栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0215

日弁連「独立開業支援チューター制度」独立開業支援だけでは無く、「高齢者弁護士」へのチューター制度も検討して頂きたい!!  

独立開業支援

独立開業支援1

会代表のコメント

●既存の法律事務所に入所せずに即時に新規の法律事務所を開設した弁護士(即時独立弁護士)及びこれに準じる弁護士の中で、希望者に対して、チューター弁護士を配置し、弁護士として活動する上で一般的なアドバイス等を行うチューター制度を実施しています。

チューター弁護士が、「兄弁」・「姉弁」として、初歩的な質問や、他では聞けない実務の疑問などにお答えし、即時独立弁護士の皆さんをサポートします。

簡単に言えば、法律事務所に「就職できない、就職しない、弁護士」に即時独立支援を促し、チューター弁護士が相談役となり、アドバイスするという制度です。


この制度ですが、「高齢者の弁護士」にも利用して頂きたいものである。

高齢者の弁護士になると、それでもプライドが高い弁護士がそれ以上に頑固、プライドが増しますので、他の弁護士には知らない分からない事も「尋ねられない」」だからと言って勉強する訳では無く、分からないものは分からないで終了・・・・。

IPアドレスからの情報開示など、分からないから行わないという「弁護士」がいると、不利になるのは依頼者。

弁護士会や日弁連が、「高齢者の弁護士」のホローをしないから、成年後見人での高齢者弁護士の横領が増えるのです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/02/15 Mon. 15:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <代理人許可申請・「知野明裁判官」「不許可決定(介護被害者家族外し不許可理由も説明せず)」>真岡簡易裁判所「知野明裁判官・沓水暁子書記官」特別代理人「一木明弁護士」老健「もてぎの森 うごうだ城」介護事件事故虐待、澤田雄二懲戒処分弁護士(続き7)  |  今回の裁判所と特別代理人の「措置入所中」の母の現状確認においての「責任の擦り合い」司法業界が人権などと旗印掲げても「介護問題無知」な事がはっきりしました。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/412-12b47699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top