栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1010

宇都宮地方裁判所 総務課が回答 「弁護士の懲戒処分(戒告)は裁判や調停では判断されません」と言い切り!!  

宇都宮地方裁判

会代表のコメント

●宇都宮地方裁判所「真岡支部の書記官」  
「弁護士の懲戒処分(戒告)は裁判や調停では判断されません」と言い切り。


「真岡支部」に続き、支部では無く、宇都宮地方裁判所に尋ねる為に連絡、

●宇都宮地方裁判所 総務課が対応して、「真岡支部」と同様に「弁護士の懲戒処分(戒告)は裁判や調停では判断されません」と言い切り。


まあ、裁判、調停の判断をなぜ「書記官や総務課の事務方」が、堂々と言い切れるのが市民感覚だと分かりません。

冤罪事件やら、懲戒委員会委員の宇都宮地方裁判所裁判官までもが、澤田雄二懲戒処分で証拠を隠蔽捏造するぐらいですから、司法などそれも「介護」などでは全くあてになりません。

●「社会福祉介護に無知な裁判官並びに司法関係者」にとてもじゃないですが、判断されたく有りません。

宇都宮地方裁判所が、栃木県弁護士会の弁護士が成年後見人では問題であるなら、別の都道府県の弁護士ではなどと軽々しく述べているような栃木県の司法関係ですから、とても被害者は進んで裁判・調停などには進めません。

宇都宮地方裁判所の書記官・総務課の発言も全て、証拠に残しておりますので、公開できる日までしばらくお待ち下さい。

勿論、「澤田先生、澤田先生と連呼する書記官の発言」は、いざとなればきっちり証拠としてご用意させて頂きます。


刑事でも民事でも、裁判で検察、裁判官が何とかしてくれるなどと思ったら痛い目に遭いますので、被害者側の方はお気をつけ下さい!!

被害者で弁護士に相談して、おだてられて数千万円の損害賠償金を請求すると言われても、弁護士に着手金を吊り上げられ、いざ裁判になれば和解勧告、被害者側の委任している弁護士まで、数千万円で着手金を吊り上げておいて、和解要請で、30万円~50万円などというふざけた事をされた事例が、当会には1件~2件の御相談ではありません。


という事で頭を切り替え・・・。

「法務省の人権救済申し立てに既に電話相談している件」を後ほど記事にさせて頂きます。
人権救済申し立ての担当者にも、「複雑ですね」と相談窓口担当者に言われております・・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/10/10 Sat. 07:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 相談案件・原告(被害者側)弁護士氏名公開「セクハラ(戒告処分)弁護士と(日弁連元副会長及び弁護士会元会長副会長)絡み」「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」澤田雄二懲戒処分弁護士案件・続き8  |  司法は弁護士法違反を軽んじる!?「宇都宮地方裁判所」及び「真岡支部」 「弁護士の懲戒処分,裁判所への通達の件」なんと弁護士の「懲戒処分」裁判所への通達は「業務停止以上」「戒告などの弁護士法違反処分は通達されておらず」「懲戒処分(戒告)は裁判や調停では判断されません」と宇都宮地裁真岡支部の「澤田先生・先生と発言した」書記官が言い切り!! »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/266-3845cece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top