栃木県介護被害者会(介護事件事故・高齢者虐待・告発)

日本の介護に関わる介護関係者・介護施設・医療・行政・警察・議員 ・ 弁護士・損保・マスコミ等の 「介護村の問題点」を指摘!!       全国の「介護家族&介護従事者」共に「介護虐待の告発サポート」     週2回刑務所以下の入浴回数改革(既に厚労省へ「施設との交渉の余地有り」と会代表が確認済み)  まず左下カテゴリ「介護被害者会/発足の経緯」の内容確認へ!!

0309

厚労省、自治体に介護施設への「抜き打ちの実地指導」指示「今更、虐待の疑いがある場合は、抜き打ちで実施そんなの当たり前だろうに・・・・。虐待の疑いを判断するのは福祉行政で摘発できると思うのか?」抜き打ち監査以前に、施設への「監視カメラ設置」を急ぐべき!!  

厚労省 虐待抜き打ち

国家公務員天下り社会福祉介護

会代表のコメント

●これまで、自治体による介護施設への「実地指導」は、原則、あらかじめ通告して行われたが、今後は、「虐待の疑いがある場合は、抜き打ちで実施」することとし、厚労省は近く、通知を見直す方針。

「今更、虐待の疑いがある場合は、抜き打ちで実施そんなの当たり前だろうに・・・・。」

あらかじめ通告して介護施設に出向いて、虐待が見つかるなら栃木県高齢対策課のように年間2件の施設内虐待で収まるはずがなかろうに(呆れ)

抜き打ちは当たり前、問題は「虐待の疑いを判断する」のが、福祉行政ということ。

更に、既に社会福祉法人、介護施設理事長&理事などに天下りが相当数流れており、今までも指摘が遅れた介護問題があるほど・・・。

風俗店への警察の抜き打ちなどのように、前もって情報が流れているようでは抜き打ちにはならず。

都道府県福祉課の監査だけでも介護施設はジタバタするのですから、きちんとした抜き打ち監査ができるのだろうか???

抜き打ち監査以前に、施設への「監視カメラ設置」を急ぐべき!!
スポンサーサイト
にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ↑↑↑ぽちっとよろしく

Posted on 2016/03/09 Wed. 00:42 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 認知症JR事故、名古屋高裁(長門栄吉裁判長)退官後、現在弁護士勤務先「白山・野々市法律事務所(石川県)がブログUP!!」「是非、認知症JR事故の最高裁の判決、弁護士事務所としてのご見解をお伺したいものです!!」  |  認知症JR事故 「問題のニ審 名古屋高裁 判事3名の異動履歴」「長門栄吉 裁判長(東北大学法学部卒)は退官後、現在弁護士」「長門栄吉裁判長」「眞鍋美穂子裁判官」「山崎秀尚裁判官」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kaigohigaishakai.blog.fc2.com/tb.php/449-2a37eb32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

アクセスランキング

ブログランキング

▲Page top