栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

1226

介護事件事故虐待以外「その他 3通の被害診断書」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待 「松徳会」「澤田雄二懲戒処分弁護士」「損保ジャパン日本興亜・顧問弁護士」   

もてぎの森うごうだ城10

医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」5

医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」4

社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームみながわ桜園 医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」系列

社会福祉法人「松徳会」特別養護老人ホームましこの里星の宮医療法人社団 「松徳会」 介護老人保健施設「もてぎの森 うごうだ城」系列1


会代表のコメント

介護事件事故虐待での大腿骨骨折・顔面挫傷以外の3通の被害診断書。

介護事故は1度では有りませんでした、介護事件事故虐待での障害者にされる前にも、一度「頭部打撲・頭部挫傷」の損害を会代表の母は負っております。

1度目は介護家族も「やっと老健に入所が出来て」、大騒ぎしてもと介護職員に注意喚起して収めましたが、その数ヶ月も経たない内に、今回の介護事件事故虐待です(怒り)


これでも、介護家族が大騒ぎして職員を威嚇したなどと言えるのですから、介護施設はいくらでも、最終的には加害者であっても揉み消しそして被害者振ります。(これもリスクマネージメントのマニュアル?)

障害者にさせておいて、施設から追い出せる人権無視の老健「もてぎの森 うごうだ城」ですから、何でも有りです。

特別代理人
「一木 明弁護士」 (栃木県弁護士会元副会長) 市民オンブズパーソン栃木 元副代表


本日、特別代理人と初顔合わせして来ます。

この3通の診断書の事も、特別代理人は知りません。


昨日、「一木 明弁護士」と電話で話していますが、ブログは目を通して頂いたようですが、「一木 明弁護士」も弁護士会・裁判所からの資料での介護事件事故虐待と全く違う事は、うすうす感じておられるようです。


「一木 明弁護士」もやっと「自由と正義」で澤田雄二弁護士の懲戒処分内容を確認されたようです。(介護被害者家族と最初に話す時までに確認して頂きかったですが・・・。)

既に以前「自由と正義」については懲戒事由の記載等をブログに載せていますが、「自由と正義」の懲戒事由は栃木県弁護士会が懲戒委員会が会代表からの証拠を揉み消し作り上げた内容で、既に日弁連へ「別の証拠を提出済み」です。

特別代理人が選任された事で、澤田雄二懲戒処分弁護士と老健「もてぎの森 うごうだ城」関係者は、「調停」でチャンチャンで済ませようかと考えているかも知れませんがそうはさせません。

会代表もまだ、特別代理人の情報がネットでの情報だけなので、味方になるか?敵になるか?全く分かりません。

取り合えず、「一度お会いしてから見極めます。」

まだまだ、こちらは公開していない証拠があります。

介護事件事故虐待を、単なる「交通事故査定判例レベルの問題」にはさせません。

特別代理人が、「交通事故査定判例レベルの判断をした段階」で、「別手続き」もしくは既に伝えて有りますが、不調停で結構。

闘い方はいくらでも有ります。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/12/26 Sat. 09:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 特別代理人「一木 明弁護士」と初面談(栃木県弁護士会元副会長)「市民オンブズパーソン栃木 元副代表」澤田雄二懲戒処分弁護士からの調停申立書「施設の契約解除は、退所したから契約解除した。」???  |  「民間介護施設紹介運営サイト」と「公益法人の介護施設協会団体(補助金「税金」での運営)の紹介運営サイトの」の違い!?_ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/344-69e226a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top