栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1119

虐待・身体拘束・ドラックロックの根絶などと「介護医療・行政」が表向きのパフォーマンスをしても現実は!?  

会代表のコメント

介護(魔の3ロック). フィジカルロック(physicallock). スピーチロック (speech lock). ドラッグロック (drug lock).

最近はニュースなどで介護虐待・事故などのニュースも増えては来ていますが、介護虐待の拘束の認定・証明となると現実探してみても、相談サポートなどしているところは、ほとんど有りません。

介護医療業界は、表向きのポーズはしても、老健などで医師が絡んでいたり、理事長が医師だったりすると、医師の意見書すら渋り拒否が当たり前・・・・。

福祉行政に至っては、都道府県市町村の介護虐待件数を上げたくないのと、問題を明るみにしたくないので、虐待拘束などとして認めない・・・。

精神医療学会などで、向精神薬の問題が取り上げられてはいるが、医療利権なのか全然進まず・・・。

会代表の母のドラックロック(薬での拘束)の件で、製薬メーカーには裏取りしてあるので、後は医師の意見書が揃えば闘えるのですが、この医師の意見書のハードルが高い・・・・。(意見書が無くても闘えはするのですが、検察や裁判官を納得させるには有った方が宜しいかと)

特に精神科医・介護施設での問題だと近隣の医療機関、同都道府県内の医師では、お互いに問題があると思われる医療行為に対して問題指摘しないという風潮がありありです。

ここで会代表が、虐待に関しての医師の意見書を求め、全国の身体拘束、虐待関係の団体に問い合わせ、医師の紹介を求めた時のメールの内容を団体名は非公開で公開させて頂きます。

会代表からのメール内容
こんばんは、私は、母を障害者にされた介護被害者家族です。
こちらの団体では、ドラックロック(薬での拘束)の告発に関して、
お力を貸して頂ける医療関係者の方のご紹介はしておりませんでしょうか?




○○抑制廃止団体
>●メールの内容を拝見させていただきました。
当研究会では、ケアの質を高めることを目的に、啓発活動や研修会を行っております。
さて、今回の件につきまして大変申し訳ございませんが、当会では個別の案件に関して
対応しておりません。
大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


○○抑制廃止団体
>●お問い合わせいただきました件ですが、
   当会は、高齢者施設従事者等への研修等を行っている団体で
   個別の事案に関して医療機関のご紹介等は行っておりません。
   あしからずご了承ください。
   なお、お返事が遅くなりましたことお詫び申し上げます。



これ以外にも○○オンブズなど問い合わせましたが、返信すらない団体数知れず。

医師会や薬剤師会などでも門前払い・・・・。


現状では、身体拘束・虐待の認定すら専門に行っているところは御座いません。
医師会が率先して行えば良い事かと思いますが、弁護士会と一緒で、登録会員を擁護することは出来るが問題視することは出来ない現状・・・・。


身体拘束・虐待に関する第三者機関でも作って審査認定をしていかないと、大問題の虐待になってからでは遅すぎます。

医師が介護虐待などは行わないと思ったら大間違いです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/11/19 Thu. 15:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 現代ビジネス(ニュースの深層)「Sアミーユ川崎幸町3人転落事故」「報告書入手!老人ホーム連続転落死はこうして殺人ではなく「事故」で片づけられた」  |  栃木県弁護士会「人権救済申立書」「弁護士会元副会長の介護弱者(障害者)への人権無視に対する人権救済申立」 懲戒処分「澤田雄二弁護士」 「損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士」 老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待案件 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/306-aac139f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top