栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0714

「弁護士の常識は、世間の非常識!?」 澤田雄二弁護士の懲戒処分&他弁護士の審判期日ドタキャン  

SnapCrab_NoName_2015-7-14_14-43-38_No-00.png

●審判期日をドタキャンした弁護士に依頼した弁護士の交通費、日当を払えと求めた裁判・判決文

会代表のコメント

「弁護士と闘う!」のブログ主様の記事を見て、また栃木県弁護士会登録弁護士・・・・。

それも栃木県弁護士会元会長でヤメ検とは、栃木県弁護士会元副会長の懲戒処分された澤田雄二弁護士にしろ、つくづく「弁護士の常識は、世間の非常識!?」なのかと呆れながら記事を読ませて頂きました。

審判期日をドタキャンした、栃木県弁護士会元会長でヤメ検「被告 横山幸子弁護士(栃木)元弁護士会長」にしろ、千葉簡易裁判所  裁判官 織田啓三氏の「原告の請求は理由がないことに帰する。」の判決にしろ、社会人として到底ビジネスレベルの対応とは考えられませんが、ドタキャンして許されるとは、可笑しな司法業界ですね・・・。

澤田雄二弁護士の懲戒処分のその後、何の音沙汰も無し・・・・。

●宇都宮中央法律事務所

懲戒処分された澤田雄二氏の宇都宮中央法律事務所のHPを見ても、「この度は・・・。」との懲戒処分を反省する文言も全く無し・・・。

さて、これで弁護士としては加害者側老健のへの「依頼者の利益」となっているのだろうか?

澤田雄二弁護士が、宇都宮中央法律事務所として、地元企業に提携スポンサーとなっているところも、ほとんどが民間会社なのでその会社の判断ですが、地元ラジオ局となれば、ラジオ局の株主は「栃木県、下野新聞」、ラジオ局のHPには下野新聞のWEBニュースが流れていて、ラジオメディアとするならば・・・。

コンプライアンスとまで行かなくても番組のスポンサーに、介護事件事故の障害者された母は施設を追出し、介護家族には威嚇暴言侮辱発言して、栃木県弁護士会に懲戒処分された代表弁護士の弁護士事務所を、ラジオ番組のスポンサーで新田裕子弁護士がコメントしているような、番組に疑問は持たないのだろうか?

既に、ラジオ局は「澤田雄二弁護士の懲戒処分を知っています。」、

まあ、澤田雄二弁護士は、地元の企業の顧問弁護士なども、地元の経営セミナーで講演するだけあって多いのですが、講演でもコンプライアンスの話はしているはずです、それでも未だにラジオ番組のスポンサーとしてHPに「宇都宮中央法律事務所」が出ているのはやはり「弁護士の常識は、世間の非常識!?」なのでしょうか???

あるメディアから、澤田雄二弁護士の「親族も栃木県の弁護士」では?との情報を頂き、調べてみたらなるほど・・・。

また、関連記事は後ほど・・・・。


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/14 Tue. 15:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 石郷岡病院准看護師暴行事件 石郷岡病院が「首の骨を折られた患者」を2日間放置した事実  |  8月からの介護保険法改正に伴い »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/161-9d996dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top