栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0216

<裁判官訴追委員会>裁判官訴追委員会事務局へ「知野明裁判官の訴追請求の件」今までの「知野明裁判官」「沓水暁子書記官」の疑問問題点まとめ  

知野明裁判官 宇都宮地裁

知野明裁判官

真岡簡易裁判所、知野明裁判官 沓水暁子 澤田雄二 一木明、うごうだ城 松田源一

真岡簡易裁判所、知野明裁判官 沓水暁子 澤田雄二 一木明 うごうだ城 松田源一木村勝則

真岡簡易裁判所 知野明裁判官 沓水暁子 澤田雄二 一木明 うごうだ城 松田源一木村勝則1

保護者選任書

宇都宮地方裁判 真岡支部

もてぎの森 うごうだ城 真岡簡易裁判所、知野明裁判官 沓水暁子 澤田雄二 一木明、うごうだ城 松田源一


●裁判官訴追委員会

(1) 連絡先
裁判官訴追委員会事務局
郵便番号 100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館内
電話 :03-3581-5111(衆議院代表)


上記の事務局に「知野明裁判官の件」で、問い合わせました。

裁判の判決関係以外でも、代理人関係の問題でも「訴追請求可」との事。


会代表のコメント

訴追請求の前に、今回の特別代理人選任に始まり、介護事件事故虐待問題で、介護被害者家族外しと思われる、真岡簡易裁判所「知野明裁判官」「沓水暁子書記官」の疑問対応をまとめておきます。

まず「調停に関して」

●「沓水暁子書記官」が介護被害者家族の問い合わせに、「調停は無理」「特別代理人の選任も難しいと発言」

●弁護士法違反の「澤田雄二懲戒処分弁護士」が、「澤田先生、澤田先生」と介護被害者家族に発言する「沓水暁子書記官」と連絡を取ると、介護被害者家族への回答とは全く違う「特別代理人選任申立受理」

●加害者側の懲戒処分弁護士が勝手に介護被害者の代理人選任を求めるという、一般的には適用しない事件に、特別代理人制度を持ち出し。

●「沓水暁子書記官」が「特別代理人選任申立受理」されても、「知野明裁判官」の判断で、選任されるかは分からないと言っていたのがそそくさと、特別代理人「一木明弁護士」確定

●真岡簡易裁判所「知野明裁判官」が「決定権者」、栃木県弁護士会が「推薦権者」として、選ばれた特別代理人「一木明弁護士」が、介護被害者家族に特別代理人選任決定時「一木 明弁護士」が、介護被害者家族に、澤田雄二弁護士の懲戒処分は「噂でしか知らない」「懲戒処分と調停は関係ない発言」挙句の果てに、特別代理人は「ボランティア」発言。
介護事件事故の「被疑者3名の名前も今は確認しないと拒否」、さらに介護保険法は無知、IPアドレスからの個人情報開示のやり方も知らない「64歳の特別代理人」をなぜか選任。

栃木県弁護士会事務方からは役員が選んだと聴取済みであり、さらに特別代理人「一木 明弁護士」が栃木県弁護士会からは「推薦されていない」、誰に特別代理人の件を伝えられたのか、「ある人から話が有り」と答えるが、被害者家族に対して「あなたに答える必要が無い」と発言

●「沓水暁子書記官」が勝手に判断し、介護被害者家族に「代理人許可申請手続きも教えず」

●「知野明裁判官」と特別代理人「一木明弁護士」が代理人許可申請での介護被害者の現状確認の擦りあいをして、結局「知野明裁判官」と特別代理人「一木明弁護士」も両者現状の被害者を確認せず、たぶん加害者側施設長が提出したと思われる約2年6ヶ月前後以前の、加害者側施設長である医師の診断書で被害者の現状を判断(裁判所は診断書の有効期限も無視)

●「知野明裁判官」が、弁護士でさえ、介護被害者家族が保護者選任手続きの「保護者」代理人であれば、代理人許可申請で考慮されるべきとの意見も無視。

●代理人許可申請・「不許可決定」に関しても、介護被害者家族外し不許可理由も説明せず。真岡簡易裁判所「知野明裁判官・沓水暁子書記官」



ざっと問題点を書き出しましたが、たぶんまだ増えると思います。

「知野明裁判官」介護被害者家族外しで、懲戒処分弁護士の澤田雄二、懲戒請求中弁護士の新田裕子、海老原輝からの調停申立てで、調停を進めたいとの事です。

ざっと調停委員も含め、調停関係者で介護に詳しいどころか、介護保険法も知らない人物での調停・・・・。


澤田雄二懲戒処分弁護士が、刑事告訴されている件もその内容が「有印私文書偽造罪」である事も、「知野明裁判官」は黙認するようですので何がしたいのか?

今年の3月一杯で「知野明裁判官」が、宇都宮地裁2年勤務、もしかすると今まで2~3年で異動しているようですので、「沓水暁子書記官」に「まさか4月に知野明裁判官異動では?」と尋ねましたが回答せず。

現在、特別代理人「一木明弁護士」の懲戒請求を、調停終了後に検討していたのですが、早めるかもしれません。


調停で、もし代理人に会代表がなれていたとしても、調停室に入れても、裁判官の一存で、代理人が退室を求められる事もざらのようです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/02/16 Tue. 04:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <行政不服審査法>代理人許可申請の「不許可」に対して「不服申し立て可能なのか???」これから調査  |  <裁判官訴追委員会>裁判官訴追委員会事務局へ「知野明裁判官の訴追請求の件」で問い合わせ。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/415-76476224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top