栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0717

妻「確実に殺してね」嘱託殺人罪:介護疲れ妻殺害の70歳夫に刑猶予 熊本地裁  

今年5月、妻(当時67歳)に頼まれ殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた熊本市北区西梶尾町、無職、清田悦次(えつじ)被告(70)は3日、熊本地裁(石川慧子裁判官)の初公判で、起訴内容を認めた。「死にたい」と繰り返す妻の介護に限界を感じ、誰にも相談できないまま首を絞めたという。検察側は懲役3年を求刑して即日結審し、判決は17日。

 検察側の冒頭陳述などによると、清田被告は1973年、妻と見合い結婚した。約5年前、妻が腰の骨折などで入退院を繰り返すようになった。今年2月ごろ、妻は痛みなどに耐えきれず「死にたい」と漏らすようになったという。

 5月1日、熊本県の天草方面で車を海に転落させる場所を探したが見つからずに帰宅。同2日には妻が自分で首を絞め救急隊が駆けつける騒ぎになった。事件当日の同3日は「一緒に行こう」と声をかけて車で阿蘇方面に移動。「もう後戻りできないよ」と言うと妻は「確実に殺してね」と言い、熊本県大津町の路上に駐車した車の中で、ひもで首を絞めるなどして窒息死させた。その後、自らも自殺しようとしたが痛みや恐怖心から断念。車内から110番し、警察官に逮捕された。

 検察側は論告で「相談すれば解決の糸口が見えたはず。刑事責任は重い」と指摘。弁護側は「殺害したのは妻を早く楽にさせたい思いから」として執行猶予を求めた。最後に清田被告は「見合い結婚して、会社に永年勤続できたのも家庭を守ってくれた妻のお陰。国内外で旅行を楽しむこともできた。42年間ありがとうございました」と述べると、おえつで言葉にならなくなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

切ない事件ではあるが、執行猶予が付いて良かったねという話では無く、妻(当時67歳)清田悦次(えつじ)被告(70)の年齢では「老老介護」です。

>>熊本地裁(石川慧子裁判官)が「周囲に助けを求めず短絡的な犯行だが、福祉サービスによる援助の他は一人で介護に当たっており酌むべき余地はある」と述べた。

確かに「短絡的な犯行」と言われてしまえば、それまでですが「老老介護」で一人で介護となると「共倒れ」の可能性も高く、「周囲に助けを求めず」と言われても、福祉サービスを受けていたようなので、ケアマネは付いていた筈です、それでも周囲に助けを求めずらい社会でも有り、介護福祉行政・・・・。

>>検察側は論告で「相談すれば解決の糸口が見えたはず。刑事責任は重い」と指摘。

検察の論告でも「相談すれば解決の糸口が見えたはず。」という発言自体、短絡的に感じてしまいますが・・・。

>>事件当日の同3日は「一緒に行こう」と声をかけて車で阿蘇方面に移動。「もう後戻りできないよ」と言うと妻は「確実に殺してね」と言い、熊本県大津町の路上に駐車した車の中で、ひもで首を絞めるなどして窒息死させた。

妻の「確実に殺してね」と言った言葉の意味を深く考えるべきかと思います。

司法家がただ「人権や倫理」などについて唱え、政治家は「社会福祉介護などと選挙の時だけ」語っているのでは、問題解決にはなりません。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/17 Fri. 19:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 弁護士会「懲戒処分」澤田雄二弁護士 父親は東大法学部卒の「弁護士」損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士  |  伊万里市「デイサービス立花・立花宅老所」高齢者虐待 逆転有罪 施設運営会社社長「冨永英之被告」に実刑、福岡高裁 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/167-1f383825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top