栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0324

栃木県高齢対策課との面談の件のメール回答  

>>高齢対策課長との面談については、県職員の定期異動に伴う諸業務と重なり、両日ともに課長の都合がつきません。また、年度内の面談は、同様の理由により日程の都合がつかない状況です。
>>なお、これまでの経過等については、新課長に引継ぎ、4月以降も組織として対応します。


   >>栃木県高齢対策課
   >>事業者指導班 亀田・寺内・藤本
   >>TEL 028-623-3149


本日、以前から高齢対策課の石崎金市課長、未だに会代表の電話にも出ない課長、課の判断として会の代表の電話には出ないと判断された課長ですが、この課長の時に老健を追い出されている訳で、高齢対策課が介護事件事故の被害者が老健から追い出される時に介入していたにも関わらず、加害者側老健に代理人である弁護士が付いた事を良い事に、高齢対策課が追い出すことを制止するどころか老健に加担して追い出してしまった重要人物。

数週間前に高齢対策課から面談日の予定を複数日指定して下さいとの事でしたので、22日日曜日に、今週の木曜日もしくは金曜日とメールしたら回答のメールがこれです。

さんざん、以前から高齢対策課へは、異動人事が面談の関係者に出た場合には前もって連絡くださるようにお願いしていたはずなのにこの有様・・・。

高齢対策課の新課長が介護のことも全くの素人、前任者がどんな対応をしたのか書面で読むだけで、会代表の介護家族の問いに答えられるはずも無く。

新年度明けに高齢対策課 石崎金市課長と新課長の引継ぎの為にも2名同席の場での面談を求めるメールをしました。
もし、2名同席の場を設けない場合は、石崎金市課長が異動した課などは調べが付くのですから異動先の担当部署に出向きます事もメールに記載。

何度も、会代表が電話するも高齢対策課 石崎金市課長は電話にも出ない、電話もよこさないでおいて異動したから関係無しにはさせません。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2015/03/24 Tue. 00:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 最近の面会のパターンと意味  |  栃木県警本部に昨夜は審査請求書と苦情申立書を提出 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/42-a70f3627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top