fc2ブログ

栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0325

何を、言ってんだ日弁連?列車内の「防犯カメラ」設置を義務化することに反対する会長声明 荒中会長 「防犯カメラ」の設置で犯罪を予防することはできない。  

会代表のコメント

何を、言ってんだ日弁連?列車内の「防犯カメラ」設置を義務化することに反対する会長声明 荒中会長 「防犯カメラ」の設置で犯罪を予防することはできない。

列車内の「防犯カメラ」設置を義務化することに反対する会長声明

上記全文リンク、日本弁護士連合会 会長 荒中の会長声明

>>国土交通省は、2021年12月、京王線車内で同年10月に起こった刺傷放火事件の再発防止策として、鉄道会社が新たに導入する車両に「防犯カメラ」を設置するよう義務付けることを前提として、設置すべき「防犯カメラ」の技術基準などを話し合う有識者会議を開催した。

>>しかしながら、罪のない不特定多数の市民に対する肖像権侵害が避けられないことから、「防犯カメラ」の設置については、少なくとも、その場所における犯罪等の発生の相当程度の蓋然性のほか、設置により予防効果が具体的に期待できること(防犯の有効性)が必要である。しかるに、危険物の持ち込みを防ぐ効果は、飛行機への搭乗時と同様の手荷物検査といった手段でなければ期待できない。また、京王線刺傷放火事件など、自暴自棄となって周囲を巻き添えにする自殺目的である場合や、逮捕されたり処罰されたりすることを恐れない者に対しては、「防犯カメラ」の設置で犯罪を予防することはできない。

>>国土交通省自身も防犯効果には言及しておらず、困難と理解しているのかもしれないが、そうであるとすれば、設置の必要性には乏しい。仮に車内犯罪発生時における被害拡大防止を目的とするのであれば、警備員の配備その他の手段の方が人権侵害の程度が低い上に有効性が期待できるのであり、やはり「防犯カメラ」の必要性は乏しい。

>>そもそも、犯罪防止には、格差社会の是正や、孤立対策などが求められるのであり、単に監視社会のインフラが拡大するだけとなりかねない「防犯カメラ」の義務化には問題がある。(抜粋)

この会長声明ですが、何を言いたいのかな?

公共交通機関での防犯カメラの設置についてですが・・・・。

日弁連の会長は、今やスマフォの携帯やSNSで、全国民がカメラマン&発信者ということを理解していないのだろうか?

●「防犯カメラ」の設置については、罪のない不特定多数の市民に対する肖像権侵害が避けられない

この肖像権侵害の問題は、事件や事故などの時に限る、公開基準の問題であり
今や繁華街やコンビニ、ドライブレコーダーなど、カメラ撮影などは既に周知されているものかと思われる。


●自暴自棄となって周囲を巻き添えにする自殺目的である場合や、逮捕されたり処罰されたりすることを恐れない者に対しては、「防犯カメラ」の設置で犯罪を予防することはできない。

防犯カメラは予防だけの目的だと日弁連は思っているのか?
カメラは犯罪の抑止だけではなく、事故事件の早期解決の為になっており
最近の事故事件では、撮影記録が残っているかで、事件解決や報道に繋がっている。


●車内犯罪発生時における被害拡大防止を目的とするのであれば、警備員の配備その他の手段の方が人権侵害の程度が低い上に有効性が期待できるのであり、やはり「防犯カメラ」の必要性は乏しい。

カメラ設置による、事故事件の早期解決は、日弁連では被害拡大の防止になっていないようだが
犯人の特定、裁判の証拠にもなるものが被害拡大の防止にならないはずがなかろうに・・・。


●「防犯カメラ」の設置・運用に対しては、市民のプライバシー権を守るために、適切な法律を制定してそのルールに従うという

日弁連は、今や繁華街やコンビニ、ドライブレコーダーなど、カメラ撮影などは既に周知されておらず
市民のプライバシー権が守れないという事を言いたいようだが・・・。
肖像権侵害の問題同様に、事件や事故などの時に限る、公開基準の問題であると思われる。


まあ、日弁連や弁護士会は、弁護士が何億円も横領しても、パンツを覗きしても
弁護士の顔写真すら公開しない団体ですのでこんな声明を出しているのか・・・・。

この防犯カメラの問題は、公共交通機関の問題だけでは無く

当会が言い続けている、介護施設での見守りカメラの設置必須にも絡む話であり

介護関係者や損保上がりのリスクマネージャーなどが、カメラ設置を拒む理由と同様である。

「取調べの可視化」についての意見書


刑事事件での取り調べの可視化を訴えている日弁連の会長声明に矛盾を感じるのは会代表だけか???
スポンサーサイト



にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2022/03/25 Fri. 21:09 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 日弁連・荒中会長・弁護士の傲り(おごり)発言?「弁護士のバッジは魔法のバッジだ、バッジを着ければ、やりたいことが何でもできます」・仙台弁護士会  |  宇都宮市 介護老人保健施設「野沢の里」死亡事故の報告、市へ3週間遅れ2019年 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/1490-b343280d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top