栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0710

懲戒処分(懲戒議決書) 澤田雄二弁護士 宇都宮中央法律事務所(弁護士会元副会長)懲戒処分(その3)   

栃木県弁護士会懲戒処分1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

栃木県弁護士会懲戒処分
s-澤田雄二・新田裕子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会代表のコメント

ブログ「弁護士と闘う!」さんでも取り上げて頂く事になり、弁護士氏名を公開いたします。

●宇都宮中央法律事務所

次回、「官報」に懲戒処分理由と共に載ると思います。

>>老健の介護事件事故の加害者側老健の代理人である弁護士に、損保「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士で、「栃木県弁護士会元副会長」で、全国的にも大きな事件の担当弁護士として名が知れた加害者側「老健の代理人」である弁護士の発言。

上記のコメントのように今まで、オブラートに包んでいた部分ですが、全国的にも大きな事件というのは、冤罪事件の足利事件です。

この澤田雄二弁護士が、栃木県弁護士会元副会長、「損保ジャパン日本興亜」支店の顧問弁護士という事です。

なぜ、マスゴミが取り上げる事を渋っているのかが分かるかもしれません。

老健での介護事件事故後、介護家族に威嚇暴言侮辱発言して、障害者にされた母を移転先の施設も見つかっていない状況で追出し、成年後見人でも無い息子である会代表に、在宅介護せざるを得ない状況にさせた上、介護事件事故の慰謝料は一銭も払わず、逆に慰謝料から相殺のはずの数年分の施設利用料を、利用者の母では無く、成年後見人でも無い、息子に支払い請求して来て、支払わなければ法的手段をとると脅し・・・・。

この冤罪事件の澤田雄二弁護士を、老健に紹介して送り込んだのが「損保ジャパン日本興亜」

皆さん、考えてみて下さい介護事件事故に、加害者側老健が冤罪事件の弁護士を立ててこられたら、対抗できる介護家族がいると思いますか? 完璧に介護家族側は泣き寝入りでしょう・・・。

●「一生、足利で生きていく」 菅家さん地元で初報告

こちらの下野新聞社の動画は、「もしかすると今後削除される可能性が有ります」ので、今のうちに御覧下さい
(2:03)から澤田雄二弁護士が発言しています。

下野新聞社のシンポジウムに招待されコメント

なぜ、下野新聞社が取り上げないのか?この動画を見て頂ければ、さんざん下野新聞社が足利事件の時に持ち上げた弁護士なので記事に出来ないのです。


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/10 Fri. 01:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 「特に非難される覚えは無い!!」栃木県弁護士会懲戒処分「澤田雄二弁護士 」宇都宮中央法律事務所 介護被害者家族に暴言  |  ブログ「弁護士と闘う!」栃木の人権派弁護士(元副会長)が介護弱者への暴言で戒告処分 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/157-707cd435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top