栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0306

栃木県弁護士会 懲戒委員会の審尋(聞き取り)案内書面  

審尋モザイク2月13日

2014年の12月27日仕事納めの次の日に審尋の案内書面が届きました。

8月中旬に綱紀委員会の議決にて介護事件事故の加害者側老健の代理人(損保の顧問弁護士)の威嚇暴言侮辱発言や被被害者である母を障害者にした挙句、老健から次の施設も決まっていない状況で追い出し、成年後見人でも無い、会代表である息子に押し付けた行為等が「弁護士法違反相当」という事で、今回の懲戒委員会の審尋(聞き取り)になりました。

しかし、これまでにも栃木県弁護士会の綱紀委員会でも一般的な議決機関の6ヶ月を大幅に超えて議決、今回も審尋(聞き取り)までに約半年、その後議決となるとまた大幅に時間を掛けられそうです・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/03/06 Fri. 09:19 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 栃木県弁護士会 懲戒委員会の審尋(聞き取り)への疑問  |  介護事件事故の加害者側老健の弁護士が懲戒委員会に掛けられる審査開始書面 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/28-e57dcd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top