bfb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top