栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0726

「損保ジャパン日本興亜」介護事件事故に「支店の顧問弁護士」を送り込み「返り討ち」弁護士会「懲戒処分」澤田雄二弁護士(宇都宮中央法律事務所)・介護事業者様向け賠償責任保険「ウォームハート」実態  

損保ジャパン日本興亜(株)損保ジャパン日本興亜(株)共生状況リスト



SnapCrab_NoName_2015-7-25_4-7-35_No-00.png

SnapCrab_NoName_2015-7-25_4-19-0_No-00.png

SnapCrab_NoName_2015-7-25_4-21-34_No-00.png

SnapCrab_NoName_2015-7-25_4-19-25_No-00.png


●warmheart(介護事業者様向け賠償責任保険)
全ページ見たい方はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会代表のコメント

介護事業者様向け賠償責任保険「ウォームハート」実態!!
この「ウォームハート・warmheart」という損保商品が、損保ジャパン日本興亜の介護事業者様向け賠償責任保険、今回の介護事件事故で加害者側「老健」が掛けていたと思われる損害賠償保険。

被害者側も、加害者側老健及び代理人を知るにはこのようなものも頭に入れておくと闘い易くなるかもしれません。

早速、読み込んでいたら、大きな画像2枚目下に、赤枠で囲っておきましたが「示談交渉について」という項目が有ります。

●「示談交渉について」
 「示談交渉は必ず、当社とご相談いただきながらおすすめ下さい」

会代表がこの「示談交渉について」を読んだ時に思ったのは、加害者側の老健・代理人・損保ジャパン日本興亜の本店と話した時の内容と違うという事です。

今まで、加害者側の老健・代理人・損保ジャパン日本興亜の本店などは、直接的には「損保ジャパン日本興亜」は示談交渉には絡まないと言っていました。

それがパンフレットには、「示談交渉は必ず、当社とご相談いただきながらおすすめ下さい」と支払い分にかかわる内容が記載されているとは・・・・。

これで、今後は関係ないとは言わせません、どうせ「老健」も「損保ジャパン日本興亜」も今までは「代理人を立てたから」とお任せという態度を取って来ましたが、その代理人が弁護士会に懲戒処分されたのでは、お任せじゃ通らないと思いますが・・・。

それも「損保ジャパン日本興亜」の支店の顧問弁護士なのですから・・・・。裏で威嚇暴言侮辱発言させて被害者を老健から追い出した指示をしたのは、「損保ジャパン日本興亜」と思われても致し方ないはず。

 「示談交渉は必ず、当社とご相談いただきながらおすすめ下さい」とパンフレットに記載が有るということは「損保ジャパン日本興亜」も老健や代理人から相談され指示を出していたという事かと。

「損保ジャパン日本興亜」は既に介護事業に出資している企業ですので、今後どのような動きをするのか・・・・。

まさか、会代表である介護被害者家族が、「損保ジャパン日本興亜」に出向かないとでも思っているのでしょうか???

会代表である介護被害者家族は、栃木県庁にも県警本部にも、被害者の母と出向いている人間です。

宇都宮中央法律事務所 澤田雄二弁護士の懲戒処分が「官報」に出てからペースを上げさせて頂きます。

既に先日、宇都宮中央法律事務所で、警告書3名の代理人のうち、「海老原輝弁護士」と今回の警告書の内容をどこまで理解していたのかと電話で問い質しましたが、曖昧な回答ばかり・・・。

ボス弁の澤田雄二弁護士が懲戒処分されたことなど警告書に記名捺印していた「海老原輝弁護士」としては何とも思っていないようです。

既にその前日に「大内一宏弁護士」とも電話で話していますので、このお二人で警告書に記載された弁護士とは「新田裕子弁護士」を含め面識は無くとも会話はさせて頂きましたので、人としてのイメージは出来ました。

宇都宮中央法律事務所に電話した時に、「澤田雄二弁護士」が事務所にいたのかは分かりませんが、「海老原輝弁護士」との会話でも保身の曖昧な発言ばかりで、「被害者側に何の提案も無い」ですし、どこが「依頼者の利益」になっている弁護士活動なのか全く分かりません。

既に、二人の弁護士「大内一宏弁護士」「海老原輝弁護士」の回答状況は、栃木県弁護士会へ報告して有ります、週頭にでも回答があるでしょう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/07/26 Sun. 06:20 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 注意「ウォームハート」(障害者施設追い出し)損保ジャパン日本興亜・介護事業者様向け賠償責任保険」の実態!!  |  千葉県 石郷岡病院准看護師暴行事件 暴行翌日、医師がカルテに「著変なし」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/177-e962edc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top