栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0914

栃木県弁護士会(会長・副会長機能せず)県民・介護被害者家族の「質問及び苦情申立・回答拒否」会長 若狭昌稔弁護士・副会長 室井淳男弁護士・副会長 小菅拓郎弁護士・副会長 阿部健一弁護士・副会長 溝邉岳秋弁護士  

栃木県弁護士会1

1栃弁質問&苦情申立

2栃弁質問&苦情申立

3栃弁質問&苦情申立

4栃弁質問&苦情申立

5栃弁質問&苦情申立

6栃弁質問&苦情申立

●懲戒処分「澤田雄二弁護士」栃木県弁護士会役員との深い繋がり「現副会長で同僚としての時期有り」それが介護事件事故で「半身不随にされた介護被害者」を陥れた過去案件

栃木県弁護士会回答

栃木県弁護士会質問拒否

栃木県弁護士会1

SnapCrab_NoName_2015-8-2_7-5-19_No-00.png

●栃木県弁護士会会長
若狭昌稔1

医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」

栃木県弁護士会1


会代表のコメント

栃木県弁護士会の現在の会長副会長の役員名、栃木県弁護士会 会長「若狭昌稔弁護士」をはじめとする、何と「他4名もの副会長」・・・・。

●会長  若狭昌稔弁護士  (登録番号, 22480)  わかさ法律事務所
市民オンブズパーソン栃木会員
若狭昌稔


●副会長 室井淳男弁護士  (登録番号, 22479)  浅香法律事務所
・S59年3月 中央大学法学部法律学科卒業
・S63年~平成2年 宇都宮家庭裁判所に事務官として勤務

副会長 小菅拓郎弁護士  (登録番号, 32922)  小菅・島薗法律事務所
東北大学法学部卒
http://kosuge-shimazono.com/

●副会長 阿部健一弁護士   (登録番号, 34595)  阿部法律事務所
http://www.abe-lawoffice.com/doc/show.html

阿部健一


副会長 溝邉岳秋弁護士   (登録番号, 35733)  大銀杏法律事務所
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り。)
相談案件・「損保ジャパン日本興亜」 澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士

溝邉岳秋




宇都宮中央法律事務所
●澤田雄二弁護士(介護弱者への人権問題で懲戒処分)
東北大学法学部卒
澤田利夫法律事務所(現在の澤田総合法律事務所)勤務
2003年栃木県弁護士会副会長
2009年宇都宮中央法律事務所設立
損保ジャパン日本興亜の顧問弁護士。



●副会長 小菅拓郎弁護士
●副会長 溝邉岳秋弁護士


栃木県弁護士会の現在の会長副会長の役員の中で、上記2名に関しては、同東北大学法学部卒と同澤田総合法律事務所勤務ということで繋がりが深いことは明らかになりました。

弁護士は、大学の上下の繋がりが深いことは誰もが知るところ、同澤田総合法律事務所勤務して、同時期に代理人弁護士として連名で同訴訟案件に対応。


会代表もこの栃木県弁護士会の現在の会長副会長の経歴を調べてみて、「なるほど」これではズブズブで、会代表の苦情及び質問書を、門払いしたいのが良く分かりました・・・・。

これでは公正な判断が出来るとは到底思えず。


●「栃木県弁護士会、石を投げれば弁護士会副会長に当たる!!」

上記のように思えたのは何と会のブログでも相談案件として記事にさせて頂いている

●相談案件・「損保ジャパン日本興亜」全関与!顧問弁護士 澤田雄二懲戒処分弁護士 以前に介護事件事故で「半身不随にされた介護被害者」を陥れた過去

副会長 溝邉岳秋弁護士   (登録番号, 35733)  大銀杏法律事務所
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り)
溝邉岳秋

副会長 溝邉岳秋弁護士が、澤田雄二弁護士と、以前に介護事件事故で「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の問題に代理人弁護士として、かかわっていた事が発覚致しました!!


既に懲戒処分が下った登録弁護士問題の被害者である懲戒請求者にも回答できず、介護被害者家族の質問及び苦情申立にも答えられない回答を無視・拒否するような栃木県弁護士会では話になりません・・・。
こんな、公正・中立とは到底思えない栃木県弁護士会 会長・副会長では弁護士の懲戒案件が増えるのも分かるような気がしますね。


今後、懲戒委員会委員の「証拠隠蔽・捏造」問題も記事にさせて頂きます!!

「市民のための弁護士会を目指して・・・。」このスローガンに偽り有り!!

スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/09/14 Mon. 17:29 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 注意「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士 [弁護士法違反]でもお構いなし」 澤田雄二懲戒処分弁護士 弁護士法違反(懲戒処分)でも顧問契約は継続・「弁護士法違反で、懲戒処分弁護士が介護被害者家族に(脅し)を掛けてもお構いなし・・・・。」コンプライアンス無視のブラック企業  |  現在、特養へ「措置入所中の母」、再度昨日病院へ緊急搬送・・・。  »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/235-c5a8b8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top