栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0909

相談案件・「損保ジャパン日本興亜・(栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏)」と「半身不随にされた介護被害者を陥れた特養の(事故当時リスク担当の高橋氏)の嘘」 澤田雄二懲戒処分弁護士も「嘘に追随主導」・続き4   

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市
審査請求書面2

記事1

s-images (3)


SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png

SnapCrab_NoName_2014-10-17_4-37-17_No-00.png

SnapCrab_NoName_2014-10-6_23-41-13_No-00.png

会代表のコメント

相談案件で「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の問題で、実は8月19日に「加害者側特養の高橋氏」と「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」と約束をしていたのですが、見事に嘘を付かれ開き直られました。

流石ですね、「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」と「社会福祉法人である特養の高橋氏の手のひら返しの「嘘」には呆れました。」

それに「澤田雄二懲戒処分弁護士」も「嘘に追随というか主導でしょう」

内容としては、8月19日の段階で、「半身不随にされた介護被害者を陥れた宇都宮市内の特養の事故当時リスク担当の高橋氏」がいうのは、「損保ジャパン日本興亜」が最初から全関与して、弁護士と同席の場にまで「損保ジャパン日本興亜の営業担当が同席」し「半身不随にした加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が言うには、全部「損保ジャパン日本興亜」が対応してくれて「弁護士と委任状も結んでいない」状況で、「損保ジャパン日本興亜」が全対応してくれたと発言していました。

何度も会代表から、加害者側特養の高橋氏に確認しても「弁護士と委任状も結んでいない」と言い切りました。

それを、「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」この方が現在の特養の担当との事で、加害者側特養の高橋氏の言い分を伝えたら、「そんな事は無い」話の中で、損保ジャパン日本興亜から紹介された顧問弁護士と委任契約を結んでいる書面があるとはっきりと発言しました。(当時担当営業田中氏が担当していた訳では無いのですが・・・。)

それだけ言い切るなら、「加害者側特養の高橋氏」と「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」の言い分が全く違うのだから、弁護士との契約の委任状がもし結んでいるなら残されている訳で、会の方へFAXして下さいとお伝えしました。

この段階で、「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」からH19年の問題なので、委任状を「損保ジャパン日本興亜」の倉庫から探すのに時間が掛かるので、8月19日から2週間時間を下さいとお願いされ、会代表もそんなの弁護士に確認すれば直ぐ見つかるでしょうと言ったのですが、取りあえず2週間の時間を下さいと言われて渋々了承。

その段階で、「加害者側特養の高橋氏」の方にも連絡をいれ、損保ジャパン日本興亜は委任状があると言っていて、高橋氏の言い分と違うようですが、「加害者側特養にも委任状」が探してあるのであれば会にFAXするようにと高橋氏に伝えて、取りあえず2週間以上待ちました。

ところが2週間経っても「加害者側特養の高橋氏」からも「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」からも全く音沙汰が無く、開き直って無視でもしているのかと思いつつ・・・・。

一昨日19日間経ってから会から連絡した所、「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、担当営業田中氏」からの発言は、社会人なら2週間待ってくださいとお願いしたのは「損保ジャパン日本興亜 担当営業田中氏」なのだから謝罪ぐらいあるのかと思ったら、謝罪どころか開き直って「委任状の記録は残されていない」、「会にも連絡して来ない。」ということで、また相変わらずの澤田雄二懲戒処分弁護士頼みに小細工をしたようで・・・・。

その後に直ぐに、加害者側特養の高橋氏に連絡を取り損保ジャパン日本興亜の担当の言い分と話を詰めたところ・・・・

>>8月19日の段階で、「半身不随にされた介護被害者を陥れた宇都宮市内の特養の事故当時リスク担当の高橋氏」がいうのは、「損保ジャパン日本興亜」が最初から全関与して、弁護士と同席の場にまで「損保ジャパン日本興亜の営業担当が同席」し「半身不随にした加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が言うには、全部「損保ジャパン日本興亜」が対応してくれて「弁護士と委任状も結んでいない」状況で、「損保ジャパン日本興亜」が全対応してくれたと発言していました。

上記のように「加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が全部「損保ジャパン日本興亜」が対応してくれて「弁護士と委任状も結んでいない」と言い切っていた、「社会福祉法人の加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が、今度は手のひら返しで、「委任契約していました」???

はあ?と思いつつでは委任状をFAXして下さいとお願いしたら「拒否」

委任状があるなら出せるのではと話しましたが有っても出さない・・・・。おいおい8月19日に「弁護士と委任状も結んでいない」と言い切っていた、「社会福祉法人の加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が、今度は社会福祉法人が「嘘・隠蔽行為」なのかなと思いつつ、こちらも示し合わせたように、弁護士に・・・・。

はい、ここで約3週間の間に、「損保ジャパン日本興亜」と「加害者側特養の事故当時リスク担当の高橋氏」と澤田雄二懲戒処分弁護士がどのように誤魔化しの話を組み立てたかお分かりになると思います。

そこで、澤田雄二弁護士に委任状提出を求めたら、「裁判所に提出しているので、弁護士の手元にも無い」・・・・。

会代表、そうなんですか、裁判所に原本を提出するんだ?もし提出していたとしても「コピー」も取っていない弁護士事務所ですか(呆れ)

もうこの段階までくれば、話のつじつまが有っていないことぐらい、一般的な社会人であれば理解できると思います。

なぜ、ここまで弁護士との委任状に拘るかというと、訴状記録に残されている加害者側の弁護士事務所は

● 澤田総合法律事務所 澤田 利夫(さわだ としお)弁護士(澤田雄二弁護士の父)

現在の澤田雄二懲戒処分弁護士自身が代表の宇都宮中央法律事務所ではありません。

事故当時、まだ宇都宮中央法律事務所を立ち上げる前に、澤田雄二懲戒処分弁護士が、父親の「澤田総合法律事務所」 澤田 利夫(さわだ としお)弁護士のところで在籍していた時の介護事件事故です。

宇都宮中央法律事務所
澤田雄二弁護士
東北大学法学部卒
澤田利夫法律事務所(現在の澤田総合法律事務所)勤務
2003年栃木県弁護士会副会長

2009年宇都宮中央法律事務所設立


はい、ここで澤田総合法律事務所勤務の時に、澤田雄二懲戒処分弁護士と「上司と部下の関係」だったのが
現栃木県弁護士会副会長の 「溝邉岳秋弁護士」
副会長 溝邉岳秋弁護士   (登録番号, 35733)  大銀杏法律事務所
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚の時期有り。


ここでお分かりのように「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」での介護事件事故が「現弁護士会副会長絡み」という事です。

●現栃木県弁護士会副会長の 「溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士」 (登録番号, 35733) 大銀杏法律事務所(おおいちょう)


また、ここでつじつまの合わないことが出て来ています。 
それは、もし委任契約書が交わされていたとすれば、契約した弁護士事務所は、「澤田総合法律事務所」 澤田 利夫(さわだ としお)弁護士(澤田雄二弁護士の父)で有り、「澤田総合法律事務所」 澤田 利夫(さわだ としお)弁護士(澤田雄二弁護士の父)が委任契約書を保管しておくべき書類ではないのか・・・・。

澤田雄二懲戒処分弁護士が、委任契約書が手元にも無い「裁判所に提出済み」

さてさて、記事を拝見して頂いている皆様、

「懲戒処分弁護士と損保ジャパン日本興亜」のやり口では、これで「つじつまが合っていると言い切れる」のが凄いですね。

所詮、手元に無いと言い訳して、それも裁判所になどと弁明しておけば誤魔化せるとでも「澤田雄二懲戒処分弁護士と損保ジャパン日本興亜」は考えているようです(呆れ)

これと同じような逃げを会代表は栃木県警にされているので、またですかと言う感じです。


ここで「半身不随にされた介護被害者を陥れた宇都宮市内の特養の事故当時リスク担当の高橋氏」が言い放った発言

●「もう終わっている事なので・・・・。」

良くもこんな発言が出来るものかと(怒り)


また続きは後ほど・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/09/09 Wed. 16:44 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 「損保ジャパン日本興亜、株式会社メッセージ(介護事業大手)絡み」 家族が介護虐待映像公開・介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」3人転落死、介護事件事故虐待  |  「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」被害者家族に「お気を付け下さい」は脅し!?澤田雄二 懲戒処分弁護士・宇都宮中央法律事務所・介護弱者への人権問題 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/227-9efff588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top