栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0820

介護業界・奨学生制度で学生支援し介護人材難の解消も目指す「ミライ塾」(株) 介護コネクション  



SnapCrab_NoName_2015-8-20_18-27-52_No-00.png

SnapCrab_NoName_2015-8-20_18-29-15_No-00.png

●介護本舗


介護業界に新たな発想 奨学生制度で学生支援し介護人材難の解消も目指す「ミライ塾」

会代表のコメント

会代表も「新聞奨学生卒」なので、ビジネスモデルの仕組みは理解できるのですが、介護コネクションと言う会社の代表が、既に介護本舗という、介護のマッチングサイトを運営していての、今回の奨学生制度を利用してのミライ塾という事のようである。

元々代表が不動産関係者からの介護業界進出のようですので、介護本舗という、介護のマッチングサイト内でも「介護本舗Plus」という形で、介護向け不動産の売買などの提案もしています。

結局、介護向け不動産から、経営者組みへの提案、奨学生制度での人材確保とトータル的なビジネスモデルのようです。

バランスの良い収益構造なら良いですが、どこを主軸に置くかで人材確保した後のホローも違ってくるはず、現実不動産関係者の介護事業進出は、撤退など手を引く時も早いですから、今回のビジネスモデルも介護向け不動産の売買がメインの人材確保という事で偏りが出なければ良いと思います。

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/08/20 Thu. 19:02 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 相談案件・「損保ジャパン日本興亜」全関与!顧問弁護士 澤田雄二懲戒処分弁護士 以前に介護事件事故で「半身不随にされた介護被害者」を陥れた過去・続き3  |  相談案件・「損保ジャパン日本興亜」と顧問弁護士 澤田雄二懲戒処分弁護士 以前に介護事件事故で「半身不随にされた介護被害者」を陥れた過去・続き2 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/205-d0270707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top