栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0323

栃木県警本部に昨夜は審査請求書と苦情申立書を提出  

昨夜、栃木県警本部に3月22日(日)申請期限の審査請求書と苦情申立書を提出

日曜の夜20時過ぎに慌てて審査請求書を作って持ち込みました。
この審査請求書は、以前に、栃木県警本部と茂木警察署へ、介護事件事故の案件の情報開示請求をしたところ
開示された情報が通報記録は会代表が始めて通報した時の記録は無い、その他にも茂木警察署に出向いていない件で「来訪」と会代表が出向いて相談していた事になっていたり、「隠蔽捏造」なのか、警察も一つ嘘を付くと嘘の上塗りを繰り返すので困り果てるというよりは呆れています。

と言っても今回の審査請求書と苦情申立書は、警察を通しての栃木県公安委員会に提出した書面なのですが警察としては自分達の問題を栃木県公安委員会に申し立てられる訳で気分が良い筈も無く・・・。

さすが、全国警察ワーストランキングの常連の栃木県警様なので警察だけでは無く、会代表がyoutube等の動画にしてUPしてある中に栃木県公安委員会問題も上がっていますが、本当は警察をチェックする栃木県公安委員会が機能を果たしていれば栃木県警ももう少し良くなるのですが、全然栃木県公安委員会が機能していないので困る。

介護業界にも社会福祉法人、医療法人の理事などで公務員の天下りが発覚し始めていますが、栃木県公安委員会は公安委員会委員長のトップが「天下りじゃ」話になりません。

そりゃ冤罪事件も起きるはずです。

そういえば会代表も介護事件事故の老健と加害者側弁護士から、老健のケアマネが「ケアマネとしての職を放棄して」、無資格の老健の事務方が介護保険法違反して、ケアプランのサインなどを介護家族に求めた事は、被害者家族である会代表が悪いからだと、「濡れ衣、冤罪?」を着せられましたが・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/03/23 Mon. 23:45 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 栃木県高齢対策課との面談の件のメール回答  |  介護虐待、介護事故に遭わされても介護家族が危惧する点・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/41-9f6c8380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top