栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1122

相談案件・懲戒請求書面(2回目)「公開 」 梅津真道弁護士「原告側」(現 あけぼの法律事務所・旧 弁護士法人 木村 謙 法律事務所)「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」「損保ジャパン日本興亜 」原告側「日弁連元副会長 木村謙弁護士」「栃木県弁護士会元副会長 梅津真道弁護士」・続き12  

特養 事務局長補佐

半身不随

モ特養

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市
審査請求書面2

記事1

梅津真道・木村謙弁護士・澤田雄二2

梅津真道・木村謙弁護士・澤田雄二3

梅津真道・木村謙弁護士・澤田雄二4

梅津 真道弁護士「あけぼの法律事務所」木村謙・澤田雄二3

木村謙法律事務所1


相談090

損保ジャパン弁護士法違反1

SnapCrab_NoName_2015-9-8_1-23-10_No-00.png

澤田雄二・新田裕子 損保ジャパン 宇都宮中央法律事務所

sawada.png

●相談案件・「特養で半身不随を放置・介護事件事故」宇都宮市


●相談案件・懲戒請求書面「公開 」 梅津真道弁護士{原告側}(現 あけぼの法律事務所・旧 弁護士法人 木村 謙 法律事務所)「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」「損保ジャパン日本興亜 」原告側「日弁連元副会長 木村謙弁護士」・「栃木県弁護士会元副会長 梅津真道弁護士」・続き11

会代表のコメント

●「上肢・下肢機能全廃」、障害者1級・・・・。


半身不随


ご遺族原告側には、「日弁連元副会長 木村謙弁護士」・「栃木県弁護士会元副会長 梅津真道弁護士」が付いたにもかかわらず和解要請(それも一般的な和解金額より安い!?)

「日弁連元副会長 木村謙弁護士」「栃木県弁護士会元副会長 梅津真道弁護士」が付いて、「上肢・下肢機能全廃」、障害者1級にさせられて、慰謝料の1円たりとも加害者側特養から取れない弁護士。


賠償金等を「取れなかったのか?取らなかったのか?最初から着手金目的だったのか?」 依頼者のご遺族の力になれないなら依頼を受けなければいいのに・・・・。

まあ、澤田雄二懲戒処分弁護士が、「宇都宮高校・東北大学法学部とも先輩」の「日弁連元副会長 木村謙弁護士」とどんな企みをしたのか分かりませんが、木村謙法律事務所(梅津真道弁護士)からご遺族に解任要求を突きつけ「控訴」させまいとした節が・・・・。

木村謙法律事務所(梅津真道弁護士)もご遺族に解任要求を突きつけ「控訴」させまいとした件で、栃木県弁護士会に懲戒請求。

2回目の「梅津真道弁護士」に対する懲戒請求書面。

多少「1回目の懲戒請求」と内容が被っているところが御座います、

●梅津 真道 弁護士(登録No.30363)  現「あけぼの法律事務所」
  栃木県弁護士会元副会長

この原告側の木村謙法律事務所(梅津真道弁護士)がご遺族の前で、わざわざ「澤田雄二弁護士が脱いだコートを受け取りペコペコしている姿」をご遺族に見せるとは、よっぽど普段から仲良しの弁護士仲間なのでしょう!!

懲戒請求書の1回目&2回目の両方を確認して頂ければ、「問題点」はご理解頂けると思います。

●ご遺族が懲戒請求書面の最後に、栃木県弁護士会への提言
「最後に、原告側の梅津真道弁護士と、被告側の澤田雄二弁護士は裏取引の談合している疑惑が大いにある」


上記のご遺族のコメントに関しては、木村謙弁護士と澤田雄二弁護士が、同じ高校大学(東北大学卒)の絡みを含め、これからの施設名公開、事故報告書の公開にあたり「じっくりと指摘させて頂きます。」

これ以外にも現在、栃木県弁護士会副会長である溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士も被告側弁護士です。

溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士 (登録番号, 35733) 
大銀杏法律事務所(おおいちょう)

2015年度栃木県弁護士会 副会長
東京大学大学院
溝邉法律事務所(現大銀杏法律事務所)開所
http://www.tac-school.co.jp/zkai/?cid=pd_zkai_001
澤田総合法律事務所勤務(澤田 利夫 弁護士・澤田雄二弁護士の父) 澤田雄二弁護士と同僚(上司と部下の時期有り。)
相談案件・「損保ジャパン日本興亜」 澤田雄二懲戒処分弁護士と「半身不随にされた介護被害者を陥れた過去」の同代理人弁護士

溝邉岳秋
2015年 度栃木県弁護士会 副会長

栃木県弁護士会副会長 「溝邉岳秋(みぞべたかあき)弁護士」 (登録番号, 35733) として、会代表懲戒請求者の弁護士会への「質問及び苦情申立書」を門前払い。
●栃木県弁護士会(会長・副会長機能せず)県民・介護被害者家族の「質問及び苦情申立・回答拒否」会長 若狭昌稔弁護士・副会長 室井淳男弁護士・副会長 小菅拓郎弁護士・副会長 阿部健一弁護士・副会長 溝邉岳秋弁護士



また近々に、この懲戒請求に対する「栃木県弁護士会、綱紀委員会の呆れた議決書の公開」をさせて頂きます。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/11/22 Sun. 17:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 「介護事件事故虐待状況の詳細動画」「公開」 老健「もてぎの森 うごうだ城」(介護事件事故虐待)「松徳会」●理事長(精神科医) 松田 源一 医師 ●施設長(内科医)兼「高根沢中央病院(理事長)」 片岡 孝 医師 「澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」  |  「茶番劇!?」栃木県個人情報保護審議会「口頭意見陳述」(会長塚本純・田中重夫委員・本山路子委員・秋山伸惠委員・安田真道委員)栃木県警茂木警察署・栃木県公安委員会問題案件 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/309-eb572d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top