栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1111

「日弁連広報誌・自由と正義」2015年10月号に掲載された弁護士の懲戒処分の要旨・栃木県弁護士会・松本勝弁護士 懲戒処分の要旨 by「弁護士自治を考える会 弁護士と闘う!」  



松本勝弁護士

松本勝弁護士1

●松本勝弁護士(栃木)懲戒処分の要旨

●「日弁連広報誌・自由と正義」2015年10月号に掲載された弁護士の懲戒処分の要旨・栃木県弁護士会・澤田雄二弁護士懲戒処分の要旨 by「弁護士自治を考える会 弁護士と闘う!」

会代表のコメント

澤田雄二懲戒処分弁護士と同時期に懲戒処分5回目(業務停止)の松本勝弁護士。

こちらの松本勝弁護士の懲戒処分は「地元紙の下野新聞」が記事にして、澤田雄二弁護士の懲戒処分は記事にせず。

松本勝弁護士の懲戒処分5回目(業務停止)といっても過去4回の懲戒処分は戒告かと思っていたら、「戒告×1 業務停止×3」とはそれも5回目でも(業務停止)では、栃木県弁護士会で「戒告」処分ぐらいでは弁護士は全く懲りないということが良く分かりました(呆れ)

弁護士会がいくら口先で調子の良い事を言っても、5~10回懲戒処分などという弁護士をのさばらしているようでは呆れて話しになりません。

弁護士会を「公益法人」にしておく意味はあるのでしょうか???
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/11/11 Wed. 04:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 栃木県高齢対策課(福田富一知事)への「質問書」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待案件  |  宇都宮地方法務局 人権相談真岡支局からの回答、「介護問題人権相談却下」その後「訂正再審査」・・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/298-97c7d1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top