栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0812

「社会福祉法人は疑惑のデパート!?」社会福祉法人「三翠会」 弁護士「変死」・2億円の不明金・裏金(兵庫県三田市)  


SnapCrab_NoName_2015-8-12_11-19-15_No-00.png

●兵庫県三田市の社会福祉法人「三翠(さんすい)会」が運営する高齢者施設の建設工事をめぐり、多額の不適切支出や使途不明金があるとして、兵庫県と三田市が社会福祉法に基づき、同法人の特別監査を実施したことが23日、分かった。こうした支出は総額で1億円を超える可能性があり、県は三翠会に弁護士らによる第三者委員会を設置し、資金の流れを解明するよう指示した。

 関係者によると、三翠会は平成24年3月、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の建設用地として、三田市横山町の土地を5500万円で購入。今年1月、3階建て98室の施設を完成させた。建設費は約15億円だった。

 県などによると、三翠会は25年8月、大手銀行から融資を受けた建設資金を地方銀行に借り換えた際、大手銀に関連の違約金約6千万円の支払い義務が発生。このため、三翠会の男性理事が、工事を請け負った大阪市内の建設会社から「裏金」を受領した上で、自身が経営するコンサルタント会社を通じ、大手銀に違約金を支払ったという。

 後に三翠会が建設会社へ工事代を支払った際、裏金分を上乗せして還流させていたが、こうした処理は三翠会の理事会の承認を得ていなかった。多額の違約金発生により理事長の責任問題に発展することを避ける狙いがあったとみられる。

 また、施設の厨房設備も男性理事のコンサル会社が約5千万円でリース契約していたが、県は三翠会が男性理事側に工事費の一部を実質的に肩代わりさせた可能性があるとみている。


高齢者施設の建設工事をめぐり、兵庫県三田市の社会福祉法人「三翠(さんすい)会」で2億円もの使途不明金や裏金の存在が明らかになった。税金が優遇される公益法人による不正支出に対し、県と市は7月、特別監査を実施した。
しかし、三翠会の問題はこの建設工事だけではない。法人の身売りをめぐって多額の賠償金の支払いを求められた創業家が、不明朗な土地取引を実行することで、三翠会の資金1億円超を創業家の個人資金に換えていた疑いも浮上しているのだ。三翠会の台所はもはや火の車だが、土地取引に関係した弁護士の「変死」も新たに発覚するなど疑惑は尽きない。

●兵庫・三田の社福法人「三翠会」不適切支出・不明金1億円超か 施設建設めぐり、兵庫県などが特別監査
●弁護士「変死」、不明金・裏金2億円…「創業家が食い物」社会福祉法人は“疑惑のデパート”か

SnapCrab_NoName_2015-8-12_14-9-59_No-00.png
サービス付き高齢者住宅 サンヒルズ八景1番館

SnapCrab_NoName_2015-8-12_14-24-22_No-00.png

●社会福祉法人 三翠会

●弁護士と闘う!です
弁護士目線の方は、「弁護士と闘う!」さんが、行方不明、変死の弁護士について推測されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会代表のコメント

介護村・介護利権の縮図が見え隠れしている事件ですね。

これでどこが介護施設経営の「社会福祉法人」の行なうことなのだろうか?

土地の釣り上げから、建設業者を巻き込んでの建設費の水増し、理事経営のコンサル会社を通してのリース契約。

これが民間の法人、ビル建物に関するカラクリならまだしも、産経新聞がこれから社会福祉法人のカラクリまで暴けるかが問題。

社会福祉法人が、介護施設設立の為の不動産取得や建物に対する設立助成金や補助金・税制控除を考えると建設費が15億円+土地代と言っても・・・・。

社会福祉施設整備補助金
国は、社会福祉法人等が施設を整備する場合、原則としてその整備費の1/2を補助し、都道府県(指定都市・中核市を含む)は、施設設置者に対して整備費の1/4を補助しています。

一つ上げてもこんな感じです、あまりにも助成金・補助金だけでもややこしいぐらい絡んでいます。

「税金が優遇される公益法人による不正支出に対し、県と市は7月、特別監査を実施」と記事にはなっていますが、県と市がどこまで暴く気があるか疑問ですね。

管理監督の県や市が、自分達「行政の管理監督」が問題なんてことにするはずがありません。

色々と利権関係者の輩が絡んでいるようなので、どこまで解明されるか・・・。

これが日本の社会福祉法人の現実。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/08/12 Wed. 15:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

« RadioBerry FM栃木 「介護弱者への人権問題」 弁護士会に懲戒処分された「澤田雄二弁護士」が代表の宇都宮中央法律事務所とスポンサー契約  |  懲戒請求 被告 海老原輝 弁護士(宇都宮中央法律事務所) 懲戒処分「澤田雄二弁護士」案件・代理人弁護士 として「連名捺印の警告書」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/196-de23baed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top