栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0809

NHK薬剤名を報道しないでどうする? 認知症の高齢者に抗精神病薬 重い副作用も  


●認知症の高齢者に抗精神病薬 重い副作用も

はいかいなどの症状が出た認知症の高齢者に「抗精神病薬」と呼ばれる薬が投与された結果、寝たきり状態になるなどの重い副作用が出ていたケースがあることがNHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で明らかになりました。「抗精神病薬」は慎重な使用が求められている薬で、厚生労働省は使用に関するガイドラインを見直し、副作用に対する注意喚起などを詳しく盛り込む方針を決めました。

これはNHKがことし6月、認知症の診断や治療について、日本認知症学会と日本老年精神医学会に所属する専門医を対象に行ったアンケート調査で明らかになりました。

回答した531人のうち、66%に当たる351人の専門医が診療している認知症の高齢者について、前に受診していた施設で「抗精神病薬」を投与され副作用が出ていたケースがあると答えました。

抗精神病薬は、はいかいや暴力行為などBPSDと呼ばれる症状を抑えるために家族などの求めに応じて使われることもありますが、国のガイドラインでは「基本的には使用しないという姿勢が必要」と定められ、慎重な使用が求められています。アメリカでも死亡率を高めるとして使用を控えるよう警告が出されています。

アンケートで具体的な副作用について尋ねたところ、薬の効きすぎで活動が鈍くなったり寝たまま、ぼーっとしたりする「過鎮静」を挙げた専門医が多く、中には歩くことが難しくなり寝たきり状態になったり、食事を飲み込む機能が低下したため、腹部に穴を開け、管から栄養を取ったりする深刻なケースもあったということです。多くの場合、薬を減らしたりやめたりすることで症状が改善したということです。

厚生労働省は、こうした実態を踏まえてガイドラインを見直す方針を決め、介護のしかたで症状を和らげるなど薬に頼らない対応の重要性を強調したうえで、副作用についての注意喚起をするほか、薬を使わざるをえない場合は用量や期間を定期的に見直すことなどを詳しく盛り込むことを検討しています。

日本老年精神医学会の理事長で順天堂大学の新井平伊教授は「認知症の人を介護をする家族の負担が大きく薬を使わざるをえない現状があるが、抗精神病薬は少量で短期間使うことが原則だ。かかりつけ医や専門医、それに介護職が連携して、薬以外の治療も含めて対応できるように態勢整備が必要だ」と話しています。

●副作用で寝たきりになった女性は
抗精神病薬を長期間投与された副作用で寝たきり状態になり、食事も腹部に開けた管から栄養を取らざるをえなかった認知症の女性もいます。

6年前に認知症と診断された三重県松阪市の89歳の女性は病状が進み、幻覚を見るようになったほか、家族などに暴力をふるうなどBPSDの症状が現れました。

去年、対応に困った娘が近くの病院に相談したところ、BPSDを抑えるために「抗精神病薬」が処方されました。4か月以上薬を飲み続けた結果、女性の幻覚や暴力などの症状は収まりましたが、薬の副作用で飲み込む力が低下し腹部に穴を開け、管から栄養を取らざるをえなくなり、寝たきり状態となってしまいました。

なんとか自分で食べられるように回復してほしいと、家族が認知症の専門医に相談した結果、抗精神病薬の服用を中止することにしました。女性の状態は徐々に回復し、起き上がれるようになり、再び自分の口で食べられるようになりました。
女性の娘は「もう二度と口からものを食べられないと思っていたので再び、おいしいと食べられるようになって、とてもうれしい。認知症であっても、本人の尊厳を大切にしてあげたい」と話しています。

女性の治療に当たった認知症専門医で国立長寿医療研究センターの遠藤英俊医師は、「日本の抗精神病薬の処方は海外と比較して規制もないなかで漫然と処方されている傾向にある。抗精神病薬は適切な使用量や期間を定めて使うことが大切だ」と話しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会代表のコメント

NHK公共放送として、本気で報道する気があるなら、抗精神病薬の薬剤名を報道すべきです。

何かオブラートに包んだ報道では、国民視聴者には伝わりません。

抗精神薬と向精神薬の違いから説明するべきでは?

 ●向精神薬にはいくつかのグループがあります。
大きく分けて「抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定薬、睡眠薬」などに分けられます。

きちんとした説明がなければ、患者は安易に処方され服用してしまいます。

ちなみにこの報道で抗精神薬とされている薬は「アリセプト」
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/08/09 Sun. 09:23 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 懲戒請求 被告 新田裕子弁護士(宇都宮中央法律事務所) 懲戒処分「被告 澤田雄二弁護士」案件・代理人弁護士 として「連名捺印の警告書」  |  ある介護事故案件の懲戒処分暦のある弁護士から、「栃木県介護被害者会」はNPO法人? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/193-212b5e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top