栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0222

<宇都宮地方裁判 真岡支部「知野明裁判官」>「調停1回目、調停当日に介護被害者家族が参考人として調停に参加、澤田雄二懲戒処分弁護士はベンツで裁判所に」 老健「もてぎの森うごうだ城」損保ジャパン日本興亜 介護事件事故虐待  

知野明裁判官

宇都宮地方裁判 真岡支部

もてぎの森 うごうだ城 真岡簡易裁判所、知野明裁判官 沓水暁子 澤田雄二 一木明、うごうだ城 松田源一

会代表のコメント

2月22日13:30 第一回目の調停日

介護被害者家族も、母の現状の動画を持って真岡裁判所へ。

裁判所の駐車場を見るともしや?澤田雄二懲戒処分弁護士のベンツ?

澤田雄二懲戒処分弁護士とは顔を合わすことも無く、調停室内へは加害者側、被害者側が別々に入り待合室も別・・・。

澤田雄二弁護士の坊主頭のうしろ姿だけ、ちょっと見掛けました。

待合室で待っていると、特別代理人の「一木明弁護士」が入室、そこでまた意見考えの違いで揉める事に・・・。

たぶん隣の調停室まで響いていたかなという感じで、全然特別代理人とは、話が合わず決裂。


そこに調停委員が待合室に呼びに来て、弁護士立会いで母の現状の動画を、調停委員に見て頂きたいと書記官に伝えていたのですが、動画を直ぐに確認するのでは無く。

介護被害者家族が「参考人として、調停日当日」に調停室に入れることに!!

ただし意見は特別代理人を通してという建て前。

調停室に入室すると、裁判官と調停委員2名の男女・・・。

裁判官から、今回の介護事件は重く考えているとの発言が有り、参考人である介護家族の意見も反故にしないと言って頂き、特別代理人と調停委員のやり取りを後ろで聞いている形で、時折参考人にも話を振られれる形で話が進みました。

十分に裁判所としても、今回の事件が大騒ぎになっていることは理解して頂いているようで、直ぐに調停委員としては損害賠償金の話に進めたい感じで有り。

裁判に進ませず調停で話をまとめたい雰囲気がありあり。


一段落して、母の動画を調停委員、特別代理人に見て頂いたのですが、「母に息子が代理人で闘って来るね」と声掛けして、母が反応する姿を見せたのですが、調停委員としては「渋い様子・・・。」

再度、代理人許可申請をしたとしても、ちょっと難しいと判断された感じで、勿論代理人で駄目なら成年後見人も申請は出来るが、やはり弁護士選任の可能性が高い状況・・・・。

そこで裁判官から、もし家族を代理人にすれば特別代理人は解任という話が有り、あれ「一木明弁護士」からは家族が代理人になっても特別代理人は継続と話しを聞いていたのですが違うようで・・・。

会代表としても「なるほど」それじゃ、調停委員が家族一人を代理人にするはずも無くと直ぐに判断。

裁判官も調停委員も、弁護士を相手に話を進めた方が良いと考えているのは分かっていますので、さてどうするか?

ここで会代表が確認させて頂いたのは、今回参考人として調停室入室が認められて一様、特別代理人を通して発言も可能。

では次回2回目の調停では如何に???

ここで裁判官に確認した所、このまま代理人許可申請の代理人にならず、成年後見人の手続きはしたとしても後見人にならなければ、これ以降も窓口は特別代理人で、会代表はこのまま2回目以降も「参考人」として、調停に参加出来るとの事。

会代表も、裁判官が言わんとする事は「建て前も含め」、直ぐに理解出来ましたので

裁判官&調停委員に分かりました、後は特別代理人の「一木明弁護士」との仲を上手くすれば宜しいのですねと回答

すると裁判官&調停委員、特別代理人の全員で「大笑い!!」

会代表としても押し引きは理解していますので、介護被害者家族としても印象が悪くならないように笑で締め。



第二回目の調停は4月の後半になりました。

特別代理人の「一木明弁護士」が求めた求釈明書への回答資料が、澤田雄二懲戒処分弁護士側から、厚み15cmぐらいの資料の回答が手渡されていました、たぶんコピー用紙300枚以上かと・・・・。

帰りに沓水暁子書記官にも受付でご挨拶、会代表としても何でもかんでも揉めさせる事を考えている訳では無いことを伝えて帰宅しました。


「一木明弁護士」と待合室で揉めている時に、新田裕子弁護士の懲戒請求が綱紀委員会で、「懲戒相当」となったことを伝えたら特別代理人も驚いた様子でした。
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/02/22 Mon. 18:47 [edit]

CM: 0
TB: 0

« <綱紀委員会議決2名>対象弁護士提出判例(判例タイムズ)「新田裕子弁護士(懲戒委員会への審査相当)」「海老原輝弁護士(却下)」宇都宮中央法律事務所(澤田雄二懲戒処分弁護士)太田うるおう綱紀委員会委員長、損保ジャパン日本興亜 顧問弁護士・老健 もてぎの森うごうだ城  |  <宇都宮地方裁判 真岡支部「知野明裁判官」>「(沓水暁子書記官)代理人不許可にしておいて、調停当日、調停室に当事者の家族として付き添って貰っても?挙句に高齢者障害者に「自己責任」でと裁判所」澤田雄二懲戒処分弁護士 老健「もてぎの森うごうだ城」損保ジャパン日本興亜 介護事件事故虐待(続き3) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/427-50b6fb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top