栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0310

市貝町町議会&福祉課  

1900722_1572426773030316_6675277981908531185_o.jpg


昨日、夕方に市貝町福祉課に、特養への入所の問題で出向き、その後に同じ役場内にある、市貝町町議会事務局へ出向いた所、ちょうど議会開催中との事で、受付に担当がおられたので、一般傍聴人はと尋ねたら、地元の下野新聞社の記者が出向いているとの事で、受付を済ませ会議場へ。

初めて出向きましたが、立派な議場で役場自体立派過ぎると噂されている市貝町役場ですが、傍聴席へ出向くと直ぐに記者らしき方がおり、頭を下げつつ下野新聞社の方ですかと尋ねたらはいそうですとの事、一般人の傍聴は私だけなので誰が傍聴に来たのかと町議や役場職員からの目線を浴びつつ傍聴席へ座り、いくつかの議題に関して町議からの質問などが有りました。

たまたま、私が出向いたタイミングで市貝町の介護保険関連の予算の議題が・・・・。

たぶん今、市貝町福祉課で一番介護問題になっているのは会代表の介護事件事故の被害者である母の件なので、何か町議から介護の質問でも有るかと期待はしていたのですが、すんなり予算問題のみで次の議題へ・・・。

会代表の介護事件事故の被害者である母の件に関しては、市貝町福祉課の元の担当が「隠蔽行為」を行い、町長からその当時の福祉課「係長及び課長」が、「口頭注意処分」されており、何とその以前の福祉課の「係長と課長」が現在二人とも町議会事務局職員・・・・。

その問題を起こした町議会事務職員を、町議会議員が擁護すると言う悪循環。
当時の福祉課係長及び課長が、「口頭注意処分」されその後に、会代表の被害者である母の問題の時の市貝町福祉課への相談案件など「全て公文書が数年分に渡って残っていないという問題」まで起こされております。

福祉課「係長及び課長」が、「口頭注意処分」された件を公文書に残したくなかったのか、「隠蔽行為の上塗り」です。

現在その問題に関しても、市貝町福祉課当時係長が「隠蔽行為」及び介護相談等の全ての公文書も残していなかった事が明らかになっても、「口頭注意処分」と言うのは「隠蔽行為」に関しての処分で、その後に発覚した数年分の福祉課担当時の母の入所問題等に関して公文書を全く残していなかった処分は町長も、町議会も全くせず、有耶無耶にされたいようです。

町議会議員の中には会代表の母の介護事件事故の事を知っていながら、会代表に知らなかったと言い切った町議会議員など、画像の議場に皆さんおられます。

選挙の時だけの社会福祉そして「介護」・・・・。

最終的には、問題を全部公開する予定です、ある町議会議員には既に町議会議員の名前も含め全て公開されるおつもりでいて下さいとお伝えしております。(既に栃木県知事である福田富一氏へは動画での通り情報提起済み)

その嘘を付かれた町議会議員の奥さんが、数年前まで市貝町近隣市町村のある特養のケアマネだった事がつい先日判明・・・。

町議会の会議が閉会した後に、下野新聞社の記者と立ち話、介護事件事故が起きた老健と同じ町内にある下野新聞社の支社の記者ですが、介護事件事故の事も下野新聞本社社会部に何度も情報提起していることも知りませんでした。



スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/03/10 Tue. 04:41 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 栃木県高齢対策課より、特別仕様の車椅子に関する回答有り。  |  栃木県弁護士会 懲戒委員会の審尋(聞き取り)への疑問 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/30-c8558bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top