栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0915

注意「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士 [弁護士法違反]でもお構いなし」 澤田雄二懲戒処分弁護士 弁護士法違反(懲戒処分)でも顧問契約は継続・「弁護士法違反で、懲戒処分弁護士が介護被害者家族に(脅し)を掛けてもお構いなし・・・・。」コンプライアンス無視のブラック企業  

s-images (3)

SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png


澤田雄二弁護士

栃木県弁護士会懲戒処分2

SnapCrab_NoName_2014-10-6_23-46-44_No-00.png

SnapCrab_NoName_2014-10-17_4-37-17_No-00.png

栃木県弁護士会に懲戒処分された「澤田雄二弁護士」 栃木県弁護士会元副会長、「損保ジャパン日本興亜」宇都宮支社の顧問弁護士・冤罪事件である「足利事件の栃木県側担当弁護士」

介護事件事故の被害者介護家族に「頭の悪そうな人ですね」と威嚇暴言侮辱発言をして、介護事件事故で障害者にされた母を老健から移転先の施設も決まっていない状況で追い出し、成年後見人でも無い、弁護士も立てていない介護被害者家族(会代表)に、介護事件事故の被害解決すらせずに、老健を追い出し在宅介護を押し付け、在宅介護せざるを得ない状況にさせた上、介護事件事故の慰謝料は一銭も払わず、逆に慰謝料から相殺のはずの数年分の施設利用料を、利用者の母では無く、成年後見人でも無い、さらに連帯保証人でも無い、支払い義務の無い介護被害者家族に「数百万円の支払い請求」し支払わなければ法的手段を取ると脅した栃木県弁護士会元副会長の澤田雄二弁護士。

その後、「澤田雄二弁護士」の弁護士会への回答が、「特に非難される覚えは無い」・・・・。

これが医療法人の代理人の発言ですので、医療法人の医師及び介護関係者、介護被害者家族に対し代理人の弁護士の発言である「特に非難される覚えは無い」・・・・。などの発言は、医療法人の医師及び介護関係者の発言と見なす。



●宇都宮中央法律事務所

会代表のコメント

9月14日に「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、責任者の片山氏」から回答を頂く事になっていたのですが、またまた昨日は約束を無視され、15日本日午前中にやっと連絡が来ました。

9月14日まで1週間ほど期間を空けさせられたのは、「損保ジャパン日本興亜」が、顧問弁護士である澤田雄二懲戒処分弁護士が懲戒処分されたことを知らず、澤田雄二懲戒処分弁護士から聞かされてもいないとの事で、改めて「損保ジャパン日本興亜」として
栃木県弁護士会に確認するとの事で、「どうぞ!!」

さらに、もし「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士である澤田雄二懲戒処分弁護士が懲戒処分(弁護士法違反)されていた事が確認が出来た時に、コンプライアンスに基づいて「損保ジャパン日本興亜」は今後どう対応するのか?などの質問をしておりました。


「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、責任者の片山氏」からの回答は・・・・。

●「損保ジャパン日本興亜」の顧問弁護士である澤田雄二懲戒処分弁護士が懲戒処分(弁護士法違反)でも顧問契約は継続

「弁護士法違反で、懲戒処分された弁護士でもお構いなし・・・・。」

流石ですね、「損保ジャパン日本興亜の栃木火災新種保険金サービス課、責任者の片山氏」以外にも「損保ジャパン日本興亜」の「本社お客様相談室」にも確認を取りましたが、同様にお構いなし・・・。

●「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」被害者家族に「お気を付け下さい」は脅し!?澤田雄二 懲戒処分弁護士・宇都宮中央法律事務所・介護弱者への人権問題

>>むやみに長引かせるなら、公益性・公共性に則り「施設名を公開させて頂く(加害者側施設名)」と澤田雄二懲戒処分弁護士に伝えたら

>>●何と、澤田雄二懲戒処分弁護士が、介護被害者家族に対して「お気をつけ下さい」!!


>>「お気をつけ下さい」!!と言われたので、澤田雄二懲戒処分弁護士にどういう意味でしょう?

>>●「脅しですか?」

>>澤田雄二懲戒処分弁護士回答せず・・・・。


さらに、上記の「澤田雄二懲戒処分弁護士が、介護被害者家族に対して「お気をつけ下さい」!!」と「脅した件」に付いても話しましたが、「損保ジャパン日本興亜」としてはかかわりない事・・・。

流石に「損保ジャパン日本興亜」は何でも有りのようですね!!



ということで相手が何でも有りなら、こちらは法の枠内で何でも有りということで対抗させて頂きます。

「損保ジャパン日本興亜」は、顧問弁護士が刑事告訴されても「お構いなし」と言い続けられるか?

コンプライアンス無視のブラック企業には、お気を付け下さい!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/09/15 Tue. 14:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 介護事件事故で介護被害者を障害者「施設を追い出し脅迫」加害者側医療法人(老健)澤田雄二懲戒処分弁護士に、懲戒処分(弁護士法違反)後も「継続委任」、加害者側「理事長及び施設長の車両及び車両ナンバー公開」理事長ジャガー&施設長フォルクスワーゲンセダン!!その理事長のジャガーを、何と老健「運営本部長と総務課長」が昼には乗り回す。  |  栃木県弁護士会(会長・副会長機能せず)県民・介護被害者家族の「質問及び苦情申立・回答拒否」会長 若狭昌稔弁護士・副会長 室井淳男弁護士・副会長 小菅拓郎弁護士・副会長 阿部健一弁護士・副会長 溝邉岳秋弁護士 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/236-da4f1b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top