栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1220

7月朝日デジタル「後見人の不正、総額196億円に 昨年末までの4年半で」と12月読売「弁護士の着服、被害20億円超…後見人悪用も」の比較記事  

後見人の不正、総額196億円に 昨年末までの4年半で

2015年7月22日01時40分 朝日デジタル

後見人の不正による被害総額の推移

 認知症などの人の財産を守るための後見制度で、後見人による着服などの不正の被害額が昨年末までの4年半で少なくとも196億円に上ることが最高裁のまとめでわかった。多くは後見人に選ばれた親族によるものだが、弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余りあった。

 最高裁が2010年6月から集計を始めた。被害額はわかっているものだけで、11年は33億4千万円だったが、12、13年はいずれも40億円を超え、14年は約56億7千万円と過去最悪だった。専門職による被害額も14年は約5億6千万円で最悪だった。

 成年後見制度は00年に始まった。本人や家族が制度の利用を家庭裁判所に申し立て、家裁が親族や弁護士らを後見人として選び、財産を適正に管理しているか、年に一度報告を求めている。


SnapCrab_NoName.jpg

会代表のコメント

前記事と7月の朝日デジタルの記事を比較して見ましょう。

朝日デジタル7月では、「弁護士や司法書士など専門職による被害も11億円余り」過去4年半

読売の12月では、   「弁護士断定で、被害額20億円超」過去3年間


簡単には比較できませんが、だいぶ違いが出て来ますね・・・・。

別のSNSなどのコメントを見るとやはり

>>もはやオレオレ詐欺に準じて報道されるべき水準

国は何をしているのでしょうかね・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/12/20 Sun. 13:01 [edit]

CM: 1
TB: 0

« 週刊現代「認知症老人を狙う悪徳弁護士が急増」悪用される後見人制度・裁判所も同罪  |  「弁護士の着服、被害20億円超…後見人悪用も」オレオレ詐欺の半グレ集団と犯罪行為は同様、成年後見人でお年寄りから詐欺行為!! »

コメント

非公開コメント頂いた方へ

>>現在裁判中ですが、弁護士怪しいです・・・・。

弁護士も裁判所も通じていると思って対応されて下さい!!

必ず証拠は残しておく!!

何かの時にはメールフォームから御相談下さいませ。

栃木県介護被害者会代表 #SFo5/nok | URL | 2015/12/20 15:59 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/336-31a448ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top