栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0228

特養入所にあたり、車椅子の購入を特養&行政に勧められ・・・。  

2月24日、また介護保険法での疑問点にぶつかりました。
現在、会代表の母が、ショートのロング利用を1年半ほど続け、施設ではリクライニング式の車椅子を、介護保険でレンタルしていますがこの程、ある特別な入所の方式で特養への入所の話が進んでいるのですが、何と現在介護保険でレンタルしているリクライニング式の車椅子が特養では使用不可能との事・・・・。

簡単に言うと、現在ショートで介護保険の通所利用での「居宅サービス」でレンタルされている車椅子は、特養の場合の
「施設サービス」では、介護保険法上の「居宅サービス」と「施設サービス」の違いで利用不可能との事・・・。

特養入所に当たっては、利用者側で車椅子を購入されたしとの事のようです。
リクライニング式は、普段公的施設などにある車椅子より定価約10万円前後、福祉用具店などだと高額な為、レンタルしていたのですが、これから特養に入所するに当たって、新品もしくは中古を購入しなければならなくなりました。

現在、オークションなどで安いリクライニング式車椅子を探していますが、矛盾のある介護保険だとつくづく感じました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/02/28 Sat. 13:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ティルト リクライニング式車椅子の件  |  「介護虐待」ドラッグロックの問題 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/21-c3c3efba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top