栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0218

<綱紀委員会議決2名結果>「新田裕子弁護士(懲戒委員会への審査相当)」「海老原輝弁護士(却下)」宇都宮中央法律事務所(澤田雄二懲戒処分弁護士)太田うるおう綱紀委員会委員長、損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・老健 もてぎの森うごうだ城  

s-SnapCrab_NoName_2015-7-17_9-55-21_No-00.jpg

澤田雄二・新田裕子

もてぎの森 うごうだ城・澤田雄二・新田裕子・海老原輝 松田源一

会代表のコメント

本日、議決書が届きました。

またまた、理解しがたい結果です、同じ代理人弁護士として「警告書に連名捺印」して、澤田雄二懲戒処分弁護士の懲戒処分に関係しての懲戒請求ですが、判断が割れました???

「公開資料作成」まで先に結果のみ公開させて頂きます。


綱紀委員会 太田うるおう委員長

栃木県弁護士会 綱紀委員会議決2名結果

「新田裕子弁護士(懲戒委員会への審査相当)」

「真実を尊重し、信義に従い、誠実公正に職務を行うものとする。」と規程する

「弁護士職務基本規程第5条に違背することは明らかである。」

弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。


「海老原輝弁護士(却下)」

品位を失うべき非行があったとまでは言えない。




つくづく弁護士の考え方と一般人の考え方の違いに呆れます。


「新田裕子弁護士」は、このまま懲戒委員会への審査へ

「海老原輝弁護士」は、日弁連への異議申出となります。



「海老原輝弁護士」の却下に、二人とも懲戒委員会へとならずにほっとしているかも知れませんが・・・・。

「海老原輝弁護士」の議決の内容を読むと、綱紀委員会の判断で、「海老原輝弁護士」は却下されても、新たに別の内容で、澤田雄二懲戒処分弁護士が、懲戒請求されても可笑しくない内容になっており、既に懲戒処分されている内容とはまた別の問題が・・・・。

損保ジャパン日本興亜 へ 二人目の顧問弁護士の懲戒処分となるか・・・・。



●相談案件の「ご遺族様」へ資料有難う御座いました!!

再度、澤田雄二弁護士への懲戒請求、他に新田裕子への懲戒請求もしたいとの気持が乗り移るかの如く、同時に弁護士会からの封書と一緒に届きました!!


スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/02/18 Thu. 12:32 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 【栃木小1女児殺害事件】特別代理人「一木明弁護士」と相談案件あの「梅津真道弁護士」が被告側弁護士!!  |  <川崎・老人ホーム>親会社(株)メッセージ報道発表(子会社社員の逮捕に関する件)87歳転落死、ベランダから投げ落とし、元職員を殺人容疑で逮捕 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/421-08ff5865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top