栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0829

日本弁護士連合会「異議申出」澤田雄二 懲戒処分弁護士・宇都宮中央法律事務所、「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」 介護弱者への人権問題  

澤田雄二日弁連異議申出


損保ジャパン日本興亜(株)損保ジャパン日本興亜(株)共生状況リスト
SnapCrab_NoName_2014-10-17_4-37-17_No-00.png

SnapCrab_NoName_2014-10-6_23-41-13_No-00.png

会代表のコメント

澤田雄二 懲戒処分案件で、栃木県弁護士会 懲戒委員会に「提出した証拠」が、懲戒委員会の議決書に「証拠書類として記載が無く」、まさか、懲戒委員会委員7名が懲戒請求者の証拠を「隠蔽」とも思われる行為。

澤田雄二懲戒処分弁護士が、懲戒処分後の会代表との始めての会話。

●「戒告の関係と民事での代理の関係は特に連動しておりません」その後に電話ガチャ切り。

そんな言い分は通りません。

なぜ、介護被害者家族が、このような発言をされ、電話をガチャ切りされなければいけないのでしょうか?これも医療法人と代理人弁護士、損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士のやり方対応という事でしょうか?
  
栃木県弁護士会懲戒委員会が、擁護する形で取りあえず、「頭の悪そうな人ですね」との威嚇暴言侮辱発言は、何を持って言われた側の懲戒請求者に対して「名誉感情を侵害した程度も軽度であったなどと懲戒委員会が判断」し、人権を無視し懲戒請求者を侮辱する懲戒委員会委員の判断であります。

「介護弱者への人権問題」での「戒告処分」は致し方なし程度で処分するから、このような「戒告処分」で反省もしないで「戒告の関係と民事での代理の関係は特に連動しておりません」その後に電話ガチャ切り。などという対応を栃木県弁護士会元副会長が起こすのです。

誰が聞いても「反省」などということが程遠いことは明らか、問題が「介護弱者への人権問題」という事も有り

●「更なる懲戒処分を求む。」


7月2日に懲戒処分の議決書が届き、その後1ヶ月ぐらいは、「戒告処分」程度で、日弁連へ異議申出を立てても、却下される可能性も高いので、話を進めようと考えていたのですが、澤田雄二弁護士の反省無き言動、栃木県弁護士会の隠蔽体質、損保ジャパン日本興亜の開き直り、これではまた介護弱者が被害に遭うと感じたので、とことん決着を付けた方が良いのではと感じ日弁連への異議申出ということになりました。

懲戒委員会の議決後、1ヶ月ぐらいして、澤田雄二弁護士の発言の中で、澤田雄二弁護士側も、日弁連へ今回の懲戒処分の事を、「不服申し立て」ができる訳で、尋ねたところ「検討中」・・・。

綱紀委員会に20数ページの弁明書を提出したのですから日弁連へ「不服申し立て」すれば宜しいのに?と会代表は思いつつ・・・。

懲戒委員会が、澤田雄二弁護士を「擁護する形」で、威嚇暴言侮辱発言などは「名誉感情を侵害した程度も軽度」などと問題無しにしてくれて「介護弱者への人権問題」だけで戒告処分と言うことにしてくれたので、澤田雄二弁護士としてはダメージが少ないと判断して「検討中」などと述べたのか分かりませんが、このままでは終わらせません。


その後に、懲戒委員会の約2ヶ月目、日弁連への異議申し立ての期限の頃に、澤田雄二弁護士側から「調停」を検討しているという話が有りましたが、裁判所に尋ねても調停は無理。

このタイミング、日弁連への異議申し立ての「期限の頃」に、「調停」という事に関しても、会代表は「腑に落ちず」・・・・。

今回の日弁連への異議申出ということに。

今週、3~4日掛けて、14ページの異議申出書&証拠資料を纏めました。

こちらも、後に公開する予定でおります。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/08/29 Sat. 10:08 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 注意 損保ジャパン日本興亜 グループ会社大々的にPR!!(株)シダー(介護施設事業)、「ウォームハート」(障害者施設追い出し)損保ジャパン日本興亜 「顧問弁護士懲戒処分」  |  注意 全国社会福祉協議会が「損保ジャパン日本興亜」損害保険代理事業!!(障害者施設追い出し)「ウォームハート」を全社協取り扱い保険商品として「ふくしの保険・しせつの損害補償」介護事業者向け賠償責任保険の実態 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/213-7da991bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top